FC2ブログ
topimage

2019-09

ノヴァ終了ww - 2011.12.24 Sat

ノヴァ終了しました~wwww



Arcana Famiglia




うん、微妙www
制服え、年下え、ツンえはOKだったわけですが(^▽^;
ちょっと・・・・・なんだかツメが甘いというか???
もう一つ、
もう一イベントあってもよかったんじゃないか?
その方が締まったんじゃないかと思わせるエンディング(T▽T)








例えて言うならマドンナからヒロインヘw
光源氏計画???かな?(爆)









当初から言っていましたが、このノヴァという人物、
幼少期の不遇な家族生活の末、主人公との婚約をこぎつけ、
モンドやスミレといった類稀なる愛に満ちた両親に包まれることになったのが不運の始まりと言えましょうww

愛を与えられない、
与えて貰っていないと感じたのも、
一重にこの家族の中に入ったからとも言えます。
(この家族に関わることがなかったら、
 そんな感情すら思いつかなかったかもしれませんしねw)










愛されている主人公、
愛されていない自分。

しかしこんなにも愛されて尚、
彼女が自分の意思、
自分の力でしっかりと大地に立っている。




不安に揺れる瞳を必死に隠して生きるノヴァには、
あまりにも鮮明に、
そして光輝いて見えたことでしょう。
そして膨らんでいく両親への疑惑・・・・・・・・。













このレガーロ島に生まれ、
アルカナ・ファミリアの一員でありながらタロッコに選ばれなかったノヴァの両親は、
次第に組織の中での求心力を失っていきます。
組織は実力本位。
タロッコに選ばれず、アルカナ能力を有していないトップに、
大アルカナを有している幹部達が従うはずもありません。


結果、タロッコに選ばれた彼の弟、
主人公の父モンドがアルカナ・ファミリアのトップに立つわけですが、
これもまた、一つの悲劇の始まりでした。









頃は多分、二次世界大戦時くらいでしょうか?
レジスタンスとして活動していたレガーロ島は、
連合軍の侵略に脅かされます。
(連合軍っていうところに疑問は抱きますがw
 枢軸国側・・・というのもちょっと疑問なので、
 きっと「レジスタンス」としてではなく、連合側はコレを「ファシスト」として捕らえていたと思われます)

そんな中、大量破壊兵器を持ち込まれた段階で、
モンドは一つの決断をし、
身に「世界」のカードを有するのです。
その力がどんなものかも知らずに・・・・・・・・・・・。





「世界」のカードは確かに、
モンドを救ってくれました。
しかし彼だけを、救ったのです。





「世界」の力はモンドの仲間達、
何より彼が守ろうとした島の住人達をも巻き込みました。
幼くして彼に付き従っていたジョーリィが、
かすかに息を残していただけです。
彼の奥底、奥深くに眠る、深い深い傷でした。













彼がスミレに会い、
彼女が「審判」のタロッコを身に宿すことで、
「世界」のカードやその他のカードが、
保持者にとってどれほどの影響力を持っているかを知ります。

「世界」のカードは、文字通りタロッコの世界。
世界の中心です。
22枚のカードのうち、持ち主を持たない12枚のカードが、
「世界」というカードを通してモンドの精神力を奪い、
確実に命を削っていったのでした。












その事実を、主人公はダンテとジョーリィから聞かされます。

聞かされた上で、
両親のことで思い悩むノヴァにも、
モンドの孫であったというリベルタにも秘密にして、
決断の時を迫られるのでした。















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ってね?
こう考えると本当に男達ってへたれなわけですよっ!
自分のことだけ考えてんじゃねーっ!!(怒っ)って感じでwww

表情も言葉も少ない主人公が、
彼らに感づかせることなくこれを乗り切ったところを見ると、
それだけの実力があり、
それだけの資質があると、
ジョーリィたちも見越しての決断だったんだろうなぁ~と実感w
うん、すごいわ、お嬢wwwww













両親を起こし、主人公への気持ちも固まって、
今度はなんとかして主人公の気持ちを自分に向かせようとするノヴァw

いや、それよりまず両親を起こしたのはいいんだけど、
その後、両親との確執がどうなったのか?
まったくといって描かれていないので・・・・・・・・、
え~っと・・・・・・、両親反省して終わりですか???(笑)
寝ている間「聞いてたよ~」で、
「すまなかった~」で終わり? 終わりなんですか???(爆笑)















本作最大の山場であるデュエロ。
乗り越えなければならない壁という意味あいで、
ノヴァの前にはスミレが立ちはだかります。
(多分リベルタの前にはダンテが、
 ルカの前にはジョーリィが立ちはだかるに違いないwwww)






試合直前、スミレのセリフで、



「もうあなたが私を必要としていないことは、わかっているわ」




には吹いたwwww
これって女の捨てセリフだよっ! マンマ!!(爆笑)
熟女よりも若い女www
そろそろノヴァも目が覚めたってところですよね!!
しかしマンマ!
戦っている最中にノヴァを悩殺しようとしているのか(←シャレではないwww)、
すごい悩殺ポーズだwwwww
リベルタだったら鼻血噴いてるゾッwwwwww




倒れたマンマの横を、
刀を鞘に収めながら前を向くノヴァ。
その視線の先には主人公が・・・・・・・・・。




がっちがちマ ザ コ ン 脱 却っwww
おめでとうっ! ノヴァwww
すごいぞっ! ノヴァwww
とりあえずもうスミレの言葉に頬を染めないでくれっ!!
本気で心配したっwwwww













エンディングは3つ。
ノヴァの場合、

①アモーレが600以上で、デュエロに勝っている。
②アモーレが600以下で、デュエロに勝っている。
③アモーレが600以上(だっけ?w)で、デュエロに負けている。






最初に見たのは①だったんですが、
好みとしては③でした♪♪♪(
デュエロに負けた主人公の代わりに、
アルカナ・ファミリアのトップに立ったノヴァ。
しかし彼がまだ幼く、能力についても(隠していた為)未知数ということもあって、
なかなか周囲は納得しませんw
そんなレガーロ島の有力者を、一人一人説得して回る日々に、
主人公は置いてきぼりww




「若奥さんほっといて、何やってんだか」


「まだ正式には妻になっていませんっ!」





デビトのからかいに、本気で怒るルカwww




「なんなら今から俺と駆け落ちするかぁ?」



「僕の恋人に何を言っているんだ」








恋人!?
恋人って言いましたよ?!
あのノヴァがっ!!!

びっくりだー(>_<)
さすがイタリア男っ!!
独占欲が強いというか、言う時には言うんだねwwww
すごいよっ! ノヴァ!!(笑)
サラッと言い放ったよwwww








自室にこもった二人の動向を探ろうと、
聖杯の幹部室に聞き耳を立てるルカ・デビト・リベルタの三人www
結局扉を押しすぎて室内へと雪崩れ込んでしまうのもお約束☆


ノヴァがかつてモンドから預り、そして返した指輪。
スミレから返され、改めて主人公に贈られた指輪が、
彼女の右手で小さく光っていました。


幼い当主の下、
年上の幹部連中がバタバタする・・・・という図式は、
「華ヤカ哉、我ガ一族」を思い起こさせてなんだか楽しかったです(^-^)
エンディング①のスチルも捨てがたいけど、
やっぱり、③の亭主関白っぽいノヴァが一番好みかなぁ~♪♪♪

血脈 - 2011.12.22 Thu

アルカナ・ファミリア攻略中です。




Arcana Famiglia




あえて「誰を」とは言えない今回、
え? アルカナ・ファミリアってこんなに深い話だったの!?(笑)
正直びっくりです(^▽^;
オープニングの軽快さ、
電撃Girls-StyleについていたCD等を聴いても、
どこをどう取ったらあんな重い話になるのかwwww












攻略対象のノヴァ、
彼が分家(正式には本家)の跡取り息子だということはわかりました。
両親との確執があり、
その為、両親を眠らせてしまったことも理解出来ました。





が、主人公まで親権問題が出てくンの?!
おまけにリベルタまでっwwww














ここからネタバレしますので、
どうかクリア前の方はブラウザバックでお戻り下さいw










ある夜のこと、
主人公は一通の手紙を受け取ります。
署名にはダンテとジョーリィの連名。
この二人が揃って主人公を呼び出す理由とは--------?


不審に思いつつも、
通常「みせしめ」と呼ばれる行為が行われている部屋の扉を叩く。
彼らはアルカナ・デュエロを前にして、
主人公がどれほど成長したのかを確かめるために呼び出したのだ。












波間に月の浮かぶ海岸で、
主人公はダンテ相手にからくも勝利する。
からくも・・・・とつけたのは多分、ダンテが手加減していた感が否めないからだ。

ダンテは諜報部のトップ。
本気を出せば主人公の実力などひとたまりもないだろう。
それでいて、怪我をさせない程度に力量を確かめるダンテの能力には脱帽だ。







精神力がある程度鍛えられていると判断した二人は、
他の大アルカナにも内緒で・・・と念を押した上で、
ファミリーのトップ、イル・モンドの容態について話しはじめる。

唐突に浮上した継承問題、
アルカナ・デュエロの開催、
主人公との婚姻。そして彼女の自宅軟禁の事実が、
この時明かされる。









この事実を踏まえた上で考えると、
モンドが愛する娘を傷つけるようなアルカナ・デュエロを、
何故開催しようとしたのかがよく理解出来る。

また彼女の能力によって、
自宅軟禁しようとした親心もよく解る。








周囲に漏らすことの出来ない秘密を抱えさせられ、
思い悩む主人公。
娘を巻き込んだことに苛立ち、
ダンテとジョーリィに対して「みせしめ」を行うモンドとスミレ。

それぞれがそれぞれの立場で、
それぞれに思い描く未来の為に奮闘するアルカナ・ファミリアですが、
本当にこんな感じだったの!?
シリアスじゃん! これじゃあwww













父、モンドを助ける術が自分の中に隠されていると思った主人公は、
リベルタとノヴァに協力を求め、
自身が半年前まで暮らした家へと向かいます。





ここでお約束♪♪♪





馬に乗って行くと告げていたはずなのに、
主人公の格好はいつもの通りw
ノヴァは頭を痛めるわけですが、リベルタはその理由がわからない様子w


「なら行きはお前が連れていけ」


と、先に馬へ乗るよう指示するわけですがwwww








まぁミニスカートなわけでwwwww








そら馬に乗ろうとすれば中身も見えちゃうってヤツですよねwww
この時のカットがすごいおかしかった(>▽<)
「だってオトコノコなんだもん」みたいなwww

一生懸命気持ちを落ち着けようとするリベルタ、
鼻血を出しているリベルタw
彼を尻目に膝に足をかけてもいいから横乗りしろと、
さりげなく自身の馬に乗せるノヴァwwww






ノヴァの一人勝ちなんではないだろうか???(爆笑)






小さな屋敷についた三人を待っていたのは、スミレからの招待状。
彼女は彼らがここを訪れることを予期して、
事前にこの手紙を忍ばせておいたらしい。

スミレのお茶会で明かされる、ノヴァと主人公の過去。
そして、生まれながらにスティグマーダを身に刻まれているリベルタの素性-----------。








って、!?
モンドの孫ですか!?
じゃあ主人公から見ると甥ってことになるのか!?
モンド幾つだ!?(爆笑)


ジャッポネに来たモンドが上がったのがどこの遊郭か存じ上げませんがw
まぁ絶対的に遊郭だろうって感じなんですよねwww
と、いうことはスミレは元太夫(または花魁)ってことになりましてwwww
先妻に先立たれたモンドが、約二千両で水揚げしたスミレを後添えに貰ったらしいのも驚きですが、
なによりダンテの頭に髪がある!?ってことに驚愕した次第www
朱の杯で日本酒を飲むジョーリィの傍ら、
少しウェーブがかった長髪を無造作にくくっている一人の男性・・・・・。



ダンテ・・・・・・昔はかっこよかったんだねwwww



まるでPS2「リリーのアトリエ」のゲルハルトのようだわwww
笑えるっ!(>▽<)
髪は大事っ!
印象全然違うよっ!!(爆笑)











幼い主人公が母スミレを救うため、
差し出した「代償」とはなんだったのか?
ノヴァの両親を目覚めさせるための「代償」とは?
ジョーリィはどこまで知っているのか?


主人公への思いに気づき始めたノヴァが、
フクロータにからかわれるシーンは必見っwwww













・・・・・え? フクロータの声ですか?
もちろんAにしましたよ(笑)

背徳の夜想曲ノットゥルノ-バージョンクアルト- - 2011.12.21 Wed

進んでいませんw アルカナ・ファミリアwww



Arcana Famiglia




一昨日、隣の国の首領様がお亡くなりになった為、
ニュースがコレ一色に染まってしまい、
もうかぶりつきで見ているわけでwwww

そんな理由で進まないって、自分でも「どうよ?」と思うわけですが、
911くらい驚いたことと、
正直米をわが国に輸出しようとしている国とは比べ物にならないくらい近いのでw
本気で怖いから見ている・・・というのが本音w



事実亡くなったのは19日正午前と聞いているが、
この日の朝には日本海に向けてミサイルが発射されている。
軍事訓練中だとは聞いていたが、
なんたっていきなり某国にミサイルを撃ち込んで、
民間人だろうが軍人だろうが死傷者を出す国なので、
とてもじゃないけど安易に受け取れないwwww

そんな国での「大事件」となれば、心穏やかではない(>_<)




年末のこのビックイベントは、
2012年、米、露、中、韓、仏のトップが総入れ替えになるかもしれないという、
その前座だったようにも思えてならない(>_<)
本気で来年の伊への渡航、再検討した方がいいのだろうかwwww














さてさて♪ 雑記はこれくらいにしてwww
進んでいないとはいえ、
一応、4月末までは読み進めてみました!







事件は突然起こります。

深夜の召集に驚きを隠せない主人公。
広間にはすでに全員が集まっていました。
そこで告げられる要人の誘拐事件。
しかもその被害者はノヴァの親だというのです。




ノヴァの両親は主人公の父親、モンドの兄です。
彼はタロッコの恩恵(?)を受けなかったため、
ファミリー内での求心力を失い、弟モンドに全権を掌握され、ファミリーを去ったようでした。

ジョーリィから説明を受け、
金貨の幹部デビトが情報収集に当たり、
懇望の幹部パーチェが事態の収拾に当たりました。
聖杯・剣は待機、
諜報部であるリベルタはトップのダンテが海に出ているため、
これまた待機を命じられます。

眠ったままでいる、
殺すか生かすかしか利用価値のない、誘拐事件。
ノヴァは悩みます。







心情を吐露出来ないノヴァの傍ら、
身をもてあます主人公。
そこへリベルタがやってきます。

立場と親への思慕を、同列に見ることはない。
力強く説得する彼に半ば流されるようにして、
ノヴァは両親が監禁されているだろう港へと走るのでした・・・・・・・・・・・。











は、いいんですが(^▽^;



いや~・・・・・・・、えっと・・・・・・・。
すごいイイ話だったんですよ?
ここまではwwww






能力に振り回されるノヴァ、
能力が発動しないリベルタ、
能力が安定しない主人公。

そんな幼い幹部候補生を見かねて、
力を貸すファミリーの心温まる交流というんですかね??
そんな感じでとっても良い話だったんですが・・・・・・・・・・・・・・、









最後が、ね?(爆笑)









結局、この事件は一部の記憶を抜かれた形で収束するのですが、
どっこいw ジョーリィは忘れていないんですよねぇ(^▽^;

犯人のことは忘れさせても、
重要な規約違反だけは忘れさせないw
うん、すごいズルい大人だと想いますwwww






「見せしめ」と呼ばれる制裁の中で、
リベルタはジョーリィに開発中のあるモノを飲まされます。
それが背徳の夜想曲ノットゥルノバージョンクアルトw

毒々しい蛍光ピンクという液物らしいですがw
どんな味がしたのでしょうww
リベルタは息を詰めて飲んだらしく、
味の感想までは言っていないんですよねぇw 残念www







このエキブツはなにを隠そう!
聞かれた質問に対し、
その時感じた欲望官能的にしゃべらせるというとんでもないシロモノwww
調子に乗ってペラペラと、
リベルタは主人公の太ももを熱く語り始めるんですよねぇ~(爆笑っ)


結果、真っ赤になったノヴァにみねうちを食らわされ、
リベルタもそれを受け入れて気絶してしまいますwww
みせしめの対象者を庇ったとの理由から、
今度はノヴァがコレを飲まされそうになるんですよねぇ~♪♪♪
コレを飲んだノヴァ、超見たかったwwww
おしいっwwww










その後の展開もキニナルところですが、
ノヴァって本当に・・・・・、本当に・・・・・・・、




ナ ニ も 言 っ て く れ な い の で っ wwww




こちらとしては本当に消化不良気味です(T△T)
辛いんだよ、こういうのっ!
スッキリさせてくれよっ!!(絶叫っ)








今年のクリスマスはノヴァ攻略に費やそうかな・・・・・・、
けどそれもなんだか切ないよな・・・・wwww

ノヴァ攻略中w - 2011.12.20 Tue

初周なので時間をかけておりますwwww
アルカナ・ファミリア、ノヴァ攻略中ですwwww



Arcana Famiglia




アモーレが240超えた頃から、
やっとデレてくれましたよっ!!
ノヴァ!!
どんだけ沸点が高いんだかっ!!!(>_<)







あまり解っていないんですが、
アモーレって好感度ですよね?
アモーレっていうところがなんともイタリアちっくですがwwww
ムーチョな好感度100越えってwwww
どんだけ上がるんだろ?

やべw





楽 し く な っ て き た wwww






さてさて☆
やっとデレてきたノヴァですがw
まぁ素直じゃないのでほんのわずか、
かすか~っに!! デレる程度www
○ボタンをうっかり押してしまうと、
そんなデレは聴く間もなく進んでしまいますwwww



デビトのカジノで共闘したシーンとか、
図書館で「これだから目が離せないんだ」とかwww
今までツンばかりだったものですから、
かすかなデレが涙が出るくらい嬉しかったりwwww




はっ!! これが作戦!?
作戦なのか!?(゜ロ゜;)















四月も終わりに近づく頃、
ノヴァのアルカナ能力の話が出てきます。
それは死神の力。






ノヴァはある日、ジョーリィの資金源が不明瞭なことを気にかけ、
主人公にそれとなく探りを入れるよう指示します。
しかしそこは主人公。
人としての付き合い方すら希薄なため、
一発でジョーリィに見抜かれてしまうwww

ジョーリィもまた、
「手ぶらで帰っては聖杯の幹部に叱られるのだろう?」と、
一定の気遣いを見せます。
そこから持ち帰った数枚の書類。
それがノヴァの両親のカルテでした。







ノヴァの両親はもう長い間眠りについたままです。
公には大病を患い闘病生活を続けていることになっていますが、
実際には彼の死神としての能力をなんらかの形で受けてしまったため、
深い眠りに落ちたというのです。









アルカナの、
死神の能力を疎むノヴァ。
その辺の葛藤が垣間見えるエピソードした。




レガーロ島の実権を巡って、
ノヴァの両親が画策していた権力闘争。
その一貫として仕組まれたノヴァと主人公の婚約。
そしてその破棄-------------。









ジョーリィがどこまで知っているのか?
頑なに主人公との結婚を拒むノヴァに苛立ちもしましたがw
こんな裏があったとはっ!(>_<)

両親の言うまま、アルカナファミリアに近づき、
主人公との婚約が整い、
そこで初めて、両親ではない人達から受けた暖かいなにか---------。
そのたった一つのなにかを守る為に、
必死で戦ってる痛々しい姿がなんとも・・・・・・・、





苛 立 つ 次 第 で す が wwww





だってゆってくんなきゃ解らないデショwwww
主人公の能力もそうでしょうが、
ノヴァだって人のことは言えないと思う!!!(笑)
言葉足らずだしな~(-.-;















この能力を警戒し、
穿った見方をしているのはノヴァと、
もう一人がデビトだと思います(^▽^;

ある日行われた教会での慈善活動w
その中で見かけない男の子が一人、主人公の前に進み出ます。
主人公を見ているとなんだか苦しい。
言いたいことがあるはずなのに、
その言葉が見つからない。

じれたように語り掛けるその男の子に、
主人公は再び会うことを約束して教会を去るのですが、
これに噛み付いたのがデビトw




「出来もしない約束は、しない方がいい」





彼にはわかっていたのです。
その男の子の素性が。

透き通るような肌、
細い肢体。
レガーロ島の子供にしてはあまりにも覇気のない口調と、
彷徨うような瞳。

病状の進んでいる、
明日という未来すら危うい幼い命に対して、
主人公が行った好意というものは、
無知であるが故の残酷さをはらんでいました。








デビトは言います。



「俺達は形は違えど、皆、バンビーナのことを心配している」




そうなんです。
これがデビトなりの気遣い方なのです。

彼が死んだ時、
傷つくであろう主人公の為に、
ルカとは違うやり方で、目の前の石ころすら払ってやりたい。
無駄に傷ついて欲しくない。
そんな想いの現われだったのでしょう。







解りやすいルカやパーチェ、
不器用なリベルタやノヴァ、
厳しい言葉の中に優しさを含んでいるデビトやジョーリィ。
そんな彼らを一歩引いたところから見守ってくれているダンテ。


様々な男達に見守られて、
主人公がどう成長していくのか?
開花していくのか?
すごい楽しみだったりっ!!(

ノヴァ攻略中 - 2011.12.19 Mon

やっと開封したアルカナ・ファミリアw
ノヴァを攻略中です(^▽^;



Arcana Famiglia




某サイト様で「立ち絵不用」と書いてありましたが、
なるほど納得w
ここまでイベント挿入絵が多いと、
確かに立ち絵は際立たないかもしれません(>_<)
それくらい斬新な作品でした♪
(↑良い意味で♪)










元々オトメイト様の作品をすることが多いので、
正直、オトメイト様の作風が体に染み付いてしまいw
他社様の作品をするとどうも違和感が出たり、
「あれ?」と思うこともしばしば・・・・(毒されてるw)

しかし今回のアルカナ・ファミリアに限っては、
良い意味で期待を裏切られました♪







漫画調のコマ割りも、
オープニングこそ「あれ?」と思ったものの、
その数の多さ、絵の多さに驚くやら呆れるやらw
この作品に関してどれほどの枚数を書かれたのかと思うと、
絵師さらちよみ様には脱帽です(>_<)
これでおまけにスチルまであるというのですから(そう多くはないケドw)、
なんだか本当に「頑張って作ったんだなぁ」と有難くなりました♪♪♪











で、当初から目標にしていたノヴァの攻略ですが・・・・・・・・・、



あのマンマ大は変わらないのかwwwww



マザコンか(-.-; この男はwwww
いや、パーパも大好きだから、
エディプスも入ってるのかww

いずれにしてもこの年まで共に育たなかった父親や、
自分の母親に対していとことはいえこうべったりでは(滝汗)
ちょっとうんざりかもwwww







元々とても生真面目な性格らしく、
幼さも手伝ってかどうにも言葉が足らないw
なのでレガーロ男(イタリア男?)としてはかなり異質w
面白みのない人物に映るのは私だけなんだろうか(^▽^;

しかしそこはそれ!
ユニフォームフェチショタフェチが騒ぐってヤツでして、ね!?
(まぁそこまでショタではないっ!
 ギリ14歳からであって、14歳未満は無理だっwwww








パーパの引退に伴い、
アルカナ・デュエロなるモノが開催されることになって、当惑する主人公。
優勝者の望みはなんでも叶えてくれると知ってノヴァの言ったことといったら、




「安心しろ。
 たとえ僕が優勝したとしても、望むのはお前と結婚しないことだ」





なんて言い放つしっ!!!
お前というヤツわwww
なんといっても周囲が主人公に甘いだけに、
ノヴァの痛烈な言葉が耳に痛いっ(>_<)
ちょっとメゲそうになるwwww











オマケに彼の統括する聖杯のセリエは、
このレガーロ島の治安維持をまかされているらしく、
ことあるごとに神経を尖らせているというか、
報告が上がってこないとイライラしているというか・・・・・・。

とにもかくにも余裕のないしぐさにちょっと萎え気味wwww
ううっ!! この後、少しでもほぐれてくるのかしら、
このハリセンボンはwww








マンマの花園から花を取ったと言っては怒り、
報告が上がっていないと言っては怒り、
統率がゆるいと言っては怒り・・・・・・。

そんな彼がパーパとマンマの前でだけは頬を緩めるのだから、
ケリも入れたくなるというものっwww
なんだ? あの二人に頼まれれば、主人公も連れて行くってか!?
コノヤロウwwww








・・・・・・・・・・最初にケチばかりがついているノヴァですがw
主人公以外には案外優しいからよけい腹がwwww
港でガラの悪い兄ちゃんに絡まれている女性に、
スマートに対応しているのがもうっ!!



やれば出来るんじゃないかwwwww



何故それを私に向けない!?と、
思わず私情交じりにPSP握り締めるわけでwwww
この人の攻略ってこんなんばっかりだと辛いなぁ(T△T)

けど逆に言えば彼にとっての優しさは、
「自分には関係ない」「関係を持つことも薄い」人物への、
当たり障りない対応とも取れる。
同位幹部に対してはあの態度だしなw
それを思えば、主人公もまた同位の幹部ということになるのだから、
口の悪さはある意味主人公を認めていることにほかならないわけで・・・・・・・・・。







↑と、自分を納得させるしかなかったわけですっ!!(>△<)
ちくしょう!
解っていも腹は立つものなんだよっ!!
ノヴァ! 今に見てろ~お?!(怒っ)














一周目、ジョーリィは攻略出来ないらしいのですが、
なんだってこう優しくない男に惹かれるのか(T△T)
もっと優しい男だっているじゃないかっ!
ルカとかリベルタとかっ!!
そこまで行かなくてもパーチェやデビトだって十分優しいっ!
あの男共に比べたらwwww



余談ですが、
主人公が剣の幹部に就任した折、
デビト・パーチェ・リベルタ・ノヴァ・ルカがお祝いをしてくれるのですが、
デビトの発言にビクッときたのは私だけなんでしょうか?




「バンビーナは俺達のカポになる」




あまりにも衝撃的であった為、セリフを忘れてしまったのですがwwww
(衝撃的なら普通は覚えているはずなんだが(^▽^;)
多分、アルカナ・デュエロの後、結婚する主人公に向かって言ったセリフだったと思うんですよね?

今回改めてカポの意味を調べてみました。
イタリア語で「capo」。
意味はチーフとか頭、長とかを指しているようです。







・・・・・・・・・・・まぁびっくりした・・・というのが、
カポという言葉、
あまり良い意味で覚えている言葉ではなかったせいwww

私が始めて「capo」という言葉に接したのが、
1940年代、ナチスドイツが建設した強制収容所内での役職。
カポと呼ばれる統括者(ここでは各班の班長のようなもの)が出てきて、
立場的には同じはずの同胞に対し、強い発言権を持った・・・という歴史的事実からで・・・・。

デビトが言うまでこの言葉がイタリア語だということも、
まったく知らなかったんですね(^▽^;
相変わらずの不勉強さです(>_<)















コミカルだし、
コメディだし♪
何より舞台はイタリアだし☆

つっこんだら負けってくらい、
ネタゲーみたいだしwww
とりあえず年末まで頑張って攻略してみるかな♪♪♪













あ、もちろん零式も平行してやってますよ?
デュースがレベル71になりました☆

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (84)
映画 (29)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (47)
殻ノ少女 (11)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (168)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (1)
Tâi-oân (1)
国内旅行 (237)
京都 (30)
大阪 (1)
奈良 (12)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (11)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (6)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (6)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (18)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (1)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (30)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (0)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (52)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (4)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (70)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (104)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (20)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)

検索フォーム