FC2ブログ
topimage

2019-12

富士山に行ってきました2019~富士登頂~ - 2019.07.22 Mon

2019年7月14日(日)、
トタン屋根を打ち付ける雨音で目が覚めた。



この日の天気は「雨」。
というか嵐w
午後8時には床についたというのになかなか寝付かれず、
午後9時43分に目が覚めて一度トイレに立ち、
午前3時頃まではなんとか眠ることが出来た。



この頃---------、
ご来光を望むべきもないけれど、
予定通りに「出発」したツアー客達が騒がしかったのだろう。
再び眠りについた後、本格的に目覚めたのは午前4時過ぎのことだった。













本来であれば----------、
皆々様方の「足手まとい」にならぬよう、
少し時間を置いて出発する予定だったのであるが、
どうにももう眠ることなど出来そうにない(^▽^;
周囲の騒がしさは時間を追って酷くなるし、
何より隣室の「いびき」がすごかった為だ(苦笑)


朝ごはんにと昨夜渡されたご飯には手をつけなかった。


炊き込みご飯にシャケの乗った、
見るからに硬い米は胃にこたえそうだったからだ( ;∀;)
手持ちのセブンイレブンのおにぎりを2つ頬張り、支度を始めた。











階下ではどうやら靴を間違えて履かれた男性が怒っている。
相手は外国人(K)、
言葉が通じない上に「これは自分の靴だ」と言い張っているようで、
宿の主人も困り果てている。
・・・・・・・靴箱はあるが、
山小屋では靴箱に入れない方がいいのかもしれない(-.-;
事実、東京・浅草に旅行した際、
食事処でわらじを脱いだ男性客が意図的に靴を履き間違われたという場面を目撃したことがある。
旅先に「ボロ」を履いていって、
綺麗な「靴」で帰っているとはよく聞いた話だが、
21世紀にもなったここ日本でまだこのような「事態」が起ころうとは・・・・・・( ´Д`)=3











結局---------、
日本人客が撮影していた「写真」が決め手となり、和解したらしい。
しかしすでに間違われて履かれた後なので、
靴をぐしょ塗れにされたには違いなくw
「友好的に」握手を求める外国人に対し、
日本人の表情はどこかぎこちなかった(^▽^;











宿を出たのは午前6時半。
杖に焼印を押して貰っていざ裏手に回ると・・・・・・・・・・・、





富士山七合目
ふざけてンの?




え? さっきまで地面だったよね?
それが何? 裏手に回るだけでどんだけなの?
てかこれ岩場じゃないの???
嘘でしょ~????( ;∀;)





朝っぱらからコレかよっwww





・・・・・・・・同僚が言っていた、
「七合目から八合目が一番キツい」とはこのコトだったのか( ´Д`)=3
仕方ないので岩場に手を伸ばして、
うように登ったw
後ろからはどう見ても小学生(もしかしたら幼稚園かもしれない)子供が、
父親に連れられて登っていた。













富士山八合目1




この辺りからもう記憶はないw





富士山八合目2





登るにつれて雨は酷くなり、
まとわりつくような「水氣」が発汗を遮っている。
それが幸いにして---------、
空気が薄くなるのを緩和してくれているように思え(笑)
この旅最大の懸念であった高山病には一度もかかることはなかった。











何度も何度も足を止めた。
呼吸は乱れ、息は上がり、
心臓はバクバクと音を立てたが、
幸いにして10分も休むと嘘のように収まる。
急激に悪くもなるが、回復も早い私の体は、
富士山という極地にいても同じらしい(^-^;











八合目のトモエ館さん前で一息ついた。
・・・・・・・本来であればここで荷物を預け、
山頂を目指す予定であったのであるが、
すごい人でね?(苦笑)
お客さんがあまりにも多かった為に、入り口はいっぱい☆
頼むこともはばかられ、結局そのまま持って上がることにしました(^▽^;






よく体力あったよなw






トモエ館さんの前には「鳥居」があった。
(驚いたのは「今上帝」の文字が刻まれた石碑が根本に横たわっていたことだw)
「ここ」から、神社の「境内」という扱いになる。
つまり「社」の中。聖域だ。
雨は一層強くなり、カメラを出すことも叶わなかったので写真はないw
鳥居をくぐると、
休む場所を求めてアジアの方が何度も山小屋へ交渉しているが見えた。





富士山八合目3






けぶる雨の中に、いくつ目かの「鳥居」が見える。
行けども行けども「八合目」の表記☆
どれだけ登れば九合目に到達するのか(#・∀・)





ようやく、岩場を乗り越え砂地というよりも軽石の密集した道に出た。
妙に腹が空いて時計を見るとなんと正午w
私の腹時計は一ミリのズレもないらしい(^▽^;
仕方ないので雨の中、
カバンを下ろしておにぎりを出したw
音もなく、ただひたすら黙々と歩く人の群れに背を向け、
おにぎりをほお張る姿はさぞ奇異に見えたことだろうw
それでも---------、
背に腹は代えられない(^▽^;
腹が減っては戦は出来ぬ、である☆






富士山九合目






腹ごしらえを済ませ、再びしびれる足に鞭打って山頂を目指す。
十m歩いては休み、
数m歩いては立ち止まって、
登るにつれ、酷くなる風に身をすくませながらやってきたのが・・・・・・・・、






富士山頂上久須志神社鳥居







・・・・・・・・着いた・・・・・・?
着いたンだろうか・・・・?
本当に---------?












吉田口登山道の山頂にあるのが富士山頂上久須志神社




富士山頂上久須志神社





御祭神は「大国主命」と「少彦名命」。
いずれも「国産み」の神様だ。
日本に亡命してきた初期の一団で、
砂鉄の採れる島根を中心に製鉄技術を根付かせている。
後に「土蜘蛛」と呼ばれ虐げられた挙げ句滅ぼされているが、
時の権力者達はそれを「国譲り」と称して認めようとしなかったw
それがここ、霊峰富士に祀られていることは意味があると(個人的に)思う(^^)







嵐を避けるようにして逃げ込んだ境内は多くの人で埋まっていた。
かじかむ手を叩いてリュックを開き御朱印帳を取り出す。
なんと千円w
「下界」の三倍以上するというからありがたみもひとしおだw
金剛杖に「登頂」の押印をいただく。
こちらは300円と良心的金額だった(^▽^;



(しかし雨の為ふやけていて押印もうまく映らなかったようだw
 宮司さんが申し訳なさそうにしていたが、
 それもまた「味」というものだろう(^-^;)




ご利益がありそうなので「心身健康」のお守りも購入。
てかここまで登ってこれだだけで結構な自信がつくよねw
とりあえず、これでやりたいことはすべてやった☆
後は下山するだけである。












社から一歩外に出るとそこはもう嵐だった( ;∀;)
神社と山小屋の間が少し開けていて、
足を踏み入れた途端ごぉという音と共に、
ザックカバーが飛んでいったw



マ ジ で!?




嘘でしょ~っっ!?Σ(゚∀゚ノ)ノキャー
ゴミになるじゃんっっwww
行きがけにも雨具を脱ぎ捨てて行った人の「抜け殻」があったけど、
そんな大人になりたくないっっwwww
必死に追ったが命の危険があったのでやめました( ;∀;)
・・・・・・・すみません。
あの日、富士山頂で黒いザックカバーを見かけたら、
それは私のものです(´Д⊂グスン












富士山頂にも「山小屋」がある。
なんと泊まれるらしい驚愕の事実w)
外国にいそうなお兄ちゃんが、
「レストラン」「レストラン」と軽快な声で呼び込みしているw
「食べなくてもいいよ」「休んで行きな」と行ってくださった。





昨日一日は持ちこたえたレインウェアは霧状の雨に芯から濡れ、
着替えを出す意欲も、
まして人目のある山小屋で着替える勇気もなかった為w
ガタガタと震えながら足を休めるハメになった。
時間は午後1時。
午前6時半に山小屋を出発したのだから、6時間半が経過していた。
・・・・・・・・・聞いていた時間からは到底及ばないまでも、
初心者にしてはペースよく上がってきたと自分をめよう(´Д⊂グスン



帰路は幾分マシだと聞く。
食欲はなかったが(当たり前だw)
ここで食べておかなければマズい気もした(^-^;
何故ならすでにおにぎりはなく、オレオもないからだw
命綱である彼らを失い、残るはおにぎりせんべいだけw
・・・・・・パリパリパリパリ音を立てながら帰るのもまた一興かもしれないが、
この後、そんな余裕はまるでなくなることを思い知ったw











見上げると、お品書きがヒラヒラと舞っている。
醤油ラーメン、味噌ラーメン。
担々麺におでん、うどんにカレー。
どれも法外な値段だw
もっとも日本最高峰の山頂まで食材を盛って上がった上、
水を使い、火を起こしているのだから決して高くはないw




・・・・・・・・・・、





900円の味噌ラーメン(サッポロ一番)






サッポロ一番味噌ラーメン。
・・・・・・・・おなじみの「袋麺」である。
お値段なんと900円☆
滅多に食べないその味は、
下山中、口元にまとわりついて離れなかったことをここに記載しておく☆










スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/2499-8a476c1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

6-14 酒宴 «  | BLOG TOP |  » 富士山に行ってきました2019~山小屋~

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (85)
映画 (29)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (48)
殻ノ少女 (12)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (168)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (1)
Tâi-oân (1)
国内旅行 (261)
京都 (30)
大阪 (1)
奈良 (12)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (7)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (8)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (9)
宮城 (2)
岩手 (3)
青森 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (52)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (4)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (70)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (105)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)
エスカ&ロジーのアトリエPlus (3)
殺し屋とストロベリー (1)
ルーンファクトリー4 (1)

検索フォーム