FC2ブログ
topimage

2020-04

「世界」の謎 - 2013.07.07 Sun

注意
この日記は2013年5月30日発売された、
PSP「NORN9-ノルン+ノネット-」のネタバレを含んでおります。
読みたくない方はすぐにブラウザバックでお戻り下さいっ!








PSP「NORN9-ノルン+ノネット-」、
吾妻夏彦、攻略中です~(^▽^;





Sだと言った人がいたケド、
彼はMだと思うわけw
ど~考えてもw Mでしょ? アレは(^▽^;
滝島雪といい、
吾妻夏彦といい、
どうしてこう・・・・彼女を好きになるヤツには問題あるヤツが多いのかw
しまいにゃ可哀想になってきますよ(T▽T)
ヒロインなのにっっw










もろもろ、多くの「謎」を秘めたPSP「NORN9-ノルン+ノネット-」ですが、
終盤に差し掛かり、
ようやくその片鱗を垣間見るようになります。
それがこの「吾妻夏彦」の存在----------。


彼という、「敵」の目を通し、
また、「内部」にいる時には見えなかった、
秘匿された事実を知った時、
ヒトはどう行動するのか?
夏彦ルートの面白さはこんなところではないかと思うわけです(^▽^;












今回は「内通者」を捕らえる為、
主人公は誰ともペアを組まず、一人で行動します。
それが裏目に出たのがあの三度目の襲撃事件。
彼女は第一報を受けて一番結界の弱い「屋上」へと急行しますが、
この「行動」を疑われてしまうわけです。



思えば、「内通者」及び「襲撃犯」の姿を「見た」のは、
彼女ただ一人----------。
しかもどこにいたところで結界は張れるものですから、
わざわざ危険を冒してまで「屋上」に行く必要性はないわけで・・・。
いくら屋上が手薄だったとしても・・・・・。



その「危険性」を察知した朔也は、
それとなく鈴原空汰に彼女を追わせ、
彼女が一人でいなかったという「アリバイ」を立証しています。











人一倍、正義感が強く、
皆を守ることに心を砕いていた彼女は、
「似顔絵」を描きました。
「彼」の「顔」を見せることで、
「内通者」のあぶり出しにかかったのです・・・・・が・・・・・・・・、



これが酷い絵でね?(笑)



ある者は苦笑し、
ある者は驚愕し、
ある者は閉口し、
皆、それぞれの対応で彼女の「才能」を評価するわけです(^▽^;
その中でただ一人、
「彼」を「男だ」と見抜いた人物がいました。
遠矢正宗です。



吊りあがった目、
ひょろ長い手足、
到底、「人間」を描いたとは思えないそれが握る、
L型に塗りつぶされた「何か」。
彼女が「銃」というカラクリだと話すと、
正宗は一瞬、表情をこわばらせます。
しかし、まさに「一瞬」でした。












正宗は何かを知っている。



空汰と彼女は一致した見解を下に、
正宗への「警戒」を強めます。
ところが彼を知れば知るほど、
気の毒になるような「評価」ばかり(^▽^;
都合よく使われている、要領の悪い年上のリーダーは、
もう少し、評価を上げてやってもよいのではないか?
そんな思いすら起こさせる「内容」ばかり(苦笑)










次に「事」が動いたのは、
資材調達に下船した日のこと。
彼女は空汰を伴って「街」へ出ようと考えますが、
正宗は認めようとしません。
主だった理由は彼が「迷子」であり、
「世界」の判断を委ねるべきものであった為です。
彼の行動を不審に思いながらも、
下船を諦めかけていた彼を連れ出したのは、
まぎれもない主人公でした。




二人は街であの「似顔絵」を片手に、
情報を集めます。
しかし男はおろか、「銃」の存在すら知らない住民達----------。
1919年、すでに「銃」は近代化歴史と共に大きな役割を果たし、
この後起こるはずの第一次世界大戦では、
なくてはならない存在となっていたはず・・・・・・・。
まして「銃」というものがここ「日本」にやってきたのは、
おおよそ四百年も昔のこと・・・・・。





どこかが、おかしい。
何かが、間違っている。





食い違う、歴史事実。
空汰は不意に思い出します。
それは彼が乗船してすでに一週間以上も過ぎているというのに、
今だ日本国内をうろついている
という事実でした。









「疑問」は「疑惑」となり、
「疑惑」は「確信」へとつながってゆく。
しかし「疑問」と「確信」の間には、
裏打ちされた「情報」が必要で、
その「情報」を彼は持ち合わせていません。
そんな時、
一台の「自動車」が通りかかりました。



まだ「自動車」が珍しかった時代、
人ごみをかきわけるように走る人物は、
彼女の「親族」でした。
曰く、家名だけで食べているようなボンボンで、
彼はたった今、アメリカから帰国したというのです。







「日本からアメリカまで、どれくらいかかるの?」



空汰は叫ぶように聞きます。



「そうだなぁ・・・・2~3週間ってところかなぁ?」







「世界」に対し、「疑問」すら持つことを許されなかった「時代」。
この「時代」に生きるはずのなかった空汰には、
この「世界」はあまりにも「いびつ」に見えたに違いありません。


誰もが、何の疑問も持たずに営みを続ける、「世界」。


一つ紐解いて見えてくるモノがあると、
疑問は次々と浮かび上がってきます。






正宗の「意図」、
世界の「意思」。
果たしてそれは間違いなく「伝達」されたものなのか?
世界の意思はそれとして、
「世界」と唯一コンタクトを取れる人物、
正宗が世界の言葉を歪曲させず伝えているという証拠は、
どこにもないのだ。








空汰を「地上」に下ろさせたくなかった本当の理由とは?








正宗への「疑惑」は揺るぎないものではありましたが、
「確証」が得られたわけではありません。
こはる達は二人だけで「内通者」探しをしていた空汰と主人公に謝罪。
「協力」を申し出ます。
しかし・・・・・・・・、


「確証」が得られない以上、
悪戯に猜疑心を煽って舟内を「混乱」させることには、
空汰も彼女も反対でした。
まして疑いの目はあの「正宗」に向けられているのです。
皆の信頼厚く、舟内の潤滑油とまで呼ばれた人物----------。
その人物を疑うのですから、
それ相応の「証拠」も必要になってくるはず・・・・。











再び、疑問が持ち上がります。
正宗は何故、舟内のリーダーたる立場に置かれたのでしょう?
「世界」との連絡役なら、駆でもよかったはずです。
否、駆でなくとも、
政府の要人とも顔なじみの公家出身、朔也でも自分でもよかった。
なのに何故、正宗だったのか?


理由と経緯---------。
いくら思い出そうとしても、
頭に靄がかかったかのように上手く思考をめぐらせることが出来ません。
都合よくぼかされた「世界」の中で、
「世界」に抗うこと、
「疑問」を持つことすら許されない。
否、許されないどころか思考することすら忘れて、
都合よい「情報」だけを与えられていた。
それは誰にとって都合よく---------?







浮かんでは消えてゆく、疑惑の芽。
様々な人物の笑顔と言葉が、
主人公を苛みます。


疑いたくないのに、
疑いたくないのに、
それなのに・・・・・、
必ず、「内通者」は存在するのだ。
それだけは、間違いない「事実」なのだ。


疑うことに疲れ、
精神をすり減らし、
泣き疲れ、眠った彼女の下に、
朔也が現れます。






「犯人探しはやめるんだ」



「これ以上続けると・・・・、悪いことが起きる気がする・・・・」








未来を垣間見る力を持つ、朔也。
彼は主人公を見かねて自らの力を使い、
手当たり次第にメンバーの「未来」を見ようとします。
しかしそんなことが何の役に立たないことを、
彼自身、よく知っていました。



「襲撃犯」の持つ「銃」の力。
その力に唯一対抗出来るとしたら、
それは「結界」の能力しかないのだ。



誰も巻き込んではならない。
誰も巻き込んではならない。
裏を返せば、
誰一人、信用ならない事実を、
彼女が認めた瞬間でもありました。












「この舟の人はヘンだよ。
 皆、不思議なことを不思議だと思っていない。
 まるで集団催眠術にでもかかっているみたいだ」





空汰は唯一、舟での「違和感」を共有してくれる主人公に、
心を開いていました。
しかしそんな彼だからこそ、
犯人にとって「脅威」となりうるはず・・・・・。
彼女は空汰に心にもない言葉をぶつけ、
自身から遠ざけます。

今は己が「内通者」と疑われることよりも、
優先すべきことがありました。
彼女は空汰の「助言」よりも、
空汰自身を守りたかったのです。











一人、調査を続けた彼女は、
正宗を追って屋上にやってきました。
「世界」との通信を、傍受する為です。
しかしそこにいたのはロンでした。




「あいつ、相当のサディストだと思うけど、 頑張ってね」




突き落とされた、空の上で-----------。
天も地も、空も雲さえ回る世界の中、
彼女は静かに意識を失ってゆきました。






同じ頃、
彼女の心ない言葉に打ちひしがれていた空汰は気づきます。
街で購入した「新聞」。
ここが1919年ではなく、
まして大正時代などでもなく、
真実、異なった世界であることを、
彼はこの紙片から読み取っていました。



















と、まぁ(^▽^;
こんな感じの「あらすじ」なのですが(笑)
面白かったですね!


ストーリー上、決して触れることのなかった「事実」や、
「おいおい、なんでソコで気づかない?」的ツッコミもw
裏を返せばちゃーんと「答え」が存在していて、
なるほど、そういうことだったのか!と、
納得せざるを得ないっていうか?(爆笑)
上手に作ってあるなぁ~と、改めて痛感している次第☆






さらわれた久我家の姫神。
帝国の「守護神」が敵の手の内でどんな「真実」を見出してゆくのか?
楽しみ楽しみ(^▽^)



スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/982-6fca60d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仕組まれた「世界」 «  | BLOG TOP |  » 「世界」は繰り返す~室星ロン番外編~

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (89)
映画 (30)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (48)
殻ノ少女 (12)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (179)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (2)
Tâi-oân (11)
国内旅行 (263)
京都 (30)
大阪 (2)
奈良 (13)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (7)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (8)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (9)
宮城 (2)
岩手 (3)
青森 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (53)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (5)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (73)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (105)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)
エスカ&ロジーのアトリエPlus (3)
殺し屋とストロベリー (9)
ルーンファクトリー4 (1)
SWEET CROWN~午前三時のオカシな道化師~ (7)
悠久のティアブレイド-Lost Chronicle- (0)
神凪ノ杜~五月雨綴り~ (0)
Vamwolf Cross† (0)
Believer! (0)

検索フォーム