FC2ブログ
topimage

2020-07

インフェルノ - 2016.11.22 Tue

映画「インフェルノ」を観てきました~♪♪♪









・・・・・は?(苦笑)









以下、ネタバレw













ワタクシ、個人的にダン・ブラウン著の「良さ」は、
歴史・象徴・宗教の3つだと思っています( ´艸`)
しかし残念なことに今回の作品についてはその最後、
宗教にまつわる物語にはなっていない(´Д⊂グスン
映画「天使と悪魔」では「セルン」と呼ばれる欧州原子核研究機構が登場。
科学と宗教という、
過去(歴史)的には相容れない2つの要素が並行世界に描かれることで、
面白みを増していたように思います。
(しかし「天使と悪魔」より「ダ・ヴィンチ・コード」の方が後に書かれたにも関わらず、
 後者の方が先に映画化されたのには、
 某宗教団体への「配慮」があったンだろうなぁ~(^^:;)




作中、登場する「名前のない民間団体」は、
小説では「大機構」と名前を秘されています。
これって漫画「砂の薔薇」に登場するCounter Attack Terrorism(通称CAT)を彷彿とさせる( ´艸`)
「大機構」は本拠地をアドリア海に浮かぶ巨大なクルーズ船とし、
「動く要塞」としている。
「砂の薔薇」でも鈴龍姫の故郷である香港で大型タンカー船を「島」と呼び、
臓器売買の本拠地としていたことを思い出す。
こうした「民間軍事会社」というのは某国にはその規模こそ異なるがたくさんあって、
様々な場面で「活躍」していると聞く。
デルタフォースやNAS等が「動けない」場面で、必要不可欠と言わざるを得ないのだろうw













物語冒頭、「大機構」の依頼人が何者かに追い詰められ、
「投身自殺」を図った教会。



fz4-15
バディア・フィオレンティーナ教会



・・・・・・・・残念ながら舞台となった「塔」は撮影していない(^▽^;
この教会はフィレンツェでも最古の教会と言われ、13世紀に建て直されたモノ☆
起源はベネディクト派の修道院と言われ、10世紀頃にはあったというから驚きっ!
10世紀なんて日本では平安時代だよっwwww
週に一回、月曜のみ公開となる二階部分、「オレンジの回廊」は必見とのこと☆












アルノ川の対岸から旧市街へ戻ろうとするラングドン達が逃げ込んだ。



fz3-10
ピッティ宮



・・・・・・・・実はここも入ってない(^^;
ラファエロによる「大公の聖母」があることで有名なのだが、
この時ってたしねw
裏手に広がる広大な庭園(ボーボリ)から主人公達が有名な「ヴァザーリ回廊」を抜け、




fz2-24
(ヴァザーリ回廊のあるヴェッキオ橋
 二階部分の窓は嘘か真かヒトラーが命じて作らせたとか・・・・w)




ウフィツィを経てシニョリーア広場にあるヴェッキオ宮殿に脱出するシーンは、
一つのハイライトと言えるだろう(笑)





fz2-22
ヴェッキオ宮殿




















残念なことにヴェッキオ宮殿内部にある五百人広場は当時調査中で、
作中、大きな役割を果たすマルチャーノ・デッラ・キアーナの戦いは・・・・・・・・、




fz3-15
こうw




残念でした~(^▽^;
よってCERCA TROVAを見ることは出来なかったのですが、
今は工事も終わっているだろうし、
一度行ってみるのも悪くないかもしれませんよね( ´艸`)
ちなみにヴァザーリ回廊及びヴェッキオ宮殿の屋根裏は、
現在ツアーが組まれているはずなので参加してみるのも手かもしれません♪
(参加型以外では見学出来ないので(^^;)












そしてもう一つ、これは個人的にすごーく残念なのですが、
ヴェッキオ宮殿に保管されている「ダンテのデスマスク」は見逃してる(-.-;
・・・・ここではニッコロ・マキャベリの執務室も見逃しているので、
次、行ったら是非とも探してみたい。゚(゚´Д`゚)゚。
ダンテが洗礼を受けたという「サン・ジョヴァンニ洗礼堂」は、
映画の中でも「非公開」となっているみたいだった。
・・・・行った時にも囲いに覆われていたように記憶しているし、
普段は見学することが出来ないのかな???















ヴェッキオ宮殿内にある「地図の間」の、
「アルメニア」から脱出した二人が次に向かったのがヴェネツィアのサン・マルコ教会。
ここにある四頭の馬は1204年、ヴェネツィアのドーシェ(元首)、
エンリコ・ダンドロによってもたらされたもの。
作中では「裏切り者」とされている。
どうやら第四次十字軍遠征の際、遠征費用負担を条件に、
本来の敵地、エジプトではなくクロアチアを攻撃させたことが原因なのかな?
当時、エジプトはヴェネツィアのよき交易相手でしたが、
クロアチアは商売敵だったようですw(不勉強だなぁ(^^;)
この後、彼の援助した十字軍がコンスタンティノープルを攻撃。
その時の「戦利品」の一つがこの「馬」とされている。












そのエンリコ・ダンドロの墓がこちら☆




アヤソフィア1
アヤ・ソフィア




イスタンブルにあるアヤ・ソフィア。
最後の謎掛けにこの墓が登場し、
地下水脈を辿って「目的の地」へとたどり着くわけだが・・・・・・・・・・・、












地下宮殿











---------今回は新旧二人のヒロインが登場することもあってか、
どちらにも感情移入出来なかったことも、
この作品を「う~ん?」と思う原因の一つだったかも???(-.-;
なんというか、若さを謳歌する女性と、
その影に身を潜めざるを得ない妙齢の女性の悲哀が感じられて切なかったw

























【小説版を読んでの補足】
それはないだろ~っっ!?(# ゚Д゚)ゴルァ!!!
いやいや、小説がじゃなくて映画がw
ぶっちゃけ言うけど、
これじゃあシエナ・ブルックスが可哀想すぎるっっ!!(>皿<)

もちろん、映画「アウトブレイク」にもあるように、
WHOやCDCは絶対善である必要性があるわけだし、
それを声高に糾弾する人間には、
それなりの「制裁」が加えられることも分かっている。
しかしこれは・・・・・・・・、






シエナ・ブルックスはあくまでも、
恋人であるベルトラン・ゾブリストの行為を容認していたわけではないし、
賛同していたわけでもなかった。
むしろ彼女は彼の「暴挙」を止めようとして奮闘していたわけだし、
その為、WHO、CDCに協力を求めるわけにはいかなかった。
何故なら進化した科学は得てして政府によって兵器に転化されることがわかりきっていたからである。






だからこそ----------、
シエナは誰にも頼らなかった。
その中で、唯一たった一人、
「秘密」を抱え、黙して任務を遂行することをためらった人物がいた。
それがロバート・ラングドンだったわけだが・・・・・・、







映画はWHOの事務総長が彼の古馴染みで、
かつてはわりない仲であったことを示唆している。
しかし原作版にはその記述はない。
そうせざるを得ない。そうするしかなかった映画会社の思惑が見て取れる。







映画「インフェルノ」に感じた違和感は、
多分コレだったのだろう。
そして小説を読んだ今、
現在、主に先進国で取り沙汰されている「問題」や「課題」は、
「小説」という仮想世界から魔法のように現れた、
ベルトラン・ゾブリストのウィルスのせいである。と、
思い込んでしまうほどの内容だった。








宗教、科学、秘密結社。
それが人類の創生。その末路に行き着いたのは、
自然の流れのように思える(^^;
この作品が「そのまま」、映画化されなかったのは、
返す返すも残念でならないw














ヴェッキオ宮殿の五百人広場にある彫刻、
ミケランジェロの「勝利」


fz3-14


ユリウス二世(ジュリアーノ・デッラ・ローヴェレ)の墓所を飾る為に依頼された本作品。
像のモデル、老人の方はミケランジェロらしいが、
若者の方が著書に書いてあった。
その名はトンマーゾ・デイ・カヴァリエーリ!
なんとミケランジェロの「想い人」とのこと(^^;








地下宮殿でベルトラン・ゾブリストがウィルスを仕込んだと思われる、
メデューサの首の彫刻。



メデューサの首




小説ではシエナ・ブルックスは地下宮殿から逃げ出し、
スパイスバザールを通り抜けている。




スパイスバザール




彼女はバザールを抜け、
イェニ・ジャーミィの広場から、




イェニ・ジャーミィ1




ガラタ橋の袂に漂う、
多くの観光船(及び生活連絡船)に飛び乗ったが、




ガラタ橋の夜景




思い直して陸に戻ってくる。
ベルトラン・ゾブリストの「絶望的な」結果を携えて-----------。












スポンサーサイト



● COMMENT ●

見てきたんですか~

スリルとともに観光気分も味わえるところがラングドン教授シリーズのいいところですよね~。
とはいえヒロインが毎回変わるところがどうも受け付けないところですが(自分のことは棚にあげ)。
あとどうしても原作のほうが深くて映画にするには中途半端な部分もあるので、見終わった後はちょっぴりもやもやしてしまいます……とはいえこの前のロードショーはどちらも見ました。母は「で、誰が犯人なの?」と最後までわかっていませんでした。××××××はあそこまで体を張ったのに無駄になったのは同情しました。というより、えっ中の人平田さんだったの?あんな声も出せたの?ぜんぜんわかんなかったよ~。
個人的にはこれ系の作品だったらヒロインも登場人物もそれほど変わらない「スケルトン探偵シリーズ」の映画化のほうがいいのでは……と思ったりします。
映画は「この世界の片隅に」とどっちに行こうか迷い中…。

この世界の片隅に

しろうさ様

いつも大変お世話になっております(^^)
見てきましたよ~(´Д⊂グスン
今までのシリーズとは一線を画するというか、
ちょっと残念な感じに終わっているのがもったいない作品でした(苦笑)
とはいえ、フィレンツェやベネツィア、イスタンブルなど、
背景がとても綺麗なのは大満足でしたが(^▽^;

毎回ヒロインが変わるのは最初、私もちょっといただけませんでしたw
ラングドンシリーズは「天使と悪魔」が最初なのですが、
小説版の中でヒロインとラングドンがいい感じに終わっているンですよっっ!!(>皿<)
なのでその後の「ダ・ヴィンチ・コード」や「インフェルノ」では、
(「ロスト・シンボル」は現在読み中w)
ヒロインと「そういった感じ」にならなかったのかなぁ~と思ったりしています( ´艸`)
あくまでも「天使と悪魔」のヴィットリア・ヴェトラが恋人ってことでw

どこの母親も同じなのかもしれませんね(苦笑)
我が家の母親もいつもそんな感じですw
困るのは毎週見ている「相棒」で説明を求められること!(苦笑)
いやいや、そろそろ自分で見ようやw

映画「この世界の片隅に」は12月に入ったら見に行く予定です( ´艸`)
かの作品は漫画も持っていて、個人的には大変気に入っている作品です♪
戦時下の物語って、得てしてキツいモノが多いのですが、
(映画「Tomorrow」みたいに(-.-;)
実際の一庶民の暮らしって、案外あんな感じじゃなかったのかなぁ~なんて思います。
(だって8月15日の「玉音放送」の前か後か?
 忘れましたがラジオ放送の番組表に「のど自慢大会」ってのがあったんですよっ!)
楽しみです♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/1973-ac9c1d8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダントン、終了☆ «  | BLOG TOP |  » 神回wwww

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (91)
映画 (32)
CD (16)
漫画 (7)
本 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (48)
殻ノ少女 (12)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (180)
Polska2006 (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française2009 (8)
Türkiye2013 (14)
Russian Federation2014 (9)
Czech Republic2015 (26)
China2010 (7)
England2018 (28)
Israel (2)
Tâi-oân2020 (11)
国内旅行 (265)
京都 (30)
大阪 (2)
奈良 (13)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (7)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (8)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (14)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (9)
宮城 (2)
岩手 (3)
青森 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (118)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (53)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (5)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (73)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (105)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (30)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (2)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)
エスカ&ロジーのアトリエPlus (3)
殺し屋とストロベリー (9)
ルーンファクトリー4 (21)
SWEET CROWN~午前三時のオカシな道化師~ (15)
悠久のティアブレイド-Lost Chronicle- (2)
神凪ノ杜~五月雨綴り~ (1)
Vamwolf Cross† (1)
Believer! (1)

検索フォーム