FC2ブログ
topimage

2020-04

「世界」の使者~NORN9始めました!~ - 2013.06.10 Mon

注意
この日記は2013年5月30日発売された、
PSP「NORN9-ノルン+ノネット-」のネタバレを含んでおります。
読みたくない方はすぐにブラウザバックでお戻り下さいっ!








PSP「NORN9-ノルン+ノネット」始めました!
こういう政治色の強い物語は大好物です(










物語は一人の少年、
鈴原空汰の視点からつむがれることになります。



彼は小学生ながら総理大臣賞を貰ってしまうという、
将来を有望視された少年。
非科学的な事象を信じず、
発明や研究が趣味という、
同世代の少年達の中、幾分窮屈な人生を送っていました。



そんな彼が社会化見学に訪れたのが、国会議事堂
大正九年着工。昭和十一年に完成したこの建物の中で、
空汰は奇妙な「歌」を聴きます。
天井から降り注ぐ、ステンドグラスに彩られた昼の日差し。
歌は鮮やかな色彩に溶けるかのように彼を誘い、そして----------。










まさかの空汰が主人公説w
いや、そんなことはないんですが(^▽^;
オープニングだけを見ていると、
正直「彼が主人公でもいんじゃね?」なんて思ってしまいます(>▽<)
もしくは10番目の攻略者とかねwww
無理だろ~なぁ~(-.-;



この鈴原空汰君の声!
PSP「夏空のモノローグ」の木ノ瀬君なだけに、
感慨もひとしおっ!!!(>▽<)
生きて再び、会い見まえようとはっ!!!!
(あんまりこういったw業界では聞かないお名前の方だしw)












空汰が眼を覚ました時、
国会議事堂は消えてなくなっていました。

側にいたはずの同級生。
口うるさい引率の先生達。
舌先だけがなめらかな、
眼が笑っていない議事堂職員達。そのすべてが、
消えて、失われていたのです。





眼の前に広がるのは、
見た事もない空間。
否、どこかで見たことがある、
色彩のない風景の中で、
彼は一人の少女に出会います。



薄紅色の髪と、大きな瞳。
寒さに震える空汰を暖め、
帰り道の分からない彼に、
「一緒に行きましょう!」と力強く誘った彼女には、
名前がありませんでした。





浮世離れした、
危なっかしい少女を逆に見捨てておけなくなった空汰は、
この5つも年上の少女に連れられ、
「舟」に乗り込むことになります。
それは「世界」の意思によって集められた、
「能力者」達の箱舟でした。















「この服がぴったりになる頃、お前を迎えに『舟』が来る。
 そうすればお前は---------」







旅人と名乗る人物からそう聞かされ、
「世界」の制服を着て舟に乗り込んだ少女は、
周囲から奇異な眼を浴びせられます。


一つに、「世界」の制服を着て「乗船」したこと。


彼女を捕らえた結賀駆を始め、
空汰を捕らえた宿吏暁人も、
彼らの乱暴を制した久我深琴や、
「傍観者」である不知火七海以下すべての人物が、
この舟に乗り込んだ後、「世界」から「制服」を寄与されていたからです。




二つ目に、「舟」が来ることを知っていたこと。




彼らは皆、「世界」の要請を受け、
「舟」に乗り込みました。
つまり要請を受けるまで「舟」の存在を知らなかったということです。
彼女が何故「舟」の存在を知っていたのか?
それはいつ頃から知っていたのか?





空汰は少女が心待ちにしていた「舟」の搭乗人物達が、
こぞって向ける彼女への猜疑心を敏感に感じ取り、
彼女に二心がないことを叫びます。
彼の言葉に呼応したのが、
「真意を見抜く能力(?)」を持つ乙丸平士でした。





彼らは自ら決めた乗船条件。
能力・出自・生い立ちについて一切の詮索をしない。
つまり絶対不可侵の名の下に、
彼女と、彼。鈴原空汰を受け入れたのでした。















大正末期---------、
空汰の「記憶」では第一次世界大戦前夜ともいえるこの時代。
日本中から「能力者」が集められた理由は、
列強諸国への「使者」という役割の為でした。



日本は極東の小国であり、
「世界」の中での立ち位置を少しでも優位にする為、
ロシア、アメリカ、フランス、ドイツ、イギリス等々、
「能力者」と呼ばれる人物達を、
各国へ「派遣」することを決めます。



「『能力者』が日本に集中していることを嫌ったともいえるけどね」



七海はそう皮肉りましたが、
各人がどう捉えたところで状況は代わりません。
自分達は目的地に着くと同時に敵国の思惑の手足となり、
派遣国の対応如何によっては敵味方に分かたれるかもしれない。

その可能性の少なくない状況下で、
自然に、あるいは必然の如く仲の悪いメンバー達。
戸惑う少女を庇うように空汰が身構えた瞬間---------、







どん、と。
大きな爆発音がしました。







「何事だっ!」



館内は一気に慌しくなります。
「攻撃」を受けたらしい「舟」。
「舟」を守る「絶対防御」を売り物とする、
久我家の姫君の「結界」。
その力を潜り抜け、二階部分は見事に吹き飛ばされていました。



「とりあえず、応急処置するしかないよね」



駆はそう言うと、
自らの手をかざして破損部分を蔦で編み上げます。
深琴の能力が「結界」であるように、
駆の能力は「植物の促進」でした。



空汰は彼らに「捕まった」時のことを思い出し、
叫びます。
「あれはお前がやったのか!?」と----------。



「能力者」と呼ばれる人物達。
それは深琴や駆のように「防御系」のものもあれば、
「攻撃系」のものもあります。
再び集まった会議室で、
「防御系」の能力者である深琴は、
乗船者に内通者がいることを告発したのでした。










彼女は「国の守護者」と評された守りの要です。
その彼女をもってしても、
これほどまでに大きな結界を張ることは容易ではありません。


彼女はあえて屋上部分を「捨て」、
他の「結界」を完璧に張ることにしました。
駆達チームは彼女の要請を受け、
屋上を中心に守りを固めていたのです。


そんな状況下において、
爆破されたのは二階部分。
屋上ではない
場所---------。
これが何を意味するのか?
そして爆風で開いた穴の現場検証を行った室星ロンの出した結論は、
加賀見一月が投下した言葉同様、
メンバーに波紋を投げかけるのでした。









今までこの舟は、三度襲われました。
二度目に襲われた折、
メンバーのリーダー的立場を担った駆が提案したのが、
三人一組のチーム制。
互いに監視しあうことで「内通者」を動きにくくし、
そのあぶり出しを図ります。
しかし・・・・・・・・、


三度目の「事態」を受け、
メンバーは新たな「対応」に迫られます。
唯一、「世界」とコンタクトの取れる遠矢正宗は、
いつものように「世界」が静観していることを告げ、
「世界」に自分達を「庇護」する「意思」がないことを告げました。








駆の提案、一つ目は「公開」。

今まで「能力」「出自」「生い立ち」等、
すべて「不問」であった「情報」を「公開」し、
犯人を突き止めるといったもの。
互いの「能力」がどんなものか知ることが出来れば、
自ずと犯人は絞られてきます。





しかしこれは多くのメンバーの「反対」にあい、断念。





二つ目・・・・・、といってもコレしか残っていないのですが、
三人一組だったチームをさらに細分化。
二人一組にして互いを監視しあうというもの。

そしてその中でも、
「女の子同士はダメ」というものでした。






「・・・・その根拠を聞いてもいいかしら」



「う~ん、これはまだ憶測なんだ。だから言いたくない」







駆には犯人の目星がついているようでした。
しかし彼の言葉以前に、
メンバーを大きく動揺させた一月の言葉を思うと、
もう少し「確証」を得てから口にする方が懸命と判断したのです。



一月の「予測」とは、
「世界」に呼ばれた「能力者」を集めた「舟」。
しかし「舟」には「9つ」の「個室」しか用意されていない。
つまり12名の内、(「能力者」ではない空汰をのぞき)2人は内通者ではないのか?
というもの。



「犯人ありき」というスタンスを取る一月やロンの発言に反発する平士。
一月の言葉がすべて「推測」であると同時に、
彼の言葉を完全に「否定」出来ないこともまた、事実でした。




分断される、「能力者」たち----------。
それこそが「世界」の思惑であり、
「日本」の、
「列強諸国」の思惑でなかったと、言い切れるのでしょうか?















「絶対的」な存在、「世界」。
こうした存在を現代日本でもまた、
感じることが出来ます。



「『世界』の意思を疑うことは『不敬罪』だぞ」



正宗のこの言葉---------、
どこかで聞いたことはないでしょうか?
盲目的な「信仰」にも似た感情を、
強制的に抱くことを強要され、
「彼ら」に対する「言論」まで「統制」される・・・・・。



NORN9で描かれている「世界」とは、つまり-----------?















恐いですね~(^▽^;
個人的にはすっごく♪楽しいですが、
恐いですね~(笑)



破壊系の能力者である主人公は、
自らの「名前」を思い出す。
それが「旅人」と名乗る、
素性も知れぬ人物から得たものだと聞いて、
メンバーと空汰は驚愕します。



彼女が今まで、どんな「生活」を送ってきたのか?
彼女の「能力」とは?
誰もが秘めた「何か」を庇い、
「世界」の思惑によって動かされる中、
それでも尚、「彼女」の存在は「異質」だと言えましょう。





傷つきたくない、
傷つけなくない。

すべてにフタをして、
すべてから逃げ出した市ノ瀬千里は、
奇妙にも「彼女」に対してのみ、興味を惹かれます。





知らないこと。
知ることのなかった日々。
人と話すこと、生活すること。
そのすべてを---------。






膨大な「資料」から得た「知識」だけの、
まっさらな状態で、
一番腹黒い結賀駆にイクのは、
我ながらどうかとは思うんですけどね~(苦笑)



スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/949-858e80d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小さな「世界」 «  | BLOG TOP |  » 8bitの恋w

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (89)
映画 (30)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (48)
殻ノ少女 (12)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (179)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (2)
Tâi-oân (11)
国内旅行 (263)
京都 (30)
大阪 (2)
奈良 (13)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (7)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (8)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (9)
宮城 (2)
岩手 (3)
青森 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (53)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (5)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (73)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (105)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)
エスカ&ロジーのアトリエPlus (3)
殺し屋とストロベリー (9)
ルーンファクトリー4 (1)
SWEET CROWN~午前三時のオカシな道化師~ (7)
悠久のティアブレイド-Lost Chronicle- (1)
神凪ノ杜~五月雨綴り~ (1)
Vamwolf Cross† (0)
Believer! (0)

検索フォーム