FC2ブログ
topimage

2020-03

影武者、佐藤忠信~忠信終了~ - 2012.10.29 Mon

PSP「源狼-GENROH-」、佐藤忠信終了しました~w







どーなんだろうなぁ、このルート(笑)
継信以上に何もないルートと言っても過言じゃないんじゃないかなぁ?(^▽^;










だって継信ルートの折には、
(史実とはあんまりにもかけ離れていたけどw)
一応、文覚っていう高名なボーサンだって出てきたわけだし、
第一に恋愛ルートが充実してたw
が、弟忠信ルートでは等の恋愛ルートがまったくでしょ?(笑)
そりゃ忠信自身がはぐらかしていたってのもあるだろうけど、
チャラ男だしさー、
も少し色っぽいイベントがあってもいいんじゃね?くらいの薄さだった(泣)
こりゃ~さすがのオトメイトファミリーだって、
いささか☆も下がるってもんじゃない?(笑)










何事につけて愚直なほどにまっすぐで、
根性があり、
飽き症でもない兄貴は弟にとって目の上のコブ(笑)
しかし憧れないわけにもいかないという、
妙なブラザーコンプレックスはこの物語の基本なんだろうかw


そんな忠信の思いをすべてわかった上で動く継信の行動は、
忠信じゃなくとも鼻につきますw
継信は屋島の合戦に向かう前、
こっそり弟へのプレゼントを用意していました。
それが重藤という弓です。







私は生来弓使いなので(弓道っていう意味ねw)、
刀のことはよくわからないのですが、
弓は確かに「合う」「合わない」というものがあるようです(-.-;
何張か持っていらっしゃった先生方も、
つい「いつもの」弓に手をのばしてしまうのだとか・・・。
私自身はそんな何張も持つほどの腕前ではありませんしたがw
確かに気に入った「矢」というのはあったように思います(苦笑)
いただきもののいー矢なのに、
なんでか貧乏性でなかなか使えなかったりしたなぁ(苦笑)


また祖父が研ぎの仕事もしていたことから、
「真剣」というほどの品でもありませんが、
本身の刀同等の品を振り回した経験もあります(^▽^;
これはさすがに手に合う合わないがあるんじゃないかと思いましたねw
とにかくすげー重かったのを記憶しています。
鍛えていない二の腕には、いささか辛いシロモノでしたw








話が逸れましたがw
自らに合う刀を追い求めた結果、
自身で作ることが出来るような兄と、
弟が得意とする弓とじゃ話が違いますねw
ちょっとグレ気味だった弟への、最高のプレゼント♪

忠信は弓に合わせて引いていたでしょうから、
正直、そのクセというものはなかなか抜くことが出来ません。
しかし自らの全力をもって引ける弓に巡り会えたというのは、
最良の幸運だったと思うわけです。







そんな兄に対し、弟はなかなか素直になれません。
「ありがとう」の一言を出せないまま望んだ屋島の地で、
永遠の別れを経験しようとは・・・・・、
誰が想像出来たでしょう?



継信は史実通り、
平経教の弓から義経をかばい、
屋島の地で亡くなります。
享年28。
早すぎる死でした。



誰もが継信の死を悲しんでいた時、
弟忠信は一人、
周囲に気遣って気丈に振る舞います。
しかし・・・、
奥州馬の一頭をつぶして、
継信を荼毘に伏したその夜更け、
彼は主人公の下を訪ねます。
そして思いを吐露するのです。







感謝していたこと。
その言葉がもう届かないこと。
酒に弱かった自分が、
兄の為にと特別に取り寄せた、酒。
その酒をここ屋島まで持参していたこと。



兄と飲むはずだった酒を、
徳利からそのまま喉へと流し込んだ忠信。
彼はそのままひっくり返ってしまいますw
身を案じた主人公が水を取りに行こうとしますが、
彼は彼女の着物の裾を手に、
この場にいてくれることを望んだのです。







思えばこの頃から、
彼にとって主人公は特別な存在だったのかもしれません。
しかし12の頃から苦楽を共にしてきた、
仲間という言葉がぴったりの存在。
まさか自らが恋愛感情を抱くなど到底及びもつかないことw
そんな彼を不意に襲った情愛の念。
それは平家討伐の目的を果たし、
京の地に戻ってきた時のことでした。



都に戻ってきた忠信は、
知恵熱とも言うべき高熱を発して寝込んでしまいます。
医師曰く、「凄惨な戦を沢山見過ぎてきた為だろう」ということでしたが、
どんだけ繊細なんだって話ですよねw
継信だったらこんなことなかったんじゃないかなぁ(^▽^;
けど弁慶や義経ほどメンドーなこじらせ方はしませんでしたねwww







薬湯を手に、
付きっきりで看病する主人公。
彼女はいつしか眠り込んでしまいます。
薬湯の効果か、すっかり寝入っていた忠信は、
ふと目を覚ました眼前に、彼女の寝顔を見つけます。




「俺が悪い男だったら危ないよ・・・」




え~っと・・・・、
自らの経験上というか、
ワタクシも他人から言わせるとそーとードンカンらしいので、
主人公のコトはとやかく言えないんですが・・・・。
それにしてもこの主人公w
弁慶の時といい、
この忠信の時といい、
かわいそうですよねw 男性キャラ達がwww
どんだけ忍耐強いられるんだって話ですwww
もういっそのこと襲われてしまうといいよwww
そして少し痛い目に合うといいよwww
それくらいの権利、皆様にはあると思うよwww
うんwww














さてさて♪
とかく史実にもとずいて進んでいくはずの「源狼」ですが、
忠信ルートで京の六条堀川屋敷を襲ったのは梶原景時になっていますw
義経は梶原勢を食い止めた後、
吉次一族のもたらした情報から後白河法皇の宣旨を知ります。
それはかつて平家を追い落とし、
木曽義仲を追い落とした彼の、狡猾な罠でした。



義経は京に見切りをつけ、密かに都を脱出する計画を練ります。



そこで再び、表に出てこない歴史の闇が登場w
奥州藤原氏の庇護下にある吉次一族が、
今や朝敵となった義経一派と行動を共にすることは、
鎌倉にいる頼朝に平泉を攻める絶好の口実を与えかねないというのです。
しかし何があっても義経達と行動を共にするだろう主人公の事も考え、
八重が彼女に化け、
平泉へと戻るパフォーマンスをすることになりました。







頼朝vs義経という構図は、
ともすれば単純な権力争いのようにみられがちですが、
義経の後ろには院が、
頼朝の後ろには北条家という、
新たな権力図ともいえたわけです。


史実ではなんと!
妻や妾、25人を伴っての大脱走だった義経一行ですが、
摂津から出した船は難破。
吉野山に身を潜めながらの逃避行が続きます。
そんな中・・・・・、
ついに追いつめられた義経は、
あの有名な「峰の白雪ふみわけて」となるわけです。





吉野の山へとわけ入った義経達に、
鎌倉の兵が容赦なく襲い掛かりました。
平家もなく、
源氏もなく、
今や朝廷と鎌倉双方から追われることとなった義経の身代わりを買って出たのが、
この佐藤忠信。
彼は義経と背格好が似ていた為、彼の代わりに、鎌倉の兵をひきつけ、
義経一行を逃そうとしたのです。





矢尽き、弓を持つ手もしびれる中、
必死に逃げ回った中で負傷した彼は、
合流場所である廃寺にたどり着くことが出来ません。
傷癒え、二人が訪れた際にはすでに、
人の気配はありませんでした。







しかし・・・・ねぇ(^▽^;
継信の時も思いましたが、
どうしてこう佐藤兄弟というのは面倒な回り道をするのかW
継信の折にはまったく関係ない文覚という僧を倒すのに必死になっているし、
忠信は未だ頼朝に言葉が通じると思っているwww
けれど鎌倉に潜入後、
頼朝と交わした会話は確かに、
彼の立場の危うさを見事に表現していたと思います。





一説によると、
頼朝自身、こたびの挙兵には消極的だったと言われています。
彼は幼い頃にこの伊豆へ流されて以後、
記憶のない父の所行によってやや不自由な暮らしぶりではありましたが、
贅沢を言わねばそれなりの生活だったそうなのです。
その彼を担ぎだしたのが北条氏。
後に足利兄弟によって駆逐される政子の実家です。


梶原の讒言のみならば頼朝一人でも対処が出来た。
しかしここに義経を忌み嫌う北条政子が介入した。
彼女が介入することにより、北条氏が動いた。


そうなると金銭的にも生活の面でも後ろ盾であった北条氏に、
頼朝が逆らえるはずもありません。
一般に「腰越状」と呼ばれる書状を握りつぶしたのは梶原と言われていますが、
実は政子の差し金であったかもしれないのです。







因果応報。


頼朝亡き後、梶原は「梶原景時の変」と呼ばれる部下の反乱により、
その生涯を閉じました。
政子もまた、大姫という長女を鬱病で亡くした後、
自らの子を権力の座に付け続け、そして殺害し続けました。
頼朝に妾を持つことを許さなかった政子は、
頼朝の直系を絶やさんが為、
かつてのその手にかけた木曽義仲の娘まで養女に迎え、
鎌倉幕府最後の将軍の妻に仕立て上げたりしています。


この北条家は後世、
戦国時代まで続く名家となりますが、
どうも皆様あまりよい死に方をしていないw
その最たるものが武田勝頼に嫁いだ北条政子。
尼将軍と同じ名をいただいた彼女は、
再三、実家からの帰還命令に従わず、
勝頼と運命を共にしました。















秀衡亡き後、藤原四代目の当主となった泰衡は、
衣川館へと強襲します。
この時、あの吉野同様、
自ら義経の身代わりとなって残ることを決めた忠信。
ですが・・・・・、





義経は分かっていました。
かつて自分を追ってきたのは、地理に不慣れな鎌倉の兵。
しかも生まれも育ちも異なる、
「血」のみでつながる兄が差し向けた兵です。
いくらでも煙に撒くことが出来たでしょう。



が、今度は違う。
幼い頃から兄弟同然に育ち、
互いの性格から性質まで、
熟知した人間が「敵」になったのです。







忠信も甘いと言わざるを得ません。
今度もまた、欺くことが出来ると、
泰衡の目もかわすことが出来ると信じた。
否、もしかしたら彼は、
泰衡だからこそ、この作戦を思いついたのかもしれません。



衣川館を強襲、焼いてしまえば、
義経を「生死不明」として鎌倉の目を欺くことが出来る。
その為、泰衡はこんな猿芝居を打っているのだと、
そう信じたかったのかもしれません。







恋愛要素の薄かった二人でしたが、
皆のいる前であんなディープちゅーはないと思うのwww
本気であの場に皆がいたのだとしたら、
目のやり場に困ったんじゃないかなーw
まぁ義経サンのことだから、
気を利かせて出ていたかもしれないけどさw
それにしても長いっていうかねwww







衣川館の強襲は忠信の期待を裏切ります。
泰衡は本気でした。
本気で兄国衡を、
兄弟同然に育った義経を討つ為、河川敷に陣を張っていました。

彼は主人公を再び衣川館へと戻し、
忠信と共に「生きよ」と命じます。
そして二人が取った行動とは・・・・。















以前、このブログでも書かせていただいた平重衡のお話w
少し似ている気もしましたね(-.-;



武力でも、奪えないものがある。
力でも、取り上げられないものがある。
武力を与えられ、
武力によってのみしか生きることを許されなかった頼朝に、
彼らの生きざまはどう写ったのか?
聞いてみたい気もします(^-^)










二人の暮らしは今までとはかけ離れたものになりましたが、
それでも、
かつて愛した平泉の地同様、
ささやかながらも平穏な、二人だけの暮らしを。
そしていつか、
三人に増え、四人になる暮らしを。
彼らは手に入れました。




「俺達の子供は、兄弟二人がいいね」




鈍感な主人公に対し、
弁慶同様、直球子供が欲しいなんて言ってる辺りは男らしいっ!!!
忠信のくせにwwww















が・・・・・・、
どうしても解せないんだよなぁ~、忠信ルートw
一番平和で、平凡で、
暖かみのあるラストだったんだけど、
どうしてこうもしっくりこないのかw

すべてを忘れて失って、
それで生きていくってのが許せないんでしょうか!?
そんな性格悪くないはずなのにっwwww
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/724-52c00d53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名を捨て、誉を捨て~琥太郎終了~ «  | BLOG TOP |  » 智将謀将の歴史にならない戦い~忠信攻略中~

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (88)
映画 (29)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (48)
殻ノ少女 (12)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (179)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (2)
Tâi-oân (11)
国内旅行 (263)
京都 (30)
大阪 (2)
奈良 (13)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (7)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (8)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (9)
宮城 (2)
岩手 (3)
青森 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (52)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (4)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (73)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (105)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)
エスカ&ロジーのアトリエPlus (3)
殺し屋とストロベリー (9)
ルーンファクトリー4 (1)
SWEET CROWN~午前三時のオカシな道化師~ (6)
悠久のティアブレイド-Lost Chronicle- (0)
神凪ノ杜~五月雨綴り~ (0)
Vamwolf Cross† (0)

検索フォーム