FC2ブログ
topimage

2019-09

毒蛇の巣~義経攻略中~ - 2012.10.19 Fri

PSP「源狼-GENROH-」攻略中です♪







なん・・・・か・・・、
すごかったですね(^△^;
歴史的にどうしてもこうならざるを得ないんですが、
それでもなんかっ!
もうちょっとっ!!
幸せな方向ってなかったんだろうかと模索してしまいます(>_<)







黄瀬川で兄弟の対面を果たした頼朝と義経。
その後、彼は鎌倉へと引っ込んでしまい、
じっと機会をうかがっています。

この辺がやはり頭領と次男三男の違いというかw
徳川家康の折にも思いましたが、
「じっと黙して待つ」というのは、
大変根気のいることなんですよね(-.-;
虎視眈々と、
一番効果的なタイミングを見計らってコトを起こすことこそ、
トップにいる者の務めだと思うわけですw






そういった意味では九郎義経という人は、
武人であったかもしれませんが、
政治家ではなかった。
そこに悲劇がありました。






頼朝が鎌倉から兵を出さないことに不満を抱いていたちょうどその頃、
京の平泉第を取り仕切る八重との連絡がつかなくなっていました。
奇しくも頼朝の従兄弟、
木曽義仲が万という兵を率いて、
都へ上洛するか否かという瀬戸際だったこともあり、
彼女を護衛するという言い訳を得て、
義経は京へと旅立ちます。
そこで出会った者とは・・・・・・・・?






まぁこれはあり得ないんですけどねw
敦盛が六波羅にいたことはともかくとして、
彼らが旧知の仲だったという話はどう考えてもおかしいwww
しかしこれがゲームの面白いところ♪
名笛を持つ二人の武将ということで、
なかなか面白いアイディアだったなぁと思うわけです(^-^)







ちなみに敦盛が持っていた「小枝」という笛。
これは彼の祖父、平忠盛が時の法皇、鳥羽に戴いたものとあります。


この鳥羽という人物、第七十四代天皇であらせられるのですが、
かなりの辛酸を舐めた人物(^-^;
その最たるものが奥方様w
彼の正室は藤原璋子といわれる方なのですが、
父、藤原公実が亡くなった時わずか七歳!
その幼さを哀れんで、
公実の従兄弟であった白河院(第七十二代天皇)が養育しました。


後、自身の孫である鳥羽へと嫁がせるわけですが・・・・・・・・、
そこで生まれた崇徳(第七十五代天皇)という男の子がなんとっ!
白河院の落胤だというんですね~www
本当なら66歳と18歳の子ですよ!?
うわぁ・・・・(^-^;






そんな璋子が生んだ四番目の子供が、作中に出てくる後白河法皇。
彼女の生んだ二番目の子供は光を失い、
三番目が夭折と、
かなり不運な人生を歩んでいます。
が、五番目に生まれた本仁親王(覚性法親王)だけは、
彼女の意向により出家、仁和寺の名僧として源氏の世を生きました。
ちなみに璋子の養母である祇園女御。
この方の妹が平清盛の実母になりますw
















今や敵となった旧知の友人が、
都を捨て、西国へと逃れていくのを、
義経はどんな思いで見ていたのでしょう?
それは後に、
敦盛自身の口から語られることになります。








優雅に都見物をして鎌倉へと戻ってきた義経ですが、
意外な敵が待っていました。
それは兄、頼朝自身です。

彼は無断で都へと上がった義経を快く思っていませんでした。
それは近習である琥太郎、佐藤兄弟。
ことのほか強く察していたのが弁慶です。
ところが義経は彼らの懸念を一蹴。
がなっているのは兄の妻、北条政子や、梶原景時だけだと、
兄への信用を崩さないんですね。
この辺に清く育てすぎた秀衡の致命的なミスを垣間見ることが出来ますwww







この腹違いの兄を盲目的に愛した義経こそが、
悲劇の発端となってしまうのですが、
正直・・・・、どうなんでしょうねぇ~(^▽^;
いつも思うんですけど、
やはり事件の裏に女アリ
歴史の裏に女アリだと思うワケ☆

だってあの北条政子ですよ!?
尼将軍のっ!!!!
あんない女の妻にした頼朝が、
すべての発端だと思うのは私だけなんでしょうか???(滝汗)










木曽の軍勢が上洛しても尚、
頼朝は動きません。
苛立つ義経達の知らないところで、
実は頼朝は動いていました。



源頼朝とその妻政子には、
大姫という娘がいました。
彼女の許婚が誰あろう、木曽義仲の息子、
義高です。
彼は幼い時分に人質としてこの鎌倉に連れてこられ、
木曽軍討伐の命が下ったと同時に殺害されているのです。



冷酷で、冷淡で、
妻にはトンと、頭が上がらなかった頼朝w
その生い立ちからか、自らの身内にはトコトン冷たかったこの人物、
戦国時代の武将、秀吉と似たところがあります。
頼朝と同じく「成り上がり」である彼は、
「天下を取ったのはワシと頼朝」
などと頼朝像を前に語ったといいますから・・・・(-.-;












木曽義仲討伐の命が出され、
ようやく、千騎を率いて上洛を果たした義経。
彼についてまたもや、
鎌倉の店を捨て、付き従った主人公wwww
それもどうよって話なんですが、
まぁこのまま鎌倉に居ては頼朝のいいように使われてしまうだけです。
(平泉はあくまでも「義経」に加担しているように思いましたしw)
つまり、義経にとって、彼女は義高同様、
頼朝へ差し出す人質に他ならない。
彼女がそれまで計算づくで義経に付き従ったとは思いませんがw
ご愛嬌というところでしょうねwww













上洛が済み、時の法皇、後白河院が救い出されてしまうと、
次の問題が生じてきます。
それは龍煌石。
彼女の持つ力のことです。



ある日のこと、
後白河法皇に呼ばれた義経は、
何故か吉次の頭領をも連れてくるよう命じられます。
不審に思いながらも、御所に参内する二人。
御所への参内はある一定の地位がないと出来ないことなので、
多分、これは御所外の「仮御所」が使われたものと思われます☆







黒く、暗い思惑の中で、
二人はあの日、あの平泉の平穏な日々の中で、
姿を現した「天狗」の姿を法皇の後ろに見るのです。








自身をさらおうとし、
腹違いの兄、春高を殺害したと思われた天狗は、
彼女の誤解であることが分かりました。
彼は後白河法皇の命により、
遠く平泉の地にまで足を運んだ挙句、
龍煌石を彼女の下へと返しているのです。


何を考えているのか?
何を思っているのか?


疑問と疑惑、猜疑心の塊となった二人へ、
後白河法皇は追い討ちをかけます。
義経には平家討伐を、
そして少女には吉次の名の下に、
自身の政界復活の為、龍煌石を使った龍脈を探るという、
いわば「命令」でした。














ふらつく足取りで、
大通りを避け、
義経の館まで戻ろうとする二人。
なんか切なかったですね(>_<)





彼女が平泉に連れこられたのが12歳の時、
彼らに添って鎌倉に身を寄せたのが13の時。
そしてそれから2年と少し、
彼女は16歳になっていました。


16歳といえばもう立派な成人です。
継信の母の例を上げれば、
子供の一人や二人、いてもおかしくない年です。


その彼女が思いを寄せつつある義経は、
二言目には「御館からの大事な預り者」
「お前に何かあれば秀衡様に申し訳が立たぬ」と、
あえてけん制するような言葉を何度も繰り返しているのです。








けど、ね~(^▽^;
主人公にしたって同じような感情だったんじゃないかな?って思うわけでw
12の時から行動を共にしている、
いわば兄的存在なわけですw
恋に恋するお年頃☆
ことあるごとに「子供扱いしてっ!」と怒るのだって、
自身を認めてもらいたい。
一人前に見てもらいたいっていう感情の方が先で、
複雑な男心なんて分かっちゃいなかったと思うんですよね~wwww
もしかしたら義経は、
夜も更けて彼女の部屋を訪ねるのを躊躇していたかもしれません。



「16! もうそんな年か・・・!
 気がつかなかった・・・、もうおいそれとこんな時間に部屋を訪ねることは出来ないな」




なんて言ってますしねw
それでも彼女が、
何の警戒心もなく義経を迎え入れているわけですから、
彼も心中複雑だったと思うんですよwww













その後、御所に対して警戒心を露にした彼らの下には、
拍子抜けするくらい何事も起きることはありませんでしたが、
そんな中、始まったのが一の谷の合戦。
有名な「鵯越の逆落とし」です。




義兄、範頼と共に平家の落ちた福原を攻めることになった義経。
が、正直な話、この戦で勝てる気がしません。
そこで彼は主人公の「吉次」としての能力に賭けることにしました。
それが「奥州馬」の調達です。



「鹿の通れる道ならば、馬とて通れるはず」



有名な言葉ですが、
馬というのは本来、とても臆病なものです。
牧場の柵を見てもらえば分かるように、
飛び越せるはずの低い柵でありながら、
馬達はめったなことでもない限り逃げ出そうとはしません。
これは馬の性質を逆手にとったものです。

そんな馬に崖を下りさせようとは無理難題。
話にもなりませんw
しかし義経も引きません。
彼女にだけは心の内を明かし、
彼女ならばきっと、奥州馬を用意してくれるはず。
その信頼が矢合わせ(開戦)ギリギリまで彼を待たせたのでした。










なんか面白いですよね(^-^;
「一介の商人から見た戦場」といった感じで、
こんな視点があったのかと改めて感じさせられましたw



結論から言うと馬は間に合い、
正史に違うことなく、
一の谷の合戦は義経側、源氏の勝利で幕を下ろします。
悲劇が起こったのはその後でした。










背面攻撃を受け、総崩れとなった平家の軍勢を、
追う人物がいました。
熊谷直実です。
彼は勇猛果敢な猛将として知られていましたが、
敦盛を討ち取った後、
元服間もない若武者だったことに衝撃を受け、
その後、出家してしまうのです。


確かに、敦盛はこの戦いで命を落としました。
しかし熊谷もまた、
息子小次郎(直家)を失っているのです。
年若い二人が死んで、老体である自分一人が生き残っている。
多くの原因があったとは思うのですが、
結果、熊谷は出家。
源軍は優秀な武将を一人失ったことになったのです。















「この世は、一夜の夢のようだ」



敦盛の言葉です。



彼はうたかたの夢に酔う平家一門を、
どのような思いで見つめていたのでしょう?
驕り、昂ぶり、地位を名声を、思うままにし、
僅か半世紀で都落ちしてゆくこの危うい権力は、
まるで水に浮いた杯の中の酒のよう---------。
 


この時、源氏の捕虜となった清盛の五男、平重衡は、
武を補って有り余る才知と頼朝に評されています。
彼を惜しんだ頼朝は、
南都の焼討に端を発した寺院からの再三の引渡しに、
渋々応じました。
重衡は不破の関(現在の岐阜県関ヶ原付近)で刑に処され、
その首はさらされたといいます。




盛者必衰---------。




彼はこの言葉の意味を頼朝に説き、
その先見の明に改めて頼朝は震え上がったといいます。










現在、多くの政治家が名もない一平民から出ていることを思えば、
重衡の言葉は当っていなくもありません。
しかしそれでもまだ、
血筋や歴史、家柄による世襲政治が行われているのもまた、現実です。

いつか本当に、
菊(天皇)に絡みつく藤(藤原氏)の花が枯れたように、
その赤紙(平家)、白紙(源氏)が朽ちたように、
ただの家人(足利)の息子が天下を治める。
そんな日が来るのかもしれません。
否、事実、「ただの」農民が一瞬でも天下を取った事実があるのですから・・・・・・・・。

スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/710-e5b3718f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

国と国境を越えて~義経終了~ «  | BLOG TOP |  » 英国探偵ミステリア♪

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (84)
映画 (29)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (47)
殻ノ少女 (11)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (168)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (1)
Tâi-oân (1)
国内旅行 (237)
京都 (30)
大阪 (1)
奈良 (12)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (11)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (6)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (6)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (18)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (1)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (30)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (0)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (52)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (4)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (70)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (104)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (20)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)

検索フォーム