FC2ブログ
topimage

2020-04

二人の「蛟」 - 2013.03.19 Tue

相変わらずPC「華アワセ」攻略中ですw







平日にも関わらず本作が進められるのは、
テレビ見てる合間とか、
何かしている合間とか、
そんな隙間時間でレベルupを図れるからだと思いますw








現在Lv.5!!!(笑)
再び挑戦してきたラブミーもざいく野郎を、
僅差で撃破してホッと一息といったところでございます(^▽^;

こっちはなんの補助もないのに、
向こうは百歳が水妹についてるとかねっ!
酷くないですか!?(泣)

体力53、攻撃力50、防御力53、
スキルはどうやら26で打ち止めらしいw
序盤戦はいい感じで進んでいくのだが、
百歳がサポートに入った途端!
威力倍増とかねっ!!!
ありえないからっ(>_<)










華園へ二度に渡ってうつろひを送り込んできた人物。
それが五斗の仕業と睨んだ蛟の「庇護」を受けるようになって二日目の17日。
唐紅は拾ったという小瓶を彼女に渡し、
意味深な言葉をつぶやいた。


言葉の意味が理解出来ないまま、
彼女は蛟の待つ図書室へと急ぐ。
夕暮れ時、
穏やかな時間が流れる中、
自習していた主人公は不意に周囲が静かなことに気がついた。
人気がないのである。


今まで少なからずいた生徒達が、
一人残らず消えてしまっているのだ。
よぎる不安を打ち消すかのように見上げた蛟の瞳は、
見た事もない色に揺らめいていた。









こりゃ年齢制限かけたくなるわ(^▽^;









爆笑でしたね~(>_<)
あの! 蛟がっ!!!(笑)
主人公に襲い掛かっているんですよっ!!!!
おまけにキスどころか首筋にキスマークとかっ!!!
スカートの中に手を入れるとかっっ!!!!
いやいやマテマテw
これ全年齢でしたよね(^▽^;
いいのか!? いたいけな12歳とかが買ってもっwww







下腹部に蛟の骨ばった指先を感じた時、
悲鳴に近い声で叫んだ彼女の声を聞きつけたのが、
誰あろういろはです。


彼は「泉姫候補」に今尚覆いかぶさろうとする蛟を「吹き飛ばし」、
ぼかすか☆殴っているんですね(^▽^;
こわ~www
冷静な男ってキレると恐いんですねwwww


当初は蛟に乱された服を握り締め、
怯えていた彼女でしたが、
感情のままに殴りつけている(ように見える)いろはに対し、
蛟を庇って立ちふさがるんです。
いろはは怒るんですね~(>_<)
「君は何をされたか・・・・、解っているのか・・・っ?!」ってw







図書館に「戻って」くる生徒達。
しかしその姿はすでに華園の生徒ではなくなっていました。
いろはは蛟共々「粛清」の対象として札を構えます。
そんないろはを抑え、
彼女は葵の時と同様、彼らを救おうとします。

意識を失い、
主人公に襲い掛かり、
いろはに散々殴られた蛟を立たせ、
華アワセをさせる主人公。



酷 く な い で す か ???(笑)



なんか可哀想でしたよ(^▽^;
ぐーったり☆してンのにさぁ(爆笑)








華アワセは無事成功し、
図書室にいた生徒は蛟も含め、一命を取り留めます。
いろはは事の次第を理事長に報告、
三度目のうつろひ侵入とあって、
さすがの金時・阿波花も次の一手を高じずにはいられません。
二人から下された決断。
それは「花伐」でした。








花伐とは?
華詠候補、
水妹候補達が堕ちた深い闇。
仇花の「討伐」を指します。

仇花達が集っている場所、
「五斗街」の存在を始めて知った主人公は、
同じく仇花を束ねる五斗の存在。
彼の手足となって働く数斗の存在を知ります。

華園の「結界」を難なくクリアし、
うつろひを生徒達にけしかけられるほどの実力を持った仇花。
それにどの数斗が関わっているのか?
仇花を刈ることでそれをあぶりだそうというのが目的でした。
しかし・・・・・、





この掃討作戦には、
もう一つ「おまけ」がついていました。





主人公が学園に来て17日。
「鬼札」を携えやってきた彼女に「泉姫候補」の立場を与え、
華園での生活を保障したのは誰あろう理事長です。
彼らはいつまでも「候補生」をやしなっているつもりはありません。
彼女には一日も早い「泉姫」としての「覚醒」が急務となっていました。
そこで彼らは荒療治に出たのです。
花伐の間に彼女が泉姫として「覚醒」しなかった場合。
彼女の「候補生」としての立場を剥奪し、
退学処分とすることが言い渡されます。


花伐において行われる「華アワセ」。
学園内でも行われる「華うつし」とは異なり、
命のやり取りが生じる危険な競技に参加する上、
奪うのは人の命---------。


そんな重大な問題に直面するし、悩む間もなく、
否応無しに自らの立場を自覚させられてしまう主人公。








ところが理事長以下いろはも、
その先の「一手」を控えていました。
それが花伐にパートナー以外を選んでも良いという、
特別ルールです。








本来であれば、
泉姫候補である彼女の純潔を奪う。
数十年、数百年に一度という泉姫候補消滅を図った罪により、
蛟は粛清、または退学の対象となるはずでした。
それが襲われた泉姫候補自身の嘆願により、
かろうじて首が繋がったという状態にあった彼に、
もはや理事長も五光も信用を置かなくなっていたのです。


いつ何時、
また意識が奪われ、蛟が彼女を穢すとも限らない。


その危険性から、
花伐のパートナーに蛟を除外する進言があった訳ですが、
それをいろはの水妹である百歳が嘆願。
蛟は再び主人公の花伐パートナー候補としてこの場にいることを許されていました。










主人公は悩みます。

あの時の蛟の様子はおかしかった。
瞳の色は変わり、
眼帯は取れていた。
しかしそれを証明するモノは何もない。

唐紅だけは何かを知っているようで、
姫空木が渡した薬の中身や、
五斗街で目撃された蛟の情報などをぽつぽつ明らかにしています。




蛟が五斗街を女と歩いていた。




この言葉に姫空木は即時に否定しますが、
かといって唐紅が嘘を言っているようにも見えなかった。
五斗街で拾われたという薬の中身と、蛟の一族の「掟」。
それが今後のストーリーにどう絡んでゆくのか?
とてもキニナルところです♪♪♪














まぁ「蛟」編ですから?(苦笑)
やっぱりここは「蛟」を選ぶのが王道だろうってことで(笑)
蛟の部屋を訪ねたんですね?(^▽^;


百歳も、アイも、
相談に乗ってくれ、
色々助言もしてくれましたが、
最終的には自分自身で決めるより他ありません。


が、肝心の蛟はというと・・・・・・、
寄るな、触るな、くっつくな☆状態で(-.-;
花伐のパートナーには自分を選ばないで欲しいだの、
パートナーも解消したい様子をバンバン表に出して拒絶します。
しかしそれは主人公の方から遠ざかって欲しい。
彼女の判断として、自分を退けて欲しいという、
大変傲慢考え方に他なりませんでした。





だってそーでしょー!?(怒)
自分は彼女が好きで、
けど自らの手で傷つけたくなくて、
傷つけるくらいなら、
遠くから見るだけでもいいから笑っていて欲しくて・・・・・・・。
けど自分からは離れられなくて・・・・・・・っ。


それってどーなの!?(^▽^;
えらい他力本願なんじゃないの!?
自分でゆったら角が立つから、
離れるよう、別れるようもっていくなんて、
イマドキの別れさせ屋のようなやり方通用しなくてよっwww


それになんたって初恋ってのは面倒なモノなんですよ(-.-;
前例がないワケですからねぇ・・・・(滝汗)
とかく突っ走ってしまうモノなんですっwww
おまけに二人共ということであれば、
威力倍増中w
もうダメですね(爆笑)










彼女は蛟のことがよく解っていて、
彼が折れないなら自分が・・・と、
精一杯の行動に出ます。


あの日、
あの図書館で、
彼がつけた「跡」に再び唇を重ねることを強要するのです。


嫌いじゃないと、
恐がっていないと、
一緒にいたいのだと。
不器用な主人公がありったけの勇気を総動員してぶつけた思い----------。
いや~、かわいかったですね♪♪♪





おまけに蛟だってさぁ~w
まんざらでもない顔でさぁ~ww
やっぱりアレですか?
待ってたんだろチックな?(苦笑)
唐紅先輩にあれっだけwむっつりだって言われるわけですよ(-.-;
本当ですよwwww













順当に花伐を行う一方で、
蛟はいろはから受けた叱責を忘れてはいなかった。
彼は「大罪」を犯したのである。
彼女が蛟を慕えば慕うほど、
彼は彼女から離れてゆく・・・・・・。
それは一重に、
彼女を穢すことのないよう自らに課した「予防線」であった。





その片鱗を見るエピソードが、
阿波花とのやりとりですね(^▽^;
廊下で出会った阿波花は、
彼女から立ち上る「芳香」に目を見張ります。
それは彼女が間違いなく泉姫候補であり、
水妹としての「水」が、
他のそれとは比較にならないほどの甘い香りを帯びていることに他なりませんでした。

阿波花は僅かな懸念と大きな危惧を残しています。
それほどまでに彼女の発する香りは強く、
またきついものであった為、
華詠として絶大な力を誇る五光であっても、
誘惑は免れないものだと改めて認識したのでした。





と、いうことは・・・・・・・、
華詠候補や仇花は、
彼女の「香り」に誘われ姿を現しても不思議ではありません。
香りに誘われ、己の内にある闇に堕ちても、
無理からぬことでした。
もしかしたら学園にうつろひが紛れ込んだのも、
五斗が関わっていることは間違いないが、
彼女の存在にも原因の一旦があったのかもしれません。





阿波花は彼女の耳にかじりついたり、
舐めたりして緊張を緩和させながら、
きっと、そんなことを考えていたに違いないのです。
だとしたら・・・・・・・・、





なんだか蛟がかわいそうになってきましたね(^▽^;
彼にはもしかしたら罪はなかったのかもしれない。
入園当初ならまだしも、
その後、彼女を守るという名目でつきっきりでいたわけでしょ~お???
そりゃ健全でいろって方がむしろ不可能ってヤツですよwwww
生徒とは一線画した場所にいた理事長ですら気がついたのですから、
いろはは当然、気がついていたものと思われます。
だからこそ彼は早いうちに蛟に釘を刺し、
その後は強い拘束力を持って彼を戒めたのでしょうから(苦笑)










とはいえ・・・・・・・・・、
「あの」いろはと、
「この」蛟でお茶会だなんて・・・・・、
百歳は勇者だなぁ(^▽^;
しかも甘いモノが大好き♪いろはが主人公の作ってきたマカロンを、
ほとんど一人で食べちゃうとかね(笑)
え~らい冷酷なイメージのあるいろはですが、
案外☆かわいいところがあるんですねぇ(苦笑)


しかしここでもいろはと蛟は声を揃え、
主人公をパートナー以外何者でもないと公言しています。
それはいろはにとっては蛟への「警告」であり、
蛟にとってはいろはへの「宣誓」だったのでしょう。
何度も繰り返すことで、
再び、あのような「不祥事」を起こさないと誓っているのです。


そんな男性陣の繊細な思いなどどこ吹く風w
落ち込む主人公を百歳が慰めているとか、
かわいいですね(^-^)
ところで百歳さんの声って水島大宙氏なんですが、
段々女性の声に思えてきましたwww
脳内返還バッチリ☆です(^▽^;















24日目、
斧定先生から花伐中止の連絡を受けた彼女は、
特別ミッションを与えられる。
それが鴻鵠組二年、ある男子生徒の動向であった。

彼は主人公が入園時、
温室でうつろひに取り込まれた一人であったが、
その折の質問をしようとするとうろたえるのだという。
あれこれ手を尽くしてみたものの、
どうにも尻尾をつかませない。
そこで白羽の矢を立てたのが彼女w
女になら気を許すだろうというなんともいい加減な理由で、
蛟と彼女は男子生徒の下へと向かった。





彼が語った言葉。
葵に電話してきた相手。
スーツ姿の長髪の男---------。





「謎」というオブラードに包まれているそれを、
一枚一枚はがすかのように問いただす二人に対し、
男子生徒の様子が変化する。
闇に取り込まれ、うつろひとなり、
ついには粛清され、霧散していったのである。
彼は「枯れて」いた。
もうずっと前から、
ただこの日の為だけに生かされていたのだ・・・・・。










甘え下手な主人公が、
蛟に甘えさせる為だけに、
必死に甘えようと努力しているところがかわいいですね♪

確かに目の前で人が「消える」という現象は、
恐かったのだと思います。
しかしそれ以上に彼女は蛟のことが気になっていた。
いつもの蛟と、
見たことのない蛟。
それはまるで唐紅に襲われた日を彷彿とさせる、
男の、雄の匂いであった。





不器用ながら寄り添う彼らの前に、
五斗の手が忍び寄る。
彼は数斗の一人を使い、蛟の夢へと紛れ込む。





一族の中での自分。
完璧を演じている自分。
その自分に尊敬の念を抱いてくれる主人公。
しかしそれはすべてがまやかしで、
実際には精神安定剤を手放せない、
危うい精神の下に成り立っている自分。
そして・・・・・、





男として、彼女を守りたいと思い、
雄として、彼女を抱きたいと思う。
その狭間で揺れ動く心の機微を、
数斗は見逃さなかった。





「・・・君に・・・、こんな自分を、知られたくない・・・・っ!」





スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/859-0c02210b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

祝☆発売! «  | BLOG TOP |  » 殺人事件発生?

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (89)
映画 (30)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (48)
殻ノ少女 (12)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (179)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (2)
Tâi-oân (11)
国内旅行 (263)
京都 (30)
大阪 (2)
奈良 (13)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (7)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (8)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (9)
宮城 (2)
岩手 (3)
青森 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (53)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (5)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (73)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (105)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)
エスカ&ロジーのアトリエPlus (3)
殺し屋とストロベリー (9)
ルーンファクトリー4 (1)
SWEET CROWN~午前三時のオカシな道化師~ (7)
悠久のティアブレイド-Lost Chronicle- (0)
神凪ノ杜~五月雨綴り~ (0)
Vamwolf Cross† (0)
Believer! (0)

検索フォーム