FC2ブログ
topimage

2019-10

刺客~谷和助攻略中ww~ - 2013.12.12 Thu

注意
この日記は2013年11月21日発売された、
PSP「花咲くまにまに」のネタバレを含んでおります。
読みたくない方はすぐにブラウザバックでお戻り下さいっ!








上司からのセクハラを乗り越えw
一人前の(?)新造となった主人公(^▽^;
やっとw本編らしい本編に突入することになりましたwww(>▽<)
本人その気はないのでしょうが、
その気がなくったってセクハラセクハラですwww
自覚のないパワハラには気をつけましょうwww








大儀の為、これからの日本の為、
「女はたしなむ程度でいい」と明言していた和助に、
変化が訪れます(^▽^;


HP上のSSでも記載されていましたが、
密会の為、朝帰りしたあの日、
和助は膝枕をしたまま眠り込んでしまった彼女に唇を寄せるんですねw
が、不意に自身の名を呼ばれて、動きを止めています(苦笑)


何故、自分は動きを止めたのか?
「見世のものだから」という理由で自らを納得させた和助。
事実、宝良にきつくwとがめられているように、
見世の女の子には手出し厳禁w
しかし今、このシチェーションでそんなことを気にする自分だったか?
彼は自問自答します。
が、あえてその考えを否定し、忘れようとするのでした。








しばらくして・・・・・・・・・、
万珠屋の楼主、藤重清次郎襲撃事件が起こると、
娘である主人公はもちろんですが、
和助も激しく動揺します。
看病を終え、清次郎の部屋を出てきた主人公とかちあったのは、
彼もまた、眠ることが出来なかった為でしょう。
もしくは辰義と共に襲撃の犯人を探っていたのかもしれません。


万珠屋の屋根の上、
朝日をまぶしそうに見つめる少女に和助は語りかけます。
この先の日本も、これくらい明るく・・・・と--------。
不意にぶつかった視線。
その熱を帯びた瞳から、彼女は眼を離すことが出来ません。
そして・・・・・・・、


触れるか触れないかまでに近づいた唇は、
しかしすっと、引いてゆきました。




「悪い」




こいつはこれまでの女とは違う。
簡単に手を出していい女じゃない。
雰囲気に流されて・・・なんて、出来ない。
他の女とは違うんだ。




「今のは忘れろ、いいな?」


















和助の個別ルートに入ると、
いよいよ「時代」が動き始めます(^-^)



稽古の終わった主人公に、声をかけた和助。
手にはあの母の形見とされる簪が握られていました。
いつの間にか髪から滑り落ちてしまったようです。
礼を述べて手に取ると、
簪は少し破損しているようでした。
ヒビが入っていたのです。
慌てる和助w
手荒に扱った覚えがないと弁明しますが、
彼女は「古いものだから」と寂しそうに笑って懐にしまいます。



その表情が気にかかったのでしょう。
彼は桂と共に出かける予定であった外出に、
主人公を随行させます。
驚いたのは桂w
しかしそこに赤根も加わったのですから、にぎやか極まりないwww
ところが・・・・・・・・・、









尾行がつくんですね(-.-;
天下の往来で、
京では不承、有名人となってしまっている桂と、
人目を引く容姿の和助。
尺のある赤根が女連れで歩いていれば、
目立とうというものです(苦笑)
桂は赤根と共に、和助は主人公と共に二手に分かれ、
男の動向を探ることにしました。


何の為に尾行しているのか?
誰を尾行しているのか?
この二つを知ることこそ、
尾行の後ろにある「黒幕」を探ることになります。


万珠屋の面方なら、恋仲であるフリくらい演じきれ。
和助の真剣な顔つきに震えを押さえ、
必死に彼へとしなだりかかる主人公。
しかし残念なことに尾行の標的であったのは桂であり、
和助ではありませんでした。
彼は詫びと称して簪を彼女に贈り、
4人は再び合流、後に和助だけが姿を消しています。















敵を欺く為、また自らの精神安定剤の為w
和助にはどうやら女がかかせないようです(^▽^;
贈られた簪をさし、
縁側で三味線の稽古に精を出していた主人公の下へ、
音に惹かれた和助がやってきます。
自らの贈った簪をつけていることに気づいた和助、
彼女を抱き寄せる形で簪に手をやります。





こういうところが天然たらしの名にふさわしいですねぇ(-.-;
赤根が愚痴るわけデスヨ(^▽^;
また顔を真っ赤にした主人公に、
「熱でもあるのか?」とでこをくっつけるとかwwww






これを遠くから見ていた宝良www
慌てて和助と彼女の間に割って入りますwww
和助の女癖が悪いことはつとに有名!
さすがに大恩ある万珠屋の面方には手を出していないようですが、
外では武勇の数々、
内には女からの手紙で一杯などなど・・・、
お兄ちゃんとしては心配な要素がてんこ盛りなんですww(>▽<)




当の和助といえば・・・・・・、
俺がこいつに? 馬鹿を言えwくらいの不遜な態度w
確かに裏方から禿とし、
新造を通り越して振袖新造にしたくらいですから、
彼女の「面方」としての力量は認めていたのでしょう。
しかし・・・・、
それとコレとは話が違います(^▽^;
和助の(勝手に思っているw)モットーは、
女は色気と後腐れなくw これです(-.-;
そういった意味で、彼女はまるで和助の領域には入っていなかったものと思われますw






ところがところがw
宝良の「妹自慢」が始まるんですね(^▽^;
最近、大尽方にも評判がよく、
ただ一つ、難点を上げるとしたら警戒心が薄いことw
謙遜しすぎてるというか、
大したことないと思い込んでいるというか・・・・w
まぁこの辺は、和助や白玖の「厳しい」眼が影響しているとも言えましょう!!

とにかくっ!!!
こいつはかわいいっ!
こいつは大事な万珠屋の「宝」なんだと力説する宝良に、
またもよからぬ考えを持った和助w
宝良に彼女の仕事を休ませるよう言いつけます。










休みを貰った彼女が「振袖新造」の姿を作って、
やってきたのは和助の部屋-------。
彼は宝良がそこまで押す彼女の力量を確かめると、
自ら「客」となり、彼女の「接客」をテストするというのです。


驚いたのは主人公。
いつもとは勝手の違う和助との「会話」に戸惑うものの、
少しづつ、平常心を取り戻してゆきます。


和助に合う会話とは何なのか?
そう考えた時、彼女は「未来」の話をすることにしました。









自身がかつていたという、「田舎」の話。
そこには身分差も、男女の区別もなく、
音曲は差込一つで奏でられ、
自らの「声」すらも記録出来てしまう世界---------。
にわかには信じられない和助。
しかし彼女が英語を操ることが出来ると知り、
果然、興味を示します。












この頃-----------、
後に「維新五傑(ファイブ)」と呼ばれる長州藩士五人が、
英国へと留学しています。


明治帝の側近として、彼の傍で帯刀を許された伊藤俊輔(後の伊藤博文)。
鹿鳴館を建設した井上聞多(後の井上馨)。
(二人は英国大使館焼き討ち事件の犯人でもある)
新橋~横浜間に鉄道を敷き、
三菱財閥を創設した岩崎弥太郎と共に小岩井農場を創設した野村弥吉(後の井上勝)。
(この辺はPSP「明治東京恋伽」とも被るなぁw)
日本に造幣技術を伝えた遠藤謹助
それに日本工学の父とされる山尾庸三


和助もまた、この留学枠にもぐりこもうと勉学に励んだようですが、
結局、選から漏れてしまったようで、悔しさを滲ませています。
というのも一年前である1862年、
和助は藩命を受け、二ヶ月の上海視察に赴いているからです。







当時の上海は英国とのアヘン戦争に敗れ、
植民地化の一途を辿っていました。
開港された香港は英国領土となり、
国には英国のもたらすアヘンが蔓延。
そのアヘンを購入する為、国から大量の銀が英国へ向け流出していた時代-------。
和助の頭にあるのは、あの上海の姿が、
後の日本の姿になるのでは?という懸念でした。


事実、彼の見た上海は1840年から1945年。
百年以上もの間、他民族によって支配されてきました。
1970年代、丁度この国が再びかの国と国交を樹立するまで、
上海は、あの頃のままだったと聞きます。


日本が他国に侵略されないために、
今は国内がまとまる必要がある。
その為には攘夷と称して日本に忍び寄る外国船を打ち払い、
倒幕を成し、新しい御世にする必要がある。
和助はそう考えていました。
しかし・・・・・、


その実は・・・・というと、
後に手を組む薩摩の後ろ盾は英国。
そして幕府の後ろにはフランスの影が透けて見えます。
武器の調達から輸出、資金源に至るまで、
もちろん、彼らの力なくしては成しえなかったことではありましたが、
彼らだけでも、成しえなかったことでもありました。













和助は彼女に、英語を教えてくれるよう懇願します。
まるで子供のように眼を輝かせながら、
墨で書いたアルファベットの、自身の名を読む和助。
万珠屋の番頭としての顔でもなく、
奇兵隊を率いた志士としての顔でもなく、
一個人、谷和助という姿を見られた彼女は、
とても嬉しかったのだと思います。
証拠に二人は夜が明けるまで尽きぬ話に興じていたからです(^▽^;


和助は・・・・・・・・、欲しかったンじゃないですかねぇ?(^-^;
本当は自らと対等に話の出来る女がw
自らと同じ目線で、
自らと同じ「未来」を見てくれる女が、
欲しかったのだと思います。


桂には幾松がいた。
坂本にも---------。
しかし和助にはいなかった。
彼には親の決めた許婚と、
癒すことしか出来ない女たちがいただけにすぎませんでした。


















和助のテストが終了した数日後---------、
彼女はさる大尽を接客するよう、和助から直々に指示されます。
それは桂小五郎を狙う黒幕と目される人物でした。






1863年(文久3年)5月--------、
清河八郎が「口実」とした大樹公(徳川家茂)がいよいよ上洛を果たします。
後に新選組を名乗る近藤、土方達試衛館の面々は、この警護の為集められました。
ところが清河八郎の姦計に陥り、
多くの人物は彼と共に江戸へと戻ることになります。
近藤は当時、清河に反発した芹沢鴨の一派と共に離脱、
壬生へと落ち着いたのでした。


将軍、家茂が二百数十年ぶりの上洛を果たしたのは、
時の帝、孝明の強い攘夷思想があった為と言われています。
また前年1862年(文久2年)、
「公武合体」と称して娶った皇女和宮は孝明帝の妹であり、
義兄からの出仕要請ともあって上洛せざるを得なかったとも言われています。






和助の話では孝明帝を攘夷へと傾けたのが、
桂達長州藩だったというのです。






桂が宮中奥深くに座す孝明帝に影響力を持っていた・・・とは思いませんが、
後、「七卿落ち」と伝わる三条実美らの都落ちは、
確かに長州と繋がっていたものと思われます。
表立って公家の大物を名指しするわけにもいきませんから、
表向き、幕府勢力下にある長州藩の桂小五郎を標的にしたのでしょう。



ともあれ、将軍家茂の上洛に伴い、
彼は義兄(と、いうか攘夷派の朝廷)に押される形で五月十日攘夷宣言をしました。



攘夷が宣言されたことにより起こったのが、
長州藩による下関戦争
薩摩藩による薩英戦争
土佐藩による天誅組の変です。
しかし共に外国勢力に惨敗することによって、
彼らの力を取り込み、まずは倒幕をもくろんだものと思われます。












今、長州は桂小五郎を失うわけにはいきません。
彼の代わりとなる頭脳は、長州にはいないのです。


そこで和助は単独、調査に当たり、
さる大尽へと行き着きました。
そう、桂がつけられていたあの日です。


しかし証拠がない。
十中八九間違いないとはいえ、
確信出来るだけの、確実な証拠が必要でした。
そこで白羽の矢を立てたのが、彼女です。
彼女の人となり、座敷での社交性、話術。器量を鑑み、
また重要な案件であったからこそ、
他にはまかせにくい座敷だった。









和助は内心の不安を押し隠す形で、
この話を持ってきたつもりでしたが、
案外すんなりとw 彼女が受け入れたことに驚きます。
そして・・・・・・・・・・、









お約束ですよね(^-^;
まぁわれますw


座敷に入った途端、
和助の「懸念」はピンときました。
先に座敷にあげていた薫という新造に対する態度を見るまでもなく、
かなりの「難物」な大尽です。
強硬な姿勢を崩さない大尽に対し、
薫は怯えるあまり涙目のまま、酌をしていました。
彼女は二人の様子を尻目に、
ベンッと、三味線を鳴らしたのです。


妙に、度胸の据わった夜でした。
朝葵の媚びぬ態度が功を奏し、
大尽は満更でもない様子で彼女を傍に置きます。
最初は、他愛ない話から。
そして次の一手へ、と----------。






大尽の話は、おおよそこういうことです。






長州藩のたきつけた三条実美らが孝明帝へと攘夷を促し、
その攘夷は将軍、家茂を経て「攘夷宣言」となりました。
宣言を受け、長州では下関戦争が、
薩摩では薩英戦争が起きますが、これは大敗します。
結果、家茂を取り込んでいた開国派は彼に攘夷宣言させた孝明帝を怨みますが、
相手は時の帝。
「朝敵」となることを恐れ、帝の周囲にいる三条、
ひいては長州藩に刃を向けることになった・・・・と----------。



彼が桂をつけねらった理由は、「見せしめ」。
彼が無残な死を遂げることで、
見えぬ倒幕派を諌めようとしたのです。
これには先例がありました。
赤羽橋で惨殺された、浪士組結成の立役者。清河八郎です。




聞き出すことを聞き出せた主人公は、
酒のなくなったことを理由に退室しようとします。
一刻も早く、和助に知らせようとするのですが・・・・・・・、








酔いの回った大尽に、
押し倒されてしまうんですよね(^▽^;
白玖ルートの酒井より始末が悪い(-.-;
彼は曲がりなりにも新造の「水揚げ」として、
持参金を用意し、交渉もするつもりでいましたが、
彼はそんな気さらさらないんですよっ!
これが見世に来る男達の、
おおよその「態度」でした(笑)


胸元を大きく割かれ、
悲鳴を上げたその時・・・・・・・っ!
襖がパンッと勢いよく開かれ、
和助が清菊を連れて現われます。
「新造」に手を出すは御法度。
しかし大尽の座敷にいきなり入るという「無礼」を働いた和助は、
新造の上の地位を持つ「お職」、清菊と、
彼女を交代させることで場を諌めたのでした。









「よく頑張ったね」



清菊は彼女を抱き起こすと、



「座敷を出るまで自分の足でしっかり、歩きなんし」



と、後を取ってくれました。
室内を出た途端、足は震え、力が入りません。
和助は彼女を抱き起こすと、
自身の部屋へと連れ帰ったのでした。















彼女の得た情報により、
桂暗殺をもくろんだ刺客は一掃されます。
もちろん、大尽が囚われたワケではありませんが、
彼は白玖の助言で、
自らの上司からきついお咎めがあったとか・・・・・・・・。



こうなると白玖がどこまで力を持っているのかw
気になるところではありますが(^▽^;
その辺、語られていませんねwww
桂は彼らの「作戦」に感謝することはありませんでしたが、
主人公に対しては新造として、諜報員として、
少しは認めてやってもいいと声をかけます。



しかし根本的な問題、攘夷行動が停滞している以上、
またいつ何時、桂が狙われないとも限りません。
和助はあの時と同じように、
赤根にも、桂にも、
誰にも知られることなく、万珠屋を後にしたのでした。



スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shinoobu.blog100.fc2.com/tb.php/1140-95548079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

歴史の影武者~谷和助攻略中www~ «  | BLOG TOP |  » この人痴漢です!~谷和助攻略中w~

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (84)
映画 (29)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (47)
殻ノ少女 (11)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (168)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (1)
Tâi-oân (1)
国内旅行 (241)
京都 (30)
大阪 (1)
奈良 (12)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (6)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (6)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (1)
宮城 (0)
岩手 (0)
青森 (0)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (52)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (4)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (70)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (104)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)

検索フォーム