FC2ブログ
topimage

2019-09

大英帝国の黄昏2018~帝国戦争博物館~ - 2018.09.28 Fri

チャーチル博物館を出た。
規制線は未だ張られていて、大きく予定が狂ってしまった。
最終日であるこの日、
私はウェストミンスター大寺院を見学の後、
チャーチル博物館へ行ってから帝国戦争博物館に行く予定でいた。
時間はまだ正午になっていない。
どうしたものかと思案あぐねいたが、警察の数こそ減ったが規制が解かれる様子はない。
仕方ないので帝国戦争博物館へ行くことにした。
問題はそのルートである。



・・・・・・・・・つまり・・・・・・・、
ウェストミンスター橋が使えない以上、
彼の地へ行くに最短ルートであるバスが使えないわけだ。゚(゚´Д`゚)゚。
否、使えるのかもしれないが、アテには出来まい(-.-;
(私の方向感覚がw)



まずチャーチル博物館から地下鉄セント・ジェームズ・パーク駅まで後帰った。
そこからディストリクト線に乗ってエンバンクメント駅まで行き、
ベイカールー線に乗り換えてランベス・ノース駅に行くという、
かなり大回りなルートをたどるしかない(´Д⊂グスン
わかりやすいのが一番だ(^▽^;
















帝国戦争博物館




帝国戦争博物館は両隣を公園に囲まれた気持ちの良い場所だった。
家族連れが設置された机や椅子にお弁当を広げて食べている様は、
国内も国外も、そう大差ない(^^;
しかしここには僅か百年前まで、おぞましい光景が広がっていた。













13世紀半ばの、倫敦---------。
ここに世界初の精神病院(の原型)が誕生しました。
聖マリア教会分教会、
その建物の一部が救済の場として提供されたのが始まり。
14世紀に入ると病院としての機能を有していたとも言われています。


1247年といえば日本では宝治合戦が起こり、
三浦氏が北条氏により滅亡させられた時代です。
三浦光村は都から押し付けられた第4代将軍、
藤原頼経の近習として活躍した人物。
源頼朝の血を継ぐ唯一女性、竹御所はこの僅か13歳という少年に嫁ぎました。
この時、竹御所28歳!
昔で言えば親と子ほども年齢が離れていたとされています。


第3代執権、北条泰時が死去すると、
三浦氏は北条氏を凌ぐほどの勢力を有したことから対立。
その後、滅ぼされます。
光村は自らの身元が判明しないよう顔をそいで自害したと伝わる武勇の人でした。









そんな「粗暴な」時代を日本が生きていた頃、
すでにこの国では(名目上とはいえ)「福祉」という名のシステムが可動していたことは、
さすが英国と言わざるを得ません(^^;
とはいえ、それは本当に「名目上」のことで、
実際にはとんでもない施設だったことが判明します。










・・・・・・・ま、つまるところの座敷牢だったわけですよねw
(身も蓋もないw)
それがダメなら姥捨て山w
実は日本にもこうしたシステムはありました。


京都清水寺--------、
ここは昔「鳥辺山」と称される鳥葬の場所でした。
死体を鳥に食わせて天に運んでもらうンですね(^^;
こうしたシステムはチベットにもあります。
しかしそれはあくまでも表向きの話☆
実際には病気になって働けなくなった親兄弟を、
ここに連れてきて置き去りにした・・・というのが実情でしょう。
また清水寺には「観音信仰」というものがあり、
「清水寺の舞台から飛び降りる」というのは本当にやっていたことのようです(驚!)。
飛び降りて助かれば願い事がかない、死んでも成仏できるというンですよ!
すごいですね~(滝汗)
ちなみに江戸時代にはなんと200人を超える人がここに飛び込んだようで、
記録にも残っているそうです(-.-;


治療とは名ばかり、劣悪な環境で監禁されてた収容者達-------。
今でもそうなんですが、暴力を振るう患者さんもいるンですよ(実際見たことがある)。
そうなると治療する側、される側双方の安全の為に、
どうしたって鎖につなぐしかなくなるわけです(-.-;












1557年、倫敦市に託されたこの王立病院は、
老朽化の為立て直しこそされましたが、
その後、なんら改善されることはありませんでした。
18世紀になるとその悪名は広がり、こぞって見物に訪れたといいます(^^;
見物料は1p(19世紀の貨幣価値で200円くらい)。
患者を棒でつついたり、奇行を見て楽しんだとか・・・・・・・・。


この王立ベスレム病院、
通称「ベドラム」を内部告発をした人物もまた、いました。
18世紀の画家、ウィリアム・ホガースが描いた放蕩者一代記です。
裕福な商人の息子が、放蕩の末にこの病院へと送られてしまうという物語。
8枚の絵画で紹介されているのですが、よく出来てる(^^;











1814年、エドワード・ウェイクフィールドの告発により、
1815年、現在の場所に移転した王立ベスレム病院は、
その後まともな精神病院に生まれ変わったといいます。


・・・・・・・・アヤシイ限りですけどね(-.-;
人々のそうした「差別意識」というものはそうそうなくなるものではないと思いますし、
そんな簡単になくなっていたら英国ではないと思うわけです(キッパリ☆)


1863年(文久2年)、ここに日本人の団体が見学に来ました。
文久説欧使節団です。
倫敦万博を訪れた彼らの通訳として同行していたのがあの福澤諭吉。
「人の上に人を作らず」で有名ですが、
「けど、☓☓は話が別だからねっ!」と区別発言をしたことはあまり知られていません(^▽^;
もっともあの当時の政治状況と、
その圧政を見ればこの発言もやむなしとは思うのですが・・・・・・・・(滝汗)











ベドラムの説明はこのくらいにして(長い長いw)
現在では帝国戦争博物館と機能しているここもまた無料です( ´艸`)
その敷地内には何故か----------、




ベルリンの壁
ベルリンの壁がwww




なんでこんなところに???(^▽^;












残念ながら内部は撮影禁止
入ったところにバーンと戦闘機がぶら下がっているのですが、
(それも3機も!)
階段付近に立っていた係員さんに聞くと、


「写真はダメなのよ、ごめんなさいね?」


と、丁重にお断りされてしまった(´Д⊂グスン
・・・・とはいえ、結構な人が写真、撮ってましたけどね(^^;
ダメと言われればなかなか撮れない日本人☆
ノミの心臓とも言いますがwww











ここでもっとも印象に残ったもの、
それはやっぱり自国、日本に関する展示物でした。
実はこちらには在りし日の零戦が展示してあると聞き、
心躍らせて向かったのですが・・・・・・・・、


ものすごい・・・・被弾の仕方でね?(´Д⊂グスン


当たり前なんですが、
実際に戦争で使われ、撃墜された後、
ここに運ばれ展示されているようで、
本当にボロボロなんですよ。
文字通り鉄くずみたいな(-.-;
おまけに鉄は「これでもかっ!」ってくらい叩かれていて、ペラッペラ☆
ビスはこれまた頭を叩かれていてぺったんこ☆
日本の空気抵抗に対する底力と、資源活用の底意地を見た気がしました(^^;









フロアの一角、
ほんと~っに! 端っこの端っこに、
真っ暗な中、ボウッと浮かび上がる零戦と、
その上に掲げられている日の丸には「武運長久」の文字。
朝野誠さんの名が記されていました。


もちろん、この名が零戦と関係しているとは限りません。
まったくの無関係である可能性の方が高いのです。しかし・・・・・・・、
彼を思って多くの人々が寄せ書きをし、
生きて戻ることを切に願っていたことは間違いないでしょう。
そしてこの国旗が、遥か遠く海を越えた英国にあるということが、
少し切ない気もしました。














また広島出身である私がちょっとばかり驚いたのが、
1945年8月6日、広島市内に投下された原爆、
通称「リトル・ボーイ」が展示されていたこと!


・・・もちろん模型なのですが、
「・・・・(あれ? なんか見たことのある形状・・・)」と思っていたら、
やっぱり原爆じゃん!!って感じで(^▽^;


--------そ~いやシンガポールのクラブで酒かっ喰らってた時、
「どこから来たんだ?」と声をかけられ、
「日本からだ」と答えると、
「日本は分かるよ、日本のどこだ?」と聞かれて「広島」と答えたところ、
「アトミックボム広島!」と言われたのには閉口(^^;
やっぱり世界各国、どこにいっても広島のイメージってそこなのかなぁ(-.-;









---------余談ですが、
「リトル・ボーイ」の隣に炭化した人間」のオブジェも飾ってありますガタガタ(((゚Д゚)))ガタガタ
広島に生まれ、広島に育ったからこそ、
この手のオブジェにびっくりするンだけど、
単に「これ」だけ見せられても、原爆の破壊力は伝わらないような気もするなぁ~(-.-;











さて、こちらの帝国戦争博物館最大の「目玉」は、
(各種戦闘機や兵器の展示もそうなのですが)
やはりホロコーストでしょう(^^;
最上階である5階(だったかな?)に登ると入り口があり、
そこからの原則撮影禁止
窓もない、深いアナグラのような場所に入って、
暗い暗い場所を上から順に見ながら1階まで降りるというシステム。


・・・・モノによってはトラウマになることもあるとは思うのですが、
トラウマになるくらいでないと印象に残らないし、
「こんな目に合いたくない!」と強くは思わない気がするンですよね(^^;


中学の頃からもう長いこと、ホロコーストについては勉強しているつもりなので、
説明を読まなくても半分は理解することが出来ます。
しかしもう半分は、きっと「英国から見たホロコースト















(養護するつもりは毛頭ありませんが)
ドイツにとってホロコーストは必ずしも優先事項ではなかったと言われています。
少なくとも各省庁が対応を渋っていたことは事実らしく、
1942年、ラインハルト・ハイドリヒがヴァンゼーで「最終決定」したのはそれが理由でした。


ドイツは当初、国内にとどまる「ドイツ人ではない人種」を国外に排出することを考えました。
ところが各国はこれに反発。
焼け石に水程度にしか受け入れなかったわけです。
そりゃそーだって話です。
今だって難民受け入れにはどの国も消極的なのですから(-.-;


ドイツはドイツ人の為に(どっかで聞いたような文句ですねw)
そうした感覚もあったのでしょう。
特にドイツ人よりお金持ちって人も多かったそうですから(^^;
結局は「お金」なんですよね(-.-;
で、ラインハルト・ハイドリヒは問題解決にむけた「最終決定」をした。
これがホロコーストにつながったと言われています。












あの時----------、
他国がもっとドイツに寛容であったなら、
この事態は避けられていたかもしれません。
しかしながら当時、どこも国内情勢は大変で、
多民族を受け入れるような余裕はなかった。
国を持たないというのは、そういうことです。


現在、世界最大の国を持たない民族と呼ばれるクルドが、
シリア開放の為に利用されつつも力をつけつつある現実があります。
ミャンマーもまた、共存していたロヒンギャを虐げ、
彼らは難民となってバングラデシュに逃げ込みました。
しかしバングラデシュもまた、世界では最貧国の一つです。
現在、バングラデシュ政府は彼らの為に難民キャンプを設置しましたが、
難民キャンプはアジアゾウの生息地域でもあり、
ゾウが難民を襲うという事態も起こっているようです。


この施設で、遠い過去から現在、
そして未来に向けて----------。
多くのことが語りかけられているように感じるのは私だけなのでしょうか?













ただし----------、
お前(英国)が言うな!!!(#・∀・)
って気持ちにもなるのですがw











スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/2282-2c600dc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

おかえり! «  | BLOG TOP |  » 大英帝国の黄昏2018~チャーチル博物館~

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (84)
映画 (29)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (47)
殻ノ少女 (11)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (168)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (1)
Tâi-oân (1)
国内旅行 (237)
京都 (30)
大阪 (1)
奈良 (12)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (11)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (6)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (6)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (18)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (1)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (30)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (0)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (52)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (4)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (70)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (104)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (20)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)

検索フォーム