FC2ブログ
topimage

2020-07

小さな「世界」 - 2013.06.11 Tue

注意
この日記は2013年5月30日発売された、
PSP「NORN9-ノルン+ノネット-」のネタバレを含んでおります。
読みたくない方はすぐにブラウザバックでお戻り下さいっ!











Chapter2からChapter5の途中まで進めてみました♪
なんといいますか・・・・・・、



中学生的ノリが楽しいですw



高校生ではなく、「中学生」w
時代背景があくまでも「大正」なので、
この程度でちょうど良いのかもしれません(^▽^;
当時は「個人恋愛」とか、
そういった「概念」そのものがなかった時代だし、
彼ら(男側)からすれば、
すでに婚約者の一人や二人、いた時代。
もしかしたら妻がいて、子供がいてもおかしくなかった時代です。

大人の、
世間の「目」の届かない場所で、
はぐくまれてゆく「愛情」や「友情」は、
もしかしたら世間一般の「それ」よりも、
もっとずっと純粋なものだったのかもしれません。
「悪意」さえも----------。









「世俗」から「隔離」されて育った主人公。
突然ほおりだされた新しい世界に、
当惑しながらも周囲との「折り合い」をつけようと努力します。
その為少し「変わった」言動もするのですが、
そこはそれ、ご愛嬌というヤツですよね(苦笑)


一例を挙げると・・・・・、


彼女は以前、
駆が自身のことを「女」と思わせるそぶりを見せたことに、
酷く驚いたことがありました。
目上の人だと「さん」、
同世代の人だと「君」、
同世代の「女の子」だと「ちゃん」。
そう呼ぶのだと空汰から聞いた彼女は、
素直に駆のことを「ちゃん」づけします。


駆がネタばらしをしてその場は収まったのですが、
逆に彼女は反省するのです。
「冗談を真に受けては場の雰囲気が悪くなる」と、
本で読んだというのです。


その反省から、
彼女は七海、深琴と共にお風呂場にやってきた時、
「俺もそっちに入りたいなぁ」とからかった一月に対し、




「駆ちゃんならいいですよ」




と、爆弾発言w
彼女にしてみたら、
「冗談」を「冗談」で返した・・・・くらいに思ったのでしょうが、
一月はそんなコトでひるむような男ではありませんw




「へぇ~・・・、いつの間にそんな間柄になっていたんだか」




と、逆に駆をからかいます。
当の駆はというと、
自分の「言葉」から彼女が「学んだ」ことに気づいてはいましたが、




「男にそういう冗談は禁止」




そっと彼女に耳打ちしたのです。
意味の分からない主人公は、
頭に「?」マークをつけたまま、
七海達とお風呂への道を急ぐのでした(^▽^;










三人三様の「カラー」があって、
まさかのトリプルキャストでしたが、
私的には楽しいです(^-^)


深琴は長女キャラだし、
七海は悠々自適な次女キャラw
三女はもちろん「主人公」でしょう。
彼女がボケをかますたびに、
長女が怒って、次女がなだめるw
上手にバランスが取れていると思いました(^▽^)


そしてもう一つ、
この女性キャラクター達があえて「ヒロイン」として登場させている理由に、
主人公の視点から見た他カップルの葛藤という、
面白い「視点」が登場していることです。
今までの乙女ゲーって、
ヒロインとキャラクター達を「奪い合う」視点で描かれることは多かったのですが、
同じように悩みを打ち明けあい、
相談しあう・・・・という「日常」は描かれていなかったように思います。
(PSP「三国恋戦記」の芙蓉姫イベントでそれっぽいモノは出てきますが、
 あれは攻略キャラクターに対してではないし、
 PSP「ストームラバー」では完全に「三角関係」だし(-.-;
 QuinRose様は最初からそんなキャラクター出さないしw
 PS「アンジェリーク」のシリーズでは他キャラと「くっつき」はするものの、
 そういったコイバナ的な要素はなかったしなぁw)















不思議な女の子。



当初、駆の中で彼女の「立ち位置」は、
大体こんなものだったのでしょう(^▽^;
ちょっと変わった女の子。
どう生き、
どういう経緯でこの「舟」に乗り込んできたか定かではないが、
それは自分や、他の「乗船者」も似たり寄ったりw
さして気にも留めなかったことと思います。




そんな駆の感情が「動いた」のが、
多分「イチゴの苗」事件(苦笑)
緑を「生み出す」能力を兼ね備えた駆は、
「育てたことのあるもの」しか生み出すことが出来ません。
図書室で不意に目を止めたイチゴの花言葉。
興味を惹かれた主人公は、
駆と共にイチゴの苗を育てます。
しかし・・・・・・・・、

イチゴどころか、「植物」そのものを育てたことのない主人公。
水のやりすぎであっという間に根を腐らせてしまいます。
力なく垂れ下がる葉、
茶色く変色したそれを手に、
「舟」で一番日当たりのよい場所に連れて行こうと、
必死に走りますが・・・・・・・・・。






駆はこの時、
あまりにも純粋に育ち過ぎている彼女に対し、
強い衝撃と、同時にえもいわれぬ感情を抱きます。
それは「侮蔑」であったのか、
それとも「憧憬」であったのか・・・・・・?
自らの「生い立ち」とは真逆の、
ある意味「幸せ」に生きたであろう彼女に対し、
興味を抱いたことには違いありません。



この感情が何であるのか?
最初に気づいたのは駆ではなく、一月でした。















この頃から少し、
「彼」や「彼女」の「事情」も透けてきます。




まずは「彼」。
彼の髪に土がついているのを見て、
主人公が払おうとするんですね。
すると駆の態度が一変。
異常なまでの警戒心を持って、主人公の手を払うんです。




彼は「孤児」でした。
父と共に町から町へ、旅を続ける日々の中。
十にも満たなかったある日、
彼の父親は「殺害」されます。

犯人も見つからず、
そのうち、「事件」そのものがうやむやとなり、
たまりかねた駆は警吏にかけあいますが、
とりあってはもらえませんでした。
そんな父親のたった一つの「形見」、
それがこの「耳飾り」。






いつも真意を隠し、
笑顔という鎧をまとって、
輪の中心にいたかに見えた駆。
その生い立ちを・・・・・・・・。
彼女はどういった思いで聞いていたのでしょうか?







彼女もまた、駆に隠していることがありました。
自らの「能力」のこと。
何故一人ぼっちで生活していたかということ。
燃えない「制服」の謎。
伸ばせない髪の「理由」。
そのすべてを・・・・・・・、
駆が話してくれたように、彼女も言ってしまいたかった。
しかし・・・・・・・・・、



どうしても、言えなかった。
言えば嫌われてしまうかもしれない。
恐がられてしまうかもしれない。
初めて得た「人」の輪の中から、
再び引き離されるかもしれない。



駆と共にいられなくなる・・・・という恐怖感が、
彼女の口を硬く閉ざさせていました。












駆の「過去」を聞いた翌日、
彼は珍しく「熱」を出して寝込んでしまいます。
彼女は驚いて駆の部屋へと向かいますが、
正宗によって入室を阻まれます。



「風邪はウィルスや菌によって感染する。
 君のように他人と接触のなかった人間は、
 免疫力の弱い可能性が高いんだ。だから看病させられない」




正論です。
しかし同時に彼女は駆の言葉を思い出していました。
正宗は「世界」とコンタクトが取れる唯一の人物。
彼に倒れられたら、
「舟」に乗船している全員が困ることになる・・・・と---------。









駆の看病をすることになった主人公。
ここで小さな「事件」が起こります。
それは彼の大事にしていた「耳飾り」がなくなってしまったのでした。












小さな「事件」なんですが、
「発端」として描かれているところが面白かったですね(^-^)
「世界」や「歴史的背景」、
彼らに課せられた「使命」からすれば、
まったく、なんの関係もない「プライベート」な事柄なのですが、
後に大きな「問題」に発展してゆくのではないかと臭わせる、
上手な展開になっています☆




結果から言うと、
「耳飾り」は見つからなかった。
この事が原因で、
彼は情緒不安定に陥り、
より一層、強い「鎧」を身にまといます。


いつも笑顔で、
いつも楽しそうに、
いつも元気に振舞う、駆。


熱も下がり、
皆が「いつもの駆に戻った」と安堵する中、
彼女は一人、不安を増幅させるんですね。
無理しているのではないか?
本当は辛いのではないか?と----------。









この頃、彼女が「手本にしたい!」と熱烈に希望した深琴。
その相方、二条朔也がやっと登場w
いや~影の薄い御仁でしたが、
やっと本日記でも名前を登場させることが出来ました(^▽^;



彼はいわば久我家の「従者」的立場。
決してでしゃばらず、
影のように付き従い、
彼女を危険からさりげなく遠ざけるのが「使命」と感じているようでした。



そんな彼の「趣味」が「占い」w
もしかしたら「能力」の一つなのかもしれませんが、
彼は「未来」を垣間見る力を与えられた、
類稀なる人物のようでした。









「小さな歯車」


「犬を連れた旅人」


「彼は目的を持っているけれど、
 でも、自分とは違う意思に動かされている」











朔也の言葉は「呪詛」のように、
主人公の心に波紋を投げかけます。


彼女はただ、駆に元気になってもらいたかった。
ただそれだけだったのに・・・・・・・・・。
何か大いなる「意思」の下、
抗いようのない大海にほおりこまれているのではないか?


その予感は、ほどなく的中するのでしょう。
「世界」の意思によって-----------。















・・・・・・・・とまぁ、シリアスな場面ばかりが登場するように見えますが、
そんなことはありませんw
中二病かっ!ていうヒキコモリも出てきますし、
空気を読まない(フリをしているw)平士や、
空気を読みすぎる(ネタ探しをするw)一月の存在が、
一種の清涼剤として登場してマス☆




その一つが一月の「力」。




彼の「夢を操る(?)」力により、
主人公は白雪姫に、
深琴はシンデレラに、
七海は赤ずきんに姿を変えられ、
夢の中で大奮闘w

シンデレラは王子からガラスの靴を奪い取る為、
獅子奮迅の活躍を見せているしw
(主人公イベントではないので見てないケド☆)
赤ずきんは何を勘違いしたのか、
おばぁさんへの「届け物」を、「任務」として、
オオカミさんに戦いを挑んでしまうしw

この辺、より多くの書物を読み、
知識「だけは」人一倍あった主人公の、
勘違いした説明不足の賜物といえましょうwwww







夢と夢とをつなぐ「力」。
彼女の夢はいつしか「彼」の夢の中へと迷い込み、
身に「毒」を宿した彼を受け入れます。


それは、「夢」。
確かに「夢」だっただしょう。


しかし駆は「夢」で終わらせたくなかった。
夢で得た例えようのない充足感を、
現実にも味わいたかった。
そして・・・・・・・・・・・、











くっつくンですがw




う~ん、ある意味「展開が速い」と、
言わざるを得ないかもしれませんね(^▽^;

確かに惹かれあう描写が少なかったか?と言われれば、
まぁそうでもないかもしれませんしw
一月や平士の「ちゃちゃ」も入りましたし、
千里が果敢にも駆を「からかう」シーンすらあったわけですから・・・・・。

これで足りなかったコトと言えば、
なんの障害もなかったことかな?w
本来なら恋のライバルとか出てきて、
「ちょっと待ったぁーーーっ!」的展開があってもおかしくないんですが、
すんなり☆ペアを組んだ時点でカップル成立的な展開になっているところかな?
残念(^▽^;











親の庇護を失い、
十の歳から幾年--------、
「他人」の中だけで生きてきた、駆。
そんな彼に、
「自分の前でだけは、素顔の駆であって欲しい」と懇願した主人公。

彼の笑顔も、
彼の毒も、
双方を受け入れ、口付けを受け入れた彼女の手から、
「あるもの」がすべり落ちます。
それはあの日、
倒れた駆の耳から盗まれたあの「耳飾り」でした。




「どうしてこんなところに?
 図書館になんて来ていないのに・・・・」





不思議そうに拾い上げた駆の後ろで、
彼女は震える手を必死に押さえていました。





あの日、
あの「不思議な夢」を見た夜。
ほてった体を冷やす為に訪れたあの噴水の前で、
ベンチに横たわっていたロンの手から、
「能力」を使って奪い取ったあの「耳飾り」。







ロンは言った。



「コレは彼にとって危険にしかならない」



彼の言う「危険」がどういう意味なのか?
分からないまま、奪い返していた。
あんなにも忌み嫌った「能力」を使ってまで----------。



奪い返した後は、逆に恐くなった。



ロンが自身の「能力」について、
今回の「破壊工作」と交え、
自分を「内通者」として疑うのではないか?
否、それ以前に、
「能力」について誰かに話されるのではないか?
「炎」を操る、
駆の生み出す「緑」を焼き尽くす力を。
彼女は恐れ(何を?)、
耳飾りを返すことが出来ずにいたのである。









「耳飾り」という「波紋」。
それはやがて大きくなり、
様々な「対岸」へと行き着く。


ロンの言葉。
落ちた耳飾り。
隣に開いた本のページ---------。




THE FOOL




「愚者」と名のついたソレは、
朔也の語った数字を持たない旅人
0(ゼロ)を背負うカードだったのである。

スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/950-cae4308a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「世界」の中心~結賀駆終了~ «  | BLOG TOP |  » 「世界」の使者~NORN9始めました!~

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (91)
映画 (32)
CD (16)
漫画 (8)
本 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (48)
殻ノ少女 (12)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (180)
Polska2006 (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française2009 (8)
Türkiye2013 (14)
Russian Federation2014 (9)
Czech Republic2015 (26)
China2010 (7)
England2018 (28)
Israel (2)
Tâi-oân2020 (11)
国内旅行 (265)
京都 (30)
大阪 (2)
奈良 (13)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (7)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (8)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (14)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (9)
宮城 (2)
岩手 (3)
青森 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (118)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (53)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (5)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (73)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (105)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (30)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (2)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)
エスカ&ロジーのアトリエPlus (3)
殺し屋とストロベリー (9)
ルーンファクトリー4 (21)
SWEET CROWN~午前三時のオカシな道化師~ (15)
悠久のティアブレイド-Lost Chronicle- (2)
神凪ノ杜~五月雨綴り~ (1)
Vamwolf Cross† (1)
Believer! (1)

検索フォーム