FC2ブログ
topimage

2020-07

王の「決断」 - 2016.11.05 Sat

PSvita「薔薇に隠されしヴェリテ」、攻略中です☆








第五章、六章をクリアしました☆
ここから個別ルートに入るのですが、
共通ルートと比べ、個別ルートは案外短いデス(^▽^;
毎日一章!を目標として、
攻略を進めて行く予定でしたが・・・・・・・・、



案外、予定通りには進まないw



気づけばまたもや25時w
困ったものです(-.-;










以下、ネタバレw













第五章はコレといって印象のないルートでした(冒頭から暴言☆)
この章は多分、
ルイ・オーギュスト・カペーが王となって、
自身の立場を自覚し、
彼の唯一絶対である「世継ぎ問題」。
及び、それに関連して「彼女」と「王妃」との間で、
自らの思いを自覚することにあったようですが・・・・・・・・、



これが最後まで煮え切らないンだな(^^;



もっとも?
「愛」のなんたるかを知らない人間が、
今の人間が当たり前に感じている「愛」という感情を、
理解し、行動に移せ・・・というのは、
難しいことだと思います(-.-;
そこが見どころだったのでしょうねw










面白かったのは「ミロワール(鏡)の会」と呼ばれる裏・三部会の出来事。
この時、ルイ16世としてヴェルサイユにいたのはロベスピエールでしたが、
歴史的にも有名な財務長官、ネッケルの「罷免」を決めたのが彼・・・という設定だったことに、
少なからず驚きを隠せませんでした(^▽^;


物語のルイ16世は(ある意味)結構な「やり手」で、
自分で変えられないなら、
それ専門の人間の手にゆだねてみよう。
その責任はすべて自分で取る-------というような、
豪胆さを兼ね備えています。
そんな「彼」が果たして歴史的に有名な財務長官、ネッケルの罷免をどう考えていたのか?
疑問に思っていたわけです(^▽^;
そしたら・・・・・・・・・、




その「手」があったかーーーっ!(>▽<)





なるほどっ!! ルイ16世に扮したロベスピエールが、
民衆に人気の高かった(銀行家で成功はしたが、身分は「庶民」だった)ネッケルを罷免した理由。
それは「市民の暴発」を加速させる為だったンですね(>▽<)
1770年、当時のパリの様子は先日書いた通り。
しかしまだ「暴動」「革命」までの勢いはありません。
庶民はあくまでも「貴族」というものが絶対的に自分達の上にいて、
逆らえるはずのないものとしていた時期です。
ミロワール会に入ったロベスピエールの「願い」は王政の廃止
その為の「布石」としてネッケルを罷免したのでした。






ちなみにネッケルの罷免後、
財務長官に任命されたカロンヌは特権階級の免税を廃止しようとして、失敗。
カロンヌの後任、ブリエンヌは新たな課税を提案するが、
「高等法院」により否決され、ブリエンヌは追放された。
この高等法院の正常化こそ、ダントンの「願い」でもある。
(高等法院の官職は実質国王から「購入」する為、
 その大部分を貴族、及び裕福な庶民が締めていたらしい。
 今流行りの都知事(国王)と都議(高等法院)のような関係w
 一定の対価を支払うことで「権利」を「世襲」出来た。
 本作でも登場するオルレアン公がルイ15世の「摂政」についたのも、
 この「高等法院」の力があればこそと言われている)





(本作があくまでも「フィクション」となっているのは、
 上記出来事が1781年と時期がズレていることだろう。
 歴史的にはマリー・アントワネットが26歳前後の出来事であり、
 本作のマリー・アントワネットは16歳)

























彼は悩んでいました。


何故? 「彼女」に持てる感情が「王妃」には持てないのか?
信用と、信頼の重要性を、
パリのあの安宿で手に入れたルイ・オーギュストでしたが、
「王妃」であるマリー・アントワネットにも、
その「思い」が通じる・・・・と考えたことが、
彼の「敗因」だったように思えます(^▽^;


オーストリアからの国賓、
ヨーゼフ2世に焚き付けられたルイ16世は、
彼女を連れ、フォンテーヌブローの館へと旅に出ることを発表。
主人公の心を乱します。










主人公は・・・・・・・・・、
複雑だったでしょうね~・・・・(^^;
こうしてヴェルサイユに、
「貴族」ではあるけれど、
「身代わり」などではなく、
「自身の姿」で立っていれば、
否応なく「肌」で感じる空気----------。


ルイ・オーギュスト・カペーはフランス国王で、
あのパリの下町で会う「ジャック」ではないわけです。
そんな「当たり前」の「事実」が、
彼女に重くのしかかってきていた頃、
突然、この「旅」の話が舞い込んできたわけです。


どこかで--------、勘違いしそうになる「心」。
今、自分は王妃、マリー・アントワネットではなく、
一侍女、一貴族。しかも「元庶民」という、
ヴェルサイユでは底辺の人間。
そんな自分がいっときでも「王」であるルイ16世と語らい、
お側に侍れただけでも一生分の幸運だったはずです。





この事は後に、彼女の心の中で深い「しこり」となりました。






10日間の「旅」----------。
しかもそれは「世継ぎ問題の解決」という、
極めてわかりやすい「理由」で行われました。
つまり、王妃マリー・アントワネットを「抱く」ということに他なりません。
そんな当たり前の「事実」が、少女には耐え難い悲しみであったわけです。
ところが・・・・・・・・・、







フランスに嫁いできた当初---------、
もっとも関心を示していたルイ・オーギュストとの「世継ぎ問題」でしたが、
すでにマリー・アントワネットの心は冷めきっていたようです。
アルトワ伯の「入れ知恵」により、
ルイ・オーギュストから贈られたプチ・トリアノン宮にこもり、
主人公はおろか、王ですら面会しない徹底ぶり☆
「フランス国王の子を生まない王妃に何の意味があって?!」と、
ヒステリーを起こしていた頃が懐かしいですね(^^;



そのフランス国王、ルイ16世の「推薦」によりマリー・アントワネットの侍女となった主人公でしたが、
一度も彼女に仕えることなく、再びヴェルサイユを追い出されてしまいます。
フォンテーヌブローからマリー・アントワネットによる突然解雇。
それどころかヴェルサイユへの立入を禁じられ、
「追放」の憂き目に会います。
このことは長く、主人公に「事実」を知らされることはありませんでした。
何故か?
ルイ・オーギュスト・カペーが彼女を「拒絶」したことにありました。













覚悟してこの旅に望んだ王でしたが、
すんでのところで踵を返すンですね(^▽^;
それはマリー・アントワネットから教育係を解雇され、
自らの教区へと戻っていたヴェルモン神父の下へ、
ルイ16世が訪れたことに端を発します。


彼は自らの「感情」の変化に対応出来ず、
「事情」を知るだろうヴェルモン神父に「懺悔」と称した会見の場を儲けました。
ヴェルモン神父は一貫して「一召使い」である彼女を味方をしているように見えます(^^;
最初はマリー・アントワネットが身一つでヴェルサイユから追い出した時、
次にメルシー伯がマリア・テレジアの命とはいえ、
彼女をパリに残すと決めた時-------。
折りに触れ、ヴェルモン神父は「もう彼女を解放しては?」とその身を案じています。


そんな彼でしたから、
ルイ16世が彼女とのことを「懺悔」に来た時も、
あえて否定しませんでした。
人の心は自由だからです。
まして、一挙手一投足を「拘束」されているルイ16世ならば尚の事、
心で想うことくらいは許されなければ・・・・と、考えたからでした。











そういった意味では----------、
王妃マリー・アントワネットもちょっとかわいそうなんですよね(^^;
誰もが自分を「そぐわない王妃」として見る一方、
自身の後ろに「もう一人の王妃」を見ている。
従順で、真の強い、柔軟な姿勢の持ち主であった彼女は、
最初にルイ16世に会った人物であり、
彼と共に神の御前で「宣誓」した人物であり、
ここヴェルサイユで、
今、自らの周囲にいる人物に最初に会った人物でもあります。


いつも「何か違う」目で自分を見、
事あるごとに「彼女だったら」と思う周囲の感情を、
マリー・アントワネットは敏感に感じ取っていたのではないでしょうか?
だからこそ、フォンテーヌブローで「自分が会った」初めての人間。
ポリニャック夫人を抱き込んだのだと思います。
彼女だけは、主人公に会う前に「王妃マリー・アントワネット」に謁見した人物だったからです。











フォンテーヌブローの館で----------、
王妃と共に星空の下、語らうルイ16世。
しかし不意に彼は踵を返します。



「余が結婚したのはそなたではない」



どうしても、
どうしても、
どうしても----------。
偽ることの出来なかった「想い」。
いつも自信なさげで、不安そうで、
しかし時に強情なほど強い「王妃」。
それは「そなたではない」と、はっきり拒絶したのです。











そりゃ~・・・・・怒りますよね(^▽^;
マリー・アントワネットはその足でポリニャック夫人をヴェルサイユに戻すと、
彼女を「解雇」、ヴェルサイユから「追放」します。


驚いたのはルイ16世ですが、どうすることも出来ません。
彼女を呼び戻したところで「王妃」が解雇した侍女を、
他の誰も雇わないだろうことは火を見るよりも明らかでした。


かといって自分が雇うわけにもいかない---------。
そんなことをすれば周囲の貴族の反感を買い、
より彼女を危険に晒すことが明白であった為です。











ちょうどこの頃--------、
アメリカから対イギリス戦の「援助」の申し出が有りました。
1779年のことですから、本作よりも9年後のことですね(^▽^;
史実のラファイエットは周囲の反対を押し切り、
単身、渡米したことになっていますが、
本作ではアメリカ支援を約束したルイ16世によって軍を任されています。


同時に---------、
母国スウェーデンに戻るはずだったフェルゼン伯もこの戦争に参加します。
これも史実通りですね(^▽^;


主人公がマリー・アントワネットからヴェルサイユを追放された4年。
ラファイエットはフェルゼンとアメリカ、独立戦争に参加する為、渡米。
ロベスピエールは大学を卒業と同時に法律家となる為、忙しく飛び回る毎日。
ダントンもまた、ようやく開いた事務所が軌道に乗り、
充実した日々を送るようになっていました。
そしてルイ16世はというと・・・・・・・・・、
ロゼール伯に「苦言」を呈され、同じく4年という短くも長い歳月を、
ここヴェルサイユで過ごすことになります。










ロゼール伯にはある「懸念」がありました。
ミロワール会はいわば小さな「三部会」。
貴族であるラファイエット、フェルゼンのいない今、
庶民であるダントンとロベスピエールだけではバランスが悪い。
しかも宮中において信用のおける数少ない味方である二人の不在は、
ルイ16世の身の危険は倍増していると見て間違いありません。


ロゼールは一旦、「庶民」である彼らと距離を置くことを提唱。
「眠って過ごす」期間に入ります。








彼女だけが----------、
取り残されたようにパリの町へとほおり出されたのです。








スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/1955-13d655fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

彼女の「決断」 «  | BLOG TOP |  » color×malice - 総括 -

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (91)
映画 (32)
CD (16)
漫画 (8)
本 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (48)
殻ノ少女 (12)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (180)
Polska2006 (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française2009 (8)
Türkiye2013 (14)
Russian Federation2014 (9)
Czech Republic2015 (26)
China2010 (7)
England2018 (28)
Israel (2)
Tâi-oân2020 (11)
国内旅行 (265)
京都 (30)
大阪 (2)
奈良 (13)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (7)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (8)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (14)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (9)
宮城 (2)
岩手 (3)
青森 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (118)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (53)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (5)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (73)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (105)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (30)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (2)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)
エスカ&ロジーのアトリエPlus (3)
殺し屋とストロベリー (9)
ルーンファクトリー4 (21)
SWEET CROWN~午前三時のオカシな道化師~ (15)
悠久のティアブレイド-Lost Chronicle- (2)
神凪ノ杜~五月雨綴り~ (1)
Vamwolf Cross† (1)
Believer! (1)

検索フォーム