topimage

2017-09

ルチアーノ攻略中 - 2011.04.28 Thu

ルチこと、ルチアーノを攻略中ですwwww












ルチアーノと聞いて思わず笑ってしまうのは、
若気の至りで書いたときメモ本に、
「モアレ・ルチアーノ」というイタリア人をオリジナルキャラで出しているからwww

ルチアーノっていう名前がイタリア系だということも、
イタリアに行ったこともなかったのですが、
これも縁って感じなのでしょうかねぇ(^▽^;













さてさて♪

ヨシュアルートの怒りに身をまかせw
その迸りから始めたルチアーノルートですが、
アルバロといい勝負だwwww





ルチ怖いよっ!
ルチッ!!!(爆笑っ)






元々軽口を叩く男って、
内面は怖いことが多いんですが・・・・・・・・・・・。
オトメイト様のキャラって、そういうのが多いんだろうか??(笑)
(キノセイですよねwww)














ルチアーノルートですが、
大半が読み飛ばし出来るので楽(^-^)
これは多分ヴィシャスルートとかぶっているからなんだろうなぁ~。
けどヨシュア&レオナルドルートのように、
ネタバレがあんまりないみたいなので面白く読めています♪















現在第八章で止まっていますが、
最大の見せ場はなんたって七章のラブホシーンでしょう!!!!






うわぁ






と、思わずため息が出そうになった(^-^;

確かにルチアーノの性格上、
フラッと出て行ったら帰ってこない気もしますよねww
ニコラスと違って上手く女性を扱えそうだし、
脆さ・・・というか、
表面に見えない危うさというかw
そんなところが彼の魅力ですから、
そういった裏表のあるタイプに惹かれる女性には、
この方はたまらないと思うわけですwww






と、いうことは寝床にもあまり苦労しないだろうし、
アメリアが心配したとしても不思議はなかったんですよね?













しかしラブホの中までついてくるとはっwwww



コレはいささかやりすぎだろうwww
いやいや、
中で女が待っていたらどうする気だったんだ??(爆笑)
ルチアーノのことだから、
きっと中に女がいても、
ふつーにアメリアと話していそうだがwww









それにしてもコレは・・・・・・・・・www









他キャラが思いが通じ合い、
その後、そういった流れwになるのは見てきましたが、
いきなりwww

そしてソコで手に入れたルチアーノボイス3wwww





「グロリアには気をつけろ、
 あいつはああ見えて一番手が早い」






この発言っ!!!
自分のコトは棚に上げて、
それはど~なの?!(爆笑っ)










シャワーを浴びてきて尚、その場を離れようとしないアメリアに、
ルチアーノは半分脅かすつもりで、
そして少し本気でアメリアをベットに押し付けます。

どんなに暴れても、
どんなに嫌がっても、
ルチアーノの腕はビクともしません。
当たり前ですよねw 男の人だしwww





しかしアメリアには衝撃だったと思うんですよね~(^-^;

それまではヨシュアという男性の見本はいましたが、
コレがまた箸にも棒にもかからない朴念仁の上、
独占欲のカタマリとあっては役に立ちませんwww
とにかく彼の場合、
アメリアがそばにいればそれで満足♪だったわけですから、
男の人の強さとか、
怖さとかいうモノを認識するには、
あまりにも役に立たない見本だったと思われwwww







怯えたアメリアを、
ルチアーノはそっと離します。
そして帰らせます。

そして自分も、屋敷に戻るのでしたwwww
















・・・・・・・・・・・ルチアーノの立場だったら、
帰れなかったと思うんですよね。正直。


確かに裏切ったことには違いないわけですが、
ルチアーノの当時の心情が出てくるには、
まだ後三章ほど残しているので分かりません。
分からないのですが死んで、理解し得たこともあると思うんです。


逆を言うと、
多大な犠牲を払ったからこそ、
今のルチアーノがいるとも言えます。
メディシスが言ったように、
あの頃の自分と今の自分は確実に違っていて、
今の自分の方があの頃の自分よりも、
きっとずっと成長していると思うわけです。










ルチアーノがそう感じているとしたら、
そして今、
あの時の自分の行動を後悔しているとしたら・・・・・・・・。

今までの彼なら帰らなかったと思うわけです。
しかしそれはジャンが許しませんでしたw





「帰れないなら、帰る理由を与えてやればいい」





すべてお見通しのジャンですが、
彼も彼のルートでは本当に自分の気持ちには鈍感なので、
どうとも言えませんねwww
本当にバカなんだから(ニコール風にwww)
















ちなみにラブホシーンですがw
スチルがあったわりにはシーン再生が出来ません(号泣っ)

後から気がついて、
慌てて最初からやり直し、
シーン前のセーブデータを作ったのはココだけの話ですwww
スポンサーサイト

ヨシュアルート終了 - 2011.04.27 Wed

ヨシュアルート終了しました。












はっきりゆってがっかりだよっ!!!!(っ)


なんなんだアレはーーーっ!!!(号泣っ)
色々突っ込みどころは満載なんだが、
本当に何からつっこんでいいのやら悩むくらい悲しいっ!!
そうっ! 悲しいんだっ!!(号泣っ)
多分ただそれだけなんだ・・・・(T▽T)











神父様に「距離をおいてはどうだい?」と言われて、
素直に従うヨシュアwww
けどアメリアのところに戻りたくて仕方ないヨシュアwww



ホテルの扉に鎖をぐ~るぐる巻いて、
とにかく自分を外へ出さないようにしようとするヨシュアに、
そこまでしてその女が欲しいのか!?と、
思わず突っ込みたくなったのは私だけではあるまいっ!!(笑)












その理由としてはアメリアの煮え切らない態度www

うん、確かにこういった感情には覚えがあるwww
「好き」と言われて、
確かに意識はするんだけど、
激しい恋心・・・というには遠く及ばなくて・・・(滝汗)




ヨシュアと離れてアメリアも考えはするんだけど、
「会いたい」と強く思うことはあっても、
それって愛情なの???
いつもいてくれるはずのモノwが他に取られるかもしれないって分かって、
惜しくなっただけじゃないのかな???





などとうがった見方をしてしまったりwww
や、本当にね???
兄貴が彼女を連れて来たら、
多分、こんな感じなんだと思うんですよwwww


レオナルドはそれを見越して、
くっつくにしても離れるにしても、
早い方がいいと思ったのでハッパかけたんでしょうが、
アメリアのやっぱり煮え切らない態度wwww












アレは可哀想でしたねー(^▽^;

ヨシュアがすっごく!
すっごくアメリアが応えてくれたのを喜んでいるのに、
アメリアったら、





「そんなに私が好き?」






だもんな~(-.-;
それもど~なの?!?って感じwww
メディシスルートで彼がいなくなって、
必死で探し回るアメリアとは別人ですwwww
なんてすごいルートなんだwww














思いが通じ合った後にも悲劇は待ち受けていましたwww

ジャンと契約したグイードの銃乱射によって、
アメリアは命を落とします。
実にあっけなくwwww





しかもも一つあっけないのが、
ヨシュアとの別れwwww

いや~・・・・・・・、ジャンの時よりもあっけないwwww
グロリアの時にはグロリア自体、
彼女の死を受け入れずに時間をループさせてしまうほど愛していたというのに、
アメリアったらっ!!














しかも怖いよ!!
スチルが!!!


アメリアの目ってば半開きじゃないですか!?
死の間際だってことは分かっているし、
斜め上からヨシュアが声をかけているのだから、
そちらの方向を見ていれば仕方ないアングルなのかもしれませんが・・・・・・・・・・・、








それにしてもいwwww









クラウディアを殺し、
グイードを殺し、
神父という身分を捨て、
天国にも受け入れてもらえなかったヨシュア。

それもひとえにアメリア一筋であったからこそっ!!
なのに切ないっ!
最後までハッピーエンドじゃない!! 切ないっ!!!












その後ヨシュアは地獄に落ちますが、
レオナルドの助言によって、
わずかな可能性にかけることにします。


それは本当に、
大海に落ちた針を探すような、
ほんのわずかな希望だったことでしょう。
しかしヨシュアはソレにすがるのでした。















どこにも繋がらないプログラムが再び起動するように、
ヨシュアはある日コールを受け、
人界への復活を果たします。
そこにいたのは小さな女の子。
捨てられ、
道端で暮らすアメリアに面差しの似た少女でした。






このスチルはよかったですね~♪
在りし日のアメリアを思い出させるような、
それよりもずっと幼い少女に跪くヨシュアはかっこよかったです(>▽<)
その後が(号泣)















・・・・・・・・・・・・いえね?
いいんですよ??

確かにジャンの時にも思いました。
転生したとして、
前の人生を歩いたアメリアと、
今の人生を歩いているアメリアとは、
まったくの別人なんです。
それは分かっているんです(>_<)





レオナルドが言ったように、
前のアメリアではダメで、
今のアメリアでないといけなかった。
そういった理由があったことでしょう。
何か理由かは別にして・・・・・・・・・。






ヨシュアは確かに幸せそうです。
アメリアを育て、
アメリアに告白され、
アメリアに求婚され、
アメリアと共に暮らせるのですから・・・・・。








けどね、前のアメリアの立場は!?
って思わず考えてしまうんですよ(>△<)
前のアメリアのあの、
恋愛に対してたどたどしいまでの生き方も、
キライじゃなかったからなぁ~・・・。

それに死神達だって、
今のアメリアは知らないわけだから・・・・・・・・・・・・・。












しかしヨシュアは幸せそうですw
大事なことなので二回言うw
愛されることの少なかったヨシュア。

父を殺され、
母を殺され、
神父様にはアメリアを押し付けられw
押し付けられたアメリアは兄としか見てくれなくてwwww







やっと彼は今、
幸せを実感出来ているのかもしれません。


夢にまでみたアメリアとの結婚。
老いない体も、
再び、失うだろうアメリアも。
今はまだ先の話で・・・・・・・・・・。












ヨシュア的には万事オッケーwだったこのラストですが、
私的には皆様がおっしゃられているように、
すごいびみょ~なエンディングでしたwww

ヨシュアルート攻略中w - 2011.04.21 Thu

相変わらずヨシュアルート攻略中ですw











と、いうよりもレオナルドルートとの共闘な立場から、
ヨシュアってあまりにも、
あんまりな扱いをされていたりwww


まぁへたれなんですから仕方ないんですがwww










現在第七章ラストくらいかな???

レオナルドが過去の自分を思い出し、
ダレンツィノとの約束を思い出し、
アメリアのことを思い出した辺りです。








レオナルドの立場って、
ヴィシャス→メディシス→ジャン→ニコラス→グロリアとクリアしてきて、
ほとんどまったくw出てこなかった訳なんですがwww
このルートでやっとこさ、
彼の生い立ちや殺された時の状況などが分かってきました。

年端のいかぬ彼が何故ファミリーに入ることが出来たのか??
どこのルートだったか確か「妹の子供で抗争に巻き込まれた後引き取った」までは分かっていましたが、
なるほど、そういうことだったのかと納得www
今でこそ達観しているレオナルドですが、
それは数々の悲しい経験をし、
一度死んだからこそ得た成長だったんですね!








それに比べてヨシュアったらっ!!(爆笑)









ヨシュアルートですが、
この七章ではレオナルドが目立っていますw
メディシスは当初から思い出していたようですが、
グロリアが思い出したあたりから、
レオナルドの立場が彼らと一線画したように描かれています。

今でこそアメリアは「ボスの娘」と認識されていますが、
それまではレオナルドが唯一ボスの血を引く人間だったわけですからね☆
きっと誰しもが直接血は繋がらないにせよ、
ダレンツィノの血族で、
彼に育てられたレオナルドを後継者と認めていたことでしょう。

その後の的確な指示にも、
一目をおいているように見えますww
こうなると本当にヴィシャス達って単なるチンピラですねwww











一方ヨシュアはというと・・・・・・・・・・・・・。
また我慢出来なくなってアメリアに迫ってるしっwwww


思いもかけずレオナルドとの絆を感じて、
(法的には姉弟になるわけですしねw)
彼を心配するアメリア。
それが気に入らないヨシュアwwww







「今までずっと普通にしてただろう?
 いつまで普通にしていたらいい?」





「キスしていいか?」




「今、したいんだ」







ってお前なっ(っ)
まったくこらえ性のないヤツwwww

結果アメリアにまたビンタくらって逃げられてるしwww
懲りないヤツですよねwwww
しかしここまでくるとヨシュアが不憫に思えてくるのもまた事実!




いつでも、どこでも、一緒だった空気のように大事な存在って、
亡くしてみて初めて分かるものなんですが、
亡くしてからでは遅いからなぁ~wwww












さてさて第八章からはやっと個別ルートです♪♪♪


レオナルドの確執がどう動くのか?
その中でのヨシュアの立場とは?
そして今回のルートではまったく出番のないジャンは?!(爆笑っ)







こうご期待っ!
・・・・・って、ところなのかな(^▽^;

ヨシュア攻略中wwww - 2011.04.20 Wed

ヨシュア攻略中ですwwww










実はグロリアの後、
最少年齢レオナルドを攻略予定でしたが、
第五章に入って結局ヨシュアでやり直しましたwwww

理由は第五章でヨシュアが一人で飲みに行った、
あのイベントですwwww









酒場でヨシュアを見つけたレオナルドとアメリアは、
ヨシュアを連れ帰ろうと外に連れ出します。

今まで酒場にいるヨシュアどころか、
お酒を飲むことすら知らなかったアメリア。
アメリアは兄妹のようにして育ってきたヨシュアの、
何をも知らなかったことに少しづつ気づいていきます。






ここでレオナルドが「ヨシュアと話をした方がいい」と言ってくれるんですよね!
高木Dの作品って、
大人組がすごく素敵なんですが、
年少組もやるなって感じで素敵です♪♪♪









ヨシュアの傲慢さとか、
独占欲、
ストーカーに近い愛情は、
見ていてかなり怖いものがありましたがwww

それでもアメリアを大事にしていて、
今まで自分が育ててきた、
思うままになってきた女性としてのアメリアを「手放したくないっ!」という想いが強かったのでしょうねwww







ここでレオナルドルートだと、
「ううん・・・やっぱりいい」
を、選択するのですが!!!

どうしてもヨシュアとこの時!
会話したくなったんですね!!
ヨシュアがどう思っているのか?
何を話すのか!?
とても気になったわけでっ!!










やり直しましたwww










ヨシュアに完敗って感じですwwww



いや~・・・・本当にwwww
ニコラスの時も思いましたが、
ヨシュアはそれに輪をかけてへたれですね!!!!

いいところまでいきかけて!
そこでもう一押しっ!!ってところで引いちゃうんですよね~wwww







アメリアに対しては「いい兄でいたい」、
「失望されたくないっ!!」って思いが強いみたいで、
本当にヘタレですwwww














ちなみにこの後、
ヨシュアは結局屋敷を飛び出してしまうのですが、
この時もかなりヘタレですよねwww


飛び出したはいいが、
行くアテもなく。
教会に戻るわけにもいかず、
モーテルに宿泊して考えることといえば「アメリアが探しに来てくれないかな」程度っ!!!










22歳児としては、それもどうよ?!
って感じなんですがwww












レオナルドと共にヨシュアを探し回るアメリアww
教会に足を向けたその時、
偶然、神父様と会ってヨシュアの居所を問うアメリア。






「あの子はまだそんなことを・・・・・・・・・」






・・・・・・・・・・神父、知ってた!?www
ヨシュアの独占欲も、
それが妹への想いではないことも、
神父様には見通しだったのかな???(爆笑っ)


神父様の助言通り、
自宅で待つアメリアですが、
神父から言わせると、
「わがままも大概にしなさい」ってところだったんでしょうか???(爆)
いや~、さすがお父さんは一味違いますねwww











屋敷に戻っていたところ、
毎度お馴染み困った時のセルビアが現れてヨシュアの居所を教えてくれますwww
どうも話に詰まるとこの人が出てくるみたいですねwww







ヨシュアがモーテルに泊まっていることを知ったアメリアは、
レオナルドと共に探しに行きます。
ここでヨシュアの感情爆発ーーーっwwww






「好きなんだ」を何度も連発し、
兄としてではなく、
男として見ろとか。
無茶なことを言うwwww
今まで兄として接してきたくせに、
いきなりソレはないだろうwwww







けどアメリアにも仄かに、
本当にびみょ~っ!にっ!ですが感情の動いたシーンがあったと思うんですよね☆
例えば酒場にヨシュアを探しに行ったシーン。
あれなんて初めて見るヨシュアの、
男としての姿だったと思うんです。
酒の臭い、
煙草の香り、
隣には綺麗な女の人がいて、
「まだ子供じゃない」と馬鹿にされ笑われて・・・・・。


そんな風景の中に、
ヨシュアは何の違和感もなく紛れ込んでいますが、
自分にはまるで異世界だったと思うわけです。












再度、想いを封じ込め、
アメリアの為にいい兄、
いい神父であろうとするヨシュア。


けどベットには押し倒んですけどねwwww












光源氏じゃないんですから(-.-;
自身の手で思い通りの女性を育てて、
それを妻にしようなんておこがましいっwwww
ヨシュアのくせにwwww







結局、レオナルドよかこのたれ兄貴が気になったワタシですが、
この先、
やっぱりガッカリになるのか、
うぉう!これはイケるぜっ!になるのか??

・・・・・・・・・・・・・出来たら後者でお願いしたいんだけどなぁ~(^▽^;

グロリアルート終了 - 2011.04.18 Mon

グロリアルート終了しました~(泣)












いやもうグッタリwww


まさかこうくるとはっ!!って感じの終わり方に、
もう切ないやら苦しいやらwwww
辛かったというのが一番当てはまりますか(^▽^;
とにかくこれまでとてもとても苦労してきて、
自分の感情すらままならない人だったのに、
すべてが解決して尚、
このアリサマだと報われませんっ!!!
辛いよっ!!!











ほんのちょっぴり☆
報われたなぁ~と思ったのはクリスマスイベントですかね???


例によってニコールが市内でも有名なホテルに、
23日予約を入れてくれているんですよねwwww
ニコラスの時にもそうだったんですが、
あのへたれ男は使わず帰ってきたしっ(っ)



ニコラス同様、
グロリアもまたそのホテルを利用せずに帰ってきてしまうのですが、
ニコールに説得され、
また自分でももう後悔したくない!という強い意志の下に、
アメリアを再度連れ出すんですよね♪








「リラックスしろ」とは言いつつも、
食べる気満々のグロリアが楽しかったですwww









しかもベットとか!
ベットとか入って待つしっwwww

「いつまでそうしているつもりだ?」とか言って、
アメリアが自分でベットの中に入ってくるのを待ってるしっ!!!!









なんだかメディシスとは別の意味で、
すごいオヤジ臭を感じましたwwww
いいのか? グロリア!!

てか、高木Dの作品って、
攻略年齢層、若干高めのような気がしますwww
うん、オヤジはキライじゃない♪
キライじゃないが、
それもどうなんだろう???(^▽^;





高木Dの作品ではありませんが、
デスコネのキャラデザやった桐矢隆氏の手がけたマスケティア。
あの作品のリシュリューなんて52歳ですよ!?
攻略対象最高齢なんじゃないかな??!wwww
















とはいえ、
最後は切なかったですね~(>_<)

何度も何度も、
結婚式のシーンが出てくるのも辛かったです(号泣っ)










グロリアがクリスマスの日に贈った時計、
その時計がアメリアとの結婚数年後に止まってしまいます。


アメリアは「大事な時計だから」と治してもらうのですが、
その直後、
事故で死んでしまうのでした。













アメリアの死を受け入れられないグロリア。


彼の死神としての能力、
時を狩る力を駆使して、
アメリアとの時間を何度も繰り返すグロリア。








切ないですねっ(号泣っ)










しかし何度も繰り返すうちに、
少しづつブレが生じてきます。

未来を知るグロリアには、
アメリアの言動を先読みする力が。
そしてそのことは少しづつ、
色んな場所に弊害を及ぼしていきます。





この「時間のループ」は曰く、
パラレルワールドに迷い込んだようなもので、
全体的なシステムは同じでも、
ほんの少しづつ、
狂っているみたいです。












ある日、グロリアはヨシュアに呼び出されます。

今までヨシュアの立場って、
どの死神でも(とは言っても5人しかクリアしていませんがw)死亡していたのに、
グロリアバージョンでは生きているんですよねwww
それは一重にグロリアが立ち返る場所として、
ヨシュアやセルビアを必要に思っていた為かもしれません。









ヨシュアに五度目だと言い、
セルビアと会話をし、
それでも・・・・・。



グロリアの胸には疑問が渦巻いています。



それはアメリアの、
彼女の死を自分が遮っているという事実でした。













自分が必要に思う。
ただその為だけに・・・・・・・っ、
アメリアの時間、
アメリアの「死」をせき止めているグロリア。


自分達に大事なのは今、
そしてこれからなのだと未来を語っていたグロリアにとって、
それは辛く、罪悪感にさいなまれる時間だったことでしょう。


そうしても尚、
グロリアは彼女を手放すことが出来なかったのだと思うと、
とても切ないのです(泣)














六度目の過去を繰り返しているグロリアの前に、
ジャンが現れます。

彼との会話も慣れたもので、
少しづつ、
少しづつ狂っていく時間に不安を抱きながら、
いつも通りの受け答えをしていたその時・・・・っ!





ジャンは言います。
「そこで俺はこう言うんだったっけな」




ざわっと、
全身の毛の逆立つような感覚。
血という血が下がっていくような、
気を失いかけるほどの衝撃が、
グロリアの体を駆け巡っていったことでしょう。


ジャンの嫌な笑み。
平静を装いながらも、
真意を探りきれず焦るグロリア。


狂った時間、
止まった時計、
そして・・・・・・・・・・・・・。













もしかしたら、
もしかしたらジャンは、
グロリアの行動を知って、
未来をほんの少し、動かす為に降りてきたように思うんですよね。










短すぎる、時間。
幸せを感受出来るはずだった、
長い長い、時間。


しかしアメリアは死んでしまう。
結婚して、わずか数年で-----------。
それはあまりにも、
あまりにもグロリアにとっては辛い時間だったと思うんです(>_<)












他のメンバーと比べても、
あまりにも短いっ!
ヴィシャスなんて結婚して、
子供まで出来ているんですよっ!!

メディシスもゆったりまったりと、
二人の時間をはぐくんでいるし、
ニコラスだって・・・・っ!!!







なのにグロリアだけあんまりです(>_<)







ヴィシャスルート同様、
ジャンが少し、
ほんの少し細工をして、
アメリアとグロリアが、
もう少しだけでいいから人生を感受出来るといい。

せめてアメリアが年老いるほどに、
その姿をグロリアが見つめていられるほどに、
そんな風に、
終われるといいのになぁって、思うわけです。









含みを持たせた最後になっていましたが、
きっと、そうなっただろうと期待したいと思いますw

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

しのぶ

Author:しのぶ
ゲーム歴長し(泣)
ただしヘタレ
一般ゲームはNoクリア
乙女ゲームはフルコンプ
乱れた波長の持ち主w

ゲームリンク

最新記事

FC2カウンター

♪期待の萌ソフト♪

Innocent Greyが贈るサイコミステリィAVG第6弾「虚ノ少女」2013年2月8日発売!

カテゴリ

未分類 (69)
映画 (20)
CD (16)
漫画 (5)
一般ゲーム (11)
緋色の欠片 (17)
ハートの国のアリス (43)
クローバーの国のアリス (9)
ジョーカーの国のアリス (7)
おもちゃ箱の国のアリス (9)
starry☆sky (36)
18禁ゲーム (47)
殻ノ少女 (11)
虚ノ少女 (25)
ペルソナ (80)
ペルソナ3 (53)
ペルソナ2~罪~ (5)
ペルソナ2~罰~ (17)
ペルソナ5 (2)
ペルソナ4 (1)
薄桜鬼 (25)
裏語薄桜鬼 (11)
裏語薄桜鬼~暁の調べ~ (12)
三国恋戦記 (32)
アラビアンズロスト (4)
華ヤカ哉、我ガ一族 (39)
暗闇の果てで君を待つ (3)
東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 (9)
二世の契り (1)
STORM LOVER (5)
ワンドオブフォーチュン (27)
ワンド・オブ・フォーチュン (11)
未来へのプロローグ (2)
ワンド・オブ・フォーチュンⅡ (12)
アルカナ・ファミリア (23)
アルカナ・ファミリア1 (12)
幽霊船の魔術師 (5)
アルカナ・ファミリア2 (3)
海外旅行 (136)
Polska (3)
Deutschland2006 (4)
Deutschland2017 (24)
Italiana (1)
Italiana 2008~2009 (6)
Italiana 2010~2011 (4)
Italiana 2011~2012 (7)
Italiana 2012~2013 (9)
française (7)
Türkiye (14)
Russian Federation (9)
Czech Republic (26)
China (7)
England (1)
国内旅行 (161)
京都 (9)
大阪 (1)
奈良 (8)
滋賀 (5)
和歌山 (6)
三重 (3)
北海道 (1)
東京 (16)
山梨 (2)
岐阜 (5)
島根 (5)
山口 (4)
徳島 (7)
愛媛 (5)
大分 (1)
福岡 (2)
佐賀 (1)
愛知 (3)
広島 (11)
長野 (3)
福島 (17)
高知 (10)
兵庫 (4)
神奈川 (18)
岡山 (1)
石川 (1)
香川 (4)
長崎 (3)
カヌチ~二つの翼~ (35)
華鬼 (3)
デスコネクション (15)
雅恋 (7)
エルクローネのアトリエ ~Dear for Otomate~ (15)
マザーグースの秘密の部屋 (5)
FINALFANTASY (117)
FINAL FANTASYⅢ (5)
FINAL FANTASY~零式~ (26)
FINAL FANTASYⅣ (21)
FINAL FANTASY-AGITO- (42)
BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY (16)
BRAVELY SECOND END LAYER (1)
BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT (4)
DRAGON QUEST (17)
キミカレ (2)
unENDing Bloody Call (1)
12時の鐘とシンデレラ (13)
24時の鐘とシンデレラ (4)
神なる君と (9)
オペラ座の怪人 (1)
CLOCK ZERO (34)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ (18)
CLOCK ZERO Ex Time (9)
CLOCK ZERO CD (7)
マスケティア (10)
イベント (3)
逢魔時~怪談ロマンス~ (23)
十鬼の絆 (21)
いざ、出陣!恋戦 (16)
いざ、出陣! 恋戦 第一幕 (10)
いざ、出陣! 恋戦 第二幕 (6)
十三支演義 (3)
百鬼夜行~怪談ロマンス~ (14)
DIABOLIK LOVERS (5)
スクールウォーズ (3)
アブナイ★恋の捜査室 (16)
源狼 (16)
ダンガンロンパ (31)
英国探偵ミステリア (4)
下天の華 (5)
OZMAFIA (8)
いっしょにごはん。 (1)
夏空のモノローグ (21)
NORN9 ノルン+ノネット (36)
明治東京恋伽 (68)
明治東京恋伽-無印- (25)
トワヰライト・キス (26)
明治東京恋伽-CD- (7)
明治東京恋伽-現地取材- (2)
華アワセ (24)
ドウセイカレシ (3)
あさき、ゆめみし (16)
花咲くまにまに (29)
神々の悪戯 (3)
うたの☆プリンスさまっ♪ (5)
ドットカレシ (8)
剣が君 (2)
放課後colorful*step (1)
里見八犬伝 (1)
Enkeltbillet (1)
ヴァルプルガの詩 (1)
明星の華~太閤記異聞~ (37)
魔都紅色幽撃隊 (2)
爽海バッカニアーズ! (1)
幕末志士の恋愛事情 (18)
旭日ニ戀露ス (6)
旭日ニ戀露ス 壱 (5)
旭日ニ戀露ス 弐 (1)
Code:Realize (29)
Code:Realize ~創世の姫君~ (16)
Code:Realize ~祝福の未来~ (13)
ときめきレストラン☆☆☆ (5)
百華夜光 (3)
白虎隊 志士異聞記 (3)
カレイドイヴ (3)
銀河英雄伝説タクティス (1)
男遊郭 (6)
帝國カレイド (2)
中の人増殖計画 (1)
神に愛された花嫁 (27)
イケメン幕末 運命の恋 (23)
刀剣乱舞 (46)
艦隊これくしょん (1)
帝国海軍恋慕情 (1)
喧嘩番長 乙女 (1)
神之島 (15)
神之島 目次 (2)
  (12)
遙かなる時空の中で6 (3)
薔薇に隠されしヴェリテ (30)
7scarlet (20)
夢王国と眠れる100人の王子様 (2)
薔薇戦争-Sonnet of Seeds- (1)
忍び、恋うつつ (17)
ニル・アドミラリの天秤 (24)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚 (20)
ニル・アドミラリの天秤 -クロユリ炎陽譚- (4)
caligula (2)
ARMEN NOIR (15)
逢魔が刻~かくりよの縁~ (18)
AMNESIA (25)
AMNESIA-無印- (15)
AMNESIA~LATER~ (8)
AMNESIA~CROWD~ (2)
collar×Malice (23)
花朧 -戦国伝乱奇- (1)
BAD APPLE WARS (7)
Side Kicks! (16)
数乱digit (10)
デモンズゲート (1)
茜さすセカイでキミと詠う (3)
スチームプリズン (2)

検索フォーム