FC2ブログ
topimage

2020-06

一つ抜けてるっっっ!! - 2016.11.11 Fri

PSvita「薔薇に隠されしヴェリテ」
ラファイエット攻略中です( ´艸`)







一つ抜けてるーーーーーーっっ!!(絶叫)




どこかでイベント一つ見落としているンですっっ!
これはヤバい!!(>皿<)
も~七章なんですが、
回収できなかったのって、多分六章(-.-;
これってラ・ジュスティスで「平民」か「貴族」かって項目があるンですが、
貴族が平民を僅かに上回っているわけです☆
----------後の展開を考えれば、
多分、平民が多くないとこのイベントは開かなかったってことなるのではないだろうか・・・(-.-;
マズいっ! ルイ16世は問題なく全部開いたのにっっ!
(しかし彼の場合、圧倒的に「平民」数値が高かった(^▽^;)






うん、まだ攻略二人目ですが、
マーキング数が半端ないラファイエット( ´艸`)
個人的に真面目な彼がツボです♪♪♪






以下、ネタバレw
















「アメリカから手紙を出そう。
 得意ではないから短い文章になるだろうが、
 お前が返事をくれたらまた書くことにしよう」





本来ならば受けることのなかった周囲からの圧力を一身に受け続け、
身も心も疲弊した主人公を置いてアメリカに渡らなければならなかったラファイエットは、
涙を流し続ける彼女を抱きしめました。
彼女が強くあれるよう、
自身が強くあれるよう、
帰国した時の楽しみは、少しでも多い方がいい。と--------、
戦地に赴き、ともすれば命すら怪しい立場となるラファイエットもまた、
彼女を心の拠り所としたのでした。











---------余談ですが・・・・・・・・・・・、
ロベスピエールの卒業祝い(^▽^;
ルイ16世ルートでは彼以外のほとんどのメンバーが参加しているのですが、
今回はすごく寂しいソワレになっていますね~(´Д⊂グスン
だって主人公がいないことでランバール夫人はいないし、
ラファイエットもいないンですよ。゚(゚´Д`゚)゚。
物語上、仕方ないことなのかもしれませんが、
後にロベスピエールやダントンとの「温度差」が現れるのって、
こういう「素地」があったからなのかもしれませんねw











遠い異国の地での戦争がアメリカの勝利に終わり、
ラファイエットはフェルゼン伯と共に凱旋します。
あれから四年----------、彼女は変わっただろうか?
強くなっただろうか・・・・・・・・。
気持ちの高ぶりを抑えることの出来ないラファイエット。
馬上であちこちキョロキョロしたことでしょうねw



彼女はフォンテーヌブローの事件から四年、
マリー・アントワネットとの確執から距離を置き、
それでもヴェルサイユで侍女として働いていました。
彼女に課せられた責務はとけてはいませんでしたが、
ここで、マリー・アントワネットの動向を注視していたものと思われます。
そんな彼女を人混みの中で見つけたラファイエット。







抱き上げたーっ!!(゚∀゚)








びっくりですよっ!(爆笑)
あのラファイエットがw
アメリカで何があったンだ、お前w


「目立ちます!」とたしなめる主人公に、
「構うものか」とこれまたびっくり発言☆
しかしその内容はというと、
食事はちゃんと取っていたか?
少しは自信がついたか?と、
まるで兄が妹に告げるようなセリフ(苦笑)
とはいえ、嬉しくないわけではないようで、
人目もはばからず抱き上げたままですから、
25歳、男盛りのラファイエットはすごいです(











だって結局ヴェルサイユにいられなくなった主人公が、
ロゼール伯引っ越しに伴い、彼の屋敷に住まいを移し、
同時にやってきたエルザとの生活の中で、
ラファイエットは彼女の家を尋ねる為、
ありとあらゆる手を使っているンですよ(^^;
その一人がダントン(苦笑)
彼は「・・・(男が一人、女性の館を尋ねるなど・・)」と一計を案じ、
ダントンを連れてやってきたのはいいのですが、
正直お邪魔虫☆
早々にエルザに預け、二人で語らうなど、
当時の貴族的面倒臭さが垣間見えて楽しい( ´艸`)



ラファイエットとフェルゼンの凱旋を祝い、
ささやかではありますがロゼール伯の屋敷でソワレが開かれます。
ルイ16世ルートではあくまでも「貴族が庶民生活の中に入る」的表現方法だったのですが、
今回は彼女がすでに貴族であること。
また場所がロゼール伯の屋敷とあって、
訪れたクロエやダントン、ロベスピエールは少し違和感があるようです(^^;



しかしそんな場でルイ16世の影がw



彼は主人公に謝罪するンですね~( ´艸`)
四年前のあの日、
フォンテーヌブローで見た星空の下で、
八つ当たりにも似た感情をぶつけてしまったことを---------。






多分----------、
その感情が何なのか?
四年を経たルイ16世には分かっていると思われますが、
口にはしていませんね(^^;
口にするにはまだ、問題が山積だからでしょう☆



そんなルイ16世の動きを、
一方では推奨し、
一方では牽制していたラファイエットが、
彼が去ったと同時に現れるところがまた楽しい( ´艸`)
男が二人、女の預かり知らぬところで火花を散らしている姿は、
見ていてとても楽しいです(






















さてさて☆無骨な軍人、ラファイエットですが、
この頃からようやく、彼女への想いに気づいたのか、
はたまた気付かず動いているのかw
距離を詰めつつありますね(^▽^;
それにしたって手ぇ早すぎw
彼女のことを「すべてはこれから」とフェルゼン伯に伝えていた彼は、
彼女をパリに誘います。
カフェ、買い物、舟遊び---------。
彼女の提示してきた内容はアメリカでいうデートそのものだったわけですが、
無骨な軍人であるラファイエットには(大事なコトなので二度言うw)分かりません(^▽^;
単に「買い物したいのかー」とか、
「散歩ならパリでなくとも・・・」とか、
結構ひどいこと考えています(-.-;


しかしそこは機動力において群を抜いているラファイエット☆
これが所謂らんでぶーだとわかると、
納得したのかフェルゼン伯に助言を仰ぎますw
また主人公もラファイエットとのデートの為、
衣装をランバール夫人に借りようとしたところで、
エルザを交え、キャッキャウフフガールズトークにはめられてしまい、
二人共、一睡もできないままデートに及んでいるところがまた楽しい( ´艸`)
そして自宅へと戻ってきた二人は-------、





手ぇ早ぇ~www






キスシーンですよっ!
キスシーンwww(
ルイ16世ルートにはラストに一枚☆
申し訳無さ程度に挿入されていたキスシーンスチルがなんと!
こんなに早く登場です(>▽<)





しかし未遂w






いーところでエルザが帰ってきてガッシャンガラガラ☆
ロベスピエールやダントンならムキーッ(# ゚Д゚)と憤慨してそーな場面ですが、
そこはそれ、ラファイエットですからw




「惜しいところだったな」




と、一言ぽそり☆ おまけに--------、




「・・・・続きはまた今度、な」




なんて余裕ですっ!!!(
なんたって軍人ですからね~(^^;
狙った獲物は逃さないw
事実、この後ラファイエットはあからさまに彼女を追い詰めていきます( ´艸`)











まず最初にしたのがルイ16世になりすまし、
彼女の自分への想いを確認したこと☆
もちろん、主目的はコレではなかったのですが(^▽^;
フェルゼン伯に「今がチャンス!」とばかりにそそのかされたワケw
・・・・・・・・まぁラファイエットもラファイエットで、
「勝ち目のない戦い」はしないわけで(-.-;
それにはまず情報をとフェルゼンの思惑にまんまとのっかります(^^;



----------彼女は思い悩んでいたンですね。
4年の歳月は思いもかけず、
ラファイエットを大切な人にしてしまっていました。
ところが彼がフランスに帰国した今、
その想いを自覚することは正直辛い選択だったわけです。



何と言っても彼は公爵家の人間で、
自身は成り行き上、貴族となったとはいえ元平民。
とてもじゃありませんが釣り合うはずもなかったのです。
「現実」を垣間見た彼女が二の足を踏んだのは、
致し方のないことだったと言えましょう。










ラファイエットもまた----------、
そのことを懸念していないわけではありませんでした。
彼女とのことは家柄はもちろん、
様々な面で障害の多い事案であることは間違いありません。
と、同時に彼自身の周囲にも不穏な気配が漂っていました。
オルレアン公の存在です。
オルレアン公が以前より改修していたパレ・ロワイヤルが完成。
いよいよ本格始動するとあって、ミロワール会は警戒を強めていました。
しかもマリー・アントワネットの取り巻きであったプロヴァンス伯の不可解な行動---------。
そこにあの「首飾り事件」が起こったのです。
















ラファイエットルートの主人公って、本当に自信ないですよね(^^;
もっともハプスブルクに仕えていたとはいえ、所詮は召使ですからw
いきなり貴族になり、王妃マリー・アントワネットの侍女となり、
「自信を持て」と言われても無理ってもんです(笑)
常に頼りなく、力なく肩を落としている姿が、
ラファイエットの庇護欲を掻き立てるのでしょう( ´艸`)




「こんな私ですが、これからもお側にいてもいいですか?」




そんな彼女のいたいけな言葉に、
思わずラファイエットは応えているんですよね( ´艸`)





「いてもらわなければ困る、お前を愛しているのだから














---------それを聞いた主人公、
猛ダッシュで逃げますwww
その姿を見てラファイエットが焦りますwww
そりゃそーだ(^^;
「俺のこと好きだったんじゃないのかーーーっ!」的感じですよね(爆笑)
主人公としてみればまさかラファイエットが自分のコトを振り向くとは思っていないし、
(この感覚はルイ16世の時と同じ☆
 大体元が庶民ですから、貴族である彼らを想い慕うことはあっても、
 見返りなど到底思いも及ばないわけで(^▽^;)
まして、想いが通じ合うなど想像もしていなかったわけです☆
逃げに逃げまくって---------、
最終的にはパリの街角で二人は出会うのですが・・・・・・・、











・・・・・・・・・面白い展開だと思うンですよね(^^;
ルイ16世ルートではマリー・アントワネットの怒りに触れ、
侍女の任を解かれ、パリの下町へと身を落としています。
よってクロエやダントン、ロベスピエールとの「交流」も描かれているのですが、
今回はラファイエットが相手なだけに、ヴェルサイユという職場も貴族という地位も、
彼女につきまとったが故に、クロエ達庶民と距離を置くはめになったわけです。


クロエ達がどんなに彼女を思おうとも、
彼女がどんなにクロエ達を心配しようとも、
パリの町はもう貴族である彼女が、
庶民である彼らの下を尋ねることを看過してはくれません。
ラファイエットは今、「首飾り事件」の裁判中であればこそ、
より細心の注意を払うよう、彼女に促したのでした。











・・・・・・・時々・・・・・・・・・・、
このラファイエットの年上目線がうっとおしくなります(-.-;
何もかも先手を打たれて、袋小路に追い詰められてる感w
息が詰まる(苦笑)











そんなこんなで想いの通じ合った二人でしたが、
ここで一つの「事件」が起きます。
オルレアン公がプロヴァンス伯の家族を人質に取り、
ルイ16世包囲網の一貫として、
彼の周囲にいる誰か一人、殺害するよう命じたのです。


思い詰めたプロヴァンス伯は、
その日たまたま、「首飾り事件」の判決により気落ちしているだろうマリー・アントワネットを見舞った主人公に目をつけます。
振りかざされたナイフ。そして-----------、












ここでこそスチルが必要だったンじゃないのかwwwww












そんな王妃、マリー・アントワネットの姿でいる時に、
ラファイエットが「彼女」を守るスチルより、
今、この時のスチルが必要だったのではないかと思うわけですっっ!!(>皿<)



何か間違ってるかwwww



しかしプチ・トリアノンを訪問した際の、
アルトワ伯の神対応にホント、泣かされました。゚(゚´Д`゚)゚。
彼はすごいよ!
見る目があるよっ!
ルイ16世なんかよりもお前がフランス国王になるべきだったンじゃないのかwww



アルトワ伯は彼女を見咎めるどころか、
プチ・トリアノンに入り、ポリニャック夫人に取次までしてくれるンですよっっ!
伯爵様がですよ!?
ただの侍女に対して!!!
これってスゴイことだとおもうわけ( ´艸`)



・・・・・・・・・余談ですがこのアルトワ伯、
史実でもいち早くフランスの情勢を見極め、亡命していますが、
ルイ16世の娘、マリー・テレーズと共に亡命貴族達の支援にあたったという、
結構良い人みたいに思えるのですが、どうでしょう(^^;
しかも若い頃は実際とても良い男だったらしく、
マリー・アントワネットとの仲も噂されたとか( ´艸`)











話を戻してw
プロヴァンス伯の侍女襲撃事件はすぐさまヴェルサイユにいるルイ16世の下へと告げられました。
馬にまたがり、駆けつけるラファイエット。
まさに白馬の王子様w
あれほど自重しろと言っていたのに、
のこのここの渦中であるマリー・アントワネットの下を尋ねるなど言語道断!
声を荒げて怒るラファイエットwww
主人公は恐縮至極で、身を固くして震えます(´Д⊂グスン
そこで出たのがこのセリフ☆




「ロゼール伯の屋敷を出て、私の館へこい」





ええ~www
まさかの結婚!?
と、思ったらそうじゃないンですよ(-.-;;
この状況のまま、単に「こい」って言ってるだけなんですwww



そりゃ~主人公だって意地がありますよね(^▽^;
結婚もしていない男の屋敷に移れというのは、
所謂の「公娼」として囲われるも同然の行い☆
一方ラファイエットはというと公私共に問題は山積でw
正直、一刻を争う事態を鑑み、
緊急避難的に彼女を保護しようと考えていたわけです。








----------こうした男性優位の行いは、
ブランド「CHANEL」の創設者であるガブリエル・シャネルの頃まで何一つ変わっていませんね(^▽^:;
(1901年)
彼女は将校、エティエンヌ・バルサンの援助の下、
帽子屋を始めたとありますが、実際にはこうした「囲われ者」だったそうです。











なし崩しに彼との関係に溺れることを恐れた主人公は、
代案として現在、空き部屋の増えつつあるヴェルサイユへと転居することで、
一応の決着を見るのですが・・・・・・・・・、
すぐにラファイエットが訪ねてきてるとかねw
まぁフェルゼン伯が一足早く訪ねてて、
思いっきり問い詰められてるとかwww
楽しいです( ´艸`)



ラファイエットルートはルイ16世ルートと違って、
ある意味障害らしい障害が二人の間に横たわっていることで、
物語に幅や深みを与えていますよね( ´艸`)
貴族と平民とか、
動乱の最中にありながら彼女を気遣い、
事あるごとに「お前は私が守る」なんていうセリフを、
砂も吐かずに言える辺りがラファイエットですよね~♪♪♪



周囲もラファイエットの言動に気がついていて、
ふつーに「恋人」として認識しているところがまた楽しい(
ルイ16世の時にはあくまでも彼には「正妻」がいて、
彼女の立ち位置って所詮は公娼と何ら代わりはありませんでしたからねぇ(-.-;
・・・・・・もっとも?
ヴェルサイユの口さがない女達の口の端に登ると、
尾ひれはひれがくっついて☆
すごいことになっているところがまた・・・(爆)




















「---------今夜はここで、朝まで過ごしたいのだが・・・・・・・」



「---------かしこまりました」















スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/1961-c6c0d173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ラファイエット、終了☆ «  | BLOG TOP |  » ラファイエット、始めました☆

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (93)
映画 (32)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (48)
殻ノ少女 (12)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (180)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (2)
Tâi-oân (11)
国内旅行 (264)
京都 (30)
大阪 (2)
奈良 (13)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (7)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (8)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (13)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (9)
宮城 (2)
岩手 (3)
青森 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (118)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (53)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (5)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (73)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (105)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (30)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (2)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)
エスカ&ロジーのアトリエPlus (3)
殺し屋とストロベリー (9)
ルーンファクトリー4 (17)
SWEET CROWN~午前三時のオカシな道化師~ (15)
悠久のティアブレイド-Lost Chronicle- (1)
神凪ノ杜~五月雨綴り~ (1)
Vamwolf Cross† (1)
Believer! (1)

検索フォーム