FC2ブログ
topimage

2020-04

新選組の脅威~武市半平太攻略中wwwwww~ - 2014.05.24 Sat

mobile「幕末志士の恋愛事情」
武市半平太を攻略中ですwww

















大久保の去った後、一同は長州藩邸へと赴いた。
主人公は一人、荷物を持ってこさされたことに疑問を感じるが、
高杉は未来の持ち物に興味がある。
持ってきた方がいいだろうと、武市に言いくるめられる形で納得させられしまう。


武市の表情は堅い。


いつも通りに武市に話しかけるも、
武市は彼女を置いて長州藩邸に向かってしまう。
龍馬は万が一の事を考え、別行動をとっていたが、
結局、門前でばったりかちあってしまった(^▽^;








高杉と桂が出迎える。
龍馬、神妙な面持ちで。



「・・コンコもわしも、人気者で困るぜよ」



坂本の自嘲にも似たため息に、高杉と桂の表情が変わった。





「で、人気者は何人だ」

「一人か二人じゃのう」

「分かった、帰りは送らせよう」






暗号のような言葉。
意味の分からない主人公は、
坂本と高杉の顔を代わる代わる眺めるが、
その真意は理解出来ないでいた。












薩長同盟が締結しようとしていた。
先日、ようやく京に入った西郷隆盛との、
最後の「詰め」とも言えるこの会合は、
長州にとっては悲願であり、
同時に過去の遺恨を流す上での、「禊」でもあった。

その重苦しい空気の前に、
桂は坂本と高杉両名を連れ、
武市には彼女を前回の部屋へ案内するよう促した。








大変な時期、だからこそ・・・。
武市は何の疑いもなく自らの後ろをついてくる少女を振り返る。



「だから、君ともこれ限りだ」



神社も見つかった。
帰る道筋も見えた。
もう共にいる必要はないはず、
自分達には大仕事が待っている、



帰れ。で、なければ薩摩藩邸へ行け。と----------。




また、何か自分は怒らせるマネをしたのだろうか?
氷のように冷たい武市の態度に、
尚も食い下がる主人公。
しかし・・・・・・・・、



「邪魔だから消えろと言っただけだ」



武市はぐいと腕をつかむと、彼女を長州藩邸から追い出した。
思いもかけない乱暴な扱いに、悲鳴にも似た声が漏れる。

視線を上げても、
映るのは武市の広い背中のみ。
門番に塞がれ、入ることもままならない。




「武市さん・・・っ! 武市さんっ・・・っ!」




彼女の声は、藩邸内まで届くことはなかった。













荷物を持ってとぼとぼと、
武市を怒らせた原因を探ろうとする主人公。
大久保と二人きりになったせいかと、
寺田屋に戻る決意をする主人公。
そこに・・・・・・・・、




「もし娘さん、落し物ですよ」














長州藩邸では薩摩藩、
大久保と西郷隆盛の到着を待って皆が息を詰めているはずだった。
しかし高杉はここぞとばかりに土佐藩が連れ去った少女の動向を知りたがり、
坂本もまた、彼女は武市が囲わんばかりに猫可愛がりしているとからかう。
ところが----------、



座に戻った武市は、
彼らの言葉など意に介さぬ様子で沈黙する。
否、黙して語らなかったのではない。聞こえていなかったのだ。


武市は皆に・・・、彼女を帰らせた。と--------。









「外に出した、ということかい?」


桂の表情がさっと変わる。
それもつかの間、高杉が声を上げて武市の胸ぐらを掴んだ。


「っ・・・ばかやろうっ!!!
 
 お前っ自分がなにったのかわかってんのかっっ!!?」







彼女は帰った方がいい。
これ以上、寺田屋に。自分達にかかわっていても、得なことなど一つもない。
それ以上に、
彼女の安全を考えるならば、寺田屋に置かない方がいいのだ。



きっと、きっとそうなのだ。
自分は間違っていない。
間違っていないのだ----------。





「!!そんな先の事言ってんじゃぁねぇんだよっ!」





坂本が言う。



「尾けられてた! 彼女がワシらと居る所を見られているっ!」



気付いていなかったのか!?
本当に!?
目を向いて驚く武市に、
高杉や坂本の方が驚いた。



「驚いている場合かっ!!」



高杉が檄を飛ばす。



「おいっ誰かっ!! 馬を出せっ! 出るぞっ!!」




しかし----------、
高杉には大事な役目があった。
そう、言わずと知れた「薩長同盟」である。

長州藩の、毛利敬親の名代でもある高杉が、
この場を抜けるわけにはいかない。
いかないのだ。







(それでかーーーっ!
  薩長同盟の会合の場に、
 グラバーの代理人であり、
 幕府、勝海舟の代理人でもある坂本のみがいた理由はw
 ※私的意見www)









高杉は抜けられない。
もちろん、桂も。
そして坂本もまた、抜けられない。


見殺しにするしかない。
新選組に捕らわれ、
または幕吏に捕らわれ、
拷問の末、殺されるのをただ、
むざむざ指を咥えて見ているしかないのか--------?



「・・・今日は・・・堪えねば、いかん・・・っ!!」




「・・あいつが・・・危ないかも、知れないんだぞ・・・!?」



高杉の言葉に、皆は沈黙する。



「・・・・・くそっったれっ!!!」




大事の前の小事なのか?
これが運命なのか?
おもしろくないと苛立つ高杉。



武市は・・・・・・・、
ことの次第を飲み込めていなかった。
ただひたすら、
目の前の出来事がどこか夢の先の話しのようで、
ようやく、坂本に声をかけられ、
はっと気づいたのである。




「武市は、以蔵と、彼女を探しに行け」




坂本はしぶる武市に、
「はやくせんかっ!」と怒鳴った。
めったに声を荒らげることのない坂本の檄に、
思わず傍らにあった刀を握りしめ、飛び出そうとした武市だったが・・・・・・・・・・?



長州藩邸の門人が駆け込んでくる。
予感は的中した。
彼女が新選組に連れて行かれたのである。













主人公が捕らわれ、
引き出されたのは沖田と土方の前だった。
問われたのは龍馬の逗留先、
土方はすごみのある声で威嚇する。
箒尻を持ってこい。と-------。




「箒尻、知ってるか?」


「いいえ・・・」


「そいつはいい人生だ」




どこか晴れやかな笑う土方。
彼は相手が女とて容赦する男ではない。
以前よりも増して、冷たい表情の沖田。
周囲を取り囲む浅葱色の影---------。



話したらどうなるのか?
すぐさま開放してやるという土方。
しかし彼女の心配はそこではない。
皆は、皆はどうなるのか?
それが知りたかった。




こんな状況下で、人の心配。

土方は嫌な笑みを浮かべる。
沖田は自白を促すが、
すでに土方は見限っていた。
ここでは吐かない。
こいつは吐かない。
屯所で縛り上げろと。



慌てる沖田。
彼が慌てるくらいだから相当なのだろう。
池田屋事件の折、古高俊太郎を締めあげた土方の、
その残忍な部分を彼は嫌というほど見ている。



しかし・・・・・・・、
土方の怒鳴り声と共に、沖田もまた、引き下がった。
彼女が以後、どういう運命に合うのか、
分かった上で・・・・・・・。



その時・・・!



岡田以蔵を発見したと、隊士から連絡。
隠れている様子もなく・・・と、
そこまで言ったところで、土方がギロリとこちらを睨む。




「・・・・・・・・お前、何を知っている---------?




初めて見せる警戒の色。
それは赤く点滅を繰り返していた。
こいつはマズい。
こいつは危険だ。
ヤツが単身、この新選組の居並ぶ中に飛び込んでまで、
救い出そうとする彼女には一体、何があるのか?
初めて土方は、彼女を「警戒」したのである。



「武市の犬が暴れている・・・お前の為だろう?
 
 坂本の居場所を知っているだけの、女じゃねぇはずだ」




彼女は「未来」から来ていた。
彼らは彼女の知る「未来」を「利用」しなかったけれど、
値千金。
どんな武器よりも強いモノだ。

土方はそれを警戒した。
彼女が、この小さな少女が「人間兵器」に見えた瞬間だった。








土方は藤堂平助に彼女を引き渡し、
屯所に連れていくよう促すと、
自らは沖田を連れ、岡田討伐に向かった。



藤堂平助2



(ここで藤堂平助かーーー♪
 後に新選組とたもとを分かち、
 御陵衛士として尊王へと向かう彼が、
 彼女を救う結果になるとは皮肉だなwww
 ※私的見解w)




「おい、行くぞ?
 ・・・まいったな。オレは女に乱暴したくねぇんだよ」




歩む足を止める主人公、
年若い藤堂は戸惑いがちに彼女を見る。



「屯所についたらさ、どうなっちまうか。
  ・・・ごめん。オレにはわからねぇけど」


「少なくとも、つくまでは、
 怪我させようなんて、思っちゃいねぇからさ。
 
 頼むから、おとなしくしててくれよ。・・な?」








土方は本気で容赦しない。
藤堂平助は身をもってそれを知っている。
話した方が身の為、
沖田もそう思ったはずだ。



「あんた、別に、坂本のイロって訳でも、ないんだろ?」



今まで、生命の危険にさらされていたにもかかわらず、
藤堂はせめて屯所まではと、
彼女の緊張をほぐすかのように出身を聞いてきた。








どうするべきなのか?
これから。
一体何がどうなっているのか?



-------自分は一体・・・、
どうなってしまうのだろうか---------?



スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/1284-ccca6e3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

吉原彼岸花 «  | BLOG TOP |  » この世の未練の残し方~武市半平太攻略中wwwww?~

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (89)
映画 (30)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (48)
殻ノ少女 (12)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (179)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (2)
Tâi-oân (11)
国内旅行 (263)
京都 (30)
大阪 (2)
奈良 (13)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (7)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (8)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (9)
宮城 (2)
岩手 (3)
青森 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (53)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (5)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (73)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (105)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)
エスカ&ロジーのアトリエPlus (3)
殺し屋とストロベリー (9)
ルーンファクトリー4 (1)
SWEET CROWN~午前三時のオカシな道化師~ (7)
悠久のティアブレイド-Lost Chronicle- (1)
神凪ノ杜~五月雨綴り~ (1)
Vamwolf Cross† (0)
Believer! (0)

検索フォーム