FC2ブログ
topimage

2020-04

秦終了w - 2012.08.30 Thu

PSP「十鬼の絆」、秦終了しました(^▽^;







なんだろう?
この人が一番恋愛恋愛していたように思う(^-^;
おまけに千岳が一番「頭領らしい頭領」のように思っていたケド、
実は秦の方が頭領らしい頭領だったように思ったりw

それというのも千耶や千歳は論外w
千岳は大変魅力的な人物だったと思ったんですが・・・・・・、
頭領としてはどうだったのか???
秦を攻略した今は疑問が残ります(-.-;











秦の地元、
西国、毛利一門は彼を「現神」と崇め奉ってはいますが、
月島翁が言うように、
「人間にいいように使われている」と見えるのは何故でしょう???



秀家のように鬼を蔑むわけでもなく、
三成のように人間との区別を明確にしているわけでもなく、
家康のように哀れんでいるわけでもなく、
島津のように人との垣根を取り除こうとしているわけでもなく、



神よ、神よとすがってわめき、
希望が叶わぬとなると落胆していじける。
人間の身勝手さ、
人の世の醜さが集約されているような、
そんなルートだったように思えます(^-^;











秦の「最小限の力で最大限の効果を」という、
終始一貫した行動理念は、
鬼の頭領としては一番まっとうだったように思えます。

頭領である自分が動くことで、
一族を危険に晒すことになるかもしれない。
死ぬわけにも、
傷つくわけにもいかないはずの、頭領という立場。
その立場を超えて動いたのが千岳でしたが、
ああいった境遇がなければ、
千岳もまた、秦のように行動していたかもしれません。




しかし千鬼丸をああまで使い捨てるというのはどうだ??(笑)




そりゃ鬼ではあるし、
多少のことではビクともしないとは思うし、
まさか人の世の戦に鬼が出てくるとは思ってもいなかったろうし・・・・。
けどね?(笑)
自ら濡れ衣を晴らす為、
十鬼衆に認めてもらわんが為、
必死になって里を抜け出し、
彼らにすがって力になろうとしている若き鬼に、
それもどうだ?って話なんですよwwww










秦は里の長老達が勝手に決めた、
「毛利一族の援助をする」という決定に、
承服することが出来ずにいました。
まず最初にこの手紙を受け取った折、
主人公に説得され、
不承不承、三成の下を訪れています。


二度目に彼が毛利へと関わることになったのは、
元康が泣きついてきたのが原因でした。
彼は三成から伏見城攻略を要請されていたのですが、
膠着状態が続き、
その原因が何なのか?探ってきて貰いたいというのです。


渋る秦。
彼は人の世の争いごとに、
これ以上関わることはないと切って捨てたような態度を取ります。
主人公もまた、
「人間に関わってはいけない」という「鬼の掟」を重視していますが、
彼のように割り切ることが出来ません。
元康の人となりを見るようになって、
少しづつ、意識改革があったようでした。







そこに登場するのが千鬼丸なんですね?
彼は「八瀬の里の千羽姫に謀反を働いた」という、
自らの汚名を雪ぐ為、
必死に奮闘していました。
そこに目をつけたのが秦です。
彼は元康からの要請を彼に丸投げし、
自分は毛利屋敷に引っ込んだまま、
優雅にタバコをふかしているのです。


憤慨する主人公は千鬼丸を追うことを決意しますが、
普段ならば皮肉とも苦言とも取れる辛らつな言葉を発するはずの秦。
しかし彼は意外にもにこやかに送り出してくれます。


伏見の城では意外な事実が待っていました。
それは攻め手、受け手共に覇気のない小競り合いと、
鬼の存在です。
彼は自らの一族で「門外不出」とされる「糸使い」。
しかも「黒髪」と呼ばれる「秘術」を扱う朧八千代という鬼に興味を示します。











ここで一つ疑問なのですが、
秦はどこまで、千鬼丸を信頼していたのでしょう?
彼は「せっかく敵を泳がせておいたのに」と、
勝手な行動を取った主人公を非難します。
が、「思わぬ大物がかかった」とも・・・・。



当初、これは「朧八千代」のことだと思っていました。
秦の一族が「悲願」としていた、朧一族の抹殺。
個人的な願いの成就だと考えたのです。



しかしそれは間違っていたかもしれません。
秀と八千代、
二匹の鬼に捕まっていた千鬼丸は、
ここから奇怪な行動に出ています。
運ばれた毛利屋敷から書置き一つを残して里へと戻り、
また、その里からも翁達が帰参しない間に姿を消しています。







もしかしたら・・・・・、
秦の言っていた「大物」とは、
千鬼丸のことだったのでしょうか-------------?















他の鬼達が、
懸命に主人公を里へと戻そうとする中、
秦だけは自らの手元に置こうと考えます。
それは彼自身がそこを動く訳にはいかず、
手足となって働く人物が必要だった為でした。
ところが---------、





いつもは「柳に風」然としている秦が、
わずかにではありますが感情を露にするシーン!!!
ちょっとイイ感じです♪♪♪(>▽<)

例によって元康に泣きつかれ、
小早川軍の動向を探っていた二人は、
本陣に手紙を届ける為、
主人公を残して去ってしまいます。

そこに現れたのが朧八千代。
彼は茨城童子の末裔で、
「鬼を生み出す」という能力の持ち主でした。





八重七重に狭まる修羅の包囲網。
彼女は八千代の黒髪に巻き取られたまま、
追い詰められていきます。
八千代が主人公に触れているのを見た瞬間の秦の感情の動きといったらっ!!!
楽しいですねっ!!!(笑)
飄々として、
何事にも動じず、
周囲をからかっては一段高い位置から見下ろしていた彼が、
地に堕ちた瞬間ではないかとっ!!(




しかしここで翁登場~wwww




月島と琴浦は秦に任せた孫娘が、
傷つき、血を流している姿に激怒w
有無を言わさず里に連れ戻してしまうんですね(T▽T)
けど秦も秦で、
それを引きとめようともしません。



「やっと子守もお役免除ですか」



そう言ってため息らしい煙を吐いただけでした。











恋愛らしい恋愛しているなぁ~と思ったのは、
このイベントですかね?




里に戻ったその日から、
彼女は悪夢と幻聴に苛まれるようになります。
主人公は秦の最後の言葉、
自ら引き止めてもらえなかったという事実に、
猜疑心を募らせていくんですね?


彼の側にいたい。
彼の声を聞きたい。
彼の思いを知りたい。


そう思えるようになったのは、
八千代のあののおかげだったと思うんですね?(笑)
もしかしたら秦に恋愛感情なんて、
持っていなかったかもしれませんヨ???(暴言w)
けど繰り返し繰り返し、
夢で姿を見せられ、
常時、その耳には彼の声が反芻していればねぇ・・・・・(-.-;
そりゃ誰だってキニナルってもんですwwww
例えそれが悪夢でもwww









彼女は意を決して再び秦の下へと走ります。
そして-----------、









いや~よかったですねっ!!(>▽<)


千耶のようにイキナリでしたけどw
千歳のようにへたれでもないしww
千岳のように無駄に大事にもしてないしwww


一度目の口付けは確かに彼女を落ち着かせるものだった。
けど二度目はあくまでも、
彼女の同意を得てから・・・・・というところが、
逃げ道を塞ぐ彼らしいやり方で姑息なんだかなんなんだかwwww







おまけにこのルートでは元康が一役買ってて、
主人公がいない時には、
それとなく秦に彼女の話を仕掛け、
自らの気持ちに気づかせているし、
「私は彼女を好いているのか?」はないだろ~?w)
彼女が戻ったら戻ったで、
「よくぞお戻り下さいました・・っ」なんて、
不在の間、秦がどれほど不機嫌だったかを吹き込んでいるし・・・・・・。



あなどれんなっ! 元康っwwww
さすが毛利一門っ!
謀将と呼ばれた元就の息子だぜっwwww(>▽<)















そしてこのルートが「恋愛ルート」だっ!と豪語するには、
もう一つ理由があります♪
それが秦の一族「不知火」と、
朧八千代の一族とのつながりです。







昔々・・・・・、
朧一族がまだ十二鬼衆の一角を担っていた頃、
朧一族の頭領と、
不知火一族の女頭領は恋に落ちました。

しかしその後、
朧一族の頭領は世を混乱に落としいれ、
人間からも、
鬼からも命を狙われることとなりました。





彼は言います、
「もう悪さはしない、心を入れ替える。
 だからどうか、殺さないでくれ」

不知火一族の頭領は、
かつての恋人の言葉を受け入れ、
十二鬼衆には「彼は自らの手で殺した」と偽り、
朧一族はその後、「はぐれ鬼」となりました。






しかし不知火一族は彼が生きていることを知っています。
また、かの鬼が一族秘伝である「糸」を繰ることが出来ることも、
一族の汚点として後世、書き残していました。







秦はその末裔--------。
人の世の争い事などどうでもよいが、
それに宿敵が関わっているとなれば話は別です。

それでも・・・・・、
秦には割り切れないモノもありました。
それはかつて不知火の女頭領が下した「決断」です。









秦は彼女に問います。
「貴女なら、どうしましたか?」と・・・・・・。

彼女は答えます。
「私でも、その決断をしたのではないか」と・・・・・・。













しっかし(^▽^;
当人達がハッピーエンドなら、
周囲からじわじわ(笑)責めていこうってのがこましゲーの論理ですwwww



鬼を生み出す力を持つ朧一族の頭領、
その術にハマッて命を落とす十鬼衆はなんと三人もっ!!!
過去最大の被害を出しますっ!!!(>▽<)
月島と琴浦はまだ正気を取り戻して相打ちし、
彼女を気遣っていますが、
汐見などはがーっつり☆殺させてますからねぇ(^-^;
いいのか!? これでwww



どちらかというと、
「古い鬼の枠を崩し、新しい若い鬼達の秩序を作る」といった今回のルート。
おかげであれだけ手こずったハズの八千代はアッサリ☆殺されているしなぁ(-.-;
思えば月島・琴浦・汐見の三翁の力を受け継いだこのルート。
最強だったんじゃないだろうか(滝汗)















すべての事が終わって、
八瀬の里に戻ってきた二人は姫すらも目覚めているのではないかと期待します。
が、彼女は懇々と眠り続けるばかり・・・・。
そんな彼女の姿を見て、
各三翁を失い、
心もとなくなった八瀬の里に留まることを決めた秦。
しかし姫の目覚めと共に、去っていった秦--------。




やり方がいやらしいんだよっwwww




だって別れの言葉もなく、
約束の言葉もなく。
ただ、風のように消えてしまった秦を思って、
主人公がどれだけの思慕を募らせたことかっ!!(>▽<)
なのに彼は平気な顔をして、
彼女につけた「糸」によって、
彼女の周囲、
彼女に言い寄る男鬼、
彼女に舞い込む縁談を、
制御していたんですよっ!?




にもほどがあるwww




そんな彼女を不憫に思ったのかw
八瀬の姫君は彼女に文を持たせ、
伏見の女郎屋にいる秦を訪ねさせます。
それは彼すらも予測していなかった吉報。
涼森の頭領たる彼女の輿入れでした。

秦も、
主人公も、
お互い自らの立場、
自らの指名をよく理解していて、
一歩目が踏み出せないでいたのでしょうね(-.-;
否、もしかしたら秦の方は、
その狡猾さを持って八瀬姫以下涼森一族に、
密かに根回しをしていたのかもしれません(^▽^;
で、なかったらこんなにスンナリ☆コトが進むわけないですよね?(苦笑)








西国へと足を踏み入れる主人公を、向かえ入れる元康。
いつもの調子。けれど少しだけ、
浮き足立ってはしゃいでいるといい♪(^-^)
今度こそ、
正式な許婚として紹介されると共に、
毛利を上げて不知火一族の祝言を援助するとか♪
すごくありえそうで楽しい☆



けどそれには必ず「裏」があります(-.-;



毛利はこの頃、
別の意味で「お家騒動」の真っ只中!
秦が戻ってきたのを幸いに、
精一杯歓待した挙句、
主人公を味方に引き入れて、
またもや言いすがるに違いナイ☆
頭を痛める秦を、
そっと支える主人公の姿が目に浮かぶようですwww












元々、秦のルートのテーマはズバリ☆
「お家騒動」だと思うワケ(^▽^;
鬼側ではまさに、
不知火一族と朧一族の「因縁」があったわけだしw



西軍の総大将として出陣していた毛利輝元は、
吉川広家の工作に乗って不戦を貫きましたが、
彼は徳川家康によって言い逃れ出来ないほどの「証拠」を集められていました。
それは西軍、石田三成他諸大名と交わした「書状」だと言われています。
毛利輝元は改易(領地を奪われること)。
広家には改めて領地を授けることになっていました。
しかし広家は再三に渡り徳川家康に弁明し、
輝元を隠居させることで処分を「減封」にとどめさせたのです。











元々この広家が継いでいる吉川家は、
毛利にとっては因縁のあるお家柄w



輝元の父(元康の父でもある)元就の時代。
吉川家には興経という当主がいましたが、
元就がわが子元春をを養子に出し、
無理矢理家督を奪い取ったという歴史があります。
(後に興経とその息子は殺害された)



小早川家も同様で、
小早川興景亡き後、目の不自由な息子繁平を僧籍に入れ、
同じく元就の息子、隆景が繁平の妹に入り婿している。
(しかしこちらは田坂全慶ら重臣の殺害のみにとどまっている)







血で血を洗うような戦略ではなく、
謀略によって「西の京都」と呼ばれる領地を得、
毛利は繁栄の極みに達するが、
頂点を極めれば後は転がり落ちるのが世の習いw







西軍の、毛利一門への不信感。
この責任を取って大津城攻略へと参戦した元康。
秀元らの動きを封じた広家の行動と、
秀秋の裏切り・・・・・。
岐阜城が落ちたことで、
総大将、輝元すら出陣しなかったという一連の動きは、
後の徳川家康の「断罪」で評価することが出来る。
つまり、毛利の力、恐るるに足らず------で、ある。




こんな時期に西国へ入ったのだから、
元康にとっては渡りに船なわけでwwww




しかし毛利も負けてはいないw
輝元は表向き「隠居」という形にはなっていたが、
実権そのものを手放したわけではなかったようだ(-.-;
さすがは秦を神と崇める国だけあって、
一筋縄ではいかないなぁwwww












余談ですが・・・・・・・、
この時、毛利元康が攻めている大津城。
篭城している京極高次は当初、
西軍、石田三成についていましたが、
後に東軍、徳川家康についています。


彼の妻は豊臣秀吉の側室、淀の妹。
そして徳川家康の息子、秀忠の妻の姉でもあります。
そう考えると、
敵方であるここもまた、
「お家騒動」の渦中にあったと言えるんじゃないかなぁ?


東西お手切れとなった時代、
西軍、石田についたのは彼の妹である京極竜子が、
大阪城で人質になっていたことが大きな原因だったと考えられます。
一体彼に何があったのか?
何故妹を見捨てる形で東軍へと走ったのか?
歴史の謎の一つなのかもしれません(^-^)

スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/648-b8be72aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

源狼~GENROH~発売おめでとうございますっ! «  | BLOG TOP |  » 千岳終了w

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (89)
映画 (30)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (48)
殻ノ少女 (12)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (179)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (2)
Tâi-oân (11)
国内旅行 (263)
京都 (30)
大阪 (2)
奈良 (13)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (7)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (8)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (9)
宮城 (2)
岩手 (3)
青森 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (53)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (5)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (73)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (105)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)
エスカ&ロジーのアトリエPlus (3)
殺し屋とストロベリー (9)
ルーンファクトリー4 (1)
SWEET CROWN~午前三時のオカシな道化師~ (7)
悠久のティアブレイド-Lost Chronicle- (1)
神凪ノ杜~五月雨綴り~ (1)
Vamwolf Cross† (1)
Believer! (0)

検索フォーム