FC2ブログ
topimage

2011-10

零式~日常は今や遠く~ - 2011.10.31 Mon

注意
この日記は2011年10月27日発売された「FINAL FANTASY 零式」ネタバレを含んでおります。
読みたくない方はすぐにブラウザバックでお戻り下さいっ!
















第二章 朱雀の旗が立つとき途中、
レコンキスタ作戦後、魔導院の中をウロウロしておりますw





この作戦後、色んな施設が解放されましたので、
改めて魔導院の中をウロウロしているわけなんですが・・・・・・・・。
広すぎて迷子にwwww
うん、FF慣れした方や、ゲーム慣れしている方は問題ないとは思うんですが、
よくやる間違いで0組への廊下と、クリスタリウム(図書館?)への道w
そして飛空艇発着場と格闘場への道wwww

左右が即時に判断出来ない私にとって、
コレは死活問題だったりしますwww
(例えば視力検査等で見えているのに左右間違えて、
 見えていないとみなされたりwww)










念願のチョコボ農場が解放されたので、
さっそくチョコボを繁殖させてみました♪♪♪
♂チョコボ10羽と、
♀チョコボ10羽をいただいておりましたので、
それにギザール野菜を加えて軍用チョコボがwww

チョコボは交配させると卵が生まれ、
イベント一つクリアしていくとヒヨになっています♪♪♪
これがかわいいっ!!!!!(
モブとして走り回っていたヒヨ二羽も、
行くとまとわりついてきてチィチィ啼いたりしてすごいかわいかったんですが♪♪♪
もう自分のチョコボと思うと感激もひとしおですよねっ!!!!

もう一度暇を潰してw行くと、
今度は成チョコボになっているので引き取りました☆
♂♀二羽交配させて、産まれたチビは4羽。
良い率ですwwww




さらに軍用チョコボの♂と♀をかけると、
アタックチョコボが生まれました☆
けど6羽中1羽w
あまり率はよくありませんが、okでしょうね(^-^)

チョコボは外に出た折、
乗り物として使えるようですが、
なんだかもったいなくて使っていませんwwww
いずれ沢山、繁殖出来たり、
レベルを上げなくて済むようになったら使ってみたいなぁ♪♪♪












基本、私はエイトを動かしているのですが、
魔法局に行くとアレシアの部屋の前に?マークが。
おかしいなぁ~???と思って周囲に話を聞いていると、
「エースがマザーに検診を受けている」というネタを仕入れましたので、
エースになって再度マザーの部屋へw

エースとアリシアの健康診断の様子を垣間見ることが出来ます。









軍令部長との舌戦時と異なり、
始終穏やかでやわらかい口調で話すアリシア・アルラシア。
そこには魔法局トップという肩書きを脱いだ、
普通の「母親」像を見ることが出来ます。

7歳~8歳の間に、各地から集められたアギト候補生たち。
その彼らを統括・管理する上で、
アリシアは「母として」彼らを見ていたようです。





「自分の決めた作戦に参加することも大事だけど、
 もっと顔を見せるようにしなさい」


「忙しいのはマザーの方だろ? 魔法局局長なんだからさ」


「あら、それでも貴方達に会う時間くらい、いつでも作れるわ?
 母親が子供の心配をするのは、当然のことでしょう?」







エースはこの時、「はいはい」と呆れ気味に応えています。
心配性の母親を諌めるような言動は、
十年間の彼らの交流を思わせます。

しかし多分、最初に引き取られたであろうエースと、
おそらく、最後に引き取られたであろうキングの言動は、
少し温度差があるように見えます。



「以前連れてこられた時には、教室まで入らなかった。そういうことだよな」



キングがつぶやいた言葉の意味は、
一体なんだったのでしょうか?













0組の教室に戻ると、レムとマキナが話しをしていました。
なんでも朱雀のルシ、シュユ卿が白虎との国境線付近で目撃されたというのです。

ルブルム奪還作戦中でさえ、
姿を見せることのなかった、シュユ卿。
朱雀のルシは一体何を考えていたのか?
その辺も気になるところです。






最後に体験版ではお馴染みだったサロンに行くと、
ナギがナインやデュースをからかっていました(^▽^;














1日12時間自由時間を与えられるわけですが、
イベントは大体1つにつき2時間もってかれます(T▽T)
なので起こすイベントも慎重にならざるを得ないところwwww


6時間を消化した後、
チョコボ農場に行って繁殖した4匹を受け取り、
再度、繁殖させて武装第六研究所に行くと・・・・・・・、
いました カヅサですよっ!!
レコンキスタ戦前のセーブに戻らなくて、本当によかったぁ~っっ(号泣っ)









カヅサはいわゆるマッドサイエンティストwwwww
声をかけてきた人間が噂の0組であると知って、
ムズムズきたみたいwwww



「時間がある時でいいから、声をかけてよ」




な~んて甘い誘惑にかられ、
声をかけたのが運の付きwwww
クリスタリウムにある秘密の研究所に連れ込まれ、
後ろからプシッ、とwwww

朦朧とする意識の中、
カヅサとクラサメの話す姿が・・・・・・・。
どうやら彼らは顔なじみの様子w
無言で怒っているクラサメが面白かったです(^▽^;







こりもせずまた研究所にいるカヅサに声をかけると、
またもやプシッ☆
霞む視界に、カヅサのゆれる後ろ姿が怖いwwww
いや~、楽しいです♪♪♪







カヅサイベントは一度起こすと、
連続して3回、計6時間ももってかれるわけですがwww
まぁそれも楽しいからよしっ!!(爆笑っ)
CVも石田彰氏と、怪しさ満点ですwwww













残り12時間となったところで、
闘技場にてチマチマレベルを上げたり、
秘密の特訓(笑)を課したりして頑張ってきたのですが、
意を決してこの度! 外に出ることにしましたっ!!(>▽<)


レコンキスタ作戦により、
マクタイ・アクヴィ・コルシの町が解放されたとはいえ、
どこにミリテス皇国の残党が紛れているとも限りません。


・・・・・・・・・・・・・・とりあえず、
一戦闘後、撤退すればHP及びMP全回復という魅力に惹かれwww
海沿い、山沿いをフラフラしておりますwwww
そしてコルシではエミナ先生へのお土産を買ったりっwwww
楽しいですっ(>▽<)












つかの間の、安息。
つかの間の、日常。

戦時下においてそれに浸ることは、
死を意味するのでしょうが・・・・・・・・。
再び召集がかかるまでのわずかな時間は、
楽しんでいたいと思うわけです(^-^)
スポンサーサイト



零式~初陣そしてレコンキスタ~ - 2011.10.29 Sat

注意
この日記は一昨日発売された「FINAL FANTASY 零式」ネタバレを含んでおります。
読みたくない方はすぐにブラウザバックでお戻り下さいっ!
















第二章 初陣の候補生及び、
レコンキスタ作戦をクリアしました~!!





・・・・・・・・・・・うん、キツかったwwww
ゲーム慣れしている方は平気なのでしょうが、
初陣ではフツーに迷子になるし、
レコンキスタ作戦のような、
本当の意味での「指揮戦」というのを体験したのは初めてだったので、
もうどうしていいのか分からず、
何度もモーグリに聞いたりwwww







モーグリも呆れているのか、
「第一陣地の応援とアクヴィ制圧、どっちにするのっ(怒っ)」なんて、
何度も聞かれるし(T▽T)
そんなコトゆったってどうしていいのか分からないんだよ~う(>_<)
敵陣地からわ~って兵士が出てきたり、
機械兵団が出てきたりするんですが、
コレって殴ったりして戦えるものだったんですかね???
一応、ありえないキャラであるエイトでボカスカ殴っていたんですが・・・・・。
効果があったんでしょうか?(^▽^;
疑問だwwww

けど兵団の前とか、
機械兵団の前とか出ると、
「ぎゃっ」て倒れてるから攻撃はされているのだと思うwww
攻撃を受けるということは、
多分、こちらからの攻撃も効いているのだと思・・・・い、たいwwww

てか、エイトっていうありえないキャラを使っている時点でダメだったのかもwwww
ガリガリ削れるっていう意味ではナインとか、ジャックとかがイイと聞くのですが、
エイトが・・・・、ね?
入野自由氏だしねっ!!!(声優でかっwww)












アクヴィ制圧では、五分以内にヘリオット少佐を倒とあったが、
そんなこと出来るわけがなくwww
案の定、五分過ぎてしまうが、
一応、倒したのでクリアはさせてもらえたようだ(^▽^;
へたれゲーマーのツライところです。トホホ~(-.-;






コルシ制圧後は、コルシ及びアクヴィに行けるようになりました♪

コルシはともかく、アクヴィはなんだか懐かしかったですね(^-^)
体験版でアレコレ動いていた唯一の街だったので、
街に入った時、ホッとしたのを覚えています(笑)
木の下で姉の帰りを待っていた少女、ナズナ。
かつてはシンクの夏服をくれた彼女。
今回はユウの輝石をくれました♪









マクタイの町で新町長の演説を聞いた後、
魔導院に戻ったんですが、
ここでやっと!! レベル上げ施設【闘技場】が解放されていましたのでさっそく利用っ!!(>▽<)
コレって確かにもらえる経験値は少ないでしょうが、
仕事に行ってる時、
眠っている時、
自動的に経験値が入るのは初心者へたれゲーマーとしては有難いところ♪
さっそくPM11:00にセットして休みましたwwww

早朝、AM6:30に確認したところ、
2人の教官に対応してもらって、
経験値550ほど稼いでいました♪
頑張ってくれっ! エイトッ!(笑)













・・・・・・・・・・・しっかし、重い作品ですよねwww
レコンキスタ作戦から戻っていたエースの耳に入ってきたモノ。
それはマザーと呼ばれるアレシア・アルラシアの冷淡な言葉でした。


マザーに報告すべく魔法局を訪れたエースは、
中から人の争う声を聞き、ノックする手を止めます。
アレシアと、もう一人は軍令部長。
彼の怒り狂う言葉に、エースは自分の発言がきっかけで、
一人の男が戦死したことを知ります。


その男の名は、イザナ・クナギリ。
マキナの兄の名でした--------------。











失われていく記憶。
死を重く感じ過ぎないための措置とはいえ、
エースは他の11人とは異なり、
わずかながらそういった感情を失いきれずにきました。



「だって、エースが『あの子がいい』って言うんですもの」



アレシアの言葉に衝撃を受けるエース。
アレシアの言葉に苛立ちを隠さない軍令部長。
一人と、その他大勢の、命。








命の引き算という重い言葉が、
アレシアの口から飛び出した時、
「ああ、これは戦争なんだなぁ」と改めて思ったりしましたwwww
これほど怖いことはなく、
これほど、恐ろしいこともない。










戦時下というものは面白いもので、
刻一刻と情勢が変わり、
そのつど、臨機応変に対応出来た者だけが生き延びるという、
「強いDNAをより分ける」システムも含んでいます。

今の世の中、口では変革を望んでいますが、
その実、多くの人が変化を望んでおらず、
平凡で、ありきたりの、普通の人生を幸せと感じているはずです。

【今】を維持しようとする力は、
決して悪いモノではありません。
それは安定と秩序を呼ぶものだと考えています。
が、戦時下はそうではない。
常に変動し、変化し、変質するものです。
FF零式が発売された年が2011年だということに、
最大の皮肉を感じているのはきっと、私だけではない・・・・ハズwwww











失われた玄武の地。
新たに投入された0組の存在。
押し戻されたミリテス皇国軍が、
新たに呼び寄せる兵力とは----------?


こうご期待だーーーーーっ!!(絶叫っ)

















・・・・・・・・・・・・・ちなみに・・・・・・・・・ね?
カスガイベント見逃しました!!!(号泣っ)
先輩は「カスガ? ふつーにいたよ?」とか言っていましたが、
それってS.O.作戦をクリアしているせいだっ!!とか思って、
いぢけていたわけですね???

そしたらバチが当ったのか、
今朝、攻略見たら初陣終了後、残り6時間で武装第六研究所に行くと会えることが判明っ!!
しかも連続してイベントが発生することも判明っ!!!!

私のまっどさいえんてぃすとぉーっ(泣)







零式は周回必須なゲームらしいので、
二周目は頑張りたいと思います(-.-;

零式~序章・開戦~ - 2011.10.28 Fri

注意
この日記は昨日発売された「FINAL FANTASY 零式」ネタバレを含んでおります。
読みたくない方はすぐにブラウザバックでお戻り下さいっ!
















題名はあえて序章www
第一章 開戦、運命の3時間及び、
第二章 朱雀の旗が立つ時半ばまでクリアしました(^▽^;









己のポリシーを破ってまで、ブログup♪
(ネタバレ考慮で最新作はupしないようにしてるw)
いやいや、ちょっと語りたいですよっ!
詰まるまではwwww










とはいえ、
本作品はFFfanの方なら必ずやっているだろうし、
あえてこの場でストーリーを記載することもないだろうとは思いますが・・・・・、



な に せ 戦 闘 ゲ ー ム に 慣 れ て い な い も の で ね ???



序盤からものすごい衝撃があったわけですw
私的にwww









「戦闘ゲームなんて皆、あんなものだよ」と先輩は言うのですが、
今までやっていたFFⅣとか、
FFⅦのザックスが主人公となっているクライシスコアなんかより、
もっとずっと臨場感があってイヤだったwww


優位な立場に立っている者が、
窮地に追いやられた後の、




悲鳴とか、
懇願とか、
救命とか、




そんなものが雑音(砲声や銃声)に混じって聞こえてきたり、
インカムから流れてくる無慈悲な命令や、
無造作に打ち捨てられている屍を越えての作戦決行や、
作戦が成功したらしたで、
称えられるどころか、その力ゆえに恐怖心を持たれてしまったりとか・・・・・。

とにかく、
今読んでいる本「ヒトラーコード」と繋がる部分もあり、
ゾッとしたんですね(^▽^;
なまじっか歴史好きなばかりに、
映像的なモノが頭に入りすぎていて、
そこと今回のゲーム内容がリンクしてしまったのも理由の一つかもしれない。
とにもかくにも、ゲーム本編で名もないモブwが言っていたように、




「モンスター相手の訓練じゃないもの、人間が相手なんだもの」




この一言に尽きると思います。
そうなんですよね、
今までの作品もあれこれやらせてもらいましたが、
結構、やさしめのモノ(で、ないと出来ないw)が多く、
こういった本当にシビアなものって、手を出していなかったんですよねぇ~・・・・(トオイメ)














少し気になったのは、
死んだ者の記憶が皆の中から無くなるということでした。

ある少女はコレを、「クリスタルの加護」と呼んでいますが、
どうなんでしょうね?
確かに生者が死者に囚われてはいけないことは分かります。
しかし死ぬと同時に消えてしまう記憶には、
ファントマが関係しているように見えるのは、
私だけなんでしょうか?(^▽^;







兄、イザナを失ったマキナは、
墓地で彼の名をつぶやきます。



「もう、覚えてもいないけど・・・」



失った魂と同時に、
スパッと、本当に歯切れよく失われてしまう記憶。
これって結構怖いことだと思うのですが、
エース以外、あまり気にもとめていない様子なのがより怖いwwww
この後、エースもまた、自分のつぶやいた言葉に、



「前にもこんなこと、話したような・・・・」



と、不思議を感じています。
それはチョコボ好きなイザナが、
同じくチョコボ農場に通うエースと交わした会話の一部だったのでしょう。

なんだか本当に、切ないです。
生きた証がタグ一つ、
数文字の名前だけだなんて・・・・・・・・・・。















ルブルム奪還作戦後、
0組として、アギト候補生として、
正式に登録すべく魔導院を訪れたエース。
そこで魔導院ペリシテリウム朱雀の魔法局局長アリシア・アルラシアは、
0組に編入生が二人入ることを告げる。
しかし彼女は不思議な言葉をエースに告げるのだった。



彼らに対して、何も教えてはいけない・・・と。









ファントマの秘密。
魔法の意味。
練成される強大な、力。





マザーと呼ばれる彼女に拾われた12の子供たちは、
もしかしたら拾われた順にナンバリングされていたのかもしれません。
エースから、キングまで・・・・。
そう考えた時、一人の欠番が出ます。
10番目の子供、これが何を意味するのか?



0組であり、アギト候補生である12名と、
マキナ・レムとの決定的な違い。
それがなんなのか?





今から少しづつ、あかされていくのでしょう。
そう思うと楽しみで仕方ないっ!!!!!(>▽<)









とりあえず魔導院に入り、
あちこら歩き回っていますw
相変わらず視点は定まらず、
ゲーム酔いをしてしまいそうな感じがツライですwwww

墓地と、テラスにびっくりマークが出ていましたが、
誰で誰を操作して、
どの人に話しかければいいのか分からない上、
キャラが14人もいて正直浮気心がっwww







・・・・・・・・・・・仕事持ちの悲しさで、
とりあえずここで初日終了wwww
今朝は寝不足でもないはずなのに、なんだかツライですwwww

まるで映画か何かでも見ているかのような、
とても楽しい気分にさせてくれるこのソフトッ!!!
当分、どっぷりハマりそうです(^-^)

発売おめでとうございます♪ - 2011.10.27 Thu

2011年10月27日は、
なんと三本も!!同時発売されます(号泣)







まずは、こちら↓










いわずと知れたFFシリーズ最新作です♪
FFⅣにハマッて以来、
ちとFFがマイブームになりつつあるワタシ☆
結局、夏服は13着しか揃わず、
クイーンの夏服だけ諦めるというへたれ具合w

・・・・・元々、ワタシに一般ゲームなんて向かないんですよね(T△T)







本日の0組日誌を拝見すると、
どうやらゲーム開始時にしか夏服は引き継ぐことが出来ず、
その後、夏服が欲しくなった方の為に、
救済措置がとられる予定とのこと。

ちなみにスクウェアエニクスメンバーズで・・・と、ありますが、
これってどういう内容のモノなんだろう(^-^;
しかも体験版〔ナツビ〕で難しくて手に入らないくらいだったのに、
それ以上に難易度が上がるって・・・・・(滝汗)







FFは過去から現在に至るまで、
すでに【ブランド】化していると言えましょう。
期待は膨らむばかりで、
前作以上のモノを作らない限り、
消費者の満足は得られない。
そんなプレッシャーの中で開発された方々に、
本当に心からのお礼を言いたいと思います。

ありがとうございますっ!

こんなにわかFANでも思うくらいですから、
長きに渡ってFFを楽しまれてきた方々にとって、
今回の発売はひとしおだと思います♪
楽しんで、楽しんで、楽しんで、
やりこめたらいいなぁ~・・・・・(トオイメ)















次はこちらっ!!↓



Arcana Famiglia




本来、乙女ゲーに限って主人公は空気というか、
姿も声もいらない派なんですがw
(少数派ですねw)
今回のヒロイン、フェリチータに関しては大変興味を惹かれました♪
おまけにそばに従えているフクロータってwwww
どんなネーミングセンスッwwww






毎年、年末年始をイタリアで過ごしている私にとって、
イタリアを舞台にした作品はことさら興味を惹くものです♪
風景を見るからに、ナポリとか、シチリア辺りの話のようですが、
まだ行ったことがありませんwww
これ以上治安の悪化する前に行きたいですね(^▽^;








前作PSP「文明開華葵座異聞録」が大コケ☆をして以来、
本当に本当に、本当ーっにっ!!!
心配でしたが・・・・・・、どうなんだろう(^-^;

自分的ジンクスとして、
OPを気に入った作品は必ず自分にとってアタリ☆
というモノがありましてww
そういう意味ではアタリなので、
まったりじっくりのんびり♪進めていきたいと思います(^-^)





・・・・しかし攻略対象キャラがダンテってwwwww
それってアリなのか?!
カヌチ白のオウバ隊長くらいびっくりしましたwwww
このびっくり度合いを抜くには、
2012年PSPで発売される「三国恋戦記」の元譲氏との恋愛イベントくらいかなぁ~・・・、
超期待だっ!!!













そして最後がこちらっ↓





元々PCからの移植作品なのですが、
PSPで出てくださるのは嬉しい♪(>▽<)
やはりPC版よりも簡易的に遊べるPSPの方がいいですものね☆






そして自分的にはナイトメアがブームですwwww



杉田智和氏を最初に耳にしたのは、
PSP「緋色の欠片」での鬼崎拓磨役でして、
今もって彼の声というのは鬼崎の声としてが一番耳にしっくりきますw
ちょっとヘタレで先輩に弱くて、恋愛に疎い鬼崎拓磨。



現在もっとも人気のある声優さんの一人として、
様々な声を当てていらっしゃる杉田氏。
彼の声で鬼崎の次にしっくりと来たのが、このナイトメアだったんですよね~wwww
(びっくりしたけど、案外慣れてしまったのが、
 ATLUS様から出ているPSP「東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚」の、
 鬼丸義王役でしょうwww 鬼つながりでwww)







ハート、
クローバーときて、
一番、アリスの心の【深遠】に近づくこの「ジョーカーの国のアリス」。
楽しみでなりません(^-^)
早く届かないかなぁ~♪













・・・・・・・・・・アルカナ・ファミリア及びジョーカーの国のアリス・・・・、
この二点についているようなドラマCDが、
FFで出てくれないかなぁ~・・・・。
切実に期待っ! しますっ!!(>▽<)

続☆週刊添い寝CD-始動!- - 2011.10.26 Wed

週刊添い寝CDシリーズ、
新バージョンの情報が続々と出てきて嬉しい限り♪
その中でもイチオシはこの方だったんですが・・・↓



週刊添い寝CDサイトへ



うん、まぁ、華ヤカ影響ということでwwww
昔から名前はよく聞く方なのですが、
本当にハマッたのって多分、
PSP「華ヤカ哉、我ガ一族」の雅からですwwww

サンプルヴォイスを聞きましたが、
とても優しそうな、
年下っぽい声だったのでちょっと・・・・・(泣)

PSP「STORM LOVER~夏恋~」の椎名とも違う。
(まだやってないケドwww)
ここはあえてツンデレでいって貰いたかったなぁ~(>_<)
トホホw










後、うっかり見逃しそうになったのがこの方っ!!!↓


週刊添い寝CDサイトへ


同じくサンプルヴォイスを聞いて、
「ん?」と思い調べたところ、
アニメ「BLEACH」の黒崎一護役の方だったんですね!
驚いた~(>_<)

BLEACHは正直、尸魂界篇終了後、読まなくなってしまい、
その後はアニメも見なくなってしまった結果、
現在に至るので分からなかったらしい(^▽^;
最後に見たのって、
映画「劇場版BLEACH The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸」だったしなwwww






ともあれ、兄のように頼れるというキャッチフレーズから、
黒崎一護っぽい感じだったので、
これは買いでしょう♪♪♪
12月2日発売となっているので、
キネマモザイク共々とても楽しみ♪♪♪

FF零式~夏服の罠~ - 2011.10.25 Tue

・・・・・・・・・、
こんな題名ですがピンクな内容ではありませんwwww

PSP「FINAL FANTASY~零式~」発売まで後2日!!
待ちきれずにうきうき♪している結果がコレというわけで(^▽^;
こりもせずに体験版をやっている最中というわけですwwww









ナイン、キング、マキナを中心に進めており、
現在、3人ともレベル19♪
一番破壊力の高いナインで特攻隊長を務めておりますwww
回復はマキナ任せw
ポーションもエーテルも使わず、
ただひたすらに突っ込んでいくのはアクションに慣れていない人間の性でしょうwwww



ぎりっぎりっ!!の、ところで○と×を同時押ししてしまい、
HPたっぷりなのにゴーレムを召喚してしまったり、
ゴールは目の前っ!!っていうところで、
うっかり死んでしまったりしておりますwww
・・・・・相変わらず、
このアクションゲームをなめた行動はなんとかならんのか(-.-;










後2日で発売日だというのに、
夏服が全部揃っていませんwwwww
夏服揃わないと本編に移行できないよ~う(T△T)



と、いうこで攻略サイト様で確認すると、
夏服入手方法は以下の通りらしい(^-^;










マキナの夏服  戦闘訓練クリア
ケイトの夏服  作戦【其ノ壱】クリア
セブンの夏服  作戦【其ノ弐】クリア
エースの夏服  作戦【其ノ参】クリア
クイーンの夏服 作戦【其ノ四】クリア


サイスの夏服  サロンの魔法局局員より依頼
トレイの夏服  噴水広場にいるアキ
ナインの夏服  アクヴィの町で販売(980GIL)
シンクの夏服  アクヴィの町ナズナ
ジャックの夏服 サロンにいるカルラ(5000GIL)


デュースの夏服 作戦【其ノ壱】3348地区
レムの夏服   作戦【其ノ弐】朱雀軍仮設基地S.O.報酬
エイトの夏服  作戦【其ノ参】ビッグブリッジ東海岸
キングの夏服  作戦【其ノ四】戦闘中兵士









作戦四は無理だろwwww
あんなのありえないですっ!!!
視界が悪い上に囲まれてるってっ!!!
何度死んだか分かりませんっ!!

友人に言わせると、
沢山いるように見えるが、
実際には10体もいないとのこと(-.-;
上手いヤツは皆そう言うっ!!
ちくしょうっ!!!(笑)







後、本当に偶然ですが、
キングの夏服は手に入れることが出来ましたw
負傷した味方らしき影を敵と間違え、
ロックオンしたところ、拾えました♪
ばんざーい☆


・・・・・実際、戦闘なんてこんなものなんだなぁ~などと、
実感しながら頑張っております(-.-;
耳を劈く爆音とか、
インカムから流れてくる指揮系統の混乱。
悲鳴にも似た救助要請。
やせ我慢につぐやせ我慢をしながら、
それでも、強気で交戦することを余儀なくされていく若き兵士たち・・・・・。


戦闘ゲームに慣れている友人たちは、
「これがいいんだよっ!」と言いますが、
私には生々しすぎてどうにも(-.-;
怖い方が先だったりしますwwww










現在、入手している夏服は9枚。
多分ですが、
エース・ナイン・マキナ・キング・サイス・ギャック・セブン・ケイト・トレイと思われます。
一番簡単に手に入れられそうなところで、
シンクの夏服・・・かな?


レムの夏服は作戦【其ノ弐】のS.O作戦で、
時間制限はあるけどそう戦闘能力の高くない蒼龍人10体だし、
デュースの夏服も同じくS.O作戦で、
難しそうだけど作戦【其ノ壱】とレベルが低いし、
エイトの夏服は一応、クリアが出来ている作戦【其ノ参】ってことで、
踏ん張れたらなんとかなると・・・・思う(^-^;



問題はクイーンの夏服だろうっ!!
作戦【其ノ四】クリアの報酬ってっ!!!










発売まで後2日っ!!
なんとかして制服を入手しておかなくてはっ!!!(>▽<)

発売前から二次展開? - 2011.10.20 Thu

2011年10月27日に発売される、PSP「アルカナ・ファミリア」。



Arcana Famiglia



発売前から二次展開が決まっているようで、
ちょっと・・・・・・、どうしよう(^-^;
確かに「Girls-Style」でのおまけCDは面白かったし、
声優さんも豪華だし、
何より個人的にはイタリアという舞台が気に入っているし、
代永翼氏初のツンデレキャラというものに大変えているしwwww



なんだけど、
なんだけど・・・・・・、
う~ん(悩っ)










二次展開は以下の通り☆
(animate様より抜粋)


ドラマCD『アルカナ・ファミリア』capitolo.1
2012年1月下旬発売予定
定価:3,150円
発売元:フロンティアワークス

<ストーリー>
ゲームの開発スタッフが手がけるオリジナルストーリーを収録。
ヒロインのフェリチータがボイス付きで初登場するほか、
メインキャラクターも総登場し、
最強のアルカナ能力者を決める戦い「アルカナ・デュエロ」開始直後のドタバタな日々を描く。

<CAST>
リベルタ:福山潤
ノヴァ:代永翼
デビト:吉野裕行
パーチェ:杉田智和
ルカ:中村悠一
ダンテ:小杉十郎太
ジョーリィ:遊佐浩二











・・・・・フェリチータかぁ~・・・・・。
びみょ~(^-^;
元々私は主人公の声ナシ派なので、
本人に声がついた時点でコレはないかも(泣)



せっかく既発売3枚とは異なり、
ゲーム発売後、初のストーリー性のあるドラマCDだけにおしいっ!!!
声なかったら絶対買ってたなぁ~(T△T)













も一つがコレ↓


文庫『アルカナ・ファミリア~ラ・プリマヴェーラ~』
2012年1月下旬発売予定
ドラマCD付き限定版 予価1,200円
通常版 予価600円
発行:フロンティアワークス フィリア文庫

<ストーリー>
ゲームに先駆けて発売されたドラマCDのエピソード。
春の祭典「ラ・プリマヴェーラ」を舞台に繰り広げられる。











こっちは文庫だし・・・・、
同じくびみょ~(^-^;

私自身、本では軽いものを読まない傾向にあるので、
購入したところで多分、
CDだけ聞いて終わりそうな勢いw
(緋色の欠片「蒼黒の楔」とか、
 クローバーの国のアリス「ガーディアン・ゲーム」とかと同じようにwwww)













発売前にCD発売されているところは、
後にコケる確立が高い(T△T)
(PSP「Black Robinia」みたいにw)
まさか開発費をコレでまかなっているわけではないだろうが、
前作が大コケしただけに、
・・・・・・悩む・・・・・・・・・(滝汗)


アルカナ・ファミリアのシナリオライターは、
今もって不明のままだし、
一人とは限らない(最近数人で分担するやり方も出てきているし)。


フロンティアワークス様とHunex様の共同開発みたいになっているけど、
どちらが主権を握っているかでこちらとしての対処も変わってくる。
Hunex様は前作があまりにも酷かったので警戒はするんだが、
二次展開の主導者的立場でもあるフロンティアワークス様がメインなら、
わずかばかりではあるが、希望が遺されているw


PSP「最後の約束の物語」を作成したイメージエポック様が、
次作目はよかったとか聞いたりしたし・・・・。
と、すれば決して初回コケても次は・・・っ!っていう方程式も成り立ってくる。
事実、初回すごいモノを発売してしまうと、
次作目のハードルが高すぎてなかなかソフトが出ないままに、
会社自体がなくなっちゃうというシビアな時代の今、
本当に悩むwwwww








とはいえ、とりあえず店舗特典2点の為に、
ソフト2つは購入するとしてw
今後の動向には目が離せないかも(^▽^;

マリーも、エリーもっ!! - 2011.10.19 Wed

「エルクローネのアトリエ~Dear for Otomat~」ですが、
登場人物に歴戦の勇者w マルローネと、
チーズケーキ大好き♪w エルフィールが登場するようですっ♪♪♪









こ~れは・・・すごい(^-^;
まるで「アニスのアトリエ」を見ているようだwww

「マリー、エリー&アニスのアトリエ~そよ風からの伝言~」というのは2003年、
ガスト様とバンプレスト様で初の共同開発されたソフトである。
ザールブルグシリーズの外伝として、
ゲームボーイアドバンスソフトとして発売された。
ストーリーは以下の通り。




ある日工房を経営する二人の元に、
かつての師であるイングリドが、
「5年後に完成する大図書館にアカデミー卒業生である貴方達の書いた本が欲しい」
という話を持ちかけてくる。

新システム「イメージ調合」を利用して今まで誰も作らなかったアイテムを調合し本にしようと決める2人に、
アカデミーの先生になるために留学してきたアニスを加えた3人で、
未来に残す本を作るための執筆活動が始まるのだった。







登場人物は意外に多く、
マリーのアトリエから、エリーのアトリエまで総勢20人!
アドバンスのソフトとしてはびっくりの人数だった(^▽^;

開発にバンプレスト様が絡んでいたためか、
発売以後、再生産がなく、
一時オークションで大変な金額がついた幻のソフトだw

アトリエシリーズにハマッた人間なら、
今でもこのソフトは楽しめると思うわけだが、
なにせアドバンスソフトなので、
DS半分しか利用しないのがたまにキズwww
ちょっとソンした気分になるwwww









そんな「初代」及び「偉大な二代目」が登場するとあって、
エルクローネは大変期待が高まっている♪♪♪

初代マリーには、
ひそかに心寄せる学年首位のクライス(CV子安武人氏)がいた。
彼は「エリーのアトリエ」にも登場し、
エリーと共にマリーを追って港町カスターニェに現れる海の魔物を倒し、
ケントニスに留学しているマリーに会う。

そこまで好かれているのだが、
マリーはまったく気にもとめていないようでwww
出来たら本当に、
この二人はくっついていて欲しかったなぁ(>_<)
もしくは王子様との結婚とかwww
面白い、恋愛ソフトとしてはオイシイ要素満載だったのに、
それが生かされていないというか殺し状態だったのでw
こちらは欲求不満気味になりましたwwww








エリーでは恋愛要素を加味したソフトであったため、
同級生で優等生のノルディス、
流れ者の冒険者で両親を探しているルーウェン、
騎士隊長エンデルグに憧れている聖騎士隊のダグラス。
この三人が攻略対象となるが・・・・・・・、

うん、それでもこの時点では、
すごく甘い感じがしましたwww
例えて言うなら多分、
初恋の味?(

生殺し部分が多少引いただけ、
マリーの時より印象に残っていないですねwwww











・・・・・・・・・・・ちなみに、武器屋のオヤジは・・・・・・、
「リリーのアトリエ」ではあんなにかっこよかったゲルハルト!!
なんで、ああなっちゃったの!?
泣きたいっ!!!


ザールブルグシリーズ最終章、
「リリーのアトリエ」は語りだすときりがないので割愛wwww
出来たらこのソフトこそっ!!!
PSPで再度出していただきたいものです(T△T)
お願いしますよ、ガストさ~んwwww

PSP版unENDing Bloody Call - 2011.10.18 Tue

2009年に発売されたPCゲーム「Bloody Call」が、
この冬、PSP版となって発売されることが決定致しました♪



「unENDing Bloody Call」応援中!




18禁ではないPCゲームは、
「starry☆sky」のシリーズしかやっていなかったのですが、
(QuinRose様の作品はPSP版、またはDS版に移植後、初挑戦w)
(PC版ゲームのよさは、よくも悪くもこの規制緩和にあると思われ・・・www)
この作品と「誰にでも裏がある」はちょっと興味の湧くところ☆
PC版ゲームが次々とPSPに移植される中、
本当に「誰にでも裏がある」は最後の砦といった感じです(^▽^;








ストーリーとしては近未来の世界で、
「フライコール」という組織のトップだった父親を、
それと知らず平凡に生活している少女の一日から始まる。

いつものように帰宅した少女の前に、
自宅が荒らされ、母親が行方不明という事実が横たわる。
少女自身もさらわれそうになるが、
間一髪、二人の青年に助けられる。









・・・・・・・・・・・・・びみょ~に、
「デス・コネクション」を思わせる内容ではあるが、
検閲制度のない現代社会では、
作品が似通っていても仕方ないものなのかもしれない(^▽^;
(大体検閲制度なんていうシステム自体、
 知らない人も増えただろうしなw)












PC版ソフトはデバック作業後でも、
機体の愛称やその他もろもろの理由から、バグや不具合が起きやすい。
が、PSPシステムであるUMDではそれが少ないと聞く。

PSPgo発売時、小売店舗の必要性が疑問視されたことがあったが、
今年年末発売予定の「PS Vita」でもこの問題が再燃しそうだ(^▽^;





実際、小売店で購入することが少なく、
+αの要素を求めて、
特定の店舗で購入することが多くなった。
(店舗特典狙いというヤツですなw)
とりあえず予約はしているが(3Gタイプw)、
今後のSONY様の出方を見ながら、利用を検討していきたいものだw

ナイトメア終了w - 2011.10.17 Mon

クローバーの塔の主、
ナイトメア・ゴットシャルク終了致しました~♪








ナイトメア攻略を一言で言うと、婚活wwww
これ以外ないでしょうwwwww








ナイトメアの恋愛イベントは、
何故かグレイの求婚から始まりますwww
二度に渡ってグレイはアリスに求婚しますが、
アリスの方はまったく興味を示しません。
これはいつものメンバーとほぼ同じ反応w



が、そこはそれ、
アリスの狡猾的且つ打算的考え方で、
グレイはこの世界の住人にしては珍しく常識・良識が備わっているし、
面倒見も良いし、いい夫、いい父親になれそうだと、
気持ちが傾いていきますwww

しかしところがどっこいwww
グレイがひたすら押していた結婚相手は自分ではなく、
自分の上司、ナイトメアだったからさあ大変www
アリスはとにかく逃げる逃げるwww
「プライベートが全部把握出来ないからといって、
 自分に押し付けられちゃ大変」とばかりに、
とにかくグレイを説得しようとするwwww




「本人不在のまま、話を進めるなんてよくないと思うの」




アリスはナイトメアの意思が入っていないとして、
この求婚を断ります。
が、グレイはあっさりと、





「いや、ナイトメア様の意思なら・・・・・」

「私は君と結婚してもいいと思ってる」






真打(?)ドーンwwww
アリスの後ろを取って登場ですよっwww
彼女の後ろを取れるなんてたいしたもんだ、ナイトメアwwww


ここで一般的な上流、または中流階級の結婚の制約について語られます。
確かに、一般論ではありますが、
企業とか、名だたる名士の方々の結婚となると、
大変面倒なものですw
例題に上げやすいのが皇族の結婚かな?
皇太子がプロポーズをする折には互いの意思は宮内庁によって確認されており、
プロポーズをしたからには、
受けざるを得ない状況が取り揃えられている(-.-;
とっても怖い話だと思うわけですwwww






そしてもう一つ、
婚活に続き大きな要素というと嫉妬でしょう(^▽^;
いや~、ワタシ、
ナイトメアがこんなに嫉妬深いとは思ってもみませんでしたwww
まぁ、ナイトメアが側にいながら、
遠く離れてしまった男(ユリウス)のことを思い続けているアリスもどうかと思うのですがw
アリスの気持ちも分からなくないわけで・・・・・w


そういえば帽子屋の折にも思いましたが、
彼女って本当に昔の男を引きずりますよねwwwww
そうでないとお話にならないのかもしれませんが、
帽子屋はともかくとして、
ナイトメアはちょっとかわいそうだったかなぁ~(-.-;
ユリウスは同じ役持ちだし、
その中でもちょっと特殊な立場にいる人間なので、
ナイトメアが「彼がこの世界にいたら勝ち目はない」と言っているように、
確かにナイトメアでは勝ち目はないかもwwww








それでも、
ナイトメアは頑張っていますっwwwww
押してダメなら引いてみなw
グレイから端を発したプロポーズも、
再度、自分から、
しかも花束付きで行います。

例え、受けて貰えなくてもいい。
この時間、
この瞬間を、
彼は楽しんでいるようでした。






アリスの為に苦い薬を飲み、
アリスの為に痛い注射をして、
アリスの為に、
アリスの為に・・・・・・・・・。







どっかの宰相のようですがwwww
その辺はキニシナイでおきましょうwwww










プロポーズを断ったはずでしたが、
ついついいつもの悪いクセが出ます。
そう、流されているんですよね、アリスがwwww



点滴を受けるナイトメアの元で、
アリスは彼から「健康になったら結婚してくれるな?」と念押しされますwww
もちろん、アリスにはそのつもりはなかったわけですが、
あまりにもナイトメアが必死に健康になろうとしているものですから、
これまた流されているんですよねwwww



ナイトメアの過去の話とか、
何故、自分だったのか?
自分でなければならなかったのか?
悩みの堂々巡りを繰り返し、
不意にアリスがナイトメアに口付けます。















いや~・・・・・・・、
ナイトメアって本当にへたれだと思うんですよっ!!!
あの双子の子供だってアリスの手を出したくらいでしたのにっ!!
ナイトメアときたらアリスが誘っても尚、健全な関係を続けているくらいですからねっ!!
しまいにゃ怒るぞっ!!!!



キスしたのだってアリスからだし、
一緒にベットに入ってもなにもしない。
たまりかねてアリスがキスすれば咳込んで血を吐くしwwww
「続き、しないの?」と問いかけるアリスに対して、
「抵抗されても、押さえつけられるくらいの体力が出来たら」なんてっっ!!!
本当にへたれwwww
どうしようもないですね~wwww






けど、行け行けドンドンなこの世界の住人の中で、
ナイトメアの存在って本当に貴重だと思うわけですw
あのユリウスだって結局押し切られはしたけど、
自身から手を出しているしな(-.-;
そう考えると誘われて尚、手を出さないナイトメアは、
相手をじらすのが上手いのかもしれないwwww













こんなすごくヘタレなナイトメアですが、
暗部がないわけではありません。
以前、グレイが言った「領地にこそ不安要素があるもの」の言葉は、
エンディング少し前、
最後の会合時に起こったイベントで謎が解けます。



自身の領地内、クローバーの塔周辺を歩くナイトメアとアリス。
しかし領地の住民は彼らを遠巻きに避けて通ります。
もちろん、帽子屋の領地でファミリーが恐れられていたり、
ハートの城で女王を避けて通ることと似てはいますが、
少し意味合いが違うように感じるアリス。
それはナイトメアが夢魔であり、
彼の目が誰しもの心の中に入り込み、
まったく、隠し事が出来ない状態にあることへの、畏怖と侮蔑からくるモノでした。






領地内の住民に対して、
そんな視線を投げつけられていることに憤慨するアリス。
ナイトメアは気にしません。
彼の言葉は辛らつで、
的確でした。
100万の無意味な言葉よりも、
領主の一言の方がずっと重みがあるというのです。


「顔なし」と呼ばれる、役のない人間たち。
命は軽く、しかし責任も軽い。
ルールはほぼ適応されず、
かかる制約もない。


「役付き」と呼ばれ、
重い制約とルールに縛られる、
死ぬことすら許されない(役が永遠に回り続けることの意味)自分たちと、
一体どちらが幸せなのか?






ナイトメアはアリスに問いかけます。
それはあの日、
夢の中で見た夢魔そのもの----------。

アリスは怯えますが、
ナイトメアはまったく意に介さないようでした。
神秘的と言えば言葉は綺麗だが、
得体の知れない、恐ろしさを秘めた男。
殺意よりももっともっと、
奥深くに根付く人の暗い部分をさらけ出そうとする、夢魔。







夢魔としての、ナイトメア。
現実にいる、ナイトメア。

そのどちらも本物で、
本当はどちらも幻なのかもしれません。
アリスが彼が口付けたのは、
消えてしまう、
自分を置いていってしまうことが視覚的に現れ、
焦った証拠だとも取れるのです。



人間、失った時(失いかけた時)、
本当に大事なものが分かるといいます。
アリスは点滴中にナイトメアが消えかかるのを見て、
本当に恐怖したことでしょう。
ユリウスを思い出し、
姉、ロリーナを思い出したに違いありません。








夢魔として絶大な力を持つ、ナイトメア。
しかし現実では病院を嫌い、薬を嫌い、
逃げ回るナイトメア。

悪夢から力強く守ってくれる一方で、
支えなければ倒れてしまう儚さ。
アンバランスなナイトメアに惹かれたとしたら、
多分、そういうことなのでしょう。
実際、恋愛イベント初頭、
悪夢から助けるナイトメアは本当にかっこよかったもんな~♪♪♪











とりあえず欲求不満気味ですがwwww
ジョーカーの国のアリスで少しでも元気になっているといいなぁ(>_<)
そしてアリスに手を出せるほどになっているといいなぁ~(笑)
トホホw

ブラッディ・ツインズ終了? - 2011.10.15 Sat

ブラッディ・ツインズ終了しました???







う~ん・・・・・、
ハートの国のアリスと違ってあんまりえなかったwwww
一体ナニが原因だったんだろう???
















数ある扉はアリスの可能性を示し、
扉が囁く言葉は置かれている境遇からの逃避を意味し、
責める姉の言葉は、
この世界に残ったアリスの後悔を示している。



扉は常に彼女をひきつけ、
引き出しに隠した薬は彼女の可能性を閉ざさない。
常に現実と向き合うことで、
彼女は贖罪にも似た生活を送っているが、
住人達はそんなアリスに気づかない。
否、気づいている住人もいるが、
そんな野暮は言わないのだ。




責任。
まさにこの一言が舞台となった今回のクローバーの国のアリスだが、
双子のストーリーはちょっと重いwwww
経験のあるなしでかなり印象は違ってくるんじゃないだろうか?(笑)
















大人になったディーとダムは、
どちらがアリスに近いか?
またアリスに対してどっちの方が好きかを何度も問いかけてくる。
そのたび、アリスは「どっちも好きよ」と曖昧な表現をしている。


一般的に双子とは、
互いを区別し、
より愛されることを望むものだが、
この双子はちょっと違うようだ。





アリスも好き、
だが、兄弟のことも好き。





よって彼女がディーとダム、
どちらも差別化せず、互いに愛されることを望んでいる。
アリスを惑わせたままで・・・・。
不誠実とも取られかねない独特の恋愛感が、
この双子の特徴だろう。















そしてもう一つ、これまた最大の難所と思われるのが年齢差だwwww



アリスは双子の恋愛感を、
少年期にありがちな勘違いだと切り捨ててかかっている。
つまり、大人に差し掛かる少年が、
皆、同じようにかかる「はしか」のようなモノだと思い込んでいるのだ。
それは双子が大人の姿になっても同じで、
姿ばかりが青年を形作ったとしても、
中身がともなわなければ同じだと考えている。




しかしそれでも、
青年の姿になった双子はアリスに少なからず影響を及ぼしたようで、
アリスは自分ばかりが双子を意識し、
取り返しのつかない状況まで追い込まれることを危惧している。
まさに年上の女性が逃げ場を持ったまま、
年下の男性との火遊びにふけるといった現代社会に通じる内容と言えるのだ。
(独断と偏見に基づいておりますw)
(映画「セカンドバージン」みたいだなwww)











いつか、双子は自分から離れ、
恋人を作るだろう。
いつか、双子は自分に飽きて、
年若い恋人を連れてくるだろう。



そうなった時、
自分は一体どうしたらいいのか?
自身を律して、
双子の「お姉さん」である立場を守ることが出来るのか?
不安を心に、
それでもアリスは双子から離れることが出来ない。











ラストシーンで、
双子はアリスを置いてどんどん先に行ってしまう。





「僕ら、早く行きたいんだ」

「早く遊びたいんだよ」






この言葉は前だけを向いていられる子供ならではの貪欲さ、
傲慢さを表している良い言葉だと思う。
常に親(この場合は姉だがw)が後ろから見ていてくれる。
そんな根拠のない自信に満ちたセリフだ。


大人になった双子の速度に追いつけないアリスは、
ついに立ち止まってしまう。
呼ぶ声も、
叫ぶ声も届かない。
双子と自分の生きる「時間」が違うことを強烈に印象づけている。


が、双子は引き返してきて、アリスの手を取る。
アリスの手を取り、共に走ろうと言う。
アリスは顔をほころばせるが、
その速度にいつまでついていけるかは不明だ。
もしかしたらすぐに動けなくなってしまうかもしれない。
その間、その一瞬だけは、
双子を独り占め出来るという喜びに、
複雑な表情を見せている。












年下の男性とお付き合いの経験がある女性なら、
この複雑な心境が理解出来るんじゃないかな~????(笑)
え? 私?
私はそんなことないデスヨ?(爆)















総評としてちと辛口ではありますがw
双子は子供なのでまぁこんなもんかな?とも思いますw
一番面白かったのって、
ブラッド・エリオットの上司コンビによるセクハラ発言かな?w



「大変だろう?」

「二人も相手をしては疲れるだろう?」





などなど・・・・・・、
実にオヤジ臭い発言が連発されるのが面白いwwww
ブラッドはともかく、
エリオットは本気でアリスの心配をしているところに笑いがっwww
うん、確かに二人も相手をしては大変だろうw
アリス自身もゲーム中盤、
双子の意識がすべて自分に向いたら大変っ!と青ざめているwwww




毎度お馴染みボーダーラインすれすれのシナリオで、
直接的に描かれるよりもずっと生々しいしwwww楽しかった♪
賛否両論あるライターさんみたいですが、
一種独特のシナリオは他に類似するモノを見ませんwwww
これからも応援したいです(^-^)

ブラッディ・ツインズ攻略中ww - 2011.10.14 Fri

相変わらずまみれの双子を攻略中ですwwww









しかし こ れ は 痛 い www
第一回目の会合時、
ディーとダムが大人の体になった折には、
青年としての魅力と、
スーツ姿の男性という魅力にとりつかれた私でしたが、
こ~れはイタイ(T▽T)



第二回目の会合を終えた頃から、
双子の態度が少しづつ変わってくるんですよねw
ディーはダムに、
ダムはディーに嫉妬するわけですwwww
よくあるパターンではあるのですが、
この双子は仲がよかっただけに正直イタイッ!!!









アリスはアリスで、
子供の彼らを見極められないという罪悪感にさいなまれていたわけで、
大人になった彼らは容易に区別出来るため喜んでいたのですが、
そんなものは最初だけで・・・・・、





区別がつくということは、
差別化するということ。
差別化するということは、
区別をつけるということ。





この二つが重なった時、
アリスがロリーナに言われていた「言葉」を思い出すわけです。
いつまでも、
自分の側にはいてもらえない。
けれど離れていってしまったとしても、
時折、自分の事を思い出して-------------。


当時のアリスにはその言葉の意味が分からなかったようですが、
ディーとダムの変化によって、
ロリーナの言葉の片鱗を理解するようになります。


いつまでも、
三人のままではいられない事実を---------------。












なんだかこうなると、
すごく複雑というか、切なかったですね~(>_<)
三人だからこそ楽しかった時間が、
大人になる変化の過程ではっきりと道筋が違ってきているんです。


双子はいつでも子供に戻れるので、
表面上、「今まで通り」を装うことは出来ますが、
それは問題の先送りに他なりません。
ニセモノの大人ではなく、
本当の大人になった時、
アリスは一体、どちらのトィードルを選ぶのでしょうか??







まぁ多分、選ばなくてもいい結果が出ていそうですとねwwww
QuinRose様だしwwww







とりあえず今のところ、
「クローバーの塔」へ滞在するための布石、
噛ませ犬臭い彼らの立ち居地ですがwwww
ハートの国のアリスで、
9回裏二死満塁ホームランをかましてくれた彼らですwww
ちょっと期待は・・・・・しているんですけど、ねw

Girls-Style - 2011.10.13 Thu

気分転換にGirls-Styleを買ってきましたw





・・・・・・・・・・・いえね?
なんだか気分的に停滞気味なんです(^▽^;
ナニがあったわけでも、
どうなったわけでもないんですが、
なんとな~く、陰鬱な気分なんですねw
これがいわゆるの物思いってヤツなのかしらっwwwww







正直、悩みなんて増え続ける体重とコレステロール値くらいだwwww









てな感じでとりあえず、
Girls-Styleを購入してきたわけなんですが、
良いですねっ! アルカナ・ファミリアっ♪♪♪
今度こそっ!!
良い意味で裏切っていただけることを期待しますっwww


オープニングと、最初の《さわり》の部分が紹介されているのですが、
主人公フェリチータの父親、
モンドの放つ容赦のない言葉が胸に刺さります(>_<)
己の力を過信し、
無謀な戦いに挑むのは若者の特権ですが、
無力に泣き、
自ら這い上がっていくのも若者の特権なんですよね♪





「よかったな、我が娘。
 体を張って守ってくれる男がそんなにもいて」






モンドのセリフに涙するフェリチータが、
もうかわいいことかわいいことっ!!
いいなぁ♪ 今度こそ裏切ってもらいたいデス☆









ちょっとすごかったんですよね、父親のセリフがw
お前の価値は自分の血を継いでいるというだけだ、とか。
デュエロに参加する資格はあれど、
せいぜいキズモノにならないよう大人しくしているんだな、とかww



吹き飛ばされたフェリチータを抱き起こすリベルタや、
いつものパーパのやり方とは思えないと、
疑ってかかる幹部たち。
「・・・・・パーパ、貴方らしくもない・・・・」
彼の身内であるノヴァはそうつぶやき、
「何が目的だ?」と、相談役であるジョーリィも訝しんでいます。

楽しみだ~♪














・・・・・・・・・後、驚いたのは薄桜鬼の幕末無双録かな?
なんたって西郷隆盛と桂小五郎が登場するとあってびっくり!!
確かに幕末で、
蛤御門の折には西郷隆盛は指揮官として登場しますが、
桂小五郎はないんでないかい??(笑)
ここでいうなら久坂玄瑞だろう???

・・・・マイナーだけどwww





史実と異なる異説は多くあれど、
さすがにコレは・・・・(^▽^;

ブラッディ・ツインズ攻略中w - 2011.10.12 Wed

先は長くなりそうなんですが、
ブラッディ・ツインズ攻略中ですwww









ディーとダムなんですが、
好みとしてはディー☆
しかし大人になった時のタイプはダムですwww

大人になったら声質が似てくるためか、
あまり区別がついていませんw
当然かwww
そういえば以前聞いたドラマCDで、



ディーと、ダム。
マイクは一本w


などと自虐的なネタを披露してくださった福山潤様!!
笑わせていただきましたっ!
ありがとうございましたっ!!












クローバーの国のアリスそのものが初めてなもので、
今はその世界観を楽しんでいます♪
攻略はそのオマケみたいな感じ・・・かな???



前作のハートの国のアリスでこの世界に迷い込んだアリス。
自身の意思でこの世界に留まることを決めた彼女ですが、
深層意識下にはどうしても、
もといた世界や、
遺してきた家族の存在などがあるようです。
今回のクローバーの国のアリスではそういった意識下にあるモノが舞台になっているようでした。







「引越し」と称される世界移動に巻き込まれ、
『遊園地』を率いていたゴーランド、
及び『時計塔』の主であったユリウスとは離れ離れになってしまいます。
彼らを心配するアリスに、
周囲の反応は冷たいデス(T▽T)


オープニングではそうした「変化」や「移動」に関する周囲の反応、
今回舞台となるクローバーの国の「説明」などがあり、
その後、オープニングムービーが流れましたw









システム的には前作と同じなので、
苦労することはありません。
これまた前回同様、
初回に「クローバーの塔」は選べませんでしたので、
無難に「帽子屋屋敷」からのスタート☆
ブラッディ・ツインズに狙いを定め、
極力、浮気せず進めています(^▽^;




最大の変化はやはり「会合」と呼ばれる「イベント」でしょうw
意味なくクローバーの塔に集められる各地域の勢力者たち。
その期間はドコへも行くことが出来ず、
滞在先の人物としか会えませんw




これでいいのかなぁ~??などと疑問に思いながらも進めていますが、
本当にいいのかな?(笑)
一応、CGとか恋愛イベントでは今のところ、
「空欄」は見つかっていませんwww












ディーとダムのことを、
アリスは弟のようにかわいがっていますが、
エリオットの一言によって双子は変化します。
それは、




「子供だから問題外」wwww




つまり恋愛の対象外だと言っているんですねw

子供という二文字を最大の武器にして、
今までアリスにべたべたとくっついていた双子ですが、
「お姉さんに男として見られないのは心外」とばかりに、
体内時計を進めて大人にってしまいますw
大人のにっwww




かわいい弟が、
いきなり男性となって目の前に現れたアリスは当惑し、
困惑しますwww
この辺が今回の最大の見所(笑)
やることなすこと子供なのに、
姿は大人でしかもwwww
最初から警戒しているブラッドや、
信頼を寄せているエリオットとは違った倒錯的な二人が、
今後どういった活躍を見せるのか??


ちょっと楽しみだったりします(^-^)

クローバーの国のアリス - 2011.10.11 Tue

始めましたwwww










え~・・・・、
イマサラとかお思いになる方もいらっしゃるでしょうがwww
わたくしのブログの信条と致しまして最新作は載せないというものがございますwwww
理由は元々PCに詳しくない上、
このブログ自体、手探りでしてw
未だに「たたむ」等の機能を使いこなせていないことがあげられます(-▽-;

つまりネタバレをしてどやされるのが怖いんですよねwwww
申し訳ありません、チキンなんですよwwww






と、いうことで、
FFⅣがラストの段階で意気消沈しw
FF零式のクエスト4でぼっこぼこ☆にやられまくってwww
一般ゲームに疲れた私を癒してくれるのは、
一体どのゲームなのだろうと積みゲーをごそごそ・・・・wwww



候補に挙がったのは、
・ヒイロノカケラ 新玉依姫伝承 -piece of future-
・華鬼
・AMNESIA
・Musketeer
それに今回の「クローバーの国のアリス」でした(^▽^;




一体どんだけ積んであるんだかwwww










発売順に考えたら、
多分、「華鬼」をするべきだったのかもしれません。
しかし華鬼は作品自体重く、
今の精神状態で耐えられるかどうか不明だったために却下w

ヒイロノカケラ 新玉依姫伝承 -piece of future-の方は、
多分、狐邑狙いなので、
彼を攻略したら後は・・・・というようなアリサマw
一人の為にながながテキストを読むほどの元気もなくwww




・・・・とどのつまり、
「簡単に」
「簡潔に」
「略式に」
楽しめるソフトはないものかと悩んだわけですwwww




それを言うと以前からチマチマやっている「マザーグース」なんて最適だったわけですが、
今回は触手が動かない?
何故だろう??
これもすでに3人クリアして、
興味が失せてしまったんだろうか???















久しぶりに手にしたQuinRose様でしたが、
やっぱり面白いんですよね(^-^)
絵柄には好みがあると思いますが、
私はシナリオ重視なので問題ありませんでした。

会話テンポが面白く、
深みがある・・・というよりも、
裏をつい読んでしまいそうになる文体は、
見ていて小気味良いですw






クローバーの国のアリスは、
PC時代、ある意味「伝説」となっている作品だけに、
絶対に手を出さなかった作品の一つですwwww
PS2版に移ってからも、
手を出すことはありませんでした(^▽^;
ようやくPSP移植とあいなって、
やっと始めることが出来た待ちに待った作品とも言えますwwwww


黒服、大人化、正装と、
わたくし的え要素満載のこのソフト☆
零式が出るまでじっくりまったり進めていこうと思いますwww

PSP移植決定!? - 2011.10.08 Sat

なんだそうです(^-^;




三国恋戦記~オトメの兵法!~




PC版がきて、
PS2版がきて、
ついにはPSPだなんてっ!!!
どこかの某有名メーカーかってくらいツライ内容でしたがw
追加要素にエンディング後の後日談
また、元譲に!!新規のエピソードが追加されると聞いてはいてもたってもいられませんっ!!



・・・・・ん?
コレも某有名調合ゲームで体験した罠だったようなwwww







しかしこうしたスパイラルは、
あえてひっかかってみるのがというものっ!!!
がっつりっ!ひっかかってみせようじゃないですかっwwww









しかしお願いですから、
早安バナーを作って下さい(T△T)
早安ルートの後日談、
一番っ 期待しておりますwwww

キネマモザイク店舗特典情報ww - 2011.10.05 Wed

昨日に引き続き、このネタwwww
いや、そりゃひっぱりもしますってwww
やっと アニメイト様からも店舗特典情報が出ました!!











ソフマップ様
「宮ノ杜コロッケ、ボタン入」
<出演(敬称略)>
宮ノ杜 正:宮内敦士
宮ノ杜 進:梯篤司
宮ノ杜 博:岸尾だいすけ
※限定版のみ※






ステラワース様
「青桐、初メテノ座敷」
<出演(敬称略)>
宮ノ杜 正:宮内敦士
宮ノ杜 勇:田坂秀樹
宮ノ杜 茂:前田剛
宮ノ杜 守:泰勇気
※限定版・通常版共に※

「宮ノ杜家秘蔵生写真せっと」
兄弟7人(正・勇・茂・守・進・博・雅)、喜助の描き下ろしを含む、
30枚以上のブロマイドを専用の箱に集録。
※限定版のみ※






いまじんweb様
「宮ノ杜家秘蔵スゴロク」
<出演(敬称略)>
宮ノ杜 勇:田坂秀樹
宮ノ杜 雅:岡本信彦
宮ノ杜 守:泰勇気
※限定版・通常版共に※






アニメイト様
「帝国百貨店ノ特価品」
<出演(敬称略)>
宮ノ杜 茂:前田剛
宮ノ杜 進:梯篤司
宮ノ杜 博:岸尾だいすけ
宮ノ杜 雅:岡本信彦
※限定版・通常版共に※









ま、全部なんですがwwww
出来たら分割したいところwww

とりあえず今月中に、
ソフマップ様とアニメイト様。
そして再来月発売日にステラワース様といまじんweb様ということでどうだろう?

キネマモザイク店舗特典情報w - 2011.10.03 Mon

ですけどねwwww











一部店舗様で、
PSP「華ヤカ哉、我ガ一族~キネマモザイク~」の、
店舗特典情報が出ましたね~♪♪♪
嬉しい限りです☆




ソフマップ様
「宮ノ杜コロッケ、ボタン入」
<出演>
宮ノ杜 正:宮内敦士
宮ノ杜 進:梯篤司
宮ノ杜 博:岸尾だいすけ





・・・・・・・・ボタン入ってwwww
ナニ?!
また誰かやらかすのか!?
そうなのか!?(爆笑)









アリスNET様
「青桐、初メテノ座敷」
<出演>
宮ノ杜 正:宮内敦士
宮ノ杜 勇:田坂秀樹
宮ノ杜 茂:前田剛
宮ノ杜 守:泰勇気






こちらアリスNET様は豪華キャストですw
てか大人組www
進が入っていませんが、
まぁ本当の四男坊が守なので仕方ないですねw


ちなみにステラワース様で上記と同じCDが店舗特典となっていました。
・・・・もしかして今回の店舗特典、
3店舗3枚のみとかっ!!
言いませんよね!? そうですよねっ!?(号泣っっ)
誰かそうだと言って下さい~っ(>_<)






が、しかしっ!!!
ステラワース様ではとんでもないモノが特典としてついてくることが判明っ!!
其の名も「ステラセットwwww
内容は兄弟7人(正・勇・茂・守・進・博・雅)、喜助 の描き下ろしを含む、
30枚以上のブロマイドを専用の箱に収めたものっ!
メインキャラクター及び、
サブキャラクター勢ぞろいらしいっ!!!
その名も「宮ノ杜家秘蔵生写真せっと」wwww
うけるwww



こ~れはさすがに(^▽^;
+800円出してもこちらで買いでしょうw
アリスNET様は値段を下げてきていますが、
こういう手法に出られるとはっw










ちなみにこうなると、
出演していないのは雅ただ一人w
やっぱり前作であまりにも評価が高かった彼のことですから、
アニメイト様ががっつり抱き込んでいることは明白かも?(笑)


いまじんweb様でもキネマモザイクのカテゴリーってなかった・・・、
トホホ~(泣)










-------------修正!!---------------



今、確認してみたら、
いまじんweb様で店舗特典の取り扱いが掲載されていましたっ!!!






いまじんweb様
「宮ノ杜家秘蔵スゴロク」
<出演>
宮ノ杜 勇:田坂秀樹
宮ノ杜 雅:岡本信彦
宮ノ杜 守:泰勇気








マジかwwww



最高にして、最強のメンバーw
おまけにスゴロクwwww
プラスして秘蔵ってナニよっwwwwwwww



期待させるわ~wwwww

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (89)
映画 (30)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (48)
殻ノ少女 (12)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (179)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (2)
Tâi-oân (11)
国内旅行 (263)
京都 (30)
大阪 (2)
奈良 (13)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (7)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (8)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (9)
宮城 (2)
岩手 (3)
青森 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (53)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (5)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (73)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (105)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)
エスカ&ロジーのアトリエPlus (3)
殺し屋とストロベリー (9)
ルーンファクトリー4 (1)
SWEET CROWN~午前三時のオカシな道化師~ (7)
悠久のティアブレイド-Lost Chronicle- (0)
神凪ノ杜~五月雨綴り~ (0)
Vamwolf Cross† (0)
Believer! (0)

検索フォーム