topimage

2017-09

エルロック・ショルメ、終了w - 2017.02.17 Fri

PSvita「Code:Realize ~祝福の未来~」
エルロック・ショルメ氏、終了しました~( ´艸`)



エルロック・ショルメ



いや~・・・よかったです(
「無印」の折、なんで攻略対象じゃないンだっ!(# ゚Д゚)ゴルァ!!
な~んて思っていましたがw
確かに「本筋」から少しばかりズレるし、
何より「主人公サイド」よりも、
ショルメ本人の「確執の方が重きを置かれるルートだったので、
FDで「補完」されたのは何よりでした(





以下、ネタバレw












「無印」でもあったように、ショルメルート最大の「敵」は、
ジミー・A・アレスターこと、ジェームズ・モリアーティ教授です。
ショルメは彼を追い詰める為だけに、
自らの地位と、名声。名と「生」を捨て、
一個人、「エルロック・ショルメ」という「戸籍」を工作してまで、
彼を置い続けます。
その理由とは・・・・・・・・・?



切なかったですね~。゚(゚´Д`゚)゚。
ワトソン博士の診療所にあった写真。
彼が常に「愛する妻」と笑顔で話していた裏には、
こんな物語があったンですね!
すごい(^▽^;
本作のHPが公開された当初、
ワトソン博士に(*ノェノ)キャーなんて思っていた私は、
「妻」の一文を見てガックリ肩を落としたのを覚えています(-.-;
けれどそれが「失った」妻だったなんてっ!(>皿<)
そして今現在は独身だなんてっっ( ´艸`)




--------不調法につき存じ上げませんでしたが、
史実(?)のワトソン博士もまた、
とある事件をきっかけとして結婚したメアリー嬢と、
「悲しい別離」をしたとあります。
それが死別なのか別離なのかは描かれていませんが、
本編では「死亡説」が取られたようです。
彼女はヴァン同様、モリアーティ教授からヒドゥン・ストレングスをかけられ、
ホームズを殺すよう指示されていました。












ちょうど--------、ワトソン博士が所要で米国へ出張していたその日。
小雨の降りしきる中・・・・・・・、
血に染まった四肢を投げ出しているメアリーを、
血まみれのナイフを片手に力なく立ち尽くしているホームズが見下ろしていました。


一体何が起こったのか?
ワトソン博士にはわからなかったに違いありません。
ただ一つ、わかっているのは、
彼、ホームズが言った「メアリーは私が殺した」という告白だけでした。


その後----------、
ホームズはワトソンを避けるようになり、
ワトソンもまた、ホームズと距離を置くようになります。
それが意識的であったか無意識であったかは分かりませんが、
メアリーを「殺した」男を追い詰める為、
ただ一人、彼は海を越え、スイスの滝で命を落としたのでした。











ワトソンは親友の死を紙面で知りました。
何げない、朝の風景。
紅茶と、スコーンの香り立つテーブルから、
無造作に広げたその紙面に、
「ホームズ死亡」の文字が踊っていたのです。


信じられませんでした。
そして何より、彼と向き合い、メアリーの、
彼の「真意」を問いたださなかったことに後悔しました。
後悔して、後悔して後悔して・・・・・、
いつしかワトソンはここ倫敦で大きな事件が起きると足を運ぶようになります。
そうして、あの屋敷を飛び出した少女とも出会ったわけです。












倫敦の街を震撼させたジャック・ザ・リッパーの捕縛。
しかしショルメはその裏側にある男の存在を感じ取っていました。
モリアーティ教授です。
彼は一計を案じ、主人公とワトソン博士を遠ざけ、
一人、タワー・ブリッジへと向かいました。
ところが・・・・・・・・・、


ジミー・A・アレスターによって、
多くの「スペア」を破壊されたフィーニスが、
彼らに「助言」するンですね(>▽<)
「タワー・ブリッジに行ってみなよ、面白いものが見られるから」
その言葉と笑みに不吉なものを感じた二人はタワー・ブリッジへと急行します。
そこで見たものとは・・・・・・・・?












・・・・・・・・・結局、ね(^▽^;
無印ルートでも思いましたが、
モリアーティ教授が唯一「執着」したモノって、
シャーロック・ホームズただ一人なんですよね(苦笑)
自分の「闇」を、「孤独」を、
唯一理解出来るだろう人物が、
再びワトソンという親友の信頼を得、
あまつさえ主人公という愛し、愛される可能性を秘めた存在を手に入れている。
モリアーティにとっては耐え難い事実だったのだと思います。


サンルートでも有名なこのタワー・ブリッジで、
モリアーティは決して、主人公を殺すつもりはなかったと思います。
そしてショルメもまた、彼女が殺される可能性は低いと感じていた。
しかし・・・・・・・・、


体が勝手に、反応してしまった。
とっさに、彼女を庇ってしまった。
それにより、わずかに肩をかすめた弾丸。
それを見た瞬間---------、
モリアーティ教授の顔が不自然に歪みました。
それは「憎悪」。
まさしくその一言に尽きると思うわけです。











たった一つの「玩具」を取り上げられた子供のように、
モリアーティは執拗に彼らを追い詰めていきます。


英国女王殺害事件。
その犯行すべてをショルメになすりつけて、
英国国民、何千万という数を「敵」に回して、
彼らはもう逃げるしか方法がありませんでした。
これって無印ルートの女王陛下直訴事件とよく似ていますよねw


逃げ込んだ廃屋で----------、
ショルメは初めて彼女に胸の内を吐露しています( ´艸`)
彼女が「猛毒」を持つ少女だということは、
共に生活をしていく上で否応なく詳らかになった「事実」です。
だから彼女は愛してはいけない。
愛されてはいけないと頑なに自身の殻に閉じこもっていた。
それが嫌というほど理解出来ていたショルメに、
今度は主人公が手を差し伸べたわけです。








「私を愛し、口付けてくれるというのか・・・っ」










・・・・・・・・今ひとつ理解出来ないのは、
ショルメは何故あれほど主人公を愛するようになったのか?
その「きっかけ」です(^▽^;
史実(?)の彼が唯一愛した女性、アイリーン・アドラーは女山師で、
かなりしたたかな女性に描かれているw
まるで漫画「ルパン三世」の峰不二子のようだ(笑)
確かにショルメルートの冒頭、
彼は名もない少女に「興味」を抱いたような記述はあるが、
彼女の「秘密」を知り、自らの「罪」に通じる痛みを持つが故に、
興味が親愛に、そして愛情に変わっていったということなのだろうか?
共に誰からも愛されることを拒む二人が故に----------。













追い詰められた三人を救ったのがルパン達っていうのもまた笑いましたね(>▽<)
ショルメは用意周到に「準備」していました。
自宅を追われる際、誰に宛てるわけでもない「手紙」を置いて、
「この手紙をサン・ジェルマン伯爵邸へ届ければ謝礼が貰える」と記載していたのです。
彼らはショルメからの手紙を受け取り、不承不承(笑)彼らを助けました。
ショルメ本人を覗いて----------、











ここからはルパン達を加えたショルメ奪還のドタバタ劇が繰り広げられるわけですが、




まさかのBADENDwwww




自らの胸に咲くホロロギウムの「華」が、
アイザックの「遺産」によって開花しようとしている彼女を、
ショルメが殺して終了だなんてっっ!!(爆笑)
あり得ない最後を迎えてしまいましたヨ☆
おまけにワトソンはメアリーを、
ショルメは主人公を失って、
あのベイカーストリートの下宿で再び共同生活を始めるわけです。




「さあ、ワトソン君。事件が我々を呼んでいるよ」




・・・・・・・・・切なかったです(´Д⊂グスン
まさかこんなラストに導かれようとはっっ!!!(>皿<)ムキー!!
改めて(HPで攻略を確認してw)やり直しましたヨ(^▽^;
しかしこうなると「逢魔が刻」とか「薔薇に隠されしヴェリテ」とかのように、
次の選択肢までスキップ出来る機能は良いですね~(^▽^;
どの作品にもつけてもらいたいくらいだw











気を取り直して(-.-;
ラストはなんか切なかったなぁ~。゚(゚´Д`゚)゚。
自らの生に頓着しない主人公は、
ここ、倫敦200万の市民を巻き添えにするくらいなら、
(誰の手にかかろうとも)殺されることを切望するわけです。
ところがその訴えをショルメはそっと塞ぎます。
流れ出る血によって焼け焦げるショルメの指--------、




「それ以上言うと、今度は口で塞ごうか」




そう、微笑む彼の横顔を、
モリアーティは忌々しげに眺めていたに違いありません。そして・・・・・・・、
絶望の縁におとされたモリアーティ教授が、
あんなにもあっさりと、自ら死を選んだ理由は、
最後に仕掛けた「罠」に絶対の自信があったのだと思います。
彼らにとって、唯一の「希望」。
しかし同時に---------、
彼はこの「罠」を破られることもまた、願っていたようなフシがあります。
どちらも彼の「本音」で「真意」だったのでしょう。


もちろん、無印同様ホロロギウムの解毒には至っていないので、
ショルメとのラブシーンはせいぜい抱擁止まり(苦笑)
それでもものすごい安定感のある終わり方でした( ´艸`)
「死」により二度と触れることのないメアリーとワトソン。
生きてはいるが「毒」により触れることを許されない主人公とショルメ。
確かにワトソンの言葉には一家言のことはあるでしょう。
けど生殺しw
生きて、側にいるが故に触れられないという事実は、
ショルメが言うように「僕とて男だ。君に触れられないという事実は精神衛生上よろしくない」ですねw(











幸せに、幸せに---------。
ただそれだけを願って、
ワトソンは二人を送り出します。












「メアリーはお前が幸せになることを望まないほど、
 心の狭い女じゃねぇんだよ」













スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/2025-dbc118e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヴァン・ヘルシング、終了☆ «  | BLOG TOP |  » 偲ぶの野望2018

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (69)
映画 (20)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (47)
殻ノ少女 (11)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (25)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (27)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (137)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (7)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (1)
国内旅行 (161)
京都 (9)
大阪 (1)
奈良 (8)
滋賀 (5)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (1)
東京 (16)
山梨 (2)
岐阜 (5)
島根 (5)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (2)
佐賀 (1)
愛知 (3)
広島 (11)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (4)
神奈川 (18)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (4)
長崎 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (17)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (34)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (3)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (31)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (68)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
華アワセ (24)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (29)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (3)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメン幕末 運命の恋 (23)
刀剣乱舞 (46)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
caligula (2)
ARMEN NOIR (15)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (1)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (2)

検索フォーム