FC2ブログ
topimage

2019-10

日比谷巳継、終了w - 2013.05.21 Tue

PSP「黄昏時~怪談ロマンス~」、
日比谷巳継を終了しました(^▽^;







またしても悲恋かよっ!!(怒)
おのれ日比谷兄弟w








まぁ~・・・・・、冷静に考えれば悲恋でも仕方ないんですが(T▽T)
それでもなんか・・・・・・、
あまりにも、あんまりな感じが致しました巳継ルートw
これならあえて「巳継を常世に引きずり込む」という、
BADENDルートの方が、
幾分、(私的にw)救いがあったように思います(泣)






前作で兄、京極と共に、
密の魔の手(笑)から救い出しw
なんとか現世へと戻すことが出来た巳継でしたので、
正直「どうやって主人公との接点を持たせる気だろう???」などと、
いらんお世話を焼いていたところなのですが・・・・・・・、
ブラコンかw
原因はソレ以外なにものでもなかったですね(^▽^;



高校を卒業して大学へと無事進学した巳継を心配し、
兄、京極は主人公へのお説教をたてにとって、
彼の様子を見てくるようミッションを与えます(苦笑)
そこでなんとか変装までして大学へともぐりこむのですが、
しょっぱなっから見つかってしまうのはご愛嬌ってモンですよねwww



一年前、
巳継にとっては「訳が分からない」事件だったあの出来事で、
少なからず面識のあった主人公は、
巳継に「大学進学の為の見学」と偽って構内を案内してもらいます。
京極の隣にいた頃は、
幾分、弟弟していて頼りなく見えた巳継ですが、
一人称が「俺」とかっ!!!
成長した雰囲気があってよかったですね♪♪♪
私服も兄に比べて断然よかったしw










で、笑えるのがその後の展開っwww
気分を変えて公園で眠りにつこうとしていた彼女は、
コンビニへと買い物に出た巳継に見つかってしまいます。
彼はレポートに夢中になり、
明け方、ふとシャープペンシルの芯が切れたことに気づいたのでした。



この押し問答がもうっ!!!
もうねっ!!!
あったあったw こんなコトがwww
的な感じで(個人的に)大爆笑でした(^▽^;



そりゃこんな時間、
公園の、しかも茂みの中で目を閉じていたら、
家出娘に間違えられるってのwwww
巳継の性格がなかったとしても、
「家まで送っていく」という話になりますよね(苦笑)
で、(主人公の理由は異なるとしてもw)当然のように動揺するわなw
帰る家なんてないんだから(^▽^;


帰れ、帰らない。
送る、いらない。


これを十数分繰り返せば、
「うちに来る?」って話にも、なるってもんですwwwww
巳継だからいいんですけどね?
他のキャラクターなら美味しく食べられていますしw






そして自宅に連れ込むことに見事(?)成功した巳継w
自分のパジャマを着せるって、
どんだけ男のロマンやねんっwwww
だぼだぼのパジャマ着せて、
悦ってたんじゃないのか!? 巳継っ!!!(爆笑)


おまけに「使っていない部屋があるから」と、
通されたのが兄、京極の部屋っ!!!
常世で彼と学生生活を送り、
彼の「思い」も、
巳継の「思い」も十二分に知っている主人公は使うことが出来ません。


で、また押し問答w
結果どうなったかというと・・・・・・・・。
一つ布団で寝るとかwww
兄が知ったら雷が落ちそうなヒトコマです(^-^;















しかし彼女には「事情」がありました。


うっすらと、
ほんの一瞬ではありましたが、
室内に「異変」を感じた為です。


人のモノではない、なにか。
それが何なのか?
主人公には分かりません。
が、敵意のあるモノ。
なにかよくないモノであるということは分かります。
一年前、密に狙われた経験から、
再び、巳継が襲われてしまうのではないかと、
懸念を抱いた主人公がとった苦肉の策とは・・・・?(^▽^;










この巳継ルートw
もしも密が現実の主人公と結ばれていたら
きっとこうなっただろう情景を見ているようで、
ちょっと微笑ましくなるルートでした(^-^)



朝は「おはよう」から始まって、
一緒に朝食を作り、
片付けて送り出す。
「いってらっしゃい」という言葉に、
「いってきます」と声をかけて、扉を出る。
そんななんでもないコトが、
巳継にはとても幸せだったのでしょう。
日々、彼は「今日は何時に帰るから」などと告げて、
勉学に勤しむのでした。










しかし・・・・・・・・、
彼女もまた、「学生」です。
この奇妙な「同居生活」が始まってからというもの、
なかなか登校出来ない日々が続いていました。
それというのも妖と人の世は時間帯が異なり、
彼が帰宅する時間こそ「逢魔時」。
妖達が活動を開始する時間なのです。


このままでは不登校扱いになってしまう。
根は真面目(笑)な主人公です。
巳継をなんとか説き伏せて登校を果たしますが、
彼はいい顔をしません。
なんといっても彼女を「拾った」事情が事情です。
家庭の事情。
何かの事情。
そのことについて巳継は何を問いただすこともしませんでしたが、
心配していることだけは痛いほど分かりました。
やはり「兄弟」なのでしょうw
京極と似て、彼女が無茶をすると叱責。
時には延々説教に及ぶ事もありw
彼女が閉口することもしばしばwww



頃は文化祭シーズン☆
年に一度のお祭りと、
なんとか巳継を説き伏せて登校した主人公でしたが・・・・・・・・・・・、







巳継がついてくるとかねw
ありえないからっ!!
で、主人公が「これはよっ!」と、
押し切ってしまうところもまたスゴイ(^▽^;
そんな臨場感たっぷり☆な夢、
あるわけないってのwwww


巳継にとってはただの夢。
しかし主人公にとっては紛れもない「現実」です。
彼は「これは夢だ」と思い込むことで、
大胆にも告白、キスまでしてしまうのですっ!!!(>▽<)


積極的な巳継に、戸惑いを隠せない主人公。
人と、妖との恋が、許されていないわけではありません。
しかしどう考えても「いばらの道」(-.-;
少し考えただけでも問題・課題が山積みなのです。
そんな面倒に足を踏み入れたくない。
早々にこの家の「違和感」に決着をつけ、
巳継から離れなければならない。
そう決心した頃でした。
ソレを見つけたのは・・・・・・・・・・、









日比谷家の奥の間w
と、言っては語弊がありますが(^▽^;
使われていない一室から漏れてくる不穏な気配----------。
鍵のかかったその中に、
ソレはありました。


黒い、人型。


彼女は瞬間、ある人物の顔を思い浮かべます。
去年、巳継を狙った彼の顔を---------。










人型を追って、学校までやってきました。
紙がスルリとある教室に入った時、
疑惑は確信に変わります。



密は・・・・・・・・・、
まだ巳継を諦めていなかったのでしょうか?
それとも「保険」として、
日比谷家に人型を置いておいたのでしょうか?


いつか、彼女が彼に惹かれるのを恐れて、
いつか、彼女が「人の世」に惹かれるのを恐れて---------。










密の気持ちも、
分からないではなかったんですよね(T△T)
彼は彼女の為に「京極」という「同種」の人物を常世に引き入れました。
しかし「こちら側」の世界に引き入れた時から、
京極は「人」ではなくなったはずです。


もちろん、主人公とて「元」人であり、
京極と同じ立場のモノです。
だからこそ・・・・っ、
彼女の惹かれるのは「人の世」そのものだったはず。
「人間」ではなく、「現世」だったとしたら・・・・・・、


密が「それ」に、気づいていないはずがないのです。









「ああ、いいね。見せ付けてやろうか」








密に押し倒された主人公が、
思わず発したその名前に。
彼は冷ややかな視線を隠すことなく、
巳継をこの場に引き寄せます。


巳継は突然現れた教室と密、
何よりその下に組み敷かれている主人公を見て激昂します。


人が妖に、勝てるはずがありません。
彼は白い人型にさらり巳継の名を書き、
びりびりと破いてゆきます。






激痛に身をよじる巳継。
彼女は密の手を止めようと、
必死に彼の名を呼びます。






「お前が俺の願いを叶えてくれるなら、助けてやってもいい」






密の願い。
それは・・・・・・・・・、






「俺を・・・、お前の手で殺してくれ」






「神」の名を冠する妖の、
たった一つの「願い」。
それが自分に殺されることだったのでしょうか?
半信半疑のまま、
密の消えた教室から、巳継を連れて自宅へと戻ります。
すべては、夢。
これは夢だったのだと、呪文のように繰り返しながら----------。








マジメなヤツってキレたら恐いですね~(^▽^;
もうこれ以上巳継の側にはいられない。
この家の「違和感」の正体を突き止めたのだから、
もう彼の側にいる理由もない。


彼女は意を決して彼の下を去る決意をしました。




「さよなら、巳継・・・・」




そっと、
独り言のようにつぶやいた言葉のはずでした。
巳継はその声にハッと目を開き、
彼女の腕を掴みます。
そして・・・・・・・・、









本作一番のリップw
拝聴させていただきましたっ!!!
すげ~(^▽^;
今までイチオシは京極だったのにw
(飛浦役の方は上手ではない方だしw(暴言w)
 由良城役の方はするような方ではないしw
 和泉役の方はする設定にいないキャラクター担当だったしwww
唯一彼が「水音」まで熱演してくれていたのにっ!!!!
まさかまさかの下克上w
弟に足をすくわれたかっ!?(爆笑)



初心者設定のハズなのに、
なんでか手馴れた風の巳継w
いや~・・・・・、さすが今一番の声優さんだけあります(^▽^;




「答えてくれないの・・・・?」




切なそうに語る独白も、




「黙られると俺、都合のいいように受け取るから」




優しくて、しかしどこか頑固で。
兄に似た芯の強さと、類稀なる積極性でw
青×こそありませんでしたが、
玄関先でコトに及ぼうとするとかw
なかなかの迷(苦笑)演技を見せてくれた巳継こと、日野氏っ!!
ありがとうございますっ!!!!(笑)















また、この巳継ルートでは前作で語られなかった、
京極本人の「神隠し」の真相も判明しています。



京極は弟、巳継以上の「霊媒体質」でした。
そういった人間は遅かれ早かれ「妖」や、
多くの「障害」によって、
まっとうに人生を完結することが出来ません。
途中、なんらかの「事情」により、
命を奪われる可能性が高いのです。



夕暮れ時、
逢魔時-----------。
小学生だったのでしょうか?
それとも中学へと進学した頃だったのでしょうか?
神社の一画で、
黒に「もや」に包まれ、苦悶の表情を浮かべている兄、京極を抱いて、
巳継は必死でした。



死なせたくない。
死なせたくない。



どうして兄が「こんな目」に逢っているのか?
どうして自分達が「こんな目」にばかり逢うのか?
その理由が幼い巳継にはさっぱり分かりません。
ただ必死に、兄の名を呼ぶこと。
それだけが彼に許された唯一のコトだったのです。






「うるさいなぁ」






そんな時、
言葉通り「天」から降ってきた声に、
巳継は振り返ります。
夕日を背に、
顔の見えない黒い「影」は、
兄の命が短いことを告げました。




「嫌だ・・・・、嫌だよ・・・・っ!
 兄さんを助けてよ・・・・っ」





「影」はニヤリと笑って、
「助けてやろうか?」と囁きます。
「お前の一番、大事なモノと引き換えに」




そう言うと、
兄、京極を包んでいた黒いもやは消え、
彼は再び息を吹き返しました。
胸をなでおろしたのもつかの間、
彼は京極を「妖」にすると宣言したのです。




「無駄だ。その人間は霊感が強いんだろう。
 今、俺が助けたところでまた別の妖に目をつけられ、
 食われてしまうだろう。
 どの道、長くは生きられないさ」





それは密なりの「優しさ」だったのかもしれません。
否、もしくは彼の「終わりなき生」の、
ほんのひと時、気を紛らわせる為の「玩具」に過ぎなかったのかもしれません。

それでも兄は助かった。
しかし、兄はこのままでは遠からず死んでしまうという。




巳継にはどちらも嫌だった。
決断出来るはずがなかった。





「もう遅い。
 俺はお前の願いを叶えた。
 お前の兄の命を救った。
 人ならざるものと取引をするとは、こういうことだ






「死」を冠する「神」との取引。
その記憶を失った巳継は、
ある日、「契約」が果たされたことを知ります。

自ら招いた「未来」だということを忘れ、
兄を捜し続けた巳継。
それどころか、
主人公の前に現れ、
かつての「死神」と対峙した巳継---------。















巳継と肌を重ねた主人公は、
三つの選択を迫られます。


一つは、彼を妖として「常世」の世界に引き込むこと
一つは、彼を「人」として、「この世界」に残してゆくこと
一つは、「人」としての彼と生きてゆくこと


人が「妖」になる方法が、ないわけではない。
しかし彼女は彼に、
妖になって欲しくはなかった。
すでに還れなくなった自分に代わって、
人の世を、人の生を生きて欲しかった。






彼女は今や「義兄」となった(笑)京極に相談します。






「すべて話せばいい。
 巳継も子供じゃない。
 自分で自分の未来を決めるだろう」








優しく諭す京極。
人の世に執着を見せない巳継は、
自分が、
そして何より兄が「こちら側」にいると知ったら、
一も二もなく「妖」に堕ちてしまうだろう。
それを知っていたからこそ、彼女には告げられなかった。
告げたくなかったのだ。





この辺、和泉ルートと被りますね(^▽^;
和泉は知っていて、教えなかった。
と、したら?
彼女はどうするのでしょう???(^-^)















三通り全ての「結末」を見たのですが・・・・・・・・・・、
うん、やっぱり私は常世編が一番好きです(T△T)

そりゃ前作のコトが綺麗さっぱり☆無駄になっているしw
「結局それかよっ!」感満載ですが(^▽^;
主人公の罪悪感のみひっかかるだけで、
一番、(誰にとっても)幸福なエンディングだったと思うんですよね~☆





巳継を常世に引き込もうとした、密。
彼は自身と「同じモノ」になった彼女を歓迎します。


自らの手を闇に染めても、
得たいものが、ある。
血を吐くような慟哭を、
やっと、彼女も理解してくれたのかと、
病んだ頭で歓喜したことでしょう。


兄、京極がいる中で、
由良城や和歌子にいじめられながら、
それでも、彼女の側を離れなかった巳継の選択は、
ある意味間違っているのだと思います。
それでも・・・・・・・・・・・・、
ある意味まだマシwだと思えるのは、
私が悲恋嫌いだからなのでしょうかねぇ~(^▽^;





スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/930-5307a94c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

式部密、終了w «  | BLOG TOP |  » 日比谷京極、終了w

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (84)
映画 (29)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (47)
殻ノ少女 (11)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (168)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (1)
Tâi-oân (1)
国内旅行 (245)
京都 (30)
大阪 (1)
奈良 (12)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (6)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (6)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (1)
宮城 (0)
岩手 (3)
青森 (1)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (52)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (4)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (70)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (104)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)
エスカ&ロジーのアトリエPlus (0)

検索フォーム