FC2ブログ
topimage

2019-08

冷静と情熱の間で2011~フィレンツェ四日目前編~ - 2012.01.18 Wed

2011年12月31日(土)
ここにホテルを取った最大の理由の日がやってきた!
それは「カウントダウン」!(笑)
今回で3回目の渡航なくせに、
イタリアで一度もカウントダウンに「参加」していないのだ!!





・・・・・・・・・・・まぁ、とどのつまり、
疲れて寝ていたんですけどね!!(T▽T)
自業自得なんですけどね!!(泣)

後は取ったホテルがカウントダウンで一番賑わっている場所から、
ちょっと離れたところにあったってコト☆
ローマのように「歩いて見て回れそうなんだけど、案外広いんだネ☆」なんていう都市では、
出来たら深夜の長距離移動は避けたいw
前回はテルミニ駅近くにホテルがあって、ポポロ広場までが3~4駅離れていたし、
日本のお正月もそうなんだけど、公共交通機関ってすごいことになりますもんね(^▽^;
スリにカッパライに置き引きにサギのオンパレードですよ!



・・・・たぶんw



経験ないがないからわからないんだけどねw









午前8時、計ったように部屋を出る☆
規則正しさもここまでくるともはや意地(笑)
てってーてきに8時出発だ(^-^;



今日はここで取る最後の朝食ということもあり、
また胃の具合が少しよくなってきたということもあって、
カフィをお願いしてみた♪
すると「アメリカン? エスプレッソ?」と聞かれるw
まぁ日本人で珈琲と言えば、ふつーにカップ一杯だよね(苦笑)



ここは気取って「エスプレッソ」を依頼♪
やっぱり美味しいっ!
これで胃さえ元気ならなぁ(-.-;










食事が終わったところで、カウンターに座るオーナーの下へ!
語学が大変「堪能でない」私は超緊張!



「明日、午前5時にここを出たいんだけど・・・」

「午前5時? すごく早いね」

「飛行機の時間が7時なんです。お願いしていたタクシーは5時に来てくれますか?」




オーナーは「大丈夫だよ」と言ってある番号を見せてくれた。



「・・・・・? 予約番号?」

「いや、違うよ。タクシー会社の電話番号さ。
もし5時にタクシーがこなかったら、ここに電話するんだよ」




い?!
タクシー会社に電話!?
私が!?



「国際電話がかけられる電話機、持ってる?」

「持ってる」

「よし、こっちが予約番号。電話してこの番号を言えばいいからね。
 もし解らなかったら僕の携帯電話に電話して」




オーナーはそう言ってホテルのカードを取ると、
一番上に記載されている番号に四角い枠を引いた。

なんたって明日は元旦。
今日は大晦日だ。
家族を大事に(しすぎる)するイタリア人w
出来たらこの日くらいゆっくりしたいに違いないww
それでもルチアーノ氏はこうして出来る限りのサポートをしてくれる。

何度説明しても扉の前で悪戦苦闘している、
日本の田舎から出てきた言葉も解さない小さな来訪者を、
いつも心配そうに、しかし仕方なさそうに見ていたオーナーw
本当に毎回毎回申し訳なかったしな(^▽^;



「チェックアウトはどうすればいいですか?」

「僕はその時間まだいないから・・・・、そのまま出てくれたらいいよ。
 清算は今しようか」




この時、思わず出た言葉が・・・・・これだ↓w(ベストハウス図鑑風にw)



「ナウ?(今?)」

「ナウ」




なうですよw
イマドキの流行語だかなんだか知らないが、
後輩にからかわれる際使われるこの言葉!

「缶コーヒー買うなう」
「失敗なう」
「fax送るなう」

・・・・・・・・・・なうなうウルセー!!(爆笑)って足上げていたんですけどねww
まともには蹴らなかったケド☆
しかしこの言葉を実際使うハメになろうとはっ!!!(>_<)



内心、「なうかよ~(爆笑)」なんて思いながら、財布を取りに部屋に戻る☆
BBのいいところはコレだよね。
5室しかないもんだから、荷物を室内に置いていても、
建物内を移動するくらいなら全然安全っていう♪







清算は以下の通り。
28日 69ユーロ、
29日 69ユーロ、
30日 99ユーロ、
31日 99ユーロ。
全朝食付(最終日は食べてないケドw)。
立地条件、サービス内容、その他もろもろ考えても、すっご安いと思う!
もちろん、タクシーとか美術館とか、オーナーが予約を受け付けてくれる。
予約金がかからないところは原則無料の完全サービスだ。
私のタクシー予約もその一つ。

またイタリアには「滞在税」という税金が導入されており、
都市によって価格は異なるようだが、
ここのBBは1泊につき☆2ホテル同様の2ユーロを求められた。
ちゃんと各ホテル、目につくところに張り紙がしてあるので安心♪
(ただし日本語で書かれているとは限りらないがw)

それを含めてもなんと344ユーロ!
おまけに冷蔵庫の中の水500ml×1本はサービス!
(値段が記載されていなかったことから、元々サービス品なのかもしんないけどw)
日本円にして約36,120円くらい。
一泊9,030円程度なのだ!!

・・・・正直、こ~れはお薦めだろう(笑)
この大変ナイスなBBはワタクシの御用達サイト「Trip Advisor」で検索が出来ます☆
皆様も海外に出られる折には是非利用してみて下さい(^-^)
(ちなみに2012年用に取ったローマのホテルも、
このサイトで検索かけてパンテオン前の超立地条件下にシングル1泊100ユーロで手配済!
もちろん朝食付です(笑))










清算も無事済ませ、「これでオーナーに会うのも最後かなぁ」と、
ちょっと寂しく思いながら元気に出発!
朝の光を浴びたフィレンツェの町は、旅行中、一番良い天気!
雲一つない快晴だった♪



観光地は散々巡ったので、今回はサンタクローチェ地区方面に足を伸ばす。
29日歩いた折には遠く感じたこの距離だが、
歩いてみるとなんてことはない、一本道なら数百m。すごく近い!
(実は29日にupしたサンタクローチェ教会の写真は、
この31日に撮影されたものw)



朝日が教会脇から昇ってきて、
朝露に濡れる石畳がキラキラ光って、
その中を時折ハトが舞っていて・・・・・・・。
すごく綺麗っ!!

fz4-1

多分、ロレンツォが騎馬試合を行った時も、
ジュリアーノがシモネッタから祝福のキスを貰った時も、
こんな光景だったんだろう。
広場を取り囲む一階部分こそ雰囲気を変えてしまっただろうが、
二階部分よりも上、そしてこの空は、あの時代と何一つ変わらないに違いなかった。










ふと・・・・・、
あんまりお天気がいいもんだから、野望がムクムク!(笑)



だって今までタクシーとか、欠片ほども思いつかなかった。
なんたってここはイタリア(笑)
ボッタクリもヒッタクリも、なんでもアリな国だ(←偏見w)
そんなイタリアで、
こんなちびっこい女が一人タクシーに乗せられて、
狭い空間で、太刀打ち出来ないようなおっきなおっちゃん相手に、
知らない場所に連れて行かれて身包みはがされてポイッてされたって、
絶対なんにも言えないのだ!(←重ねて言うが、偏見w)



だがそんな不安も吹き飛ぶような青空に、ついに私の野望が爆発したw
サンタクローチェ広場には運悪く(笑)タクシー乗り場がある。
それもただタクシーが客待ちしているのではない、
正規のタクシー乗り場なのだ!
(イタリアはオレンジに黒字で書かれたこうした場所から乗り込む以外のタクシーは危険とされている)

fz4-2

多くのタクシーが止まっているわりには、みんなのんびりとしているw
新聞を読む人、パンをかじっている人、音楽を聞いている人、寝てる人w
日本の運ちゃんもまぁこんなもんだけど、極めつけは「いない人」かなwww
タクシーに運ちゃんが乗ってない!!
どこかで朝食を取っているらしいんだな(^▽^;

何人かに目配せすると、一人の運ちゃんが気づいて指差してくれる。
どうやら彼の前の前にいるタクシーが「先頭」らしい。
結構秩序があるらしかったwww



「ヴォンジョルノ」

「どこまで?(ここのイタリア語は聞き取れなかったw)」

「ピアッツァ、ミケランジェロ」

「ヤー」




タクシーのメーターを押す。
メーターは日本式に彼らの手元にあることもあるが、
最近ではバックミラーに備え付けられていることもある。
シニョリーア~空港のタクシーはどちらも手元式だったが、
このタクシーはバックミラーだった。
ミラーに表示された価格は確か2ユーロちょっと☆
日本円にするとすごく少ない!
しかし走るうちに見る見る上がっていく!
日本のタクシーのように×kmまで一律というわけではないらしく、
×m走ったらいくらって感じらしい。
だから長距離を嫌って、短距離で稼ごうとするんだな(^▽^;

出来るだけメーターから目を離さずに、しかし外の風景も楽しんでいく。
(イタリアのタクシーメーターは簡単に操作出来るため、
目を離したスキに幾らかふっかけられることがあるw)
橋を渡って対岸へ、ドライブウェイのような道を上がっていくと、
出た! ミケランジェロ広場だ!

価格は7.2ユーロ。
0. 8ユーロはチップとして渡して外に出た♪♪♪










fz4-3

すごい、眺め!
フィレンツェの町を一望出来る場所!
綺麗な、綺麗な綺麗な、フィレンツェ!
すごい!



常に他国からの侵略に脅かされてきた土地の持つ独特の機知と、
長い歴史の中で練りこまれていた叡智。
それが今、朝日を浴びて自分の眼下に広がっている。
すごい、
すごい町だと思う。







自転車でやってきた観光客というよりも地元のおじさんに写真を撮ってもらったり、
ご家族連れで写真を頼まれたりした後に、自分も撮ってもらったり♪
そのご家族の中にかわいい男の子がいたから「一緒に写ろう」ってゆったら、
「ヤダ」って嫌われてしまったりしてw
ミケランジェロ広場は終了☆
屋台も色々出てたけど、
行った時間が早すぎてまだ開店準備中だったw







大きなダビデ像がフィレンツェの町を見下ろしている。

fz4-4

ダビデ像は共和国の象徴だ。
少なくとも作ったミケランジェロはそういった意図でいたらしい。
ダビデは旧約聖書に登場する人物で、巨人ゴライアテを倒す。
巨人は当時フィレンツェを実質上支配していたメディチを、
ダビデは市民を表し、
再び市民主導の共和制に立ち返ろうという意味合いがあるという。

風見鶏というか、なんというか・・・・・。
あれだけメディチの庇護を受け、何不自由なく制作活動させてもらっておきながら、
芸術家ってヤツは・・・・(ため息)

余談ではあるが映画「ミケランジェロの暗号」は、
広島ではほとんど上映されることがなかった(トホホw)










バスがきた。13番と書いてある。
本当は12番の方がいいのだが、
時刻表も読めなきゃ、本当に来るかどうかも解らないバスを、
もう一便なんて待てない(笑)
12番は今来た道を戻り、
13番は駅方面へ戻った後、サンタクローチェ広場までの道を周回する。
遠回りになるが一律料金なので、観光もかねて乗ってみた。
タバッキの代わりになる露天が準備中なので、
バスの運転手からチケットを買う。
2ユーロ、少し割高w

fz4-5

購入してすぐに改札機にかけるよう求められる。
黄色いボックス状の口にチケットを差し込むと、意味不明の数字が印刷された。
これでいいらしい。
ちなみに鉄道も同様のシステムな為、基本的に日本の改札のような場所はないw










アルノ川が近くなって、どうも反対方向へ行きそうな雰囲気だったので降りてみるw
図書館の通りを入り、サンタクローチェ広場に戻ってきた。
次はここを内部に入って市民の台所と呼ばれているサンタンブロージョ市場に行く。

fz4-6

以前読んだ本、「フィレンツェ雑学ノート」にタベルナコロというモノが紹介されていた。





タベルナコロとは「小屋」を意味するラテン語「Tabernaculum」に由来している。
モーセの「出エジプト」に際し、
シナイ山頂で神より授かった「十戒」を納めた契約の箱「聖櫃」を守る為、
作った幕屋をTabernaculumと呼んだという説がある。
これが後に神聖な遺品をおさめ礼拝する場所(マリア像やキリスト像など)にも、
言葉として使用されるようになり、現在に至るらしい。

fz4-7
fz4-8
fz4-9

フィレンツェには大小様式の違いを含め、1200のタベルナコロがあるという。
タベルナコロが方々に作られた時代、黒死病(ペスト)が流行し、
教会内ではその感染が広まる恐れがあったため、
開かれた場所に祈りの場を設けたのが1200という数の理由だろうか?
それにしてもすごい(^▽^;
もっとも日本の「辻堂」も、
同じように数はすごいような気もするんだけど(苦笑)







サンタンブロージョ市場は確かに、中央市場と違ってまさに「市民の台所」といった感じw

fz4-10

fz4-11

市場の周囲はぐるり露天が立ち並び、
しかもその露天は土産物ではなくフリーマーケットなのだ!
びっくりしたのが、すごくしっかりした感じのコートが10ユーロで売られていたこと!
荷物の重量制限さえなかったら買って帰ったのにっ!(笑)

野菜・果物・作ってきた菓子パンまでw
ありとあらゆる「日用品」の売られたこの市場は、
「おいしそう!」ってモノから「なんじゃこりゃ?」ってモノまで売っているw
日本では100円ショップに売っているしょーもないアクセサリーみたいなものが、
「一山いくら」くらいで売られているのだw
売る人、買う人も外国人をほとんど見ない。
こちらで人気のお店であるDa Roccoは、残念ながら開店前でしたwww










日本で調べてきた教会の中に、
バディア・フィオレンティーナという教会がある。

fz4-12

ここフィレンツェの中でも最古と呼ばれる修道院で、
起源は古く13世紀!
元々は教会に興味があったわけではなく(不謹慎w)、
こちらのシスターが作るジャムやクッキーに興味があったわけだwwww



なので正直、この教会に足を運んだものの「売店」が先w(←失礼w)

fz4-13

かわいらしい扉を開くと、
灰色の僧衣をまとったこれまたかわいらしいシスターが出迎えてくれる。
年齢は・・・・、こっちの人ってちょっと見解らないけど、初老といった感じ。
(間違っていたらごめんなさい!)



「イタリア語はわかる? それとも英語の方がいいかしら?」



もちろんイタリア語なんてまったくw解らないから、とりあえず英語でお願いする。
シスターは快くうなづいてくれて、
「これは私達が作ったものなの」と、ジャムやクッキーはもちろん、
石鹸やシャンプー、コスメにいたるまで事細かに説明してくれた。
一応、こういった説明は「相手が言葉が不自由」ということを念頭に置いてくれているのか、
それとも教会だからという理由かわからないけれど、よく理解出来るんだよなぁ(苦笑)
レジ近くに置いてあったフレイバーティーがすごい芳香を上げている!
びっくり!
日本を立つ前、奇しくもクリスマスの日に飲んだハーブティに香りが似ていたため、
懐かしくなって思わず購入(笑)
またここでも絵葉書が気になって購入すると、





「それは聖ベルナルドゥスなの」

「え? ベルナルド!?」

「そう」






シスターは嬉しそうに教えてくれた。

fz4-14

もちろん、私だって聖ベルナルドを詳しく知っているわけではない。
その絵葉書がフィリッポ・リッピの作品だということと、
また聖ベルナルドの説法により、漫画「花巡礼」にあるアリエノール・ダキテーヌの夫、
フランスのルイ七世がエルサレムに出陣したことくらいだ。
映画「ダヴィンチ・コード」にも登場するテンプル騎士団はこの十字軍の遠征に参加。
ルイ七世を助けて奮戦した。
日本人である私の知識なんてこの程度で、本当に申し訳ないくらいだったんだけど、
観光客のほとんどいないこの教会が、
一番神聖で、一番優れていたように感じたのは、多分、間違いではないと思う。








新年が近かった教会内は、熱心に祈る信者が数名、いただけだった。
極たまに教会内を訪れる観光客らしい人もいたが、
皆、一様に作法を心得、見ていて驚くくらい静かだった。



物音一つしない静寂の中、
信者でもない私は席につくこともはばかられるようで、
ずっと、立ち尽くしたままでいた。
事実「信者専用」と言わんばかりに、
鎖で遮られた教会内には、足を踏み入れることが出来ないのだ。
もちろん、鍵がかかっているわけでも、とがめられているわけでもない。
中には鎖を外して入る人だっている。
けど私には出来なかった。

十字架の向こうから、正午になろうとする強い光が差し込んでいる。

fz4-15

複雑に組まれた木々の装飾、
万事控えめな彩色が、
旅先でとんがっていた心を和らげてくれる。
シスターが数人、横を通り過ぎて、
「入らないの?」「座らないの?」といった風に一瞥をくれる。
けどそんな心遣いだけで、私には十分だった。



どれくらいそこにいたろうか?
人の入りが少し増えてきた。
祭壇には何度か若い男性が現れ、なにやら準備をしている。
今度は少し年配の男性が現れた。
シスターたちも集まってくる。
「まずい! 礼拝か!?」
慌てて外に出た。
扉二つ越えた世界は、喧騒にまみれたいつもの風景だった。







胸に詰まった息を吐き出すかのように、ゆっくりと深呼吸した。
外に出てみても、これが教会!?と思えるくらい質素な造りをしている。



ここには月曜日午後3時から6時限定で公開される「オレンジ回廊」と呼ばれるフレスコ画があって、
聖ベルナルドゥスの生涯をつづってあるそうだ。
いつか見てみたいものである(^-^)
けど到底、怖くて入れそうにないwwwww




~後編につづくw~



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/401-3741f323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

冷静と情熱の間で2011~フィレンツェ四日目後編~ «  | BLOG TOP |  » 冷静と情熱の間で2011~フィレンツェ三日目~

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (84)
映画 (29)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (47)
殻ノ少女 (11)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (168)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (1)
Tâi-oân (1)
国内旅行 (224)
京都 (30)
大阪 (1)
奈良 (12)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (11)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (5)
島根 (6)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (6)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (18)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (24)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (30)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (0)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (52)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (4)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (70)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (104)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (20)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)

検索フォーム