FC2ブログ
topimage

2020-07

ローマの青い空2012~三日目~ - 2013.01.16 Wed

2012年12月30日、晴れ(笑)
いつも通り午前6時30分、起床。
7時30分、ホテルを出る☆
が、今日は朝食を取らない!
ポルタ・ボルテーゼの蚤の市に行くためだ。





ポルタ・ボルテーゼ。
別名「泥棒市」とも呼ばれるこのイベントは、
毎週日曜、トラステヴェレ地区で行われているらしい。
約2kmにわたって屋台が出て、
品物はまぁ・・・、それなりらしいが一見の価値はあるらしいw


せっかくなので行ってみようと思ったわけだが・・・・・・。
つまるところ、心配なのはトイレでね?(真顔w)
トラステヴェレですから、
観光客もそう多くない地区で、いわゆるローマの下町でw
トイレなど、なかなか探せそうになく、
かといって朝一番ではバールも開いていそうになくて(T▽T)


仕方ないから前日から水を抑制し、朝食も諦め、
とかくそういった事態にならないよう気をつけての出発だったワケ☆










ホテルのあるパンテオンからトラステヴェレまで、
地図上では案外遠く書かれているが、
歩いて歩けない距離ではない。
何より石畳のローマが朝焼けに輝いて、
見るもの見るもの、すべてが珍しく。


20121230-1


街路樹は頭を垂れるかのように水面を向き、
それが一面、黄金色に色づいて綺麗だったらっ!!(>▽<)








で、ですね?(^▽^;
蚤の市自体はどうだったかというと・・・・・・・・・・、
行かない方がいいと思います!(キッパリ☆)
朝8時過ぎには着いたのですが、
まぁ門をくぐってしばらくは面白いんですよ。


20121230-2


シャツが1ユーロ、コートでも5ユーロとかねw


20121230-3


けどお目当てだった「食材」は数えるほどしか売られていなかったし、
毎度御馴染み、褐色の肌をしたアヤシゲな御仁が、
これまたアヤシゲなバッタモンをひっさげ、
幅をきかせているもんだから、
なんだかガッカリ☆

ここでも警察が目を光らせているらしく、
幾つかの屋台は営業証明書を提示するよう求められてた☆
そういった「治安」の意味では、
女性が一人赴いても大丈夫な場所です(苦笑)








蚤の市周辺のバールは地元民と観光客で一杯☆
入れたモンじゃないし(^▽^;
午前10時近くなるともう歩けないくらいの人が出てきて大変!!
とにかく一度、門まで戻ろう!と、
クルリ方向転換したまではよかったのですが・・・・・・、





ここ、ドコ?(笑)





迷子になってしまったのだ!
周囲はドコも同じような風景をしているが、
明らかに元来た道とは違うっ!
こんな骨董品ばかりを扱っている通りではなかったし!!

半ベソ状態(笑)で歩き回ってると、トラムが見えてきた。
行きの道で見たトラム。
と、いうことはその沿線沿いなのだろう。
必死で地図を見る。
すると・・・・・・・・、





「どうした?」





一人のおじいさんが声をかけてきた。





「道に迷ったんです。ここはどこですか?」





地図を見せる。
しかし運悪く、地図は日本語表記(笑)
おじいさんはウンウン唸りながら、
現在地を探してくれる。
そしてようやく分かったのか、アレコレ説明をしてくれるのだが、
伊語なんでさっぱり分からない!!(爆笑)





「とにかく、門まで戻りたいんです」

「?」

「ゲート、ゲート!」






ああ、と。おじいさんはようやく理解したようで、





「この道の先、一本目を左に曲がるんだ。
 その道をまた左に曲がれば門に出る」

「この先を、左?」

「そう、左だ」

「ありがとう!!」






感謝して、感謝して、感謝して!
お礼を山のように言って別れた(笑)

おじいさんの言葉は正しく、
十字路を左に曲がり、川沿いを再び左に曲がると、入口の門に出てくる。
ほ~っと、力が抜けたw
途端に、お腹がすいてきた(笑)
入口あった出店に向かい、パニーノを注文する。
4ユーロw ちょっと高いが、お祭り価格なんだろうなぁ~(-.-;





「ケチャップ? マスタード? マヨネーズ?」

「?」






どうやら中につけるモノ?
ソーセージでお願いしたのでとりあえず赤いのを指定w
すると手際よくソーセージを焼き、
パニーノにはさんでグイと鉄板に押し付けた。
パリッして中はジューシー(笑)
ぺったんこ☆になっているので食べやすい♪


20121230-4


結構な大きさだったが、とりあえず全部食べる!(>△<)
なんか随分足下がフラつくなぁと思っていていたら、
お腹がすいていたからだったのね(^▽^;
そういやフランスでもこういうことがあったっけ☆
昨日買ったキットカットを持ってくるんだったよ(苦笑)















ポルタ・ボルテーゼを出て元来た道を後帰ると、
サン・フランチェスコ・ア・リーパ教会がある。


20121230-5


訪羅馬最初の時、
サンタ・マリア・デッラ・ヴィットーリア教会にある「聖テレジアの法悦」を見て驚いたものだったが、
この「福女アルベルトーニ」もまた素晴らしかった。
が、残念なことに撮影不可(苦笑)
最近こういうところが多いなぁ(T▽T)
仕方ないのでここでもカードを購入☆
カードにするんだからもちょっと光の加減とか、画質とか
良いモノを作って貰いたい(号泣)


20121230-6
(「福女アルベルトーニ」以外は撮影可w)










教会を出て、人生初! トラムにチャレンジ!(笑)
今までローマでは地下鉄のみで、
トラムはおろか、バスにも乗ったことがナイ(^▽^;
まぁそれはこと乗り物に関してのみ究極の方向音痴だからなのだがw
とにかく「足」二本! 脚力勝負な旅を遂行しているwww
そんな私だったが・・・・・・・・、



満・員・御・礼☆



の、トラムにギュウと詰め込まれる(T△T)
満員電車はとかくスリには好都合なシロモノ☆
取られてなるものかと必死に鞄をガード!
すると戸口にいた褐色の肌をした男性がさりげなくサポートしてくれる。
「?」と思わず上目遣いに見ると疑われたと思ったのか苦笑い。
いやいや、大丈夫☆ありがとう!
結局一駅でダウンし、男性にはお礼を言って降りたw
で、気がついたのだが・・・・・・・・、



無賃乗車じゃね?(驚)



最近は無賃乗車に対する規制が厳しくなっていると聞く。
1回券であるBIT(1回券)は1ユーロから1.5ユーロになり、
昔、土産代わりに買ってきたBIG(1日券)は4ユーロから6ユーロに跳ね上がった(T▽T)
トラム内にある黄色い機械に通さねばならなかったハズ・・・・、が・・・・、



満員で、そこまで行き着けなかったとかね!?
そんなモンです(-.-;


20121230-7
そして無賃乗車してしまったトラムは去ってゆくw












再び歩き出すw
某ブログで紹介されていた隠れ家的本屋「BIBLI」を探すが・・・・・、
ない(T▽T)
来年まで持ち越しかぁ~w
探して捜して、捜しあぐねて・・・・・、
行き着いた先がサンタ・マリア・イン・トラステヴェレ教会w



古い教会らしいのですが、
あまりにも古すぎて何が何やらさっぱり分からないw
しかし天井のモザイク画はここが一番すごかったかも(^▽^;


20121230-8


一度は行ってみたいトルコ、イスタンブールのアヤソフィア。
アレもこんな感じなのかな?
本当にこんな時代(教皇カリストゥス一世<在位217-22年>)にこれだけのモノが建てられるなんて・・・・・・、
開いた口もふさがらないというものw
(実際には十二世紀、 
 教皇インノケンティウス二世が再建した後、
 十六世紀から十八世紀にかけて内装工事されたモノが残っているのだと思いますけどねw)


20121230-9


これからミサが始まるのか、
信者さんは沢山座っておられるし、
係員の方はあれこれ準備に奔走した挙句、
鉄製のポールを倒して派手にガシャーン☆



思わず手が出ました(^▽^;



何も出来ないと分かってはいても、
ついウッカリ☆手を出してしまうものデス(苦笑)
そのうち荘厳なるパイプオルガンの音が辺りを埋め尽くし、
いよいよ始まるのか!?というところで退場w
邪魔したくないですしねぇ(^-^;


トラステヴェレはローマの下町というだけあって、
随分地に根付いた風貌をしている。
ロマは転がっているし、壁の色も色が濃いみたいw
次に来た時にはゆっくりこの辺に宿をとって、のんびり歩いてみたい♪













トラステヴェレを出て、
小説「天使と悪魔」でラングドンが収容されたティベリーナ島を歩く。


20121230-11
(映画の中には登場しなかったがw)


20121230-10


サン・バルトメオ教会はミサの最中で拝観不可(泣)










ファブリチョ橋の上でチェロを弾く女性に会う。



色んな場所で色んな「音」を聴いたけど、
この人が一番、上手な感じ。
一度は通り過ぎるが、思いなおして欄干に背を預け、聴き入る。
重厚な音、暖かな、秋口かと疑うような日差し。抜けるような青い空。
人々のさざめき、枯れた落ち葉が足元でカサカサとなびいて・・・・。
贅沢なひと時♪♪♪


20121230-12


二曲終わったところで、1ユーロを投げ込みお礼を言う。
女性は弓を操っていた表情からは想像もつかないほど穏やかな笑顔で、
「グラーツェ」と言ってくれた。







ちなみにこの手の楽器に使用される「弓」。
楽器についている「弦」を弓についている毛でこすって音を出すらしいのですが、
弓道に通じるモノが多くあって思わずほくそえんでしまった(^▽^;


「弓」につく「毛」を代えたら、
「松ヤニ」を塗らないと音が出ないらしい。
弓道では「弓」についている「弦」を引く為、
「カケ」というモノが必要になってくるが、
(鹿の皮で作った手袋)
これも新しいカケを買った際には、
引き手の部分に「松ヤニ」を塗ってならす必要があり、
また、定期的というか、弓を引く際にも「ギリ粉」と称して利用したりする。
面白いなぁ♪










「ゲットー」跡地に立つ「シナゴーク」を横目に、
アレア・サクラまで戻ってきた。
ここは紀元前44年3月、
ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)が殺害された現場。
有名な「ブルータス、お前もか・・・っ!」のセリフはここで発せられたというが、
史実的にはつじつまの合わない部分も多いらしい(笑)
多分、別の場所で殺害されたと思われ(以下自重w)





アレア・サクラは現在、ぬこの保護地区となっています。


20121230-14


敷地内に入ることは出来ず、内部はぬこの楽園といった風w
寄付金でボランティアの面々がぬこの管理をし、
ぬこは真昼の暖かい日差しを浴びて気持ちよさそう♪
そして人なつっこく、近くに寄ってもこのアリサマ☆


20121230-13


触らせてくれるし、
写真撮らせてくれるし♪
まさにぬこ好きにはたまらない施設となっております(^-^)















そして!!
この度最大級でお薦めしたいのがこのお店!



20121230-17
Il Fornaio
5 Via dei Baullari,Rome,Italy



ナヴォーナ広場のすぐ下にあるこのお店は、
映画「魔女の宅急便」でキキがいた『ぐーちょきぱん店』を地で行く雰囲気♪♪♪


20121230-16


棚に焼きたてのパンが並び、
それを素手でガンガン紙袋に詰めて渡していく。
ショーケースに入れられた茶色いスィーツと、
ウィンドゥに並べられた長いピザ(笑)


20121230-15


店の前にはこのピザを買い求め、
その場で食している人が黒山の人だかりを作っています。
また店内は正直「入ることが出来ない」ほどの繁盛ぶり(^▽^;
この扉の中にもぐりこもうとするのには勇気が必要w
私も何度かくじけそうになりましたが、
母の大好物がウィンドゥに展示してあったのを見て一念発起!
小さい体を武器にして、
姿勢低く、「ビアだるか!?」っておっさんをかきわけ店内に潜入☆





また潜入を果たしたところで上手くいくはずもなく(笑)
「次は俺だ」「いや、私よ!」と腕を振り上げ叫ぶ西洋人に埋もれて、
「スクーズィ!」を連呼しなければ店員さんは目もくれません!

店員は女性が3人ほど、
バックに幾人か見えましたが、
これがまた小気味良いほど手際がいい(苦笑)
来る人来る人、
ちぎっては投げ、ちぎっては投げw
手早くはかせてゆきます(^▽^;

放置されているのをよいことに写真をパチリ☆
フラッシュが出てしまった為上手く写りませんでしたが、
それでも雰囲気は味わっていただけるかと♪








ようやく店員さんと目があって、
「何!?」と聞かれてドギマギ☆
何しろ伊語が出来ないわけで・・・・・・、



「あれ、あれっ!」



とにかく指を指すw
一番上の棚、右端に「山」と詰まれた砂糖菓子☆


20121230-18


コレが母の大好物♪
以前はヴァチカン近くのバールで販売していたが、
今年は残念ながら作っていないらしい(T▽T)
一昨年のモノより0.5ユーロほど高いが、その代わりデカイ!
そうだなぁ~・・・・・、成猫が丸まったくらいあるw





「いくつ!?」


叫ぶような声w


「5つ!」



ん? まてよ? スーツケースに入るかな?



「待って待って! 4つ、4つ!」





お姉さんはそれこそ器具を使うこともなく、
わしづかみにして紙袋にほおりこむと、
くるくるっと口を丸めてポイッと渡してきたw
多分、キャッシャーはこの後ろ背にいる女性なのだろう。
しかしレシートも何もない状態で、
ただ「会計に行け」と言われても・・・・(>_<)

クルリ踵を返し、
何とか支払おうとする(^▽^;
とりあえず、6ユーロなので10ユーロ札を出すが、
「何を買ったの?」と問われても・・・っ!(>_<)





「コレよ、コレ。4つね!」





さっきのお姉さんが助け船を出してくれた♪
端っこにあった砂糖菓子を買ったということは、
店の端っこ、奥の奥まで入り込んでしまったというコトで・・・・・。



つまり、出るのが大変なんだなw



ぎぅぎぅになりながら、
間口のせまーいw扉までゆうに数分(-.-;
おかげで美味しいお菓子が手に入りました♪
来年も是非ここで購入したい(^▽^)















ナヴォーナ広場まで戻ってくると珍しいモノを見つけた。
ホットワインだw


20121230-19


暖かいワインがある・・・というのは知っていたが、
日本にいると飲む機会には恵まれないw
せっかくなので飲んでみる・・・・ん・・・だけど・・・・・・。



いっ!
おまけにいwww
どうやら生姜を一緒に煮込んであるらしいんだな(^-^;
がーっつり☆カタマリで入っていたし(-.-;
ひーひー言いながらプラスチックカップに一杯飲み干したんだけど・・・・・・・、



ダメ、ね(苦笑)



どうもお酒に弱くなってしまったらしく、
フラッフラになりながらホテルへの道を辿る(T▽T)
途中、ぞ~さんのいるサンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会へ入ったのだが、


20121230-20

20121230-21


どうも何かの決起集会があったかしてすごい人だったw













ホテルで少し休んだ後、ジェス教会へ向かう。


20121230-22


ここは日本人なら誰しも一度は、
歴史の教科書で見ただろうフランシスコ・ザビエルの手が埋葬されていることで有名☆



20121230-24
(この右手が戦国時代の日本人に洗礼を授けた)



彼は布教の為、日本を訪れた後、印度のゴアで没しているが、
右手の一部だけローマに戻ってきたらしいw
手は当たり前のことだが干からびていた(^▽^;















映画「仮面の男」でも有名なイエスズ会w
この教会はアレッサンドロ・ファルネーゼという人が一部出資して立てられている。
の祖父は教皇パウルス三世。
漫画「チェーザレ~破壊の創造者~」でチェーザレ・ボルジアと兄弟同然に育ち、
彼(チェーザレ)の父、アレクサンデル六世(ロドリーゴ・ボルジア)の愛人となったジュリア・ファルネーゼは、
パウルス三世の妹にあたる。





昨年末、メディチ家の史跡を訪ねてフィレンツェを訪れた。
その姿が今、
ボルジア家を通して眼前に現れている。





イモラのミョウバンの巡って1478年起こった『パッツィ家の陰謀』。
事件の黒幕と目されたシクストゥス四世。
殺害しそこねたロレンツォ・メディチは、
娘マッダレーナを次代の教皇、インノケンティウス八世の息子(庶子)に嫁がせ、
次男を枢機卿にすることに成功。

ロレンツォが懇意にしていたボルジア家の「王」、ロドリーゴ・ボルジアは、
インノケンティウス八世の死後、教皇に立った(アレクサンデル六世)。

ロドリーゴの仇敵であったシクストゥス四世の甥、
ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレ枢機卿は、
ロドリーゴ・ボルジア殺害後(私的見解w)、
ピウス三世(在位は一月にも満たなかった)を経て教皇となる(ユリウス二世)。





ユリウス二世の死後、
217代教皇に立ったのがレオ十世。
あのロレンツォの息子ジョヴァンニ・メディチ、この時僅か37歳!
彼は『パッツィ家の陰謀』でシクストゥス四世に殺害された伯父、
ジュリアーノ・メディチの遺児を次代の教皇とした(クレメンス七世)。








シクストゥス四世(ローヴェレ家)、
インノケンティウス八世、
アレクサンデル六世(ボルジア家)、
ピウス三世、
ユリウス二世(ローヴェレ家)、
レオ十世(メディチ家)、
ハドリアヌス六世、
クレメンス七世(メディチ家)
パウルス三世(ボルジア家)。



赤貧とは程遠い、華やかな「宮廷」で繰り広げられる血みどろの戦い。
表立った血が見えないだけ、
悪質なのではないだろうか(苦笑)


20121230-23


その血の匂いをかき消すように、
豪奢で、
豪華で、
傲慢で、
荘厳な美しさを称える超一級の美術品達--------。
今尚、あざらかな光を称え、優美に微笑んでいるようだ。















ジェス教会を出て、
一昨年入ることが叶わなかったサンタ・マリア・マッジョーレ教会へと向かう・・・・・・、がw
あえなくダウン(>_<)
やっぱ昼間のワインが効いてるんだろうなぁ~(泣)


20121230-25


トラヤヌスの記念柱で折り返し、ホテルに戻ったのが夕刻w
せっかくローマにいるのに残念☆

スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/804-5179994d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ローマの青い空2012~四日目~ «  | BLOG TOP |  » ローマの青い空2012~二日目~

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (91)
映画 (32)
CD (16)
漫画 (8)
本 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (48)
殻ノ少女 (12)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (180)
Polska2006 (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française2009 (8)
Türkiye2013 (14)
Russian Federation2014 (9)
Czech Republic2015 (26)
China2010 (7)
England2018 (28)
Israel (2)
Tâi-oân2020 (11)
国内旅行 (265)
京都 (30)
大阪 (2)
奈良 (13)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (7)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (8)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (14)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (9)
宮城 (2)
岩手 (3)
青森 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (118)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (53)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (5)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (73)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (105)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (30)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (2)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)
エスカ&ロジーのアトリエPlus (3)
殺し屋とストロベリー (9)
ルーンファクトリー4 (21)
SWEET CROWN~午前三時のオカシな道化師~ (15)
悠久のティアブレイド-Lost Chronicle- (2)
神凪ノ杜~五月雨綴り~ (1)
Vamwolf Cross† (1)
Believer! (1)

検索フォーム