FC2ブログ
topimage

2020-03

守攻略中ww - 2011.07.28 Thu

一度はずみがついてしまうと、
止められなくなってしまった守ルートwwww
攻略中ですwww









7月半ばで止まっていたはずなのに、
気がつけば1月末まで進めているというwww
一度タガが外れてしまうと、
その後はどうあっても止まらない思春期のオトコノコのような攻略法ですwww








今回の守ルート、
確かに主人公は本編でも両親の事や周囲に気を使ってか、
優柔不断な部分が多々感じられましたが、
このルートではそれが顕著に出ていますねぇ(>_<)


海水浴で守に相談するシーンや、
花火大会で守に相談するシーンなど、
守でなくともイラつくだろうwwww
一体お前は何がしたいんだ!とwwwww








藪入りイベントではまさか守が主人公の田舎にまで同行すると思っていなかったので、
これにはびっくり!!
しかし他のどの兄弟よりも、
なんだか現実味があるというか、
肉感的というかw
そんな不思議な臨場感があって面白かったです(^-^)

やっぱり宮ノ杜のご兄弟は雲の上の人であり、
その生活スタイルや志向もちょっと庶民である主人公とはかけ離れています。
そんな中で守は民草と共に生活をしてきた為か、
すごく親近感があったんですよねw



洋装が珍しくない銀座では浮くかもしれませんが、
着物が平服の庶民としては、
袴姿の守が一番、主人公にピッタリ☆くるように思えます。
高い身長から降ってくる、声。
広い背中。
父とは違う、男の人の匂い。
そんなモノが感じられるこのルートは、
なんだかちょっと・・・・・・・・・・・・・・(










そして進ルート以上に、
守の両親に対しての説得にも力がありましたねw
進は所詮、宮ノ杜を出たことのない人間ですから、
見聞きしただけの知識でしゃべっていたと思うんです。
けど守は違う。

主人公が縁談を断れば、
同じ集落内での確執やいざこざに否応なく巻き込まれるはず。
すべてが集落単位で行われていたこの時代に、
それがどれほど実家にとって損害になるかを理解して、
それでも主人公に味方しているのです。







なんだか切なかったですね(T▽T)







実家に泊まらないと決めて、
近隣の温泉に宿を取っていた理由も、
説得力がありましたねぇww

いくら偽の婚約者を演じているとしても、
主人公が嫁入り前の若い女性であること。
破談になることが解っていたし、
それでなくとも婚前という立場です。
主人公に少しの傷もつかないよう配慮しているところが泣かせますっ!!






まぁその後刺客が送られてきて台無しになってしまったんですがwwww
これは仕方ないですねwwww
しかも死体から目をそらせる為に抱きしめるだなんてwwww
ベタすぎっwww









主人公も馬鹿ではありません(抜けてはいるかもしれませんがw)。
守が汽車で半日もかかる自身の実家に同行してくれるなど、
裏があると思わざるを得なくなったようです。

問いただす主人公。
守はこの時、誤魔化すことも出来たでしょう。
しかししなかった。
否、出来なかった・・・・といった方が正しいかもしれません。
帝都に戻り、
薄々何かあると感じていた主人公に対して思惑を吐露します。
もう、騙していることに耐えられなくなったかのように・・・・・・・・・・・・・。







この頃、守は常々疑問に思っています。
澄田の分家、三治を巻き込んだこと。
御杜守としての、出版社の人脈もあり、
正直、主人公からうるモノなど、たかだか知れた情報だったでしょう。
それでも、守は主人公を離さなかった。
何故か?
守は気づいていません。
気がつかないようにしていたのでしょう。きっと。










自身が利用されていたと知り、
思い悩む主人公。
それはたえや千富を巻き込んでいきます。

後々の千富のセリフがよかったですね!!






「私はご両親から、あなたを預かっているのですよ?」






この時代には、こうした考えが強かったと思います。
丁稚奉公という言葉があり、
大家と言えば親も同然店子と言えば子も同然だった時代です。
それはある意味、
とてもよいシステムだったと私は思うのですが、
さすがに今の世には合いませんねwwwww










そして、9月。
佐伯の演説会において佐伯首相は襲撃され、
勇は凶弾に倒れます。
これについても「ああ、そういうことだったのか!!」と、
妙に納得しました。


何故、佐伯首相が暗殺されなければならなかったのか?
これは最大の疑問でした。
本編でも「そういう依頼なのでな」と、
佐伯自身に語りかけているところからして、
守の意思ではなかったということが判明しています。
それがまさか!
次期首相候補と呼ばれた川村議員の依頼だったとはっ!!!


いや~・・・・・、いですねwwww
色んな場所で利権が絡み合っているのが、
裏ルートからは見えてくるのが面白いですwwww
確かに佐伯首相は暗殺される可能性が高かった。
しかしそれは首相と名のつく人間であれば、
誰しもが抱える程度の悩みだった。
と、すると、何故暗殺が成功したのか?
それは一重に、彼と同等の力を持つ人間の仕業だった・・・・・・。
上手くまとめてあります!
スゴイッ!!






喜助の情報が一歩遅かった為に起こった、事件。
主人公は喜助を追って音楽ホールへの道をひた走ります。


そこで初めて、守の正体を知るのです。












ここからは笑いましたねー(>▽<)
なんなんだ一体wwww


守を思って主人公が屋敷を抜け出す、
これはいい。
街で偶然、守に会う。
これもいい。


しかしその後、
守の家に転がり込んだのはいきすぎだと思うわけだっwwwww









主人公にしてみたら、
なんとか守の宮ノ杜家襲撃を阻止しようとしていたのかもしれません。
しかし守自身が言ったように、




「男の根城に転がり込むなどと正気の沙汰ではない




想像するだけで笑えますwwww
きっと主人公は持ち前の天然さで、
普通に守と生活していたに違いないからですwwww

普通にそこへいて、
普通に食事を共にして、
普通に会話して、
そして普通に布団を二つ並べてたに違いありませんwwwww





このシーンばかりは守が気の毒になりましたwwww
可哀想に、守wwww
隣ですやすや、穏やかな寝息を立てている、
少なからず気になっている少女。
あんまりにもあんまりな仕打ちwwww
爆笑ですwwwww







そんな生活を5日も続けた守の理性ってすごいwwww
どこかの大佐や、
どこかの芸者モドキに見習わせたいわっwwww









この辺りから少しづつ、
恋愛要素が見え隠れしてきます♪♪♪
そして10月-------------。
守の殺意は、誰も止めることが出来ませんでした。
佐伯首相は暗殺され、
任務を終えた守は帰路につきます。

そこで待ち構えていた、父玄一郎。








後に守は、この時のことを主人公に話しています。
その口端にはわずかな笑みが浮かんでいるようにも見えました。


顔を知っていた、父。
しかし父は自身の顔を知らなかったはず。
それでも、父は自身に気がつき、
その名を呼んだ。


サナ枝のように、
本来なら忘却の彼方へ押しやっていて当然の記憶だったかもしれません。
なんといっても10年も前の話です。
しかし父は気がついた。
自分が「守」だということを----------------。








血なまぐさい現場において、
かすかな希望の光が見えたとしたら、
この一言に尽きるのではないでしょうか?

静子と別れた後、交際を重ねていた守の母、シズ江。
守を身ごもった折、
玄一郎の求婚を断ったシズ江。
守を連れ、逃げるように玄一郎の前から姿を消した、シズ江。
守を執拗に手に入れようとした父、玄一郎。

二人の間に愛がなかったと、
どうして言えましょう。
文子同様、
玄一郎がシズ江に求めたモノ。
それは単なる愛でした。
無償の愛でも、博愛でもなく、
対等な立場の人間として、愛し合うことで築かれる絆でした。






サナ枝の思惑も今回は出張ってきていますwww
サナ枝がどうしてあれほど玄一郎を恨んでいるのか?
形は違えど、
サナ枝はサナ枝なりに、玄一郎を愛していたことが読み取れます。

いつも「宮ノ杜」と蔑んでいたサナ枝が、
玄一郎のことを語る時、「宮ノ杜様」と言っているんですね?
それは相手に好意とか、
尊敬の念がないと出てこない言葉だと思うわけです。

サナ枝との結婚はまさに「政略結婚」だったことでしょう。
また当時であればサナ枝の実家、澄田の力が強く、
その為、サナ枝には結婚「してやった」という妙なプライドがあったのではないでしょうか?
だからこそ、
結婚して正を身ごもった頃、
本当に彼に惹かれ始めた頃には別れが訪れ、
その為、素直になれないままに玄一郎の下を去らねばならかったとしたら・・・・・・・・・。
それはとても寂しいことだったと思うわけです。









その苛立ちのすべてを、
シズ江にぶつけたとしたら、
シズ江にとってはたまったものではありませんが、
彼女は彼女なりに、精一杯息子を守り、
宮ノ杜の包囲網をかいくぐっています。

6兄弟がそれぞれに、
母親の手元で育たなかった境遇を思うと、
果たしてどちらが幸福だったのか?
それは誰にもわからないことだと思うのです。













この頃の玄一郎と平助は結構どころかかなりヒドイですねwww
守が自身を殺せないとタカをくくっているようですが、
その自信が一体どこからくるのか聞いてみたいですwww
9月、主人公が宮ノ杜の屋敷に戻った折、
守との接触があったことを知り、
主人公を解雇せずそのまま勤め続けることを容認します。




「奴は守に接触した。
 したのに殺されなかった。
 と、いうことは殺せなかったということだ」





彼女に利用価値があるとしたら、
それだけだったのでしょう。
一種の人質として。
彼へのけん制として。
玄一郎は主人公を飼うことにしたようです。












佐伯首相は偶然、「華ヤカ哉、我ガ一族」を手に入れ、
守が三治に接触し、
川村議員は守に佐伯総理の暗殺を依頼し、
サナ枝によって三治は特高への異動を容認され。



それぞれの思惑が交錯する中、
澄田は守によって転覆させられます。
情報戦、諜報戦のなせる業。
雅ルートほど殺伐としたモノはありませんでしたが、
そういう戦いにおいても多少の地の利がある・・・と、思わせるイベントでした。












大正博覧会に守と共に行かせてみたり、
自身を狙ってくると解っていながら別荘行きを中止してみたりと、
その行動が不可解な玄一郎ですが、
予想外のことが起こりました。
守が主人公を切ったのです。






守にしてみれば、主人公はきっと逃げ出すと踏んでいたのでしょう。
だから刃を下ろした。
が、主人公は逃げなかった。
逃げるわけにはいかないかったのです。







結果、主人公は倒れ、
その音を聞きつけたたえは悲鳴を上げます。
目の前で連れ去れていく、主人公。
たえがその後、必死で探したのは至極当然のイベントでしたが笑えましたwwww
いや~、たえに勝とうなんて100年早いですよねwww
三治も勝てませんでしたが、
中ボスもダメとはwwww
きっと彼女はラスボス(玄一郎)にだって勝てるに違いないwwww
第二の千富を見ているようでしたwwww










しかしここからはモロ悲恋ルートが用意されているようで、
ちょっとツライwww
1月末だしな~w
後二ヶ月だしなぁ~ww


なんといっても川村議員との確執もあるし、
澄田の転覆事件もある。
正ルートで出てきた喜助軟禁も、
サナ枝が起こしたものとは考えにくかったわけですが、
捕らえたのが守だとしたら十二分に納得が出来るわけです。









起こってしまったことは、消せない。



過去が消せないと言ったように、
彼が起こした事。
起こした罪は償われねばなりません。



主人公はそこを千富に突かれ、
一瞬、言葉を失います。










名も数も覚えていないほどの、殺人。
佐伯首相暗殺というテロリストとしての、顔。
家宅不法侵入や文書偽造。
上げればキリがありません。
それらのことをすべて理解して、
守はこれまで修行を積んできたつもりでした。



が、主人公に出会ってしまったことで、
その決意が揺らぎ始めています。
失うモノがない者と、
己の未来を必要としない者は、
ある意味誰より、強い。
喜助が言ったように、
どの兄弟よりも強いと言われた所以はきっと、
ここにあると思うのです。










夢の終わりが近づいて、
守はどう結末をつけるのでしょう?
御杜守としてのエンドマークは、
一体どうつけるのか?
その辺がとても気になるのです(>▽<)
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/306-fee420f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

守終了wwww «  | BLOG TOP |  » 宮ノ杜家当主ノ背中

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (88)
映画 (29)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (48)
殻ノ少女 (12)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (179)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (2)
Tâi-oân (11)
国内旅行 (263)
京都 (30)
大阪 (2)
奈良 (13)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (7)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (8)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (9)
宮城 (2)
岩手 (3)
青森 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (52)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (4)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (73)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (105)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)
エスカ&ロジーのアトリエPlus (3)
殺し屋とストロベリー (9)
ルーンファクトリー4 (1)
SWEET CROWN~午前三時のオカシな道化師~ (6)
悠久のティアブレイド-Lost Chronicle- (0)
神凪ノ杜~五月雨綴り~ (0)
Vamwolf Cross† (0)

検索フォーム