FC2ブログ
topimage

2020-04

心願成就~弁慶攻略中~ - 2012.10.23 Tue

PSP「源狼-GENROH-」、武蔵坊弁慶攻略中です♪







もう何から話していいのやら(^▽^;
「遥か~」でトッピなストーリーには慣れていたはずのワタクシですがw
やはり「源狼」はある意味特別であったようです(-.-;



史実を大曲げすることはない、
多分これなら大丈夫w



などと安易考えを持っていたことは否めません!!(>△<)
ホント、これは私の考えの甘さの致すところですっ!!!!



平経教と弁慶が兄弟だっただなんてっwwww
ありえるかーーーっ!(絶叫)












一の谷で平家軍を打ち破った義経は、
そのまま四国へと追撃します。
義経ルートでは「奥州馬」の調達に心砕いた主人公でしたが、
今回はなんと!弁慶が動いているんですね(^△^;
おまけに山師である三郎の下を訪れ、
谷に鹿が生息していることを聞き、
あの有名な「鹿が通れるなら馬も通れるだろう」という言葉に繋がるわけです☆




しかしこの三郎って・・・・・、
「義経記」の伊勢三郎のことなんじゃないのかーっwwww
なかなか細かい表現方法ですな!(>▽<)




暴雨の中、四国に渡るシーン、
源狼での恋愛一里塚なのかな?(^-^;
義経ルートでは義経自身が自らの感情を自覚し、
周囲もその感情に気付く・・・という場面でしたが、
弁慶も同様、彼女を庇って四国への上陸を果たしています。



高波に飲まれ、
意識を失った彼女を抱きかかえたまま、
必死に舵を操り、自ら船につないだ縄を手繰る姿は、
なんともかっこよかったです♪♪♪(^-^)
義経はどうしてもその血筋のよさからかw
線が細く「全面的に信頼して身を預ける」という気持ちが起きないんですよね(-.-;
やはり体格の差かwwww













一の谷、屋島での成功は、
同時に悲劇も生みました。
佐藤継信の死です。



これはある意味、史実通りで、
義経ルートでは「左目のみを負傷し助かった」というのは、
攻略対象への温かい配慮だったことが伺えます(^▽^;
しかも討ち取ったのが誰あろう能登守経教!
五条大橋の上で共に語らい、
天狗に襲われた際には身を持って助けてくれた平氏の武将は今、
言葉通り彼女達の敵となったのです。


この辺が奇麗事だけではすまない戦の厳しさ、
当時の状況を雄弁に物語っています。
これは戦なのだ、
そして平氏は敵なのだ、と・・・・・。















しかし時は待ってくれません。
西国へと落ち延びた平氏は、
水軍という日本最大の戦力を保有しているのです。
義経の率いた兵は僅か、
しかもその兵には海上での戦闘知識がありません。
軍議に横たわる重い沈黙を破ったのが、武蔵坊弁慶でした。



熊野別当、湛増に願い出、
熊野水軍の力を借りようとした弁慶ですが、
その願いはあっさりと退けられてしまいます。
落胆を色濃く見せたのもつかの間、
早々に熊野を辞して屋島へと戻ろうとする弁慶を引き止めた主人公。
彼女は奥州、吉次の話術をもって、
巧みに熊野の利潤を提示し、
平家とのつながり深いここ熊野に、
一条の光を見出したのでした。










熊野に滞在した短い時間の中で、
彼女は弁慶の生い立ちについて聞かされることになります。
幸せだった幼少時代、
すべてに裏切られた少年時代。
湛増に拾われ、再び何不自由ない生活に落ち着きながらも、
何かに飢えるかのようにそこを飛び出した青年時代。
そして・・・・・、今----------。



誠実では生き残ることが出来なかった運命を、
自ら呪うわけでも、厭うわけでもなく、
ただ淡々と、自ら犯した罪は罪として、
「生き抜く」為に走り続けてきた、弁慶。



彼が京の都で、
飢えた幼子に餉をやろうとした主人公を、
厳しい口調で制したのは、
こういう理由だったのです。









もしかしたら、病に飢え、
ぽかんと開いた瞳に何を映すことなく、
死んでいく眼前の子供のように、
自らもまた、
そのような運命を辿っていたかもしれなかった、弁慶。
湛増は彼を息子のように大事に思っていたようですが、
同時に、彼が自らの腕の中で大人しくしているタイプの人間だとも思っていないようでした。









その湛増から「弁慶はイイ男だ」と売り込まれ、
しまいにゃ「あいつのどこが気に入らねぇんだ(怒)」と怒り出すこのオッサンが、
とっても愛らしく♪
とっても笑えましたね(^▽^;
おまけにもはや仕様ともいえる弁慶の立ち聞きwww
主君である義経と奥州商人、吉次との会見すら立ち聞くヤツですからね~w
義父とも言える湛増と主人公の会話なんて、
立ち聞くに決まっているってのwwwww



「寝ろ!」



照れ隠しか、一喝するところも楽しいのですが(^▽^;
追い討ちをかける湛増に対して、



「お前もだ! 酔っ払いっ!!」



なんてゲシゲシ蹴ってるのも楽しかったですね~(^-^)

しかし何か?
源狼って基本的に、
家族とのつながりというか、
断ち切ることの出来ないというものから、
主人公補佐の下、立ち直る物語なんだろうか?www













熊野水軍5百艘は、
周囲の豪族への良いアピールとなりました。
一人、また一人と源氏へ賛同する者が増え、
最後には八百艘という大艦隊へと脹らんでいきます。
そして迎えた壇ノ浦の合戦----------。







まさかこんなオチ!?







いや~、考えもつきませんでした(^-^;
だって能登守経教ですよ!?
1160年生まれですよ?
弁慶が死亡時30歳とすると、
生まれたのは1158年。
経教の2つ年上ってことにはなるのですが、
それにしても何かちょっと!!(滝汗)







昔、母の下に通ってきた男。
その男の顔は覚えていないけれど、
彼が持っていた刀は幼心に焼きついていました。


「美しい刀だった・・・・・」


後に弁慶はそう語っています。







今や源氏と平氏に別れ、
父を、弟を自らの手で葬った弁慶は、
敵船に自らの薙刀を置き、
静かに去っていきました。



壇ノ浦
(平家側から見た壇ノ浦)



壇ノ浦の悲劇を目の当たりにしていた義経一行は、
誰も弁慶の死を疑ったりしません。
再び襲ってきた潮流に流され、
遺体すら浮かばなかったことになんの疑問の抱きません。

そんな中、彼女だけが、
弁慶の生存を信じていました。
頑として譲らないこの姿勢が、時にユーザーに対し、
苛立ちを与えてしまうのは致し方のない事実なのだと思います(^▽^;















捜して、探して、さがしあぐねいて、
捜索範囲を広げようとした矢先、
彼女の下へと現れたのがあの天狗でした。

義経入洛時、
彼らに「もはやこの娘は狙わぬ」という確約していた天狗。
その彼が何故今になって現れたのか?
主人公は彼に、
一つの約束をしていたことを思い出します。






差し出された、二つの石。


「こしゃくな・・・・、我を試そうというのか」


言葉の内容とは裏腹に、
どこか楽しげに聞こえる天狗の声。
その手は迷うことなく「贋物」を手にします。
ホッと胸をなでおろす主人公。
「真贋敵わなかった」と喜んでいたのもつかの間、
彼は「用があるのは贋物の方だ」と言い捨てるのです。








思えばこの御影。
いきなり現れたかと思えば、スッといなくなってみたり、
義経一行の前に後白河法皇の従者として現れたかと思えば、
主の意向に反した態度をとってみたりと、
大変難解な人物w
これも御影ルートに入れば事の次第が見えてくるのでしょうか?








天狗は約を守った彼女に対し、
褒美とでも言わんばかりに弁慶の居所を告げます。
歩いて、歩いて、歩き疲れて--------。
やっとたどり着いたあばら家とも言うべき寺院には、
見慣れた大男が一人、教を読んでいました。



主人公は再び、義経達の下へ弁慶を呼び戻そうとしますが、
彼は頑なに態度を変えません。
日々、朝の勤行に始まり、
日々の糧を得、
掃除、洗濯、かしいだ寺内の掃き清め、
油代を惜しむかのように陽が落ちれば寝る。
そんな日々が続いていきます。


当初こそ、いぢわるばぁさんのような姑意識丸出しのいぢめをしていた弁慶ですがw
いつしか、
「お前がいてくれてよかった」と、
胸の内を素直に表現するまでになってゆきます。













経教から預かった名刀、友成。
教盛から預かった名刀、正恒。



二振りの刀を前に、
己の罪が許されることを祈ったのでしょうか?
もしかしたら彼は、
自らの罪よりも、
彼らが西にあるという極楽浄土へと旅立つことを願って、
読経三昧の日々を送っていたのかもしれません。



彼は言います。
「死ねなかった」と。
弟殺し、
父殺しが理解出来た時点で、
死は恐ろしくなかった。
ただ、彼らのいる「冥界」へと足を踏み入れること。
彼らと対峙することだけが、
弁慶は怖かったのです。









穏やかな日々の中でも、
時流は刻々と変化していきました。
イヌワシを通じて京と連絡を取り合っていた主人公は、
ある日、とんでもない情報を手にしてしまいます。
まずは頼朝による義経討伐です。


義経は目立ちすぎた。


鎌倉に座して動かぬ源氏の棟梁よりも、
自ら京へと足を運び、
戦上手と名高い義経を、民衆は支持したのです。
面白くないのは当然成り行きでw
弁慶はそれを早くから予知していたようでした。
そして第二便----------。





義経の西国落ち、
その船が難破したこと。
義経以下、郎党二名も行方知れずとあってようやく、
彼は重い腰を上げます。


父を想って始めた五条大橋での刀狩り、
刀を狩られた弟、経教。
二振りの刀は今、彼の手の中で千本目となりました。









心願成就----------。
彼が最初に願い、
義経という千本目の刀を得て忘れていた願いが今、
再び形となって彼の目を開きます。
それは亡き父が、弟が、
彼の目を覚まさせたに違いありません。



義経を探して、
郎党を探して、
再び、弁慶の旅が始まります。



守るべきものを得、
支えるべきものを得て、
再び、平泉で相まみえることを願って-----------。

スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/716-277f8302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

死と新生~弁慶終了~ «  | BLOG TOP |  » OZMAFIA発売日決定!

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (89)
映画 (29)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (48)
殻ノ少女 (12)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (179)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (2)
Tâi-oân (11)
国内旅行 (263)
京都 (30)
大阪 (2)
奈良 (13)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (7)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (8)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (9)
宮城 (2)
岩手 (3)
青森 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (53)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (5)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (73)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (105)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)
エスカ&ロジーのアトリエPlus (3)
殺し屋とストロベリー (9)
ルーンファクトリー4 (1)
SWEET CROWN~午前三時のオカシな道化師~ (7)
悠久のティアブレイド-Lost Chronicle- (0)
神凪ノ杜~五月雨綴り~ (0)
Vamwolf Cross† (0)

検索フォーム