FC2ブログ
topimage

2020-07

ミズチ一族 - 2013.03.21 Thu

そろそろ終盤戦に入ってきました♪
PC「華アワセ」です(>▽<)







久しぶりに、
「終わって欲しくないっ!」
「このまま見続けていたいっ!」という作品にめぐり合いました♪
大手ゲーム誌B's-LOG様がついておられるので、
出来ましたら抱き合わせ商品など♪
沢山出していただけたらと思いますwwww





花伐が続く日々の中、
唐紅と共にいた男は公園で会ったのウォルターだった。
彼は主人公にある写真を手渡す。
それは蛟と葵の並んで歩く姿だった。




退学して以後、葵とは会っていないと語る蛟。
その言葉を信じきれない主人公は、
やがて蛟を避け始める。
花伐では常に手をつないでいた二人だが、
ついにはその手すら拒んでしまう。
五斗街にやってきた蛟は花伐討伐後、
拒まれる理由を問いただす。
「嫉妬」という醜い感情を知られたくない彼女のとった行動とは・・・・・・・・・?






って、こんなんアリかーーーーっwwww






爆笑wしました(-.-;
いいなぁ、こういうマニアックな関係(笑)
舐めるンですよ!?
蛟が!!
彼女を路地裏に引き込んで、
足出させて下からじーっくりっwwww
おまけにキスマークまでっっっ!!(>▽<)



「穢れが上がってこないように」



な~んてゆってますが、
ウォルターの意見は正しいっ!!!
そりゃただのキスマークだってのwwww



主人公は足が弱いのかw
いやいや、弱いとか弱くないとか言うんじゃなくて、
街中で足下にかしずかれて、
舌を這わされては声の出ない方がおかしいやな
(^▽^;
蛟も蛟でそこンとこ楽しんでいるフシもあるし(-.-;
いろはといい、
蛟といい、
唐紅なんかよりよっぽどい存在なんじゃないだろうかwww










そんな衝撃事件(爆笑)が起こった翌日の28日、
主人公は手作りのクッキーを手に百歳の下を訪れる。
以前のお茶会では、
マカロンをぜーんぶ☆いろはが食べちゃったからねぇ(^▽^;

しかし何度呼んでも返答はなく、
カスとタネも応じてくれない。
不思議に思った彼女は再度扉を叩くが、
何かの拍子に開いてしまう。
そこで耳にしたものとは・・・・・・・・?





この時点で、
大まかな予想をつけていたのが百歳といろは。
きっとこの二人は理事長との連携の下、
蛟を監視する立場にいたのだと思います。

以前、五斗街で彼らを襲った堕ちた水妹。
その露吹を「統括」しているのが「数斗」のコイン。
彼が蛟を「操っている」ことはほぼ確定として、
その先にある「五斗」の陰謀まであぶり出そうと、
泳がせていたのでしょう。













週末の花伐が蛟の予定でキャンセルとなった夜。
彼女は一本の電話を受け取ります。
相手は誰あろう蛟その人でした。

彼は法要の為自宅に戻っていましたが、
その席で祖父に泉姫の存在を口にしたところ、
是非会いたいと嘆願されたとか・・・・・。

彼女は迷います。
すでに夜は更け、
しかも蛟は「君一人で来てくれないか」と念を押しているのです。
最終的に、彼女は蛟の希望を受け入れ、
一人、寮を抜け出そうとするのですが・・・・・・・・、







いろはが許さんわな(^▽^;







どこまで知っているのか、この男w
寮から抜け出した彼女を待ち構えていたかのように立ちはだかり、
結局、彼女に同行許可を取り付けているのです(^-^;

当初「番犬のような男だなぁ」と、
面白みも何もないいろはに辟易していたワタクシですが、
後に唐紅の言葉を聞いてハッと開眼するのはここだけの話☆
この時はまだまだ、
眼中にありませんでした(苦笑)










屋敷にやってきた彼らを出迎えたのは手荒い歓迎。
なんと毒矢が二人を襲ったのです!
ミズチ一族は警戒心がとても強い、
内向き志向の一族なようで、
本来「来客のない」時間帯には、
こうした「しかけ」があちこちにほどこされているのだとか・・・。
それでも、
「望月」を有するいろはと、主人公は、
蛟ではなくミズチ一族の頭領、九頭龍により奥の間に通されます。







ここで・・・・・、
いろはは気がついていました。
法要当日であるのに人の気配がまったくないこと。
そして何より、
ミズチ一族の頭領ともあろう九頭龍が、
何故自らの足で自分達を出迎えたかということに----------。





九頭龍は語ります。
「望月」の由来を、
その力を------------。





「望月」。
これはいろはや主人公の目の中にある「月」のことのようです。
強大な力を持つ者だけに現れるという「望月」。
ミズチ一族は代々この「望月」を持つ者が頭領となって、
一族を支配してきました。

しかし・・・・・・・、

蛟の目にあるのは「弦月」といい、
片方にしか「月」がないことを意味しています。
その為、九頭龍は彼に「眼帯」を課して「弦月」を隠させたのです。





帝の寵愛を受け、
側付きの神官として、
絶大なる権力をふるってきたミズチ一族。
そんなミズチ一族の中にさえ、
「望月」を持つ者はめったに生まれなくなっていました。

「月」を持たない「幻月」持ちばかりの一族の中で、
九頭龍は自らの娘が「弦月」しか持たなかったことを告白します。
そんな彼女から生まれた蛟。
彼が「弦月」持ちであることは、
ひいては自らの責任でもあるのだと・・・・・・。

「弦月」である蛟が次期頭領となることは、
大変な根回しが必要にとなります。
それでも・・・っ!
孫かわいさに、出来るなら頭領につけてやりたいと語る九頭龍--------。





九頭龍の「臭い」芝居も、いろはには通じませんでした。
彼の言葉に多くの「疑問点」を見出したいろはは、
彼女を後ろ背に庇いつつ、
注意深く追い詰めてゆきます。







主人公が編入してきた際、温室に現れたうつろひのこと。

その直前、葵の残した言葉と電話の相手。

彼女に絡んだナンパ男の死因と、その真相。

「偶然」その場に「居合わせた」蛟と葵--------。








仇花を「枯らす」行為である「花伐」は、
規定により「国」への「申告」が必要です。
五斗街で仇花が枯れたあの日、国への申請はなかった。
何故か?
それは「国への申請許可が不要な人物が花伐を行った」という事実に行き当たります。


花伐に許可を必要としない人物。
報告義務を持たない人間。
それはいろはも含め、
「華詠」と称される一部の実力者のみに与えられた特権。







彼は一枚の写真を取り出します。
それはウォルターが彼女に与えた、
蛟と葵の写真でした。







蛟のところに案内されたはずの二人は、
(正確には主人公だけはw)愕然とします。
そこは倉。
蛟は幽閉されているのか?
ところが姿を現した蛟は葵と共に、
九龍頭の命じるまま、二人に襲い掛かるのです。
主人公を庇って毒矢を受けたいろはは必死に彼女を逃そうとします。















気がつくと・・・・・・・、
彼女は最初に通された大広間にいました。
九頭龍はある人物への大事な「貢物」として、
主人公に禊を命じるのですが・・・・・・、





ラブコメかっwwww




いくら操られているとはいえ、
裸にして風呂につけるとかねっ!!!
ふつーに考えてお湯だったら耐えられるけど、
それが水とかさっ!!!!

寒いから主人公もたまらず上がりたがるんだけど、
そこを蛟が捕まえて体をふくとかっ(>▽<)
笑わせてもらいましたよ~(^-^;
今 ま で の シ リ ア ス が 嘘 の よ う で す wwww




で、ナニか?
コレはドラえもんかナニかか???
「のび太さんのエッチーッ!」ノリで、
蛟をパチーン☆と殴った挙句、
それで正気に戻るとかっ!!!





ア リ エ ナ イ か ら www





しかも正気に戻った蛟が、
今までの蛟と180度違うところがまた笑うっ!!(>▽<)
こうなると主人公も困るっ!!



「蛟さん、着物は?!」


「私は目を閉じているっ!」


「蛟さん、制服は!?」


「私は目を閉じているっ!!」




ナニゆっても通じないとかねっwwww
それでいいのか!? 蛟っ!!!(爆笑)
最後にゃ、





「ちょっと待ってくれ・・・っ、落ち着かせる・・・・」


「?」



10待ってくれっ! その間、絶対に入ってこないようにっ!!」





10分でナニするんだーーーっ!!(爆笑)
某方が蛟氏のコトを「10分様」と呼んでおられましたが、
こういうコトだったのね(^▽^;

一人お風呂場に残った蛟様w
彼女のつかった水を使って、
一体ナニをするのかっ!!!
めちゃめちゃキニナリマス(爆笑)















とはいえ・・・・・・・・、
あんまりにもいいとこナシの蛟サン(笑)
オイシイところはみーんなw
百歳に奪われてしまいました(^▽^;

プラス百歳の命を受け、
毒矢を受けた「フリ」をしてw
倒れていたいろはも復活!
理由が主人公にもらったクッキーの瓶に当ったからとかっ!!!
どこまで食い意地がはっているんだって話ですよ(-.-;










襲撃したコインは分が悪いと踏んだのでしょう、
満月の夜の逢瀬を約束して、
煙をかき消すかのように消えてゆきました。










蛟が頑ななまでに主人公を避けた理由。
それは自らの内に流れる血により引き起こされる、
「感情崩壊」「破壊的衝動」を恐れるが故の結果でした。



ミズチはかつて獰猛な血筋として、
天である「帝」にまで弓を引いた一族。
帝に「粛清」された後、
彼らは瞳に「望月」を与えられ、
その力により荒ぶる「破壊的衝動」を封じてきました。
しかし時は流れ、
すでに多くのミズチが「望月」どころか「弦月」すら持たなくなってくると、
多くの者が「感情崩壊」を起こすようになります。

蛟があれほどまでに規則を守り、
厳格に己を律しているのは、
外側から二重の戒めをすることにより、
破壊的衝動を抑えることにありました。



一族の棟梁である九頭龍は焦っていたのです。
彼はコインとの単独交渉に乗り出します。
コインの出した条件とは?
そして九頭龍が承諾したものとは一体・・・・・?






いろはは「首謀者」である九頭龍を倉に押し込め、
泉姫候補である主人公と百歳を連れ帰ります。
そこに蛟の姿はありませんでした。
彼は九頭龍が招いたこととはいえ、
自らの未熟さが招いた結果としてこの事態を重く受け止め、
九頭龍と共に沙汰を待つとこの地に留まったのでした。















翌29日----------。
斧定から報告を受けた理事長は一つの決断をします。
それは蛟の粛清でした。





抵抗する主人公。
しかし決定は覆りません。
彼女は蛟が悪いのではないのだと、
すべては五斗であり、
数斗の一人、コインであり、
彼について目覚めることの出来ない泉姫候補である私のせいなのだと、
必死に懇願しますが、
決定は打倒なものだとにべもないいろは-------。




それが唐紅のシャクには触ったようですね(^▽^;




実はいろは、
鬼札が蛟を選んだ時から、
密かに彼の存在を忌々しく思っていたようです。
もちろん? 札の決定は絶対ですから、
蛟の粛清同様、覆ることはありません。

しかし・・・・・・、
唯一覆ることがあるとしたら?
それは鬼札の選んだ蛟がなんらかの理由で華詠ではなくなることです。





蛟の粛清は、
いろはにとって願ってもないチャンスでした。
自らの「感情」を悟られることなく、
主人公を取り戻せるかもしれない。
そんないろはの姑息な感情を、
唐紅は見抜いていたのです。





邪険にされても、
勝手な振る舞いをされても、
優しくされなくても、
恐い思いをさせられても、
ただひたすら、蛟を慕う彼女を、
忌々しく思っていただろう、いろは。


唐紅はそんな彼を鼻で笑うんですね(^▽^;


正々堂々、恋敵を殺害する理由が与えられたいろはに対して、
「素直になれよ」と----------。










華遷国立学園の中でも、
最高峰の詠み手である、華詠。五光----------。
5人のうち4人までもが、
彼女をひたすらに欲し、狙い、足掻いている。
泉姫候補である彼女に「選ばれた」蛟の態度に、
苛立ちを感じていたのは唐紅だけではなかったのです。



斧定は彼らの、
歪んだ一端を見ることに成功しています。



来る者拒まず、去る者追わずw
寄ってこない女には興味のなかった唐紅。
誰にでも優しかった姫空木。
そんな彼らですら、
隙あらば蛟の首をはね、
己のうちに彼女を取り込もうとやっきになっている。

特に姫空木はいかにも蛟の味方であるフリをしつつ、
それでいて、
いろはが命じられた「粛清」に対し唇に笑みすら浮かべているのです。








~~~~~~(^▽^;








誰が恐いって、姫空木が一番恐かった(苦笑)
唐紅の諦めきれない恋心は、
なんともかわいらしい一面があるなぁとほんわか♪したものですが・・・・、
姫空木は完全にコレ、ヤンデレだろっwwww
彼が驚いた立ち絵って、
その名の通り「タチ」が悪かったんですが、
(ヤンデレそのものだったwwww)
期 待 を 裏 切 ら な い ヤ ツ だ な っ wwww



またこの一件で、
いろはへの見方が変わりましたw
そっけなくて無造作で、
蛟以上に厳格なイメージのあったいろはw
その数々の行動が全て主人公を想っての行動だったとしたら?
これ以上いヤツもないw













30日の深夜-----------。
彼女は百歳に囚われたまま、
部屋でまんじりと月が昇るのを見つめていました。


綺麗な「望月」。
そして彼女は決心します。
蛟を助けに行こう。


泉姫候補としての資格を失っても、
学園を追われる結果になったとしても、
蛟を助けたい。
蛟のそばにいたい。
ただそれだけの為に扉を開きます。








このイベントでイキな計らいをしているのが百歳♪
彼女は主人公の「真意」を知って、
百歳は見張りを命じたタネとカスに、
「彼女が出てきたら逃してあげて」と言伝をして、立ち去っているんです(T▽T)
主人公を見る目がどこか寂しそうだったのは、
コレが理由だったんですね。

もし、彼女が部屋を出てしまえば、
彼女の「泉姫候補」としての資格は剥奪されるだろう。
そうすればもう華園にはいられない。
共にあることが出来ない。
そのことを予見して、百歳は寂しそうに笑ったのです。










一方その頃、
蛟も同じ月を眺めていました。
綺麗な満月。
その光が差し込む倉に向かい、
彼は自身の思いを告げていました。





蛟は恐かった。
自らの内なるミズチの血が。
衝動的な感情の爆発が、
彼女を壊してしまうのではないかと、
ひたすら恐かった。

図書館で、
操られていたとはいえはっきりとこの目に焼きついた少女の瞳。
怯えた瞳が涙がにじみ、
その奥には飢えた雄を色濃く写した浅ましい弦月があった。








あんなことになるくらいなら、
彼女を泣かせてしまうくらいなら、
じっと、耐えている方がいい。
誰かのものになったとしても、
彼女が笑っている方がいい。


本当に?
本当に?


本当に自分は、
誰かも知らない男の隣で笑っている彼女の笑顔を、
守ることが出来るのだろうか?
本当に---------?












そこに主人公登場ですよっ!!
蛟には猫にまたたび、
わんこに骨
ですよねっ!!(>▽<)
おまけに「泉姫候補なんてどうでもいい」
「貴方と共にありたい」なんて言われては・・・・っっ!!
蛟じゃなくても美味しくいただきたいですなぁwwwww



ハアハア言いながらw
息もつかせないほど強引な口付け。



もう、我慢しなくていい。
もう、押し殺さなくていい。
彼女が受け入れてくれるとわかった途端、
このアリサマですからねっ!!!
どんだけムッツリだったんだって話なんですよっ(^▽^;










この後の展開はもうお笑い一歩手前!!(>▽<)
だってコインに操られた九頭龍を粛清したところまではよかったものの、
彼が息を引き取るシーンとか、
主人公とイイ感じになって、
まさに二人の為に世界はあるの~♪」状態で、
周りが見えていない彼らに対し、



「もしもし? まだワタシいるんですけど?



的、英口調で言われてしまうとっ!!
爆笑です(^▽^;
かわいそうなコインwwww













けれどなんだか・・・・・、
可哀想でしたね(-.-;
九頭龍が一族すべての命を差し出してでも蛟に「望月」を与えたかった理由。
娘に「弦月」しか与えられなかった自らの責任だと思いこんでいた理由。
それがまさか、
九頭龍自身が「幻月」持ちだったとは・・・・・っ!
思いもよりませんでした~(^▽^;



そうだよね、
「幻月」である自分が頭領になった時から、
一族すべてを欺いて生きてきたわけで、
その子は運良く「弦月」持ちが生まれたからよかったけれど、
そこから「可能性に賭ける」という曖昧な方法で、
蛟に「望月」を求めるだなんて、
土台無理な話だったわけです(-.-;



泉姫に目覚めた彼女はコインと水妹である露吹を倒します。
が、その勝利はあまりにも苦いものでした。
彼らの去った後、
「自ら望んで」死出の旅路についた九頭龍。
彼とコインが交わした契約は破棄され、
残ったのは一族の遺体のみ-----------。
それを蛟は一言も漏らすことなく、
ただ黙々と室内に運び入れ、弔ったのです。
それがミズチ一族の頭領として、
さも当然であるかのように・・・・・・・・・・。











死と、生と。
彼には再び、いろはからの「粛清」が待ち構えています。
その時、彼女はどうするのか?
彼女と対峙したいろはは、
どういった決断を下すのか?



こうご期待っ!!!!



・・・・・かな?(^▽^;


スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/860-81f6a87b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

華アワセ、蛟終了w «  | BLOG TOP |  » 祝☆発売!

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (91)
映画 (32)
CD (16)
漫画 (7)
本 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (48)
殻ノ少女 (12)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (180)
Polska2006 (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française2009 (8)
Türkiye2013 (14)
Russian Federation2014 (9)
Czech Republic2015 (26)
China2010 (7)
England2018 (28)
Israel (2)
Tâi-oân2020 (11)
国内旅行 (265)
京都 (30)
大阪 (2)
奈良 (13)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (7)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (8)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (14)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (9)
宮城 (2)
岩手 (3)
青森 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (118)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (53)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (5)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (73)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (105)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (30)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (2)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)
エスカ&ロジーのアトリエPlus (3)
殺し屋とストロベリー (9)
ルーンファクトリー4 (21)
SWEET CROWN~午前三時のオカシな道化師~ (15)
悠久のティアブレイド-Lost Chronicle- (2)
神凪ノ杜~五月雨綴り~ (1)
Vamwolf Cross† (1)
Believer! (1)

検索フォーム