FC2ブログ
topimage

2019-09

ビラール終了w - 2012.12.04 Tue

PSP「ワンドオブフォーチュン~時空に沈む黙示録~」、
ビラール・アサド・イスナーン・ファランバルド殿下終了しました~ww







相変わらずコイツだけは・・・っ(
無印の時にも散々ヤキモキさせられましたが、
まさかⅡになって尚こんなことになろうとは・・・・っ!!












水の竜、ゼスより水の上級精霊クレーネを与えられたビラール。
彼は見事、彼女の信頼を勝ち取ります。
クレーネは名をリアンと変え、
彼と正式な契約を成したところまではよかったのですが・・・・・・・、


ゼスから聞かされた、ファランバルドの【呪い】は、
それ以上に重いモノでした。


今から50年前、
ビラールのいた時代から400年前。
ファランバルドの始祖とされたシャムス国王は、
かの地を納める多くの部族長の一人でした。
彼は砂漠のオアシスたるファランバルドが、
小さな小競り合いを続けてゆくのを、
文字通り、砂を食む思いで見つめていました。
そしてある日、
部族をまとめ、この地を一つの国家としてまとめることを決意します。
しかし・・・・・・・・・、








方法がマズかったよね(^▽^;


どんなに強いカリスマ性を持つ優秀な人物が現れたとしても、
それだけではトップの座につけないのは多くの歴史が証言しています。
よく言われることですが、
【実力】だけではダメなのです。
実力+何か? プラスアルファの要素がなければ、
歴史に名を残すほどの人物になることは出来ません。


ファランバルドの始祖たるシャムスは、
それを知っていたのでしょうか?
しかしそれを知っていたとしても、
彼の脳裏によぎることはなかったのかもしれません。
彼の眼前には、
今まさに、戦火に追われる民の姿しか映っていなかったでしょうから・・・・・。









彼は巫女を一人連れ、
ラムル・ザフルと呼ばれる【地上の楽園】を目指します。
かの地に住まうというドラゴンに、
自らの加護を願うためです。


ラムル・ザフルに住んでいたドラゴン、ゼスは、
彼の要求をあっさりと退けます。
それは【神】として当然の判断でした。








神は神として、
天にあり、
地にあり、
天と地の間に住まうモノ。
天と地を支える六柱の一つ。

その支柱を担う彼が、
【特定】の【何か】に対し、
【特別】を与えることはありません。
神の力というものはそれほどまでに大きく、
逆に【何か】に固執することなど、
許されることではありません。






しかしシャムスもまた、諦めませんでした。
彼は【神】の意向を知った上で、
【人】としての【意志】を明確にし、
【神】に【牙】をむいたのです。






剥がれ落ちる、一枚の鱗。
ゼスの怒りを買うには、それで十分でした。
シャムスはその鱗を奪い取り、
【神】の【力】を手に入れ、
人を、
人民を、
民衆を支配していきました。
巫女である従者の命を踏み台にして・・・・・・・・・。










ゼスの呪いは、
なにもファランバルド全土へ向けられたモノではありません。
彼の呪いはファランバルドの王族、
シャムスの血脈に向けられたものです。
つまり、
ファランバルドからビラールの一族が去ってしまえば、
ファランバルドは再び、緑のオアシスへと還ってゆくことが出来るのです。





思い悩むビラール。





確かにシャムスの行った行為は許されるものではない。
彼は水の竜、ゼスの鱗を得ようとしたのではなく、
【神】を、
【世界】そのものを思うが侭、操ろうとしたのだから・・・・・。
その過ちの大きさを、
その事実を、
四百年後に生きるビラールには痛いほど理解出来ました。



何か、手立てはないのか?
祖先の犯した過ちを、
その血に連なる自分があがなうことは出来ないのか?
ビラールはゼスに食い下がります。
呪いが解けるならば、自らの命にすら固執しないビラール。



普段、人と関わることをよしとしない水の竜は、
彼の言葉を一蹴しました。
穢れた人間の命など、
幾重に積まれたところで彼には何の価値もなかったのです。
しばしの後、ゼスは一つの回答を提示します。
それはビラールのもっとも大切に想うモノ。
呪いと引き換えに、それを差し出せというのでした。















ここからが・・・・・・・、ホントに辛かったですね(T△T)


ビラールのもっとも大切に想う【モノ】。
それがファランバルドの民であることは間違いありません。
しかしもう一つの手には、別の【何が】が乗っていました。
その二つを秤にかけた時、
ファランバルドの第二王子であるビラールがどちらを選択するか?
それは火を見るより明らかだったからです。






思いが通じ合ったと思っていた二人。
その思いを言葉にすることを、
形にすることを望んでいなかった二人。
しかし確実に、選択への時間は迫っていました。
そんな頃・・・・・・・、
ラティウムでは人と魔法とかぶつかる「ラティウム大戦」のが幕を開けます。
精霊達が住まう場所。
水の竜、ゼスの住まう場所まで立ち入ろうとする連合軍。
彼らを退けるべく立ち上がる主人公--------。


ほんの一瞬、
わずかな時間を稼ぐ為に無謀とも取れる危険な賭けに出た主人公は、
魔法規約を逆手に取られ、軍に捕縛されています。
軍に捕らえられた魔法使い、
しかも女。
そのことがどういう結果をもたらすものか、主人公は知りません。
だからこそ、あれほどまでに毅然とした態度が取れたのでしょう。
しかし・・・・、


駆けつけたビラールは違っていました。
憤怒をぶつけるが如く剣を振り、
彼女を助け出します。
それは国に携わるものとして、
侵略の歴史を経た民族として、
当たり前の行動だったのかもしれません。









意識を失った主人公を抱いて、
初めて想いを吐露するビラール殿下は、
お気に入りのスチルとなりました♪

立場があったからこそ、
立場があるからこそ、
言えない思いを胸に、
かき抱くかのように抱きしめる殿下の姿は、
すごーく切なかったデス(T△T)















てか・・・・・、ね?
ビラールルートも、ラギルートも、
エストルートくらい重たい感じがあります(^▽^;
しかもその事実から逃げてない!
(逃げられもしないケドw)
それを思うとユリウスがどれほど不甲斐なかったかっ!!(泣)
ホント、あいつだけは~~~~っwwww



そのビラールと立場を同じくしていたのが、
エストその人でした。
エストは【狂信派】と呼ばれる団体の次期代表者として、
ビラールとは違った意味で立場を持っていた人です。
そんな彼は後に、
狂信派と魔法省との橋渡しの為、尽力を尽くしていますが、
彼が語った言葉がとても印象的ですごかった(^-^;





「貴女風に言えば、
 そんなモノなくても死なない、でしょうか」






エストは知っていたのです。
彼が狂信派にとって必要なのは、
彼の【能力】であり、【彼】ではないことを。
そんなエストだからこそ、
ビラールにとって唯一無二であった【存在意義】。
ファランバルドの第二王子という肩書きを、
あっさりと否定してみせたのでしょう。



それでも・・・・・・・、
ビラールにとって重い選択であることには違いありません。



ファランバルドが水の呪いから解放され、
水の恵みをもたらされることは、確かに彼の功績です。
しかしその後のファランバルドには、彼は必要ないかもしれない。
彼には次期国王たるラシード殿下がいらっしゃり、
尚且つ未だ国王陛下は健在なのです。

【責任】と【義務】。
この二つに囚われているのは果たしてどちらなのか?
すでに主人公は明確に理解していたのでしょう。
それについては、ビラールに同情せざるを得ない気がします(^-^;









民衆とは、風見鶏です。
自らの生活を豊かにしてくれるなら、
トップが誰であろうとかまわないw


その昔、この国には「日本列島改造論」と称し、
豊かな世の中を築こうとした男がいました。
彼はその豪快な性格と強引な政策から「闇将軍」と揶揄され、
それでも、私達の暮らしはよくなっていきました。
ところが・・・・・・・・・、


彼のほの暗い【裏の顔】が見えてくると、
人々(?)はこぞって彼の下を去っていきました。
彼の政策によって豊かな国土を感受し、
スピードによって人生を謳歌していた国民も、
彼が大切に育ててきた部下達も共にです。
彼が裁判という大一番を迎える直前、
彼がもっとも大切にしてきた子飼いの一人が反旗を翻し、
結果、彼は倒れ、
晩年、寂しい最後を迎えたと言います。






人とは、
民とは、
そんなものだと思わなければなりません。
民主主義のはびこる(苦笑)現代で、
未だ【独裁者】と呼ばれる人々が政権につけるのも、
そういった民衆の、風見鶏の結果と言えなくもないのです。








正直、ビラールがもっとも大切なモノ、【誇り】を手放し、
二度とファランバルドの地を踏むことが出来なくなったのは、
ゼスの心遣いといえなくもないと思います。

彼は、水の竜として、世を統べるドラゴンとして、
浮き沈みの激しいこの世情を見てきたことでしょう。
そんな中、彼の生きるファランバルドが、
より良い指導者に恵まれていることは間違いなかった。
しかしそれでも、
利口な二つの頭を持つ蛇は、
本人達の思いとは裏腹に、
他に利用されやすい性質を持っています。
ゼスはもしかしたら、
後世の憂いを絶ったのかもしれません。












愛する存在を手に入れ、
ファランバルドの地を水で満たしたビラールは後に、
かの国の外交官となり、
全属性を司る奇跡のような少女と共に、
もどることを許されない祖国の発展に尽力することとなります。



人とは、
神とは、
自然とは、



本来どういった立場であるのか?
その役割とは?
人としての領域と、
神としての領分と、
自然に生きるもの達の声なき声とを、
調和し、理解し、発展させる為の礎が、
その問題定義が、
このルートの根底にあるような気がするのは私だけなのでしょうか(^▽^;














難しくなりましたがこのビラールルート、
ユリウスほどエロくはなかったけどwwww
良いルートでしたね(^-^)


最後にビラールと共にファランバルドを見届けたラギが、
故郷に帰り、
孤高のドラゴンとして人と違った場所で生きることを選んだかと思うと、
それはそれで攻略せねばなるまいっ!と決意を新たにするのでした(^▽^;

スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/773-96c553cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラギ攻略中w «  | BLOG TOP |  » ビラール攻略中ww

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (84)
映画 (29)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (47)
殻ノ少女 (11)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (168)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (1)
Tâi-oân (1)
国内旅行 (237)
京都 (30)
大阪 (1)
奈良 (12)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (11)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (6)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (6)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (18)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (1)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (30)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (0)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (52)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (4)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (70)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (104)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (20)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)

検索フォーム