FC2ブログ
topimage

2010-12

エロいわっwwww - 2010.12.27 Mon

一日遅れて、
アリスNET様より星座旦那シリーズ最終章が届きました♪



星座旦那11月12月




一押しお目当ての木ノ瀬梓氏のみ聞いての感想なんですが・・・・・・、







エロいわっ!!







いやいや、マテwww

前作、in bitter seasonでも、
その前の星座彼氏でも、
他の先輩方に比べいささかあっさり感のあった梓wwww

それがここにきてコレか?!








星座旦那シリーズって、
アダルトだったのねwww
(18禁まではいかないが、15禁とか10禁とかww)
渡航の為、新しくイヤホンを新調したんですが、
まぁ耳元でささやくささやくwwww







はっきりゆってこそばゆいですwww







しかし梓トラックの中に、
宮地先輩の声とか入っているところに、
この星座旦那シリーズの進化を見ましたww


確かに2人一緒に収録しているわけですから、
シナリオによってはそういったリンクの仕方が出来るわけで、
しかしこれまではなかったようなその声に、
驚かされたり頬が緩んでしまったりと大変でしたwww











in bitter seasonの時も思いましたが、
コレでこの値段ならfan必見だと思いますねwww


う~ん、なんていうんでしょう?
コツとツボを捕らえた作品というか?
逆に集団シナリオとしては無理があったり、
狙いすぎたりしているところが帰って「?」だったりしますが、
ささやきCDとしてはすごいメーカーだと思います、honeybee様わ♪










atterシリーズでラストだと言われていますが、
CDだけでも続けて欲しいなぁ(>_<)
よろしくお願い致しますっ!!
スポンサーサイト



クリスマスイベント - 2010.12.25 Sat

各社クリスマスイベント目白押しで、
大変嬉しい今日この頃♪





・・・・て、
まぁ昨日も今日もお仕事だったんですけどね(-.-;
クリスマスだろうが、
クリスマスイブだろうが、
平日なら仕事はあるっwww
これが仕事人のツライところですww








さてさて、
毎回楽しみにしているのがオトメイト様のクリスマス☆
とはいえ、
オトメイト様でクリスマスイベントというのは、
あまり印象がありません。
きっとその後のエイプリルフールイベントの方が、
C4コンポ程度の破壊力があるからでしょうww









転用禁止ということで、
読むことくらいしか出来ないわけですが、
こんな世界の片隅で、
小さく展開しているブログなど確認される訳もないので、
記載しようかと考えた挙句、
チキンな心が邪魔をして結局出来ず終いというwww










各種タイトルでSS及び壁紙が出されていました♪





個人的に面白かったのは、
やっぱり「華ヤカ哉、我ガ一族」かな??
クリア数が長男・次男のみという、
自身の中でも画期的なくらいのコンプ率ですがwww
この6兄弟って面白いんですよね♪



時代背景もさることながら、
普段はあんなにも仲の悪い兄弟が、
妙なところで一致団結するシーンが見ものっwww










続いて最近ハマッたワンドオブフォーチュン♪
主人公かわいいですっ!!



しかし実際やられたら、
スタッフブログでいわた様が語られていたようにヘコむでしょうね~(^-^;
後から「なあんだ」なんていう展開が見えていても、
それまでの経緯には彼らとの思い出ってないわけですからw
「寂しかった」って記憶が強烈に残ると思うんですよね(>_<)
こういう私って、実は寂しがりやなのかなぁ?!(自分で驚き、しかも疑問形ww)











期待していた薄桜鬼は、
前回のクリスマスSSほど印象に残りませんでしたw
やっぱり新八センセとか、
着ぐるみとか、
さりげない土方センセの気遣いとかが見えてこなかったせいか、な?



しかし金曜日のブログには笑わせてもらいましたっ!
せっかく芹沢さんが用意していたのにっ!
残念っ! 龍之介www












CLOCK・ZEROは興味はあったのですが、
なにせPS2なもんでやっていないし、
ARMEN NOIR、
PANDORAも同様ww


しかしPANDORAはせっかくの「戦争」という重い舞台を生かし切れていないという、
ちょっと辛めの評価を受けているのが残念(>_<)
幕末やその後の明治時代の作品がこれだけ高い評価を受けているだけに、
惜しい作品のようです(T△T)













・・・・・・・・・・・そういえば・・・・・・・、
華鬼も見ていないか・・・・・・・・・・(滝汗)


先日公開された声優さんを見て、
ちと興味がそがれて・・・・きて・・・・しまってwww
どうしよう(タラリ)
















面白い内容でクリスマスをイベントちっくにもってきているのが、
starry☆skyでおなじみのhoneybee様♪


なんでもツイッターの中で会話を楽しみながら、
プレゼントを貰うというwww








色んななつぶやきの中で、
さりげなく渡してくれる人、
「ほらっ」と、投げるように渡してくれる人、
思いを込めて手渡ししているかのような人、
そして・・・・・・・・・、













未だに渡してくれないヒトwww













不知火先輩っ!
起きてっ!!!


後はキミだけなんだっ!!!
まさか26日までひっぱるわけじゃないだろうな!?(爆笑)








ツイッターの中では、
クリスマスイベント開催の為、頑張っていた様子の不知火会長。
だが頑張りすぎて、
クリスマスプレゼントを忘れている様子の不知火先輩っwww



後一人なのにっ!
コレ外したらどうしようっ!!!(絶叫っ)















プレゼントは四季サンも含めて、
13人分の2011年度カレンダー壁紙♪


カズアキ氏の作品ではありませんが、
コレはこれでかわいい仕上がりになっています♪
デザインも簡素でいいですね(^-^)
飽きがこないと思います☆










てか・・・・・・・・、
先輩っ! 早く起きてっwww

移植ラッシュwww - 2010.12.24 Fri

最近移植ラッシュですか?!?







びっくりするくらいの移植ラッシュw
ちょっと検索しただけでも、
下記内容が出てきます☆











一昨日の日記でも驚きましたが、
今度はDSかよっ!!

しかも・翡翠の雫ってwww





PS2で翡翠の雫出して、
今度はPS2で真・翡翠の雫出して、
PSPで真・翡翠の雫出して、




今度はDS!
びっくり!
驚くっwww












ちなみにこちらはSPICA様のガーネット・クレイドル☆

PCからPSPへの移植に際し、
オトメイト様から発売されることになっております♪


「SPICA」公式サイト



これもちょっとやってみたかった作品なので、
ハードがPSPに変更になったのは素直に嬉しい♪
やっぱり簡易的に遊べないと、
時間の足りない世代には辛いwww







オトメイト様でのHPは、
まだ立ち上がっていないので前バナーで失礼致します♪









そして同じくPCからの移植版、







大御所QuinRose様より発売されております、
PSP「クローバーの国のアリス」♪



これも実際には、
PCからPS2に移植、
その後今回のPSP移植となりました。









ハードが変わるのは大変有難く、
その度に特典とかついて嬉しいですが・・・・、
最初からPSPで出ていればっ!という作品が、
なきにしもあらずなのでなんとも言いがたいですww







同じくQuinRose様から、
携帯ゲームより移植でこんな作品も♪







・・・・・・・・・・・・・、
現在DSでロケットカンパニー様より「天下一★戦国LOVERS」なるソフトが出ていますが、


天下一★戦国LOVERS DS


追随する作品にならないよう祈るばかりwww









ちなみにこちらからは、
「あさきゆめみし」という作品も発売が予定されております。

元はMIO様というPCゲーム会社よりの移植なようですが、
SPICA様がオトメイト様と手を組んだように、
MIO様はQuinRose様と、
手を組まれたようです。









・・・・・乙女ゲーム業界にも、
合併の嵐!?www










新作も来年2~3月辺りで沢山出てきますが、
移植版も楽しみな春になりそうです♪

















余談ですが、
ATLUS様より随分前に発売された、
ペルソナⅡ~罪と罰~がこの度PSPに移植が決定したそうです。
ばんざーい☆

今度はPS3!? - 2010.12.22 Wed

本日のオトメイトw
ものすごく驚きましたwww












え~!?
今度はPS3かよっ!!!








いや、マジでww
マジでマジでwww




薄桜鬼の時、
「これでもかっ」てくらいあるんだ、ココは(^▽^;
なんてことよーっく!理解していたハズだったのにwww
それでも驚きましたwww









緋色の欠片・・・・・・、
確かに一作目はとっても人気がありました。
二作目はともかく、
三作目も絵師さんが代わったとはいえ、
それでもよかったと思っています。


しかしさすがにこれはないわ~www








・・・・・・・・・それでも、
それでもドラマCDとか出ちゃったら・・・・・・、
買っちゃう・・・・かもww

エストルート終了 - 2010.12.14 Tue

ただしFDwww




PSPワンドオブフォーチュン、
未来へのプロローグです♪♪♪











こうなるとどうしても、
エストルートから攻略したくなるというものっ!!
やっぱりあのツンデレ年下はツボですよねっ!
www





犬戒響ルート終了 - 2010.12.13 Mon

犬戒響ルート、終了しました♪







なんていうか、
う~ん(^▽^;
badendの方がある意味よかったように思いますww
しっくりくるというか・・・・・。










しかしすっごいツンだったわりには、
人でしたね~www




無自覚なのが自覚したら怖いっていうか、
ある意味すごい独占欲が強いっていうかwwww

旧作の慎司にも通じるソレは、
見ていて激しく納得してみたりwww











黄泉の門を封印する上で、
音端の体をのっとった美鈴に攻撃されても、
一切の反撃をしない二人には、
ちょっと前作翡翠の雫を感じました。


きっと、本人も苦しいはず。
きっと、本人も内側で戦っているはず。





苦しみと、
憎しみと、
それに対しての怒りと絶望。
そして渇望。






葛藤。






すべてを母に捧げ、
黄泉に落ちた音端の心と、
絶望の淵にあって、
救い出してくれなかったすべてのモノへの怒りに身をまかせる美鈴。
その二つを救い出し、
尚且つ主人公まで封印には使わせないだなんて・・・・・。







無理をおっしゃるww







封印がなった後、
響先輩の自宅らしい場所に出入りする主人公。
先輩のスーツ姿も素敵ですが、
なによりその言動www





「こういう距離がお好みか」





って!!
いや、その前に、





「今日は泊まっていけ」





って!!!!
サラッというセリフですか!?
それ!?
今回のアダルト担当は犬戒先輩だったんだろうか(^▽^;
てか、もう一人のアダルト担当は誰だ!?
少なくとも今までクリアしたメンバーの中にはいなかったぞ!?!?www
















badendでは自ら封印の巫女となり、
黄泉の門を封じようとする主人公を制して、
妹・母と共に黄泉に落ちる響先輩が映し出されています。


この方がずっと臨場感があったんですよね(>_<)


先輩が消え、
黄泉の封印がなって、
平穏な生活が戻ってきて、
その中に先輩はいなくて・・・・・・。






渡り廊下に、
校門に、
そしてあの封印場所に。

先輩の姿を探してしまう主人公を、
残された守護者は心配そうに見守っています。
自分達では代わりになれないと知りながら、
それでも、そばにいるのは自分達だけなのだから・・・と。









甘さはないですが、
こちらの方が好みだったかなぁ~・・・・。
前作や前々作にもかぶるけど、
こうした悲恋モノにも惹かれますよね♪♪♪











鬼崎→孤邑→犬戒ときて、
多分次に狙うは大蛇さんですが、
しばらく休止・・・かな??


PSP「ワンドオブフォーチュン~未来へのプロローグ~」と、
PSP「モンスターハンター3」にちょっと傾いているのでwww

それぞれの未来 - 2010.12.09 Thu

honeybee様より、
2011年1月28日(金)発売予定の、
「Starry☆Sky ~13constellation~」の詳細が出ましたね!







いや~♪
「星座旦那」シリーズでもstarry☆skyのメンバーの、
未来の姿が絵付で描かれていましたが、
える!








では記録用にHPより抜粋☆










★Starry☆Sky~in Spring~より★

東月錫也(CV:小野大輔)
主人公と幼なじみで、現在は主人公と同じ国立大学に通っている。大学3年生。
将来、国立天文台で働くことを目指して、日々勉学に励んでいる。
世話焼き体質なのは大学に行ってからも変わらず、
大学でも“オカン”と呼ばれている。
同じ大学に通う主人公と宮地とは、講義でよく顔を合わせている。





七海哉太(CV:杉田智和)
主人公と幼なじみで、現在は天体写真家になるべく師匠の元で修行中。
病気を克服し、美しい夜空をファインダーに収めるべく、
師匠とともに世界中を巡っている。
ロマンチストで泣き虫なのは相変わらずで、
美しい夜空を見つけては感動して泣いているとか、いないとか……。





土萌羊(CV:緑川光)
主人公と幼い頃に出会う。幼なじみ。
一時は星月学園に通っていたが、今は天文学者である両親と共にアメリカにおり、
天文の研究に余念がない。
同じくアメリカに留学した神楽坂四季と天羽翼と木ノ瀬梓と向こうで再会。
天羽・木ノ瀬とはあまり面識がなかったものの、徐々に打ち解け、
今では4人で集まることが多い。











★Starry☆Sky~in Summer~より★

金久保誉(CV:保志総一朗)
星月学園弓道部の元部長。卒業後は不知火と同じ大学に通いながら、
茶道の家元の息子として、父親の元で修行をしている。
たまに主人公達が通う大学の茶道部に特別講師として呼ばれている。
あまり大学に顔を出さない不知火に呆れつつ、心配している。 





宮地龍之介(CV :神谷浩史)
主人公と同じ国立大学に通う大学3年生。
また、主人公同様、大学に入学してからも弓道を続けている。
堅物で甘いもの好きなところは相変わらずのようで、
主人公と東月と共にランチをする時はいつもの甘いもの盛りだくさんのメニューで
周りをも驚かせている。残念な事に、本人にその自覚はない。





木ノ瀬梓(CV:福山潤)
星月学園卒業後、従兄弟である天羽翼と共にアメリカに留学する。
自分が興味を持てるのは無限に広がる宇宙しかないということで、
今は宇宙飛行士を目指し勉強中。
留学先では天羽と隣同士に住んでおり、何かと面倒を見させられている。
土萌や神楽坂とも親交を深めている。










★Starry☆Sky~in Autumn~より★

水嶋郁 (CV:遊佐浩二)
星月学園での3カ月に渡る実習を終え、
大学を卒業した後に星月学園の教師として戻って来る。
今では天文部の顧問を務めながら、1年生の担任を立派に務めあげている。
前のように天の邪鬼なところは直ってはいないものの、
少しは大人になったと本人は言っているらしい。





陽日直獅(CV:岸尾だいすけ)
星月学園の現役教師で、その熱血ぶりは主人公達が卒業した後も相変わらずの様子。
新しく受け持つことになった生徒達とも、朝の罠戦争を続けていて、
毎日お弁当を取られて泣いている姿が目撃されている。
休み時間になると、保健室で星月・水嶋と無駄話を楽しんでいる。





星月琥太郎(CV:石田彰) 
星月学園の理事長兼保健医。今も昔も相変わらずで、
時間があるとさぼって寝ている姿が目撃されている。
水嶋が教師として赴任して来てからは、
休み時間の度に陽日と水嶋が来ることが恒例となってしまい、
眠れないとぼやいている。










★Starry☆Sky~in Winter~より★

不知火一樹 (CV:中村悠一)
星月学園の元生徒会長で、今は大学4年生。金久保と同じ大学に通いながら、
法律を学ぶ一方で世界を見たいと、時間を見つけては留学や放浪を続けている。
何カ月も連絡が取れないかと思ったら、ふらりと戻って来ることが多く、
金久保はその連絡不精さを諦めている。
カリスマ性は健在で大学でも多くの人に慕われている。





青空颯斗(CV :平川大輔)
星月学園の生徒会長を立派に務めあげ、卒業後は本格的に音楽を学び直すために
音楽の本場であるオーストリアのウィーンに留学している。
いつか自分が見聞きした神話の世界を音楽に乗せて
表現できたらという夢の元、日々練習中。
家族とも和解しつつあり、今では昔と見違えるほど前向きになり、
自信に満ち溢れ堂々としている。





天羽翼(CV:鈴村健一)
星月学園卒業後、木ノ瀬梓と共に宇宙工学を学ぶためにアメリカに留学。
木ノ瀬が乗る宇宙船を開発するんだと、熱心に勉強している様子。
ただ、趣味の発明はあまり進歩がない。
アメリカに来て人見知りも直りつつあり、土萌や神楽坂とも交流を深めている。
気が抜ける“ぬははラップ”を今も口ずさんでいる。










神楽坂四季(CV :宮野真守)
星月学園卒業後、アメリカの大学からの誘いを受け、アメリカに留学。
土萌と同じ大学で天文学を学びつつ、自分の能力に関する研究に協力をしている。
アメリカで天羽と再会し、共に留学していた木ノ瀬とも仲良くなる。
ぼーっとしたところは相変わらずなのだが、
なぜか英語だけは日本語と違って流暢に話し、周りを驚かせている。















やっぱり萌えるのはアメリカ留学組!!

なんだそのメンバー!?
おいしすぎるっ!!!(>▽<)
このメンバーで、
色々ウハウハやっているかと思うと楽しくてしょうがないっ!!!






しかし年下従兄弟コンビはいいなぁ♪
将来有望www
なにげに神楽坂氏の流暢な英語も聞いてみたいっ!!!
頑張ってもらえないだろうか、宮野さんwwww













変わらないのは秋組でしょうねw

しかし秋組は出会った時から大人でしたから、
今更成長というわけにはいかないのでしょう。
けど秋組が本当にダメダメばかりでw
年下組がすごい大人ってwww






  笑  う  www













この「Starry☆Sky ~13constellation~」、
及びAfterシリーズをもって、
一応のところ、starry☆skyは終了らしいです。
寂しいですが(>_<)





けど本当にこの作品、
とても楽しませていただきましたし、
12+1wも人数がいるのに、
本当に1作品1作品、
こまめにコンパクトにまとめられていたのでよかったと思います。






色々問題も浮上しましたが、
出来たらfanの方々の為にも、
頑張って続けていただけたらなぁ~って思います♪

犬戒響攻略中w - 2010.12.08 Wed

怜君に引き続き、
犬戒響ルートを攻略中ですwww








個別ルートに入るまでの3章までが長かったんですが、
4章に入った途端、
「あれ?」っていうくらいに早くてwww


個別ルートによっては、
1章がすごく短いとは聞いていましたが、
この響先輩のルートでは痛感しました(T△T)















さて♪


この響先輩ですが、
ツンデレというよりもwww
精神病んでる時とか、
疲れている時にはクリティカルヒットでイタい人でした(号泣)









ですが3章共通ルートの最後、
鹿島の攻撃から主人公を守るシーンで、
何より自分自身が驚いていた響先輩。
まるで「え?」とでも言う様な、
そんな表情がとても印象的でした。






典薬寮と天意との抗争の中で、
母を失い、
妹を奪われた響先輩。
父親の存在は語られていませんが、
「ワンドオブフォーチュン」のエストのように、
多分ですが天意に絶対の忠誠を誓っていて、
子供達を守るということはしなかったのでしょう。
まるで存在すら消すかのように、
響先輩の口からは父親の話が出てきません。









疑惑と、
策略と、
謀略の中で、



常に一つの目的の為だけに走り続けてきた響先輩。
彼の毒舌と強さは、
たった一つの目的の為に、
すべてを利用し、
犠牲にしてもかまわないという決意の現われのように見えます。











だからこそ、
無意識に主人公をかばった己の言動自体、
信じがたく、
また、受け入れがたいものだったのでしょう。
本来の目的を果たすためには、
自分にはもう余計なモノなど守るだけの余裕はないのですから・・・・・・・・・。















自覚してからの響先輩はかったですねwww




「目を閉じていろ」




だの、




「俺が嫌ならはねつけたらいい」
(セリフうろ覚えw すみませんっ!)




だのっ!!!
うわぁぁぁあああああっ!!!
えるっ!!











も~!!!


個人的にメガネスキーなもんですから、
響先輩が主人公に口付けしようとするシーンで、
もったいぶって眼鏡を取るところなんてもうっ!
萌えましたっ!!






なに?
このじらしプレイwww















この後、捕縛の言霊をかけられ、
呪縛にもがくシーンでは驚きましたが、
響先輩の今までの言動を考えると、
こうなることは必然だったようにも思えます。






きっと、凌さんとは別の意味で、
とても優しかった響先輩。
とにかく主人公が大事で、
とにかくいくさばからは遠ざけたかった響先輩。






誰より優しくて、
誰より臆病な響先輩。











いいなぁ~~~~~♪♪♪















ちなみにこの後、
あっさりと怜君の幻術にハマッて主人公に追いつかれてしまうのですがwww
それもご愛嬌ですよね♪
なんたって守護者は彼一人ではないのですから(^▽^)






「俺の手を焼かせるくらいの女になったか」






うわぁ♪


本当にこの人、
「薄桜鬼」の土方さん同様、
自覚したら甘いひとなんですね(^▽^;
今までクソミソに言われていただけに、
傷にしみる薬のようにイタいwwww










主人公の決意を聞き、
複雑な心境だったろう響先輩。



自分のことは捨て駒にしてもいい、
けれどそれ以外のことはすべて手に入れて欲しい。
それは響先輩がなにより望んだことで、
主人公に出会うまでは、
主人公に心奪われるまでは、
きっと一番強く望んでいたことだと思うから・・・・・・・・。










ま、ここからおじゃまむしが入るわけですけどねwww









「黒蒼の楔」の時も思いましたが、
緋色~シリーズでは必ず一人、
いじられキャラが出てきますよねwww
蒼黒~では真弘先輩だったなwww








「このままほっといたら、キスシーンってところでしたよね」



と、いう怜君の言葉に、
響先輩も負けてないwww








「希望なら披露してもかまわんが?」
(すみません、あまりにも爆弾発言だったもんで、
 セリフうろ覚えwww)










ありえない!
ありえないよっ!
響先輩っ!!(爆)



皆の前でキスシーンなんて、
ありえないですからっ!!!









もう、ね?(^▽^;
本気で身悶えましたww
びっくりです、響先輩www






おまけに周囲を牽制するように名前で呼ばせようとするしwww
この人案外独占欲強いんじゃないの??!















色んな意味でお腹一杯wな響先輩ですが、
4章があまりにも短かった為、
5章もあまり期待出来ない(T△T)




鬼崎ルートのみ6章まであるとしたら、
5章で終わりだろうからなぁ~・・・・・。




主人公を玉依姫として見限った諏訪兄弟。
鹿島の真意、
母を慕うがゆえに黄泉の門を開けてしまった音端。




謎は多く残されていますが、
4章よりは少し長いのかな?
それともまたアッサリ終わっちゃうのかな???
明日の夜が楽しみです☆
(今日は小用でPSPが起動させられないだろうからw

う~ん(>_<) - 2010.12.07 Tue

ソフマップ様のPSPソフト、
「ワンドオブフォーチュン~未来へのプロローグ~」と違って、
発売日当日に届きましたwww




little cheese様発売のPCソフト、
「黒と金の開かない鍵」です☆



黒と金の開かない鍵




ちなみにソフマップ様からは発売日が2日なのに、
5日に届きました(-.-;
トホホ(泣)











インストール方々、
まぁさわりだけでも・・・と思い、
起動させたんですが・・・・・・・・・・・、






主人公の声が入って・・・・る?






実はワタクシ、
主人公の声が入るとダメな方w
もちろん、主人公の声があった方がいい!っていう人も、
おられるのですが、私はダメだったみたい(>_<)



元々オトメイト様で育ったことが原因かもしれませんが、
(アロマリエ様もかww)
ひじょ~に萎えるwww













ゲームの方はon/offが可能ですが、
一番気になったのが店舗特典CD!!


あわてて聞いてみたところ、
やっぱり入ってるーーーーっ!!絶叫っ







あうう~ん(>_<)
コレだけが楽しみだったのに、
コレだけが楽しみで、
せっかく現地まで行って予約したのにっ!!!







・・・・・・・・・・ちくしょう・・・・、
すぐに売ってやるっ!!!!(号泣っ)









little cheese様の記念すべき第一作品だったから、
楽しみにしていたのにっ!!!
シナリオ短いって聞いて、
内容的にアロマリエ様とかぶるから、
ちょっと期待していたのにっ!!








あ゛~~~~~~~っ!!!(泣)















・・・・・発売が4月に延びた、
PC「つばさの丘の姫王」も、
似たようなパターンになってないだろうな?

発売延期w - 2010.12.04 Sat

発売延期になってしまいましたね(泣)
ワンドオブフォーチュンⅡ~時空に沈む黙示録~










なんだかオトメイト様も、
色々バタバタソフトを出されているようなので、
発売日2月というのは苦しかったのかもしれませんが、
中途半端な品を発売されるよりずっといいので、
大人しく待ちたいと思います(-.-;





変更した発売日がって書いてあるから、
7月までには出るでしょうwww








うっかり旧作ww - 2010.12.03 Fri

このところヒイロノカケラをやっているためか、
緋色の欠片が懐かしくなり、
思わず引っ張り出してきましたwww













このバナー↑
某サイト様からいただいてきたのですが、
バナーもgetしていないと消えてしまうものなのだと知りましたww



今度から気をつけて、
確保しておきたいと思います(T▽T)











初回緋色の欠片は、
鬼崎拓磨から始まって、
犬戒慎司で終わっていたのですが、
思えば年下バンザイwな作品だったなぁ♪♪♪





実は読むというタイプの乙女ゲー、
この緋色の欠片が初・体・験☆
当時はまだ光栄さんとか、
作業ゲーの方に目を奪われていた頃でした。















ふつ~に、
通常ルートが最後まであって、
その中に個別ルートが少し入っていて、
エンディングが異なる・・・・・程度に考えていた私。




鬼崎ルートが終わって、
真弘ルートをやり始めて「おや?」とwww




びっくりしました!
個々にここまでお話が違うものは、
生まれて初めてだったんです(>_<)
本当に衝撃でした!















鬼崎ルートはその力に、
真弘ルートはその命に、
狐邑ルートはその偏見に、
大蛇ルートはその疑惑に、




それぞれの運命に振り回されている中で、
共通して起こる二つのルート。
それが犬戒ルートと狗谷ルートの、
孤独の二文字。















皆、それぞれに辛く、切ないルートでしたが、
犬戒慎司のルートは今思い出してもキツイの一言でした。






生母に捨てられた子供、
そして育ての親にさえ犠牲にされた子供。






それなのに、
何故そこまで強くなれるのか?
本当に疑問の一言です(>_<)
言蔵の美鶴ちゃんとの接点も、
すごく印象に残りました。



何より驚いたのが、
FDである「あの空の下で」の一幕。



先代玉依姫である祖母と、
言蔵の家系を考え、
非情にも宇賀谷の家から慎司を追い出そうとする二人。
そんな境遇の中でも感情を抑え、
とにかく周囲を説き伏せ、
皆に祝福される人生を歩もうとする慎司。















てか、あの粘り強さの秘訣はなんなのでしょう?(>△<)



主人公ですら「酷いっ!」と、
怒りの感情を隠さないのに・・・・っ!













本当は、
一番大人で、
一番強かった慎司。





もうないとは思うのですが、
緋色の~シリーズは出来たら形を変え、
内容を変え、
続いて欲しいなぁと思う今日この頃です☆

狐邑怜ルート終了 - 2010.12.02 Thu

狐邑怜ルート終了しましたw










印象としてはやっぱり早いですね(^▽^;



鬼崎ルートが短いのかと思っていたんですが、
こりゃ全般的に短いんだ(泣)











4章でオモイカネに取り込まれた怜君、
主人公も彼を助けようと手を伸ばした瞬間、
オモイカネに取り込まれてしまいます。



そして5章。











これは印象的でしたね~~~♪


かつての季封村が、
こんな形で登場していたとはっ!!!







鬼切丸が封じられていた沼は、
綺麗な紅葉で満たされ、
かつての玉依姫が歩いた村への道は、
人を遠ざけるかのように荒れていました。




ですがかつての守護者達が歩いた道。
登下校で、
買い物途中で、
戦いに赴く最中に。




田畑は荒れていましたが、
空は、
あの青く抜ける空だけはあの頃のまま、
澄み渡っているように見えました。










そして長い階段の上にある鳥居と、
その奥にあるお社。
かつての主人公達が血を吐くような想いで守った地が、
今はひっそりと、
そして神々の記憶の中でだけ、存在するというのは、
とても物悲しい気持ちになりました。





もしかしたら神々は、
かつての季封村での日々が、
一番落ち着き、安定していた日々だったのかもしれません。
人の手が入らない隔絶された世界ではありましたが、
それはヒトから、
神を守るための唯一の手段だったように思えます。
(今となっては・・・・・)










懐かしい記憶、
懐かしい憧憬の中に、
かつて自分達を取り巻き、
戦い、守ってくれていた守護者達の姿はありません。



「ヒトがいないから」



怜君の言葉も間違いではないでしょう。
しかしある意味、
認めたヒト以外受け入れないと、
かたくなに人間社会を拒絶した、
神の怒りとも取れる光景でした。













かつての緋色~シリーズでは、
鬼切丸の為に多くの犠牲者を出しています。
それは能力を持ったヒトそのもの。




しかし今回のヒイロノカケラでは、
能力を持った人間の、
能力のみが犠牲となり、
オモイカネに文字通り血肉を捧げさせられたのは、
まぎれもないでした。








こうなると諏訪兄弟の言っていた、
「カミを使役出来ると思うな」という言葉は、
彼らの血を吐くような想いから出ていたのかも知れません。
また、感情を爆発させ、
美保殺害に走った彼らの行動も、
とてもよく理解出来ると思うのです。















その後、なんだかアッサリ封印出来たのは、
ちょっと拍子抜けしましたがwww
狐邑ルートではあの季封村の背景が、
一番の目玉だったように思いますwww
















しかし・・・・・・・・・、
怜君も意地が悪いですよね~ww






すべてが終わって、
能力もなくなって、
寒名市が解放されてこの地を出て行くことに決めた怜君。
主人公は涙を見せまいと、
笑って送り出します。
何年、いや、何十年になろうとも、
待ち続ける覚悟をして・・・・・・。








で、日帰り旅行ってwwww








わかっててやってるから、
タチ悪いですよねぇ~(>_<)
まぁ今回の主人公には、
泣かせてみたいっていう気質をくすぐるなにかがあったように思いますが、
そういうのは犬戒先輩の専売特許だと思っていたのにっ!!





か、かわいそうな主人公www





しかし主人公も負けず劣らず天然なので、
お互い様・・・かな?(^▽^;
凌さんの時も思いましたが、
案外、男泣かせですよねぇ~wwww

孤邑怜攻略中w - 2010.12.01 Wed

鬼崎に引き続き狐邑君を攻略中w












狐邑祐一氏の時には、
まったくといっていいほど触手の動かなかった私ですが、
後輩になると話が別らしいwww













プロローグはスキップするし、
既読は飛ばせるので、
あっという間に4章まできております♪







しかし重いですね(-.-;



鬼崎ルートでの消化不良が、
少しここで解消出来ているような気がします。
やっぱり人気が左右するのでしょうか?www












軽いノリと飄々とした態度で、
何を考えているのかイマイチ分かりづらい怜君。
コトが起こった時にも、
コトを構える上でも、
犬戒先輩よりももっとずっと賢い気がします。






それは子供ならではのずるさかもしれません。
けれどいくさばにおいてはとても必要な知恵です。



そんな自分も、
自分の力も、
もっとも疎んじているようなそんな気がしました。














この怜君、
緋色~シリーズからいうと多分真弘先輩の立場にいる人なのでしょうね(^▽^;



高校受験を前に志望校を決めた時、
(もしくは志望校に無事合格して卒業をひかえたある日)
突然やってきた国家権力によって、
自分の道筋を決められてしまった彼。










目の前に、
当たり前のように自由が広がり、
可能性が広がっていた彼の視界は、
一気に閉ざされその後はただただ命令に従うだけの日々。












自由をもっとも理解しているのは、
自由を奪われた人たちである。






そう言ったのは世界情勢をよく知る方々でしたが、
確かにそうだと思うのです。
自由であるがゆえに、
自由の大切さが分からないまま、
自由のなんたるかが理解出来ない。
そういった当たり前の自由が奪われた時、
きっと人は初めて気がつくのでしょう。
自由という二文字に秘められた可能性を。














怜君にとって主人公という存在は、
悪夢でしかありませんでした。




見たことも聞いたこともない少女。
その少女の為に自分の自由どころか、
命までささげろという典薬寮。




逆らうことも抗うことも許されず、
家族や知人・友人を人質に取られ、
歯噛みする日々。














それを思うと、
彼が一番初めに登場するシーン。
満面の笑みをたたえていますが、
その笑みの下にどれほどの苦悩を背負い、
感情を殺していたのかと思うだけで、
切なくなります。







真弘先輩のように、
怜君はとても強い人なのかもしれません。
しかし真弘先輩のように、
幼い頃から鬼切丸に命を捧げることを義務づけられ、
玉依姫に忠誠を誓うことを強制されてきたよりは、
もっとずっと、心穏やかだったかもしれません。
それほど、かつての緋色~シリーズのシナリオは、
よく出来ていたんだなぁと実感♪














飄々としているくせに、
天意百道の教団内で主人公を抱いて飛びのいた時には、
れそうになりましたねwww




実力があるからこそ、
口調は軽くても目は笑っていなくて、
そんな彼が何より求めるのが自由で、
しかもその自由は自分を守ることによって阻まれていて・・・・・・・。





苦悩する主人公に無茶苦茶シンクロしちゃいましたwww
こ~れは切ないわ(^-^;
いっそ自分がいなければ・・・、
死んでしまっていたら・・・とも思うのでしょうが、
それではそのほかの事情が進んでいかないのもまた事実で・・・・・・・・。











最後に主人公が彼の背につぶやいた、









「今までありがとう」








この時、
主人公は覚悟を決めたと思うのです。
そして逆に、
怜君自身は迷い始めていたのだと思うのです。
否、そう思いたい(>_<)














この狐邑ルートでは、
なんとかつての季封村が登場するとのことで、
(オトメイトブログ参照)
とても楽しみっ!(>▽<)






緋色~シリーズではお話が短い方みたいだし、
週末までにクリアできるかな???

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (88)
映画 (29)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (48)
殻ノ少女 (12)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (73)
薄桜鬼~新選組奇譚~ (3)
薄桜鬼 真改 (20)
薄桜鬼~随想録~ (6)
新選組音曲集 (3)
新選組活動写真 (1)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (29)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
君に捧げるエピローグ (2)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (179)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (8)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (28)
Israel (2)
Tâi-oân (11)
国内旅行 (263)
京都 (30)
大阪 (2)
奈良 (13)
滋賀 (6)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (14)
東京 (16)
山梨 (7)
岐阜 (17)
島根 (7)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (8)
佐賀 (2)
愛知 (7)
広島 (12)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (6)
神奈川 (19)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (5)
長崎 (3)
熊本 (3)
鹿児島 (5)
栃木 (9)
宮城 (2)
岩手 (3)
青森 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (24)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (36)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO Devote (2)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (4)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (32)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (70)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
ハヰカラデヱト (1)
華アワセ (25)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (31)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
Code:Realize ~白銀の奇跡~ (1)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (8)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメンシリーズ (52)
イケメン幕末 運命の恋 (30)
イケメン戦国 -新たなるの出会い- (16)
イケメン戦国 -時をかける恋- (4)
イケメンヴァンパイア (2)
イケメン源氏伝 あやかし恋えにし (0)
刀剣乱舞 (73)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
テンシの血脈 (105)
第一章 西南戦争 (18)
第二章 帝都 (17)
第三章 小樽 (15)
第四章 紀尾井坂の変 (18)
第五章 血脈 (18)
第六章 竹橋の乱 (17)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
ARMEN NOIR (15)
caligula (2)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (12)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (21)
蝶々事件ラブソディック (10)
真紅の焰 真田忍法帳 (2)
ピオフィオーレの晩鐘 (29)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1925- (27)
ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926- (1)
天涯ニ舞ウ、粋ナ花 (1)
殺人探偵ジャック・ザ・リッパー (1)
魔法同盟 (1)
BUSTAFELLOWS (1)
エスカ&ロジーのアトリエPlus (3)
殺し屋とストロベリー (9)
ルーンファクトリー4 (1)
SWEET CROWN~午前三時のオカシな道化師~ (6)
悠久のティアブレイド-Lost Chronicle- (0)
神凪ノ杜~五月雨綴り~ (0)
Vamwolf Cross† (0)

検索フォーム