FC2ブログ
topimage

2020-04

雅終了♪♪♪ - 2011.07.25 Mon

雅ルート終了しました~♪♪♪










一番、 え た wwww
雅ルートぱねぇwwwww
かっこいいですよ! 六男っ!!
最後の最後のラスボスが出てきたみたいですっ!!
かっこいい♪♪♪



このルートに比べると、
あれだけハラハラドキドキしたはずの正ルートや、
ロマンスという四文字がピッタリ☆な勇ルートも霞んでしまうから不思議www
それくらい怖かったルートでしたwwwww













「暗躍」「浪漫」「降嫁」「策略」「恋愛」ときてww
最後の言葉はやっぱりコレでしょう!
「謀略」wwww
この二文字がピッタリ☆ですよっ! 雅っ!!!(>▽<)






当初から当主、玄一郎に「把握しにくい息子」と評されていた、雅。
それは多分玄一郎にとって、
最大の評価だったに違いありません。
一番、解りづらく、
一番、把握し図らいということは、
一番、自身に近い・・・ということになります。



ある意味、長男としての重責を負わされた正や、
国の為にと実直真面目に働く勇は、
玄一郎にとって御しやすい息子としか映らなかった。

一番、目をかけた茂は宮ノ杜を捨ててしまうし、
後ろ盾のない進には正直、何の期待もしていないはずです。
(事実ラストはそんな感じだったしなw)
博はすでにその血筋にしか意味がなくなっていました。
では、雅は・・・・・・・・・?









京都の老舗呉服屋「井村」の一人娘、千代子。
玄一郎は何を思って彼女と結婚したのでしょう?


サナ枝には家柄、
トキには歴史、
静子には人脈、
文子には愛情、
ヨシには政治と、


それぞれ玄一郎にとって必要なモノが、
彼女達のバックグラウンドにはありました。
(文子だけはちょっと違いますねw
 ある意味、彼女とのルートには玄一郎の人間味を一番感じることが出来ました♪)







大正時代、確かに紡績事業は斜陽だったかもしれません。
明治維新後、大久保利通卿によって日本の紡績事業は大きく躍進し、
当時の内務省によって多大なる利権を獲得していたはずです。

映画「あゝ、野麦峠」(主演 大竹しのぶ)に代表され、
当時の風俗や習慣を読み解く上で大変貴重な文献である「女工哀史」が1925年(大正14年)の話ですから、
本作品の舞台である1921年(大正10年)と大差ないことがよく解ります。
そんな格差の大きな社会を、
この紡績・呉服屋・千代子という素材を通じてゲームの中に組み込んであるとしたら、
とても面白いことだと思うわけです(^-^)














しかし・・・・・・・・・・・・・・・・、
個別ルートに入った頃の雅ルートってば、
まさかネタルート!?と驚愕してしまいましたwwww
だって最初がアレなんですっ!!
アレなんですよーっ!!(>▽<)
ハプニングちゅーシーンwwww(爆笑っ)




これってば雅恋の壱号ルートみたいですよ(-.-;




夏の藪入りイベントの時も思いましたが、
雅ってどこかズレてるwwwww
(いいのか、それでwwww)
図らずも主人公を押し倒してしまった時には、
冷静に「あ~、こいつの体ってこんな風に出来てるのか」的感想の方が強かったしw
舞踏会で「踊る」と決めた時には、
ドレスまで買ってやるって甲斐性を見せているのに、
すごいツンデレだしwwwww



勇に踊りの稽古をつけてやるって言われて困惑している主人公に対して、
あからさまな嫉妬をぶつけているかと思いきや、
踊っている最中に抱きしめてキスしてしまった後は、
冷静に対応しているしっwwwww



何!? 責任とって結婚とかっ!!!
ありえないからっw(←雅風にwww)
何の本に出てたんだ、その話wwwww










ま、まぁ当時の風習として、
何をしようとも男は甲斐性、
女は不貞と信じられていた世の中ですw
そんな中で公衆の面前、しかもファーストキスを奪ってしまった雅としては、
当然の処置だったのかもしれませんが・・・・・・・・・・・・・、




えっ・・・・と?(笑




雅が事あるごとに口にする、
「きっかけなんてどうでもいい」は、
確かにそうかもしれません。
また「大事なのはその後でしょ」もまた、
それはそれで理解出来ます。
しかし・・・・・・・・・・、





オ マ エ 絶 対 B 型 ダ ロ !?





なんて言いたくなってしまうわけですよっ!!!
何、その合理化wwww
是非に及ばずって感じwwww
笑わかすっwww(>▽<)














けど、所詮は16歳。
主人公にしっかり☆言いくるめられてしまう辺り、
かわいいですよね♪
側にいてくれるなら、
結婚も専属使用人も同じでしょ?という主人公の策略に、
ちゃっかり☆ひっかかってしまっている辺りのギャップにえwwww
いいなぁ、こんな16歳w



けど上5人の兄弟に比べ、
明らかに経験なさそうな雅が一番手馴れていそうに見えるwwww
怖いっ!!!(爆笑っ)
それが大正博覧会での一幕っ!!








「僕、もう一度したいんだけど」


「こういう時には目、閉じるものじゃないの?」







「じゃ、するよ」










するって何!?(爆笑っ)

口の持っていきかたとか、
首の傾げ方とか!!
オマエ何を勉強しているだwwwwと、
叫びそうになりましたwwww




えたwwww














しかし、ここまででした、ね(-.-;
主人公が専属使用人に落ち着いた頃から、
少しづつ周囲の歯車が狂ってゆきます。



まず一つ目の歯車は、雅の母、千代子でした。











雅は彼女が嫌いです。
それは単なる嫌悪感からだけではなく、
彼女自身が実家と嫁ぎ先の思惑に流され、
その流されていることすら気がついていないように見えたためです。

幼い頃にはそれでも、
母と慕っていたかもしれない、雅。
その雅が彼女と口を利かなくなった理由を、
千代子が理解出来ていないと思っていた雅。





しかし事実は違いました。
なんとネグレクトwwww





各母親は形は違えど、
息子達をちゃんと愛していました。
あのサナ枝ですら、です。

が、雅の母千代子は違っていました。
玄一郎との結婚も、
息子である雅のことも、
何一つ、認めていなかったのです。






実家井村にとって必要な財力、
それをつなぎとめる為だけの、道具。
父に、夫に蔑まれ、
それでも、言いなりになるしかなかった千代子。
そんな彼女が雅という、自身よりも弱い立場の人間に対して、
牙をむくのは至極当然のことのように思えます。

現在社会問題となっているこのネグレクトは、
当時の社会でも多く見られたそうです。
現在、取りざたされているのは氷山の一角であり、
まだまだ、表に出てこない暗部に泣かされている子供は沢山いるものと思われます。
まして当時の閉鎖された社会では、
致し方ないことだったのではないでしょうか?








自身が嫌っているからといって、
相手から嫌われているとは思っていなかった、雅。
しかし心のどこかでは、解っていた雅。

事実を突きつけられ、
心の置き所がなくなってしまった、雅。










彼を立ち直らせようと叱咤した喜助の、最後の言葉。





「そういう、命令ですから」





あれは誰の命令だったのでしょう?
喜助に命令出来る人間など、一人しかいません。
玄一郎は玄一郎なりに、
父親として彼を心配していたのかもしれません。

雅が幼いように、
親子ほど年の離れた妻千代子もまた、
思い悩んでいることを玄一郎は知っていたのでしょう。
不器用な夫は千代子のこともまた、
彼なりの愛情を持って接していたのかもしれません。












父を恨み、
母に見放された雅に残された希望。
それは主人公の人としての暖かさでした。





この頃、雅は一人の人間を探しています。
父、玄一郎を傷つけられる人間。
そう、暗殺を生業にした人間を---------------。


喜助にも相談はしていますが、
雅にとって彼は「父とのパイプ役」。
つまり都合の良いデータを父に流せる人間であったと考えられます。
茂が三点を獲得したように、
殺意を抱くほどの強い信念を持った人間を欲していると分析した雅は、
独自に探索を始めます。
そこで知り合った、一人の青年。
コレが御杜守でした。










進が、博が騙された守の接触方法ですが、
雅には通じませんでした。

足音を出さず、
往来の中でわざわざ自分に接触してくる。
それだけで彼のセンサーは反応したに違いありません。
しかし守もまた、
そう易々とのったりしませんwww
これが16歳と26歳の会話か!?と疑いたくなるくらい、
殺伐としていて怖いですwwwwww
す ご い(^▽^;
コレ以前にも玄一郎に対して対等に渡り合ってきた雅ですが、
なるほど、当主が苦手とする理由もうなづけますw




「頭が切れる」




単に賢いと、
優秀だ、と、いうのではなく、
情報収集能力、
分析能力、
そして判断能力と予知能力といってよいほど先見の明がある。
16歳という年齢、
華奢な体格と、
非力を補って尚余りあるその洞察力!!!







ぱねぇ・・・・・・wwwww







こっこからは!
すごい諜報戦、情報戦のでしたねwwww
父を殺害(未遂)を依頼する為、
守との交渉を続ける雅。

その間に玄一郎も手を打ちます。
雅が一番大事に思い、
その弱点ともなった主人公。
コレに玄一郎は着目します。






自分を律し、
めったに感情を表に出さない、雅。
主人公の解雇はそんな彼の心に小さな風穴を開けました。







しかしすごいなぁと思うのはここからですwwww
千富が平助と玄一郎の不条理に怒り心頭な最中。
雅は一時的に感情を爆発させますが、
すぐに鎮火させ、自室に一日こもって頭を冷やした後、
次の一手に出ます。


しかしその一手は玄一郎に読まれた一手でした。
この辺はまだ雅が幼く、
また人間らしい片鱗を見せた一例として、
ホッとさせられるエピソードですwwww










部屋をそっと抜け出した雅は、
主人公の実家へ向かおうと駅舎を目指します。
そこに偶然通りかかった母、千代子。
そして父、玄一郎-------------。



彼は待ち伏せされた両親によって、
拉致監禁されてしまいます。
これもすごい(^-^;



猿轡を咬まされ、縛り上げられ、
監禁された音楽ホールの中で、
雅は半ばやけくそになっていたのかもしれません。
しかし彼の撒いた種は無駄にはなりませんでした。
一つ一つ、芽吹いていくからです。













守によって助け出された雅は、
父親の殺害を依頼してすぐに列車に飛び乗り、
主人公を連れ戻すことに成功します。
帝都に戻った彼の下にもたらされた情報は、
玄一郎の入院でした。




しかしこれでコトは収まらないw




玄一郎が少し大人しくなると、
今度は守が雅に襲い掛かります。
守は玄一郎への殺意を雅への復讐に切り替え、
彼が苦しむのを至上の喜びとしたようでした。




「父様の攻略が終わったと思ったら・・・・」




雅は歯噛みしたことでしょう。
主人公を連れ戻し、
当主となる意味ももはや不要となり。
この暖かささえ、
この女さえ側にいてくれたら、と。
そう至福の時間をかみ締めていた直後でしたから・・・・・・。









守の快楽の為に、
再び雅は当主となることを宣言します。
しかし相手は暗殺者。
それを生業にしているくらいの、練達。
雅はそれまで敵対関係にあった父、玄一郎から、
思いもよらない後押しを受けます。
それは守の調査書。
それも随分昔の資料でした。





「この件を上手く処理出来たなら、残り五点を与えよう」




玄一郎は言いますが、
雅にはすでに点数はどうでもよいモノとなっていました。
しかしこの資料は大きな武器になる。
主人公を連れ、守と対峙した雅は、
彼女から見て、まるで知らない人間のように映りました。
コレが彼の本性。
彼の真髄だと、主人公は信じたくなかったに違いありません。















玄一郎の攻略、
守の攻略。
そして再び玄一郎が動きます。

彼の能力を高く評価した玄一郎と平助の二人は、
雅から主人公を引き剥がすことにしました。
今度は解雇という形ではなく、
主人公の「失踪」という形をとります。
それは彼女がいかに、
周囲から愛され、
信頼されていたかを物語るエピソードですね(^-^)
千富もたえも、すごい心配したと思うんですよ(>_<)
ある日突然、
何を言う訳でもなく荷物ごとなくなっていて、
実家にも戻っていないというのですからっ!!











雅は再び、父親と対峙することになりました。
守を使って・・・・。










一度発芽してしまった種は、
もう二度と種の状態には戻りません。
一度、契約してしまった絆は、
なかったものに出来ません。
例えそれを、片方が白紙に戻そうとしても、無理なのです。




雅は怒りにまかせ、
守に玄一郎殺害を命じます。
正々堂々と、正面からwwww













結局、守は玄一郎を殺害出来ず、
平助によって帝国華月ホテルに身を寄せていた主人公も、
いずこかへ行方をくらませてしまいます。

そして、半月----------------。







ようやくのことで喜助が探り当てた情報によると、
主人公は京都へいるとのことでした。
それも自身の母親、千代子の下へ身を寄せているというのです。







まさに寝耳に水の雅。
この半年、
帝都を探して探して、捜し歩いたであろう彼の心には、
怒りと、それ以上の喜びがあったことでしょう。
列車に飛び乗り、京都へと向かったのでした。








一方主人公は、
玄一郎に強く口止めされていることや、
半ば人質に取られているも同然の肉親のことも思い、
雅に連絡を取ることが出来ずにいました。
千富にも、たえにも、
きっと手紙を出したかったに違いありません。
帝都を離れたことで、
玄一郎の探索の手も緩んでいるはず。
そうは思えど、今度は雅への思いもあって踏み切ることが出来ません。

すでに当主となっているであろう、雅。
そのことを思うと、
身分さもあって怖くなったに違いありません。
しかし----------------。











怒ってましたねーwwww
雅wwww

母親との確執云々の話や、
帝都での共同経営の話も、
それはそれで本当に良い話だったのですが、
なにより大人気なく雅が主人公を叱っているあのスチルwwww
すっごかわいいっ!!(>▽<)
惚れるっ!!




しかし千代子はすごいと思うのです。
婦人活動なんて表立ったことをして、
えらそうなことをのたまっていたヨシが、
父親の死亡と共にその活動を辞めてしまってるのに比べ、
千代子は自分のやりたいこと。
やれることを見つけて親元を離れ、
一人で生活の糧を得ようとする女事業家になったのですから!













宮ノ杜に戻らなかった主人公。
千代子の下で、
キャリアウーマンとして歩き出した主人公。

そんな主人公に対し、
尋常高等学校を卒業後、
帝国大学、大学院を卒業し、
法学を学んだ雅が彼女を迎えに行く日も、
そう遠くないように思えて本当に楽しみでっす♪







・・・・・・・・・・萌えに任せてすっげ長くなってしまったこの感想ww
カヌチ以来の長さかと思いますが(^-^;
まぁ読んでいらっしゃる方もいないだろうということで、
ご勘弁いただこうかと思いマス☆
あ~早くファンディスクが出ないかなぁ~♪♪♪(
スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/303-90938292
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

守攻略中w «  | BLOG TOP |  » 博終了(怒っ)

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (89)
映画 (30)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (48)
殻ノ少女 (12)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (179)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (2)
Tâi-oân (11)
国内旅行 (263)
京都 (30)
大阪 (2)
奈良 (13)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (7)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (8)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (9)
宮城 (2)
岩手 (3)
青森 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (53)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (5)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (73)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (105)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)
エスカ&ロジーのアトリエPlus (3)
殺し屋とストロベリー (9)
ルーンファクトリー4 (1)
SWEET CROWN~午前三時のオカシな道化師~ (7)
悠久のティアブレイド-Lost Chronicle- (1)
神凪ノ杜~五月雨綴り~ (1)
Vamwolf Cross† (0)
Believer! (0)

検索フォーム