FC2ブログ
topimage

2019-09

ダントン、終了☆ - 2016.11.23 Wed

PSvita「薔薇に隠されしヴェリテ」
ジョルジュ・ダントンを終了しました~(^▽^;







・・・・・・・・・うん、まぁこんなモンだよねw







以下、ネタバレw












ダントンルートの醍醐味・・・・・・・・・、
それは平民から見たフランス革命でしょうか?(^^;
・・・・・・・なんかロベスピエールルートの時にも言ったような気がしますがw
彼のルートの場合、
最後まで王室、特にマリー・アントワネットの「関係」が切れず、
彼女もまた最後まで(元庶民ではあるけれど)「貴族」という「しがらみ」を断ち切ることが出来ませんでした。
それに引き換えダントンルートは、
フォンテーヌブローへの「旅行」をきっかけとしてヴェルサイユを抜け出し、
以後、二度と彼の地に戻ることはなく、
(招待を受けて一度だけ訪れたことはありましたが)
パリの片隅で「平民」として生きました。
後に再会したエルザとの「温度差」があるのは、
4年もの歳月を離れて暮らしていた結果だったのでしょう。
・・・・・・・なんだか切なかったですけどね(苦笑)









ダントンのルートですが・・・・・・・・・・・、
彼のルートは人間の生き方そのもののような気がしてなりませんね(^^;
あっちへ行っては挫折し、
こっちへ来ては挫折し---------。
その度、その時一番最良の道を選んだと思ってはいても、
振り返れば失敗の連続・・・・・・・・。
むしろロベスピエールのように「揺るぎない信念」を持っている人物の方が、
稀なのかもしれません。



ダントンは当初、弁護士になる為パリに出てきました。
それも関係がそう良好ではなかった養父の支援でです。
彼の「見えにくい愛情」を感じたダントンは、
パリの町でクロエに会い、
ロベスピエールに会い、
彼女に会って必死に生きようとしました。
しかし・・・・・・・・・・、




世の中はそう甘くはなかった。
ダントンは次の一手を考えます。
それが王室顧問弁護士となることでした。




彼は再び田舎に帰り、
養父の口添えを得て王室顧問弁護士の職につきます。
当時、まだパリは貧困の最中にありましたが、
国内では王室が貴族を押さえ、
国外では外交を必要とする混乱はなかった。
すべてが機能していました。
ところがこれを一変させる「事件」が起きます。
そう、マリー・アントワネットの「首飾り事件」です。










貴族ルートの時には、あくまでも「貴族側」から見ている為、
大変さは分かっていても、
民衆の不満を「肌」で感じることはありませんでしたね(^▽^;
この頃からダントンは再び悩み始めます。


彼女と結婚する為、
安定的な職を得る為----------。
養父の力を借りて王室顧問弁護士にはなったものの、
やることといったら貴族の下働き。
弁護を担当させてもらえるわけでもなく、
しかし見栄や体裁を気にする上司によって、
自らのプライベートにまで口を挟まれる始末--------。



自分は何故? このパリに出てきたのか?
困窮する民衆の為に弁護士になったのではないか?
ダントンの出した結果が・・・・・・・・、








今度は国民党軍に入ることでした(^▽^;









さすがにこの時、ロベスピエールが言ってますねw
「あいつも大変だな・・・・・・・」なんて( ´艸`)
ここまで恋人の職がコロコロ変わっては、
唯一絶対にして、揺るぎなかった「結婚」の二文字も怪しいというものです(苦笑)
そう、ダントン唯一の長所は、一貫した彼女への「想い」に他なりません。
逆を言えばそれしかないw
ちょっとガッカリお兄さんです(笑)









国民党軍に入ったダントンでしたが、
国民を守るという「信念」を持ったラファイエットと違い、
これまた道に迷うンですね(^▽^;
で、今度は国民党軍も抜けて再び弁護士に戻ろうとして、
結果、ロベスピエールと同じ政界の道を目指します。


ところがすでに養父の援助も見込めず、
かといって支援者がいるわけでもなく----------、
過去、王室顧問弁護士なんてやっていた経歴も邪魔をして、
なかなか当選にこぎつけられませんw
そのうち、生活もすさんでくるンですよね(-.-;
よくある話ですw
酒場で飲んだくれているシーンは、
作中、ダントンがダントツトップですwww
(酒癖の悪さではラファイエットだがwww)


見かねたロベスピエールはその何度目かの選挙の折、
「推薦状」を用いてダントンを当選させます。
・・・・・・・・・何一つ、自分一人の力で事を成し遂げられないことを、
今更ながらに悟ったダントンw
その後、彼はロベスピエールの「腰巾着」として有名になっていきます。











で・・・・・・・・・・・、ですね?(^^;
そんな中、彼と彼女の恋愛観はというと、
これがまったく進展しないンですよwww
ナンていうンでしょうかねぇ?
近すぎて中々恋愛感情にまで至らないというヤツなんでしょうかねぇ(^▽^;


ダントンも悪いンですよ?(真顔でw)


仕事がうまくいかない苛立ちを、
全部主人公にぶつけていますからね(-.-;
ある意味等身大の恋w
確かに平民同士だとこうなるだろうなぁ~(笑)
だって庶民の場合、まず「生活」があってそれから・・・・・・・でしょうから(^▽^;
しかもそれで「出てけ!」なんて怒鳴ったもンだから、
主人公も真に受けてパリを出、ウィーンに戻ろうとします。
・・・・・・・この時、まだマリー・アントワネットは生きているンですが、
それでいいのか? 主人公www












寄せては返し、返してはまた寄せる。
そんな波のような、付かず離れずの生活を続けて・・・・・・・・・。
ダントンはついにロベスピエールと袂を分かちます。


-----------きっかけは何だったのでしょう?


彼のジャックに対する考え方?
独善的な政治スタイル?
周囲をサン・ジュストのような「取り巻き」に囲まれ、
孤高に生きるロベスピエールを見る度、どこか落ち着かないダントン。
彼を前にして振り返るのは、
いつもどこか優柔不断で、
いつも何かを断ち切ることの出来ない、みすぼらしい自分-----------。



しかしそんな中、彼には一つだけ「譲れないもの」がありました。
それは自由討議の場。
彼はロベスピエールの独裁的な政治手法に歯止めをかけるべく、
対立したブリッソ派とジャコバンクラブの仲を取り持とうとしたり、
彼らの発言権を弱めるべくクラブを立ち上げようとしています。
面白かったのは8月10日、チュイルリー宮襲撃事件の「真相」でしょうか?(^▽^;








彼はあの「ラ・マルセイエーズ」が流れ、
ナポレオン・ボナパルトが砲で扉を破壊したあの事件の「黒幕」でした。
ダントンはロベスピエール同様、王政を廃止すべきだと考えていた。
しかし王を殺すことまでは考えていなかった。
ロベスピエールはその「覚悟」を持ってジャックと対峙していましたが、
ダントンは最後まで、ルイ16世同様、「共に生きる道」を探していたのでしょう。


8月10日のあの日--------、
あれは「最終通告」でした。
ダントンは密かにチュイルリー宮にいるルイ16世と面会。
退位を迫ります。
この時、ルイ16世が何故? ダントンの申し出を断ったかは描かれていませんが、
(描かれているのかしれないが、読み飛ばしてるw)
彼は自身のことはともかくとして、
王妃、王女、ついてきてくれた数少ない味方の「保証」がない限り、
条件を飲まなかったものと思われます。


結果、あのチュイルリー襲撃が起こった。
ロベスピエールはあくまでも民衆の手で、
王が王位を失ったことを具現化したかった。
ダントンはそれに従った。
否、自ら国民党軍としてチュイルリーを襲った。
それが正しかったことなのかどうか、今もきっとわからないに違いありません。












ダントンはロベスピエールに対抗すべく、新たなるクラブ設立の為に奔走します。
そんな中、運命の人物が現れました。デュムーリエ将軍です。


作中、デュムーリエはダントンに一日の猶予を求めています。
ジャコバン派の人間に張り付かれて困っている。と--------。
彼はネールヴィンデンの戦いにおいてヨーゼフ・アルヴィンチに敗北。
現場とパリの温度差があまりにも酷いことを痛感、オーストリア亡命を画策します。
・・・・・・・・・・この辺、ラファイエットルートに似ていますね(^▽^;
彼ももしかしたら、パリでは自らの地位と名誉が逆に危険になることを判断。
オーストリアに「拘束」と称した保護を求めたのかもしれません。


史実のダントンはこのことを知らず、
またデュムーリエとは旧知の仲となっています。
作中のダントンとはちょっと違いますね(^^;
彼は「見返り」としてフランスが保有していたインド会社、東インド会社の「会計簿」の存在を匂わせます。
どこの企業でもそうですが、
本社から遠い地にあり、監査の目が届かなくなるとお定まりのアレ☆
ダントンはこれに目をつけ、
「横領」という「金」をエサとして広く党員を呼び込みます。





発覚すれば処刑--------、
その危険を犯してまでダントンがしたかったこと。
それはなんだったのでしょうか---------?








わかりませんでしたけどねw









ダントンルートって、ホント、はっきりしないというか、
ぼんやりしているというか・・・・・・・・(^^;
けど、確かに「そこ」にあった、
平凡な庶民の生活を変えるほどの「動乱」が確かにあった。
そう思わせてくれるルートです。


ラファイエット、フェルゼン、ジャック---------。
魅力的な男性がきらびやかなヴェルサイユにいる中で、
当初から結婚の二文字を叫んでいたダントンは、
必死に彼女にアピールしていたように思えますね(苦笑)
そういう意味で彼の最大のライバルはロベスピエールだったわけですが、
彼は沈黙を守り、一度も彼女にも、
そしてダントンにも「真意」を明らかにしていないンです( ´艸`)
そういった意味では一貫したその性格は、
政治のみならず私生活でも同じだったンですねw


彼はジョエルの「策略」にハマり、生きながらえますw
最後は切なかったですね(´Д⊂グスン
たった二人だけの結婚式。
外国人登録証を持たないオーストリア女と、
今や幽霊となってしまった男の結婚式。それを、
今は亡き人々が祝福します。






「これはジャックの分、これは王妃の分、
 王女の分、ランバール夫人の分、そして・・・・・・・ロベスピエールの分・・・・・・・」








村の人々に手伝って貰って作った花輪を、
一つ一つ彼女の頭の上に乗せるダントン。
幸せで、けど切なくて、悲しい最後でした。゚(゚´Д`゚)゚。



















ルイ16世はフランスの頂点にあり、
長い間庶民を苦しめてきました。
・・・・・・・作中には語られていませんが、
彼の政策によって死んだ民衆は少なからずいたでしょうし、
乳幼児の死亡率が上がったこともまた事実でしょう。


そしてラファイエットはシャン・ド・マルスの虐殺において多くの死者を出し、
ダントンは九月の虐殺においてランバール夫人を殺した。
そのダントンをロベスピエールは処刑台へと送ります。


誰もが死から逃れられぬ時代にあって、
フェルゼンと主人公だけが蚊帳の外に置かれました。
そう、彼らはあくまでも「部外者」。
外国人であり、フランス国民ではなかった為です。

















ルイ16世の代わりにエルザが、
時に主人公の身代わりとなった彼女の死。
ロベスピエールの身代わりとなって死んだロゼール伯。
ダントンと主人公、その死の瞬間を見極める為、
常に側にいたジョエル----------。
時の蚊帳の外側にいる彼らは、
一体何を見、何を感じて革命に身を投じた彼らの「身代わり」となって消えていったのでしょう?
それはロゼール伯を攻略しないと分からないンだろうなぁ~(^▽^;








スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/1976-7d4ca48c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

発売おめでとうございますっ!(>▽<) «  | BLOG TOP |  » インフェルノ

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (84)
映画 (29)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (47)
殻ノ少女 (11)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (168)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (1)
Tâi-oân (1)
国内旅行 (237)
京都 (30)
大阪 (1)
奈良 (12)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (11)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (6)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (6)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (18)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (1)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (30)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (0)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (52)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (4)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (70)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (104)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (20)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)

検索フォーム