FC2ブログ
topimage

2020-04

「世界」遺産~鈴原空汰終了~ - 2013.07.13 Sat

注意
この日記は2013年5月30日発売された、
PSP「NORN9-ノルン+ノネット-」のネタバレを含んでおります。
読みたくない方はすぐにブラウザバックでお戻り下さいっ!








「世界」の「真相」編、
鈴原空汰を終了しました!!!!






彼が空気だった理由がとてもよく解りました(-.-;
こういうコトだったんですねw
裏シナリオのことを散々言ってきた自分が言うのもナンですが・・・・・・、
こんなでかい裏シナリオが進行していたなんてっ!
驚きです(^▽^;









全ての攻略キャラクターを終了した時点で、
(BADENDはカウントされないらしいw)
「プロローグにシナリオが追加されました」と出てきます。
何だろう??と思って最初から初めてみると、
空汰が三人の内、誰も選択しないルートが出てきて、
彼が「舟」の中でどう生活していたのか?
彼らの行動を見つめていたのかを知ることが出来ます。





空汰ルートの裏シナリオは、
こはるが正宗、
七海が平士、
深琴が朔也になっていることから、
「本筋」のメインがこの三人で構築されていたことが解ります。





もっとも?
正宗ルートからは「彼へのクッキー作り」を。
平士ルートからは「肝試し」イベントが。
そして朔也ルートでは「さらわれた深琴」及び、
「最後の選択」がチョイスされているだけで、
あくまでもメインは空汰のようです。










彼は彼にしか見えない少女が「舟」にいることを、
様々な人間に訴えます。
深琴や暁人は幽霊と恐がり、
一月や平士は取り合おうともしません。
仕方なく彼はこはるに相談しますが、
彼女だけは空汰の言葉を信じた上で、
次のように話すのでした。



「その子は空汰君に会いたいのかもしれませんね」



不審なのは正宗の存在です。
彼は「幽霊」の存在を認識しているようですが、
空汰が質問するたびに妨害して回るのです。





正宗は何かを知っている。





確信めいたものを感じた空汰でしたが、
いつしか「幽霊」が彼一人になった時にだけ、
姿を現すようになり、
他に訴えることもしなくなっていました。










少女はいつも少しだけ悲しそうな顔をして、
空汰の側にいました。
空汰には見えるのに、
キッチンにいる三人には見えていない。
何故・・・・とは思いつつも、
語る術を持たない様子の彼女からは、
「答え」など引き出せるはずもありません。



ある日のこと、
ヒヨコさんの部屋でくつろいでいた空汰は、
「彼女」を見ます。
また自分しか見えていないのだろうと思った時、
ヒヨコさん達が彼女に「反応」したのです。





「・・・・・!? 見えるの!?」





ヒヨコさんは画面を出して、空汰に見せました。





愛音。




それが彼女の「名前」でした。







この時からヒヨコさんと共に、
「愛音」が彼の「友人」となり、
楽しい日々を過ごしてゆきます。

火の玉を作り、
肝試しで深琴達を驚かせたりもしました。
触れることの出来ないこの少女が、
空汰にとってかけがえのない存在となることに、
さほど時間はかかりませんでした。

そして・・・・・・・・・・、









真実はいつも残酷に、
少年の心を打ち砕きます。
長い長い旅の終わり、
「島」に到着した彼ら「能力者」を待っていたのは、
あの「少女」だったのです。






「お帰りなさい。
 よく無事に務めを果たしてくれました」







空汰の驚きをよそに、
「アイオン」と呼ばれた少女は淡々と「業務」をこなしてゆきます。
初めて聞く彼女の声は、
まるで壊れたオートマタのように、抑揚のないものでした。




真実と、事実----------。
大いなる決断、その全てを。
僅か短時間の間に「迫られた」少年少女達は、
自失呆然としたまま、「島」を後にします。
あえて希望し、残ったのは空汰でした。





どうして?





彼は何度も何度も、
「能力者」達に向け発せられる言葉をかきわけ、
「彼女」にそう問いかけたに違いありません。
しかしそれは今まさに目の前にして尚、
変わることはありませんでした。






「無駄だよ。
 もうアイオンは自身の意思で言葉を発することは出来ない」







悲しげに眉をひそめる「アイオン」に代わって、
応えたのは正宗でした。



彼は告げます。
空汰が「何故」、ここにいるのかを-----------。
彼は一つ前の時代。
第三世界の生き残りなのではないか
、と--------。




空汰は思い出していました。
小学校の社会科見学。
あの日、あの国会議事堂で、
初めて少女に会った日のことを。
天上から差し込む穏やかな日差しに、
溶け込んだ様々な色合いの影に、
「答え」をくれた彼女のことを----------。










まさにあの日、あの時・・・・・・、
「リセット」は行われたのです。
そして彼は、
彼だけが第三世界から切り取られ、
長い長い眠りについたのでした。












コールドスリープ。
空汰の「生きた」平成の世では、
まだ理論上しか確率されていない方法で、
彼は第四世界の大半を、
この少女の傍らで過ごしてきました。
では何故?
「彼」だけが世界から「切り離された」のか?
それは彼の遺伝子が「アイオン」開発者と同じものだったからです。



六千年という長きに渡って「世界」を「統治」してきた「アイオン」は、
老朽化が進みすでに稼動していることすら「奇跡」と呼べるまでになっていました。
アイオンのメンテナンスを行い、
彼女を「世界」とし、
地球そのものを牛耳っていた「島」の「科学者」達にとって、
アイオンの稼動停止はもっとも危険で回避すべき最優先課題。
「島」には優秀な科学者、吾妻夏彦がいましたが、
彼は「文明初期化計画-通称リセット-」そのものに反対。
アイオンを破壊しようとすら考え、
ついには「島」からの「脱出」に成功します。



困った科学者達が次に考えたのが、
「アイオン」開発者と同じ遺伝子を持った人物が「生まれて」くることを待つという、
途方もないものでした。








「アイオン」を作った人物ならば、
今の「アイオン」を直すことが可能かもしれない。
そう考えた科学者達は、
自ら「リセット」を促進してゆきます。
いわば時間を「ループ」させる「リセット」は、
過去現われた人物がまったく同じ形で存在すると仮説を立て、
アイオンに追跡調査させていたのでした。


そしてついに、「その日」はやってきます。
三度目の世界の、二十一世紀初頭、
運命ともいえる「国会議事堂」に現われた鈴原空汰が「それ」でした。







さらわれた、鈴原空汰。


瞬間、結界が辺りを包み、
人々はの中に消え、
が大地を飲み込みました。
やがて炎を飲み込むが押し寄せ、
水を辿ってが覆い茂り、
人々は過去記憶を奪われ、
新しい未来植えつけられ
ほうぼうに散ってゆきます。


しかしここで一つ、
イレギュラーな「事件」が起きました。
「アイオン」が彼を離さなかったのです。








「アイオン」は「島」の「科学者」達にその身を託すことなく、
強固の意志を持って彼を「守りました」。
決して離れようとせず、
片時もそばにいた、アイオン。
その姿を正宗は記憶していました。


彼女の傍らにあって、
今よりもずっと幼い表情のまま、
こんこんと眠り続けていた、鈴原空汰---------。
その「彼」が「舟」に紛れ込んできた時、
正宗は当初「彼」だと気づかなかったくらいです。











「過去」に来たと思っていた鈴原空汰。
しかしここが真実過去ではなく、
どこか別の場所なのではないかと疑っていた鈴原空汰--------。


ある意味、その「予感」は正しく、
ある意味、その「予感」は間違っていました。


彼は二千年という長い「眠り」から覚め、
8075年という途方もない「未来」へと、
ほおり出されていたのです。







父も、母も、兄弟たちも。
机を並べたクラスメイト、
先生の小言も、すべて、過去のもの----------。
もう、誰も生きていない。
もう、誰も自分を知る者のいない世界に、
たった一人、ほおり出された空汰・・・・・・・。

わずか十数年を生きただけの少年には、
過酷過ぎる「現実」です。

何故、自分だったのか?
自らの体内に息づくこの「遺伝子」だけで、
たったそれだけのことで、
親兄弟から引き離され、
「世界」から取り残され、
遠い「未来」へと運ばれてきた空汰----------。





混乱の中、彼は一つの「決意」をしました。
二つの扉---------。
朔也ルートで登場する、
「過去」と「未来」への扉です。






一つは第一回「リセット」のきっかけとなった2060年を、
もう一つは「リセット」を行わなかった場合の、
30年後の「世界」を。
「アイオン」は用意していました。
もっともこれが、確実な「未来」ではなく、
「可能性」を数値化した「仮定」であることは間違いありません。
それでも、
彼らには「判断材料」が必要と感じたアイオン。
しかしそれは本当に、
アイオンが用意したモノだったのでしょうか?
もしかしたら「未来」への扉は、
「島」の「科学者」達が己の望む方向へと軌道修正させる為、
あえて作り出した「未来」
だったのかもしれないのです。





「未来」への扉も、
「過去」への扉も、
その先が「恐怖」であることに間違いはありません。
知りたくない過去が、
知りたくない未来が、
そこに映し出されるかもしれない。
能力者達は尻ごみします。
そんな中、一人声を上げた人物がいました。


彼は「リセット」のきっかけとなった、2060年。
第四次世界大戦直前の世界へと、
足を踏み入れたのです。












2060年の世界は、
美しい「歌声」で幕を開けました。
空汰が聴いたあの「歌」です。
一人の科学者と、
一人の「ロボット」。
彼らがつむぐ、甘く、切ない物語を----------。












ここで登場するのは、
鈴原空汰の「前世(?)」である空汰と、
結賀史狼


空汰は一介の科学者に過ぎず、
彼が「アイオン」の前身となる「アイネ」を作り上げたのは、
偶発的な出来事。まさに「奇跡」だったことが語られています。
そして結賀史狼はというと、
国連所属の科学者で、アンドロイド研究の第一人者。
すでに脚光を浴びていた人物として描かれています。
その彼は妻を亡くし、傷心から屋敷に篭っていたのですが、
国連の再三に渡る出頭要請に折れ、出向いたところ見かけたのが、
あの「アイネ」だったのです。


迫り来る戦争の足音と、
起死回生を狙う「国連」の暗躍。そして、「文明初期化計画」--------。
国中の「科学者」に通達が出されたこの日、
土砂降りの雨の中、
息せき切って駆け込んだ彼は、アイネを連れて逃げ出します。
結賀史狼が「アイネ」とその開発者である空汰に目をつけたのです。






アンドロイド研究の第一人者であった史狼の目にも、
「アイネ」の豊かな感情表現とコミュニケーション能力。
何よりA.I.は目を見張るものがありました。
彼らは彼女を「神」とし、
再び「人類」そのものをやり直そうと考えたのです。







空汰は、今の空汰同様、
「リセット」には反対でした。
科学者達がこつこつと積み上げてきた発見と、
それにまつわる研究と開発。そのすべてが、
なかったことにされてしまう「リセット」は、
到底、受け入れられるものではありません。


「国連」から、
「国」から、
「世界」から、
彼らは逃げ続けました。
空汰は彼女に「会話」を禁止し、
ただひたすら、彼女が「ただのロボット」であるよう促します。
そして彼女は、芽生えた「心」を封印。
それでも歌うことだけは、
それだけは彼の癒しとなるよう続けたのです。しかし・・・・・・・・、








「空汰」は、その「動作」を止めました。








事故で空汰を失った彼女は、
結賀史狼に捕らえられ、
不必要な部分を削られ、
「アイオン」として生まれ変わります。
兵器として、
武器として、
「世界」として-------------。













結賀史狼の「目的」とは、
一体、何だったのでしょう?
彼の望んだ、「2056年の再来」とは、
もしかしたら妻と共に歩いたあの時間を、
取り戻したかっただけなのかもしれません。


ならばきっと、
「リセット」を促進するという「手段」そのものは、
「島」の「科学者」と同じだったと思います。
「島」の「結界」が溶けた理由。
史狼がやすやすと「島」に侵入出来た理由は、
もしかしたらそういった「事情」があったのかもしれません。
「舟」に内通者を送り込んだ、
吾妻夏彦と同じように・・・・・・・・・・・。















過去から戻った空汰の前に、
「戦場」が広がっていました。
アイネは捕らえられ、
その後ろにはあの結賀史狼が立っています。



壊れかけの、アイネ。
彼女は必死に、空汰を守ります。
しかし実体を失ってしまった彼女をすり抜け、
銃弾は空汰の足をかすめます。
そして・・・・・・・・・・・・・?















考えれば考えるほど、
切ない終わり方だったと思うんですよ(^▽^;
空汰本人は「この」1919年で、
誰も知ることのない世界で一人、生きていかなければならないし、
たった一人、彼のそばにいる「アイネ」は、
「実体」を持たない「ロボット」だし・・・っ!!!(T△T)
ど~なの?! これ!!
本人達は納得出来ているのでしょうが、
すっごい不毛だと思うのは、
私だけなんでしょうかねぇ(^▽^;



しかし「能力者」達の物語と違って、
本当に壮大な、
世紀も、種族も超えた「大恋愛」だったと思うんですよ!
ホント、全部持ってかれた!!って感じでw



空汰ルートが欲しい!!!とは言いましたが、
こ ん な 形 で 欲 し か っ た ん じ ゃ な い w
彼にはもっと幸せで、
ハッピーエンドなラストが待っていてもいいと思ったんだ!!!
現代社会に戻って、
「彼」自身が「アイネ」を作るような、
そんなラストがあってもよかったと思うんだっ!!!







・・・・・・・・・それだと、
いずれにしてもどっかの科学ヲタクと同じで、
不毛なコトには違いないんですケドねw



スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/987-afd30aea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NORN9-ノルン+ノネット-総括w «  | BLOG TOP |  » リンクする「世界」~店舗特典~

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (89)
映画 (30)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (48)
殻ノ少女 (12)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (179)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (2)
Tâi-oân (11)
国内旅行 (263)
京都 (30)
大阪 (2)
奈良 (13)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (7)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (8)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (9)
宮城 (2)
岩手 (3)
青森 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (53)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (5)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (73)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (105)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)
エスカ&ロジーのアトリエPlus (3)
殺し屋とストロベリー (9)
ルーンファクトリー4 (1)
SWEET CROWN~午前三時のオカシな道化師~ (7)
悠久のティアブレイド-Lost Chronicle- (0)
神凪ノ杜~五月雨綴り~ (0)
Vamwolf Cross† (0)

検索フォーム