FC2ブログ
topimage

2020-04

カスガ・キセナ終了~黒の章~ - 2011.02.14 Mon

カスガ・キセナ終了しました!!








アクト編は最初だったので、
先行きがまったく読めなくて、
本当にハラハラしたのですが、
それくらい「これどうなるの!?」とか、
「どう収拾つけるの?!」と、
ビクビクしながら読み進めたルートでしたwwww














元々シンルート(白き翼の章)が、
かなりややこしい設定です(-.-;


今から11年後の世界からタイムスリップしてきた、
26歳と27歳のシンとカスガ。
それは審判の刻の3年前、
自分達が目覚める3年前の世界でした。





シンは審判の刻、
自身の元いた世界、
11年後の世界に戻れると信じています。
それはこの世界からの別れと、
別れによって目覚めるだろう16歳の自分の復活を意味していました。











が、この案にカスガは難色を示します。


軍人気質というよりも、
元々寡黙で、あまり自身から自己主張したりしないタイプの方なのでしょう。
ストーリー中にも、



「自分が友人を選ぶのではなく、
 友人が自分を選んで寄ってきているような」




と、表現しています。
それは裏を返せば、
来る者拒まずという意味で、
寄って来た人間にとっては少し寂しいことかもしれません。

けどシンもオルタもアキも、
結局カスガに寄って行ったような感じですよねww
ラストシーンなんてその集大成のようですwww
















クマヒの石を手に入れたアキ、
アキはカスガと契約したいと考えます。

が、どこまでも軍人気質であるカスガが、
王に命じられクマヒの石を探していたと知るや、
王に報告するのではないかとアキは考え、
見つけたことを言えないでいました。






そんな中起こったタカマハラからの襲撃。






アキはカヤナと引き離され、
一人牢に入れられることになります。
が、ここでもカスガってそのまま放置して、
牢に入れておこうとするんですよね(-.-;
どこまでも軍人なんだからっ!!(怒っ)
命令一辺倒だしっ!!!
あの時、ヒノカが出してくれなかったら、
どうなっていたことやら・・・・・。

この辺に関しては、
怒っていいゾシンwwww









タカマハラ戦での時間稼ぎが災いしてか、
今度はアキが戦場に借り出されることになりました。
怯えるアキにカスガは冷静です。
目の届かない場所にいるよりも、
自身の傍にあった方がより守りやすいと考えたのかもしれません。

が、この辺もイタいですよねぇ(泣)












カヤナの剣が天を刺す時、
二人の前にシンが現れます。
他のキャラクター達と違って、
それはとてもほほえましく、
心温まる交流のように感じました。



血なまぐさく、
雑多で、
生と死とが混在する場所。
力と運の試される場所。



戦場は他のドコよりも、
自分達にピッタリなのだと感じているようでした。










133戦目は果たされることなく、
二人はそろって戦線を離脱します。
これってびっくりしたんですよね!!
あのカスガが!?
戦線離脱っ!?ってwwww





軍人にとって戦線離脱は軍法会議もの。
否、会議というか、
裁判にかけてもらえるならまだ良い方で、
敵前逃亡として射殺っていうのも、
当たり前に行われることです。

それが分かっていながらの逃走劇。
カスガにとってシンがどれほど大事なのか、
よく分かるエピソードになっていると思いました♪♪♪













結局、どこへも行くことが出来ず、
モルトカの街に戻ることになった三人ですが、
出迎えてくれたオルタを見て、
シンが「二人の子供??」と誤解するシーンでは大爆笑っwww




「そうだよねぇ、
 計算合わないもんねぇ」





とはいいつつも、
入り込めない何かを感じていたのでしょう。
本当にしつこく、
しつこくwカスガを問いただします。





「手ぇ出してないよね?」






カスガもさすがに、





「何故そうしつこく聞くのだ」





と、怒りをあわらにしていますwwww
当然かwww














その後、不思議なことに王からも直属親衛隊隊長、サナトからも、
何らお咎めのなかったカスガ。
シンのひょんな提案から、
男女が一つ屋根の下wで暮らすことになったカスガ。





カスガと、シンと、
カヤナとアキと。
そしてオルタにコロ☆





シンはアキが好きで、
カスガはアキを好きだと気がつきたくなくて、
アキはカスガのことが気になっているけれど、
そんな自分の感情が激しいものになるとは露ほども思っていなくて・・・・。


気がつきすぎる、シン。
アキの幸せだけを願っている、カヤナ。


そんな二人に見守られて、
進展するんだかしないんだか、
もう本当にじれったいったらなんだったらっwwwって感じの二人が、
とても見ていて面白かったデス☆













しかしそんな幸せな時間も、
そう長くは続かなくて・・・・・・・・・・。


133戦目の戦いは、
ホムリの丘でルアの上がった夜に幕を開けました。








アキはじっと、
オルタと自宅で待ちます。

剣で語るんだと言った、シン。
何よりも雄弁に会話出来ると思っている、カスガ。
その二人を見届けるという、カヤナ。




アキは心配ながらも、
何も出来ない自分。
何かが出来るとも思えない自分をもてあましながら、
一人、自宅の前で三人を待ちます。
それは本当に、
何か特別なモノを持っているはずもない、
ごく普通の、
どこにでもいる女の子の姿でした。














カスガの戦い方に雑なモノを感じ、
133戦目はまたもやお開きとなってしまいます。


違和感のある切っ先、
雑な戦いぶりを感じているのは、
シンだけではなく、
カヤナやヒノカも同じでした。
その理由が、やっとカスガの口から語られます。










己が体の秘密を--------------------------。











びっくりしましたね!!
いや、確かに11年の時を経て、
まさに「時空」を飛んで敵地ヤスナに降り立ったカスガ。

それが分かった時の絶望感といったら、
筆舌にしがたいものがあると思います。





軍人だからこそ、
ヤスナの情勢には少なからず明るくて、
そのヤスナにとらわれたからには・・・・・・・・・・・。





想像するだけで気の狂いそうな、
時間の感覚も分からない、地下牢。
彼がサナトに対して、
「何でもする」と言ったのは無理からぬことだったと思うのです。













一方でサナトは正しい判断をしたと思うんですよね。

カスガがタカマハラの軍人だということは、
多分、その姿や所作を見ていて気がついたことでしょう。
ヒノカの助言がなかったとしても。
そんな軍人という存在を捕らえた場合、
のっけから尋問したりするのは骨の折れることです。



軍人の方も、
自分には価値があり、
交渉の手段として使えるということをアプローチする場でもあります。




そういった意味で、
数週間、もしかしたら数ヶ月も放置され、
ただただ朽ち果てていくだけの恐怖を感じるようになった頃、
サナトが現れたのは、
カスガにとってとても効果的だったと思うわけです。











どちらも、軍人。
駆け引きではサナトの勝ち・・・といったところでしょうかwww










サナトによって自身の置かれた状況を判断したカスガは、
ヤスナで生きることを承諾させられます。
が、ただ承諾した・・・じゃ子供でも信じませんよねwww
相手はタカマハラの軍人で、
エリート中のエリートである、
王立警備隊の一人です。


ペラペラしゃべっちゃったっていうのにも、
少し首をかしげるところですが、
ヤスナに飛ばされた以上に時空を超えた・・・ということで、
あまりにも情報がなく、
情報を得るため仕方なかったといえば、
まぁ納得かな??(苦笑)



ヤスナの王であるコトヒラが提示した、
服従と忠誠を誓わせるための実験。
それは過去どの検体でも成功しなかった古代魔術による実験でした。












心臓を抜き取られたカスガ。
心臓を持たないカスガ。

鼓動を、
脈動を感じられないカスガにとって、
戦場は瞬間「生きている」と感じさせてくれる場になったことでしょう。





命のやりとり、
怒号と、
血飛沫。





一瞬の判断ミスが即死につながる空間は、
かつて自分が懸命に生きた時代を思い起こさせてくれる、
数少ない場所になったことでしょう。

ほんの一瞬、
そのためだけに戦場に出ていたとしたら、
それはとても、
とても切ないことだと思います。













死なない体、
死ねない体。

ある意味「不死」という体になって、
元の時代に戻ることが出来くなったとカスガは考えています。






心臓がコトヒラの手の内にある限り、
心臓が自身の体の内に戻らない限り、
いつ死んでもおかしくない体だからです。







嫌われるのが怖くて、
気味悪がられるのが怖くて、
今まで言うことが出来なかったカスガ。

が、シンもアキもカヤナも、
あっけないくらい自分という存在を認めてくれて、
尚且つ心臓奪還作戦まで考え出して・・・・・・。





いつも誰かに、
何かをしてあげるばかりだったカスガに、
一筋の光明が差し込みます。
それは彼自身の心をも変えていって・・・・・・・・・・・・・・。
















ここからでしたね!!!
カスガが妙に積極的になっていったのはっ!!(爆笑)



だって工房の二階ですよ!?
二階で、
アキの肩を抱きながら、
触れるほど近く、唇を寄せてささやく姿は、
お前誰やねんって感じでしたwwww
キレたO型も怖いwww
血液型関係ないケドwww













ラストシーンはすごい感動的でした!!


通常であればコトヒラに対し、
サナトが剣を振り下ろすシーンなのですが、
今回はサナトの代わりにカスガが登場!!!
コトヒラの手の内にあるカスガの心臓を賭けて、
カスガがコトヒラに対峙します。









コトヒラvsカスガ&シン、
そしてカスガやシンに剣術を教えたセツマ・アシルが登場します。


余談ですが、
オルタという名前を授けたのも、
どうやらセツマのようですね(^▽^;

(この後に出てくるとは思うのですが)
今回のルートでカヤナからノリムという、
弟の名前が登場します。
オルタの前世がこのノリムだとしたら、
ちょっと面白い展開になると思うのですが♪♪♪












コトヒラとの戦いに勝利するカスガ、
しかし一瞬、
詰めを誤ってしまったがために、
アキはコトヒラの凶剣に倒れます。




決して、一人では逝きたくなかったコトヒラ。
誰よりも死を恐れていた、コトヒラ。




自身がわずかにでも心を開いた女性を道連れに、
ヴァルハラに逝こうとしたのかと思うと、
それもまた切なかったです(T▽T)














命のスペアであったカスガの心臓は、
アキの中で生き続けることになりました。


それを見ていたシンは、
彼を救うために魔術街へ走ります。
かつて彼がそうしたように・・・・・・・・・・・・・。










「お前の命を対価として、
 あの男に脈打つ心の臓を--------------」


「早く、してくれよ。
 もう目が、かすんできちゃって、さ・・・・・・・」












親殺しの罪を着て、
それでも生きろと言ってくれたカスガ。
自分の為に、
すべてを捨ててついていてくれたカスガ。



そんな彼の為に、
自分が出来る精一杯のことをした、シン。









が出ましたwww






すげ、かっこいいです!!
これぞ、男って感じでっ!!!


いつかモルトカの工房で、







「だって俺、アキちゃん好きだもん」

「そうか、俺もだ」








そんな風に言い合っていた二人。
どちらが選ばれ、
どちらが振られても、
きっとこの二人ならばよかったと言い合えるのでしょう。
そんな二人だったと思います。



この二人だからこそ、
そんな二人だったからこそ-----------------。















審判の刻が終わり、
医者を呼んでくると言って姿を消したシンを、
カスガは探し続けます。


アキもカスガも、
薄々は気がついているのですが、
信じたくないという気持ちが勝っているのでしょう。










探して、
捜して、


見つけたのは15歳のシンでした。









15歳のシンは、
浮かんでこなかった16歳のカスガを失った辛さに、
打ちのめされていました。
15歳のシンを見つけて、
30歳のカスガはすべてを悟ったと思うのです。



死と、生の循環を-----------。















ここからは面白かったですね~♪♪♪


唯一珍しく、
後にカヤナやシンが出てこなかった後日談だったのですが、
本当に幸せな、
幸せに過ごすアキやカスガを見ることが出来ます♪♪♪









シンを引き取ったカスガは、
アキと共に生活し始めます。
軍籍はまだヤスナにあったカスガですが、
国交が正常化したことにより、
タカマハラに軍籍を移動します。


その頃やってきた、
もう一人の小さな来訪者。











カスガと、シンと、オルタと。

一つの家族になった4人が、
幸せに暮らしている姿。
五年後、
全員そろって王立警備隊の衣装に身を包んでいる姿は、
本当に本当に涙が出るくらい嬉しかったです!!







ま、一つ気にかかるとすれば、
実家に戻るのが1年に一度だからって、
籍を入れないっていうのはどうでしょうねwww

まぁ籍を入れてしまえば、
一年に一回しか会えませんからね??
実を取ったってところなのですが・・・・・・・・・・・・・、
どうよ???







幼いシンもシンで、


「あんなおっさんやめて俺にしとけよ」


なんて素敵なこと言ってるしっ!!!
確かに35歳と22歳ならokとして、
30歳と17歳じゃ犯罪いですよねwww
よっぽどシンの方が似合ってるwww





カスガもそれはよ~く知った上で、
本当に本当に大人気なく、
シンに張り合っているところがなんともwww
かわいいです☆











「あんたらさぁ、
 俺の親代わりってことになってるけど、
 本当の子供は作らないの?」




う~ん、当たりだ、シンwww
お前の言うことはいつもしいヨ☆








オルタもオルタで、
シンと一緒になってオヤジからかってるしwww
もう一生、
こんな風に子供にやり込めれながら、
幼な妻を大事にするといい♪♪♪


早く本物の子供を授かるといいね(^-^)



スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/234-f22ff6a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シン・アトベ終了~黒の章~ «  | BLOG TOP |  » ミトシ・フレスカ終了~黒の章~

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (89)
映画 (30)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (48)
殻ノ少女 (12)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (179)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (2)
Tâi-oân (11)
国内旅行 (263)
京都 (30)
大阪 (2)
奈良 (13)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (7)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (8)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (9)
宮城 (2)
岩手 (3)
青森 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (53)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (5)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (73)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (105)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)
エスカ&ロジーのアトリエPlus (3)
殺し屋とストロベリー (9)
ルーンファクトリー4 (1)
SWEET CROWN~午前三時のオカシな道化師~ (7)
悠久のティアブレイド-Lost Chronicle- (1)
神凪ノ杜~五月雨綴り~ (1)
Vamwolf Cross† (1)
Believer! (0)

検索フォーム