FC2ブログ
topimage

2019-12

ツリーピース - 2013.04.22 Mon

PSP「夏空のモノローグ」、
最後の物語、ツリーピースです。







ツリーピースβはともかくとして、
ツリーピースは読む気がしなかったんですよね~(T△T)
第一話を読んでアレなんだもんw
も~切ないというか、
苦しいほどの悲しみが蘇ってくるような・・・・。

ループを超えて、
7月30日を迎えたはずなのに、
彼の記憶が、その素地が、
原点がココにあるとだと思うといたたまれなかったわけですっ!!











本編は「主人公」がメインに描かれていますが、
ツリーピースは「綿森楓」の物語です。



彼がいかに生き、
そしてツリーに取り込まれたか、
それを辿る旅。
彼の「失った記憶」の旅でもあります。










今から30年以上も前、
彼はある研究所に連れてこられました。
それは能科学研究所。
当時の政府は大真面目に「超能力」による研究及び実験を繰り返していたのです。





ある日一大プロジェクトが発動します。
それは「パンドラ計画」。
ギリシャ神話の中で、神の力(火)を盗んだ人間に対し、
神が「贈った」災厄の名「パンドラ」になぞらえた超機密計画でした。
彼はその計画の「パーツ」として、
「一般家庭環境」から召集された人物の一人と考えられています。


「予知」という能力を持った綿森は、
超一級の扱いを受けていました。
時折行われる「検査」や「実験」を除けば、
教育も受けることが出来、
破格の待遇であったといえるでしょう。
しかし・・・・・・・・・、


その環境はある「事件」をきっかけにして一片します。
それは土岐島を襲った「地震」でした。








研究所も例外ではありませんでした。
土岐島の山中にあるとはいえ、
揺れは中心部と同等のものだったと推察されます。
綿森の頭上にも棚が倒れかかってきました。
その時---------、


「棚」は、
不意に姿を消していました。


危機感に襲われた彼は、瞬間、
「・・・・・っ!(棚が消えればいい)」
そう思ったことでしょう。
そうすれば自身は助かると思ったからです。
そして「それ」は思い通りになった。
つまり彼の能力は「予知」ではなく、
「自らの望む未来」へと可能性を収縮させることにありました。









それからというもの、
彼への、周囲の扱いは一変します。


「綿森楓」という名はなくなり、
「03」というコードナンバーで呼ばれるようになりました。
それは周囲の研究員が「彼」に対し、
感情移入をさせないための措置でした。


それほどまでに、彼の「能力」は危険だった。
彼の望む「未来」が、
彼らの望む「未来」である保障など、
どこにもなかったからです。










綿森は逃げ出しました。
いつか、彼らに殺されてしまうかもしれないという恐怖が、
彼を森へと走らせていました。


しかし能力が安定しなかったことも、
彼自身が能力を使いこなせていなかったこともあり、
あっさりと捕まってしまいます。


ほどなくして、
無意識下では綿森の能力が発動しないことが分かった研究員達は、
実験以外の時間、彼を「眠らせておく」ことにしました。
それは1日であったり、3日であったり・・・・、
長い時には一週間、一ヶ月、一年に及ぶこともありました。
時間は綿森の認識を大きく外れ、
光の速さで過ぎ去ってゆくようでした。
そんな時-----------、







綿森は再び逃げ出しました。
今度は周到に準備をし、
彼らが投与するはずの睡眠薬と抑制剤を、
ブドウ糖に替えるという未来にすり変えて・・・・・。

あの日捕まった森の中へと、
再び駆け出していたのです。










ちょうどその頃、
土岐島高校に在籍していた沢野井健太郎は、
森の中で一つの「反応」を追っていました。


アメリカで一時期話題となった「エリア51」。
宇宙人を捕まえて研究しているという眉唾ものの「噂」が、
この土岐島にもあった為です。


国家の絡んでいる大プロジェクト。
沢野井はこの平凡な田舎町に似つかわしくない物々しさでガードされている「研究所」を、
密かにいぶかしんでいました。
あまりにも警備が厳重なため、忍び入る事も出来ません。
そこで彼が行ったのは研究所への物資搬入及び排出のデータでした。






監視は数ヶ月にまたがって行いましたが、
特にコレといった怪しい点は見当たりません。
その内、彼特有の「機転」から飽き始めていた頃----------。
一つの「反応」が研究所からもたらされました。
それは彼がこの森中に張り巡らした発信機からの情報でした。


初めは、一つ。
しかしその一つを追うようにして、
研究所からいくつもの「反応」が出ます。
沢野井はパッドを片手に森へと踏み込んでいました。
そこで見たものとは・・・・・・・・・・?










「主人公」達が見た「特異点」。
「躊躇い」と「希望」が形を成した場所。
それはかつて綿森が沢野井と出会った場所だったのです。


麻酔と抑制剤を打ち込まれた体を引きずって、
そこにある綿森に対し、
沢野井は奇妙な受け答えをしていますが、
彼を土岐島高校の旧校舎へとかくまいます。


彼が何故? そんなことをしたのか?
それがこんな理由だっただなんて・・・・・・っ!
すごく切なかったですね(T△T)









沢野井は「寂しかった」んです。
優秀な研究者だった彼の両親は、
研究に没頭するあまり「息子」である「彼」と関係を持つことが少なかったといいます。
そしてそんな両親を見て育った彼もまた、
研究者として大変優秀ではありましたが、
人との付き合い方はとても不得手だった。


そんな彼が始めて得た「友人」。
それが綿森だったのです。


彼を「宇宙人」と信じたからこそ、
綿森もまた、彼に「真実」を告げる必要がなかった。
それは二人にとって心地よい時間でした。










昼間は旧校舎で本を読み、
夜になると沢野井が食事を持って旧校舎にやってくる。
ほの暗い教室の中で、
ランタンの灯りだけを頼りに、
沢山の話をしました。

それは主に沢野井が語り、
綿森がうなづく程度のものでしたが、
時に沢野井の言葉に綿森がツッこむ場面もありましたw










しかし・・・・・・・・・、
そんな幸せな時間は長く続きません。
ある夜のこと、
ツチノコを捜しに行くという沢野井が連れ出した森の中で、
綿森は彼らに出会います。
黒服に、黒の靴。
それは紛れもなく「研究員」の姿でした。







沢野井に渡された発信機、
それを使うことはついにありませんでした。
研究員は言います。


我々に危害を加えれば、彼を殺す。
我々を殺害すれば、彼を殺す。





君は自らの意思で、研究所に戻らなければならない。






その言葉はまるで「魔法」のように、
綿森の意識を絡めとりました。

きっと、研究員達はずっと前から、
綿森の動向を熟知していたのでしょう。
それでも、彼らは手を出さなかった。
「民間人」である沢野井が共にある間は、
姿を見せなかった。

それは感謝すべきことなのでしょう。
そして同時に、
これほどまでに沢野井に心を開く前に姿を現していれば、
これほどまでに綿森が苦しむ必要も、なかったのかもしれません。








その日以来、
彼はふさぎこむようになりました。
心配する沢野井。
しかし真実を告げる勇気は、綿森にはありませんでした。



そして研究員と「約束」した一週間目---------。



綿森はついに、
自分が「宇宙人」ではないという「事実」を告げます。
自分が「人」ではないこと。
沢野井とは異なる「モノ」だということを、
身を切る思いで告げたのです。







沢野井は反対します。

綿森だけが不幸になることはない。
綿森はここにいて、
幸せそうにしていたではないか。
そう詰め寄ります。



しかし綿森もまた、引くことはしませんでした。



自らの「能力」が確定した頃から始められた「実験」。
その中には「実験動物を殺害する」というものも含まれていました。

自ら「望めば」、
「死」さえも操れる自分という存在に、
一番怯えていたのは綿森でした。





「ありがとう、そして、さようなら」





綿森の手が、沢野井の額にあてられ、
彼はその場に崩れ落ちます。
あるいは、気を失わせた方がよかったのかもしれない。
それが綿森の最後の「躊躇い」だったのでしょう。
彼は自らの足で旧校舎を出、
自らの意思で研究員と共に森に入りました。







暗く、深い森の中-----------。


あの日、
自分は「逃げる」為に走った。
死に物狂いで。
そして今、
同じ道を「戻る」為に歩いている。


心は、落ち着いていました。
不思議なほどに・・・・・・・・・。
しかし----------、








沢野井が諦めるはずがなかったのです。
彼は追ってきました。
消えゆく発信機を頼りに、
必死に彼を追って追って、そして・・・・・・・・・・。










「国」という存在は、まるで空気のようだ。

いつもは目に見えず、
絶えず自らの回りに「存在」している。
ともすれば忘れてしまいがちな「それ」は、
奪われれば死んでしまう。
そんな感覚-------------。




沢野井に向けられた鈍い光。
研究者達の「呪い」のような言葉。
しかし彼らの言葉を打ち消すかのように、
彼らの言葉を「否定」する始めての「友」の言葉は、
綿森にとって甘い甘い「毒」でした。




研究者達は知っていました。
彼がこの先、どれほど苦しむのかを。
「友」を知り、「希望」を知り、「未来」を知った彼が、
それを奪われた時、
否、奪われたと感じた時、
一体どれほどの衝撃が綿森を襲うのか、を----------。





研究者達は恐れていました。
一過性の「感情」に押し流される、
「観測者」と呼ばれるほどの能力を持った人物を。
そして「それ」が抑制出来ない対象であることを、
研究者達は十二分に知っていて、そして同時に恐れたのです。






研究者のうちの一人は、
かつて綿森が連れこれた頃、
教育を施していた人物だったのかもしれません。
彼が唯一、心を開いていた研究員だったのかもしれません。

「彼」は「03」となった綿森の存在を、
それでもある種、「特別」なものとして感じていたのかもしれません。

だからこそ、
彼に「忠告」した。
彼に沢野井と別れるよう、
研究所に戻るよう「促した」のです。




彼の生きる場所は、ここしかないのだと。
彼の生きる場所は、ここにあるのだ、と----------。




しかし同時に、
「研究者」はこの結末をも望んでいたのかもしれません。
沢野井に向けられた切っ先が、
音もなく沢野井を捉えた瞬間・・・・・・・・っ。

沢野井の前でバタバタと、
「彼ら」は倒れていきました。
綿森が望んだ通りに----------。








綿森は恐かった。
自分の能力が。
綿森は恐かった。
自らを見る沢野井の視線が-----------。




追い出された、家。
逃げ出した研究所。そして、
たった一人の「友」からもまた、
彼は逃げ出していました。


逃げて、どうなるものなのか?
どこに逃げればいいのか?
ここではない、どこか。
ここではない、なにか。


ぐるぐるぐるぐる、
思いは巡り、そして-------------。








鈍色の輝きの中に、
「それ」は突然「出現」します。
それはかつて沢野井が熱に浮かされたように語った夢。
ティプラーシリンダー。
白い白い光はやがて彼を飲み込みます。
彼の、唯一の「逃げ場」。
唯一の「ゆりかご」として・・・・・・・・・・・・。







光を前に、
沢野井は何を思ったのでしょう?
泣きながら、
そう、泣きながら「友」に語った言葉----------。






能科学研究所は「実験対象」を失って、
ツリーの研究へと移行されてゆきました。
それは「実験対象」が「出現」させた経緯に付随するものと考えられます。
綿森を「消した」研究所。
そしてその研究所も彼の、「絶対的」拒絶により、いつしか姿を消しました。


その間、沢野井は論文を認めてくれた教授の下、研究に明け暮れ、
やがて結婚し、子供をもうけ・・・・・。
その彼がどんな思いで「研究所」を買い取ったのか?
かつて「彼」が「語ってくれた」非人道的な研究が行われていた場所で、
たった一言を伝える為だけに没頭した沢野井。
それが沢野井宗介へと受け継がれていったのでしょう。


沢野井健太郎の「基点」。
それは紛れもなく「綿森楓」でした。
彼がいたからこそ、
沢野井は人との関係を推し量ることを学び、
妻を、子を、家庭を得ることに成功したと考えても、差し支えないと思うわけです。










30年の時間を経て、伝えられた「彼」の「伝言」。
綿森が忘れてしまった記憶の「欠片」。
それは今も彼と共にあり、
あの旧校舎からそっと、
見守っているに違いないのです。



スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/902-82484679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

三度目の正直!!(>▽<) «  | BLOG TOP |  » え? それって本当???

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (85)
映画 (29)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (48)
殻ノ少女 (12)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (168)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (1)
Tâi-oân (1)
国内旅行 (261)
京都 (30)
大阪 (1)
奈良 (12)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (7)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (8)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (9)
宮城 (2)
岩手 (3)
青森 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (52)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (4)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (70)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (105)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)
エスカ&ロジーのアトリエPlus (3)
殺し屋とストロベリー (1)
ルーンファクトリー4 (1)

検索フォーム